めんどくせぇことばかり
FC2ブログ

『反日種族主義』 李栄薫

反日種族主義って言葉自体、意味が分からん。

・・・ですよね。おそらく多くの方が、そう思いつつ、読み始めただろう。そのもとは、“種族”という言葉にある。ブリタニカによれば、人種は生物学的・自然人類学的分類単位で、民族は文化や社会など後天的な要素による分類単位とされる。他に、部族や種族という似たような分類があるが、部族は政治的統合性が高く,部族成員自身による主観的分類単位であるのに対し、種族は文化の異同を基準とした研究者の客観的分類に基づく単位ということだ。

編者の言葉を借りれば、韓民族は自由で独立した個人という概念が育ってないだけに、それだけで一つの集団であり、一つの権威であり、一つの身分である。ゆえに、民族と言うよりも、むしろ種族と呼んだ方がいいという。

ブリタニカによれば、部族と種族の違いは成員自身の目線か、研究者目線かに違いがあるということだが、なら、部族主義と言ってもいいわけか。どちらにせよ、その集団が自由で独立した個人の集まりであるならば民族主義と言ってもいい。だけど、韓民族の場合、その個人という概念が曖昧なままの集団であるが故に、そうは呼べない。

だから部族主義、研究者目線で言えば、種族主義ということになるわけか。

それ故に集団心性が形成されやすく、中でもそれが積乱雲のように大きく、高く、堅く形成され、あまりにも大きくなりすぎたあとには、嵐のように恐るべき影響を及ぼすことになるのが、反日感情をもとに集団心性が形成された場合というわけだな。

それにしても、よく今の韓国から、こういう本が出てきたもんだな。2013年に出された『帝国の慰安婦』程度の本でさえ、それを書いた故に、著者の朴裕河は名誉毀損で訴えられ、2017年、ソウル高裁は罰金1000万ウォンとする判決を言い渡した。

韓国には、学問や言論の自由がない。そういう状況の中でも、この本の執筆段陣は、やむにやまれずこの本を世に出した。2019年7月だそうだ。そして、社会現象とも言えるベストセラーになったそうだ。

政権の中からは「吐き気がする親日」との声も聞こえ、大手メディアは批判的専門家を楯にして反論を展開しているという。

だけど、執筆陣を言論によって突き崩すのは無理だ。論拠がはっきりしすぎている。世論を背景に、暴力的にねじ伏せるしかないはずだ。それこそ、朴槿恵を地獄に落としたときのように。






文藝春秋  ¥ 1,760

日本は朝鮮を差別し、抑圧した。だからといって、歴史に嘘をついて良いわけはない
第1部 種族主義の記憶
荒唐無稽『アリラン』
片手にピストルを、もう片方には測量器を
食糧を収奪したって? ほか
第2部 種族主義の象徴と幻想
白頭山神話の内幕
独島、反日種族主義の最高象徴
鉄杭神話の真実 ほか
第3部 種族主義の牙城、慰安婦
我々の中の慰安婦
公娼制の成立と文化
日本軍慰安婦問題の真実 ほか


2014年だけで、偽証罪で起訴された人が1400人で、日本の172倍。一人あたりの偽証罪は日本の430倍。誣告の件数は500倍。一人あたりにすると、日本の1250倍。各種保険詐欺がアメリカの100倍。政府支援金の3分の1が横取りされている。・・・これはすごい。

韓国人の息づかいには嘘が染みついていて、この主張に同意しない韓国人は、まずいないそうだ。・・・嘘はついてもいい。

たしかに、彼らが日本について語るとき、全部嘘だ。

人が嘘をつくのは、知的弁別力が低く、社会にそれに対する羞恥心がない時だという。そういう社会では、嘘が人に利益をもたらしてしまう場合、嘘をつかなければ損だという安易な結論が導き出されやすい。それが物質主義、肉体的快楽主義に傾いた社会であれば、余計にその傾向が強まる。韓国は、まさに物質主義、肉体的快楽主義に傾いた社会だという。

反日に関して言えば、韓国人にとって、それは道徳である。反日を通すことが徳にかなった行動であって、そのためには嘘は悪いことではなく、つかなければいけないことになる。

この本は李承晩学堂が企画し刊行したもので、編者はじめ執筆陣は、その学堂に関与する人々のようだ。学堂は李承晩の理念と業績を広く知らしめようとする団体で、彼の残した負の遺産の克服もめざしているそうだ。

李承晩は日韓の関係に李承晩ラインというくさびを残した人物で、強烈な反日である。それでも、李承晩は、自由は通商であり、学問であり、競争であり、文明開化であり、永久平和であると、健全な自由論を展開した人物でもあったんだそうだ。

その精神を、今の韓国社会に生かしたいというのが、編者や執筆陣の切なる思いのようだ。

だけどなあ。原点に戻ってやり直すって言ったって、戻るべき原点ってどこ?

建国?日本の敗戦?日韓併合?李氏朝鮮時代?

李氏朝鮮って言うのは、異民族支配の色彩が強い。それが、李朝時代の両班・中人・常人・賎人っていう身分制度は、高麗を倒した女親族が両班という支配階級となった傾向が強いんじゃないだろうか。・・・そこに戻る?

だいたい、李氏朝鮮時代に、単一の民族意識なんてないでしょう。日本という憎むべき対象が現れて、意識的なまとまりもなく、身分ごとに分裂していた人々が、やむを得ずまとまってしまっただけのこと。日本を憎まないと、民族的なまとまりすら持てないんじゃないの。

酷いことを言ってるだろうか。だけど、韓国人は韓国人の間で韓国人のことを徹底的に論議していかないと、民族としてのスタートラインに立てないんじゃないかな。

そういう意味では、この本、もっと早く出して欲しかったな。


テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

1)中国に内政干渉するな 2)国際秩序無視の中国 3)香港の次は自分たち 4)文在寅、思想警察

Record China
日本は香港地区関連決議、中国「中国への内政干渉を即時停止すべき」

https://www.recordchina.co.jp/b819461-s10-c10-d0035.html
(抜粋)
日本の自民党外交部会等が香港地区に関する決議をまとめたことについて、在日本中国大使館の報道官が7日、記者の質問に答えた。

日本国内の一部の者は他国の内部の事にとやかく言い、あれこれ口出しして、政治的宣伝をしている。国家の主権と安全を守る中国政府の決意と意志は確固不動たるものであるということを、私は強調したい。我々は日本側の関係者に対して、中国への内政干渉という誤ったやり方を直ちに止め、中日関係の大局をしっかりと守るよう促す。



BLOGOS
国際法秩序を無視した中国外交に歯止めを - 岡崎研究所

https://blogos.com/article/469885/
(抜粋)
6月17日のハワイでのポンペオ国務長官と楊潔篪共産党政治局委員との会談の内容を紹介しつつ、それが実質的には物別れであったと論じている。

中国の緊張を高め、その緩和を申し出、その緩和の代償として相手側に何らかのことを譲らせるやり方は、ソ連、北朝鮮、中国などの共産国が多く使用してきた外交戦術であるが、すでに使われすぎて、相手側に見透かされるものになって来ている。


AFP BB NEWS
香港の次は自分たち…国家安全法施行におびえる台湾

https://www.afpbb.com/articles/-/3292657?cx_part=latest
(抜粋)
香港で施行された「香港国家安全維持法」が今、台湾の人々を震撼(しんかん)させている。中国政府の次の狙いは、民主主義体制をとる台湾ではないかとの懸念が広まっているのだ。


デイリー新潮
文在寅政権下の思想警察化…批判する“壁新聞”を貼るだけで有罪判決の恐怖

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/07080556/?all=1

(抜粋)

文在寅大統領を誹謗する壁新聞が発見されれば連絡してほしいという警察の要請が以前からあり、大学側はこの要請に協力した。2018年の末頃から大学に壁新聞が貼られるようになると、文在寅政権は激怒したという。

国家保安法や国家元首冒涜罪で処罰すべきだという意見もあったが、市民団体の援助を受けて発足した自称「ろうそく政権」では、それは不可能なことだった。そこで登場したのが「建造物侵入罪」での逮捕なのだろう。

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

『誰にも相談できません』 高橋源一郎

8時半が、仕事開始の時間だった。

1年ちょっと前に、その仕事を辞めちゃったんだけどね。そのあとは、分刻みの時間に追われて仕事をした。格別強く意識したことはないんだけど、時間の制約から解放された今思い起こせば、確実に時間に追われていた。いつも追いかけられていた。

それは、仕事を終えて家に帰ったって同じ事。明日の朝、8時半に仕事が始まるんだから。

学生を終えて、仕事をするようになって、少しずつその仕事に慣れてくる。それは仕事の要領が分からず、時間に追い立てられるように仕事をしている状態から、要領を心得て時間にゆとりを持って仕事ができるようになる事を意味する。

ずっと、そういう人生を生きてきた。小学校の時からずっとだよね。自分じゃまだ分からないから、親や教師に追い立てられてね。

「早くごはん食べろ」、「教室に入れ」、「時間に遅れるぞ」、「あと5分」、「明日までに書いてこい」

それでも言われてやっていればいいうちは楽だった。言われないのにやらなきゃいけないのは、本当にきつい。

人間には寿命がある。いつか死ぬ。定められた時間だ。それまでは、呑気に暮らしたい。山でも歩いてさ。それで、その時が来たら、・・・「おっと、もう時間みたいだ」ってね。

作家の高橋源一郎さんの本。

とは言っても、小説じゃない。エッセイでもない。高橋源一郎さんは今、毎日新聞の人生相談を担当してるんだそうだ。この本に取り上げられているのは、その中から100本を選んだものだという。

高橋さんは「わたしもまた、誰かに話を聞いてもらいながら生きてきた」って言うんだけど、これは本当かな。

私は自分の人生について、誰かに相談したことがあったかな。・・・思い当たらないな。思い悩んだことがないわけじゃないんだけどな。努力してできることなら努力したし、努力じゃどうにもならないことは、結局なるようにしかならないんだから、受け入れざるを得ないしね。

相談する人は、自分の意に沿った回答ならば、もちろん受け入れるだろうけど、意に沿わない回答だったら、それも受け入れるのかな。・・・受け入れないよね。だったら、人生相談に何の意味があるんだろう。





毎日新聞出版  ¥ 1,540

あなたのお話、聞かせてください。人生のままならぬ悩み、どうしたらいいの?
Ⅰ 恋のしたことがありません
Ⅱ 夫のすべてに悪寒が走る
Ⅲ 家族ってなんですか
Ⅳ ブサイクって言わないで
Ⅴ 占いが気になります
Ⅵ やる気がないけど、どうしよう
Ⅶ あめをもらってもいいですか


人生相談をすることに意義を感じることはできないけど、人がどんなことで悩むのかっていうことについては、大変興味深いものがあるね。

人の人生を横目で盗み見るみたいで、ちょっと後ろめたくはあるけどさ。

男と女のことは難しい。自分のことはともかくとして、周囲でもいろいろなことがあった。

「おいおい、あなたは既婚者でしょ」、「ええ、あなたは結婚間近のはずでは」、「えっ、別れるんか。だって御主人は、あなたのために大きな犠牲を」、「えっ、夜の間にそんなことが」、「なんでそっちとくっつくの。こっちのはずじゃなかったの」、「それは割れ鍋に綴じ蓋ということか」、「そこまで行っといて、何にもしなかったじゃ通らないよ」、「ダメだよ、ダメ。その女だけは」

夫婦の関係

家族の関係

子どもの悩み

仕事の悩み

歳を取って

ああ、人間は悩むために生きているかのよう。

高橋さんの言うとおり、「人間というものは、ずっと同じような悩みや苦しみを抱えてきたんだなって。人生相談なんてものが始まる遙か前から、おそらく、人間というものがこの世界に誕生して以来ずっと、人は悩」んできたんだな。

おまけに今は、それに加えて武漢ウイルスの時代。三密にならないように注意しているうちに、おそらく人は、新しいタイプの悩みを抱えることになりそうだ。

せいぜい、三散なことにならないように、気をつけよう。





テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

1)コロナ7年前 2)中国デフォルト1.3兆円 3)香港からの出国制限も 4)教育にも香港法案 5)尖閣侵入最長時間

大紀元
<中共ウイルス>中国研究者が7年前に類似ウイルスを発見=英紙

https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59169.html

(抜粋)
中国の研究者は早くも2012年に、中国南部雲南省の銅鉱山の廃坑で中共ウイルスに非常に近いウイルスの株を発見した。武漢ウイルス研究所がその後、同ウイルスを持ち帰り、研究を行った。しかし、当時、鉱山で働いていた6人の従業員が感染したとの情報を公開しなかった。

2012年にRaTG13の感染者がすでにいたとしたら、RaTG13の宿主適応と遺伝子変異が加速し、その結果、Sars-Cov-2が生まれた可能性が高い。これによって、「遺伝子変異が30年から50年早まったかもしれない」と述べた。


中国、上半期の社債デフォルトが1.3兆円超え
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59130.html
(抜粋)
今年1〜6月までの間、中国で約71銘柄の社債が不履行になったことがわかった。総額は875億元(約1兆3406億円)にのぼり、前年同期比約46%増えた。中国メディア「券商中国」などは7月5日、伝えた。



国安法で香港からの出国制限も、治安当局に立入・捜索権限
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/59151.html
(抜粋)
香港国家安全維持法(国安法)の細則を新たに公表した。それによると、治安当局は証拠物を押収するため各所への立ち入りや捜索を行う権限を持つほか、調査中の人物が香港を離れようとした場合、制限することができる。


REUTERS
香港の学校、国安法違反の教材は使用すべきでない=当局

https://jp.reuters.com/article/hongkong-protests-books-idJPKBN2480BK
(抜粋)
香港国家安全維持法に抵触する読み物教材について、国家安全保障の問題について「肯定的に指導」する目的以外には学校で使用すべきでないとの見解を示した。

公立図書館では、民主主義を推進する活動家や政治家の著書の一部が、同法に抵触する内容かどうかを点検する間、撤去されるなどしている。


CNN.co.jp
中国公船の尖閣領海侵入、過去最長時間を記録 日本政府

https://www.cnn.co.jp/world/35156386.html
(抜粋)
日本政府は6日、中国海警局所属の公船が過去4日間で2回、日本の領海に侵入したと明らかにした。このうち少なくとも1回は海上保安庁の船がその進路を遮り、日本の漁船への接近を阻止しなくてはならなかったという。

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

『鑑賞 季語の時空』 高野ムツオ

俳句の本を、なんだか時々読みたくなる。

もちろん、俳句を詠んでみたいという気持ちがあってのこと。「そのうち、そのうち」、本でも読んで、自然とすごい句を詠めるようになったら、「そのうち、本格的に始めよう」なんて絵空事を言ってるうちに、俳句を詠むこともなく、歳だけ取ってしまった。

最初っから上手に詠める状態で、恥をかかずに始めようなんてことを考えていたせいで、この歳になると、もう“恥”の大きさが違う。その巨大な恥を前に、怖じ気づくかというと。・・・それがそうでもない。恥が大きくなっても、恥を恥とも思わないほどに面の皮が厚くなった。

とりあえず、詠まなきゃねぇ。上手になるはずもないよねぇ。今は、テレビで、俳句素人芸能人たちが俳句を詠む番組を、面白く見ることがある。あれ見てると、先生って言うのはすごいもんだね。俳句素人芸能人の詠んだ歌に、先生が少し手を加えるだけで、見違えるような句に変わる。ビックリだ。

よく山を歩くんだけど、おそらく歳を取ったせいで、花を見たくなったりするんだ。若いときの山登りは、できるだけ高く、遠くまで行きたかった。今は、そんじょそこらの山道が、ただそれだけで嬉しかったりする。花なんか咲いてりゃ、自然に口元がほころんだりする。

歳を取るって言うのも、案外悪くなかったりする。

『季語の時空』という題名だけど、徳に“季語”にとらわれることなく、俳句の本として詠ませてもらった。著者が季語にこだわったのは、どうやら訳があるようだ。長い年月の間に培われた文化的価値を尊重しながらも、新暦と旧暦の時間差や、南北に長く、多種にわたる気象条件を有する日本ならば、それに捕らわれすぎると、かえって自らの季節感覚を失ってしまうという現実は、たしかに私にも分かる。

そうか、そうなると、その句を詠んだ人の季節は季節として、その句を鑑賞する人は、詠んだ人の季節を追体験できるとは限らない。鑑賞者は、詠み人の意図を越えて、その句に新たな世界を思い描いて行くしかないわけか。俳句は、詠み人の意図を越えて、人の心を揺さぶることもありうるということか。

なんちゅう、芸術だ。・・・いや、芸術ってのは、そういうものか。

『鑑賞 季語の時空』    高野ムツオ


角川書店  ¥ 1,980

感動の瞬間を永遠化することで俳句は過去から未来へと読み継がれていく
1 異界からの使者
燕来る国 雲雀幻想 鳥は何処へ 眠る胡蝶 ほたるの山河
雁が残したもの こおろぎの闇 海鼠の底力 不滅の狼
2 万象変化
さみだれのあまだれ 氷菓一盞の味 秋風が 二つの月の港 
野分から台風へ 天の川の出会い 時雨西東 枯野の夢、夢の枯野
降る雪 凩の果 雪女あはれ 
3 滅びと再生 
梅の精 桃の花の下 蚕飼の世の終焉 春雪三日 遠田の蛙 
夏草の変転 麦秋と麨 蘆のふところ 蝉時雨 柿食ふや 
葛の花の向う 菌生え クリスマス一夜  


また、どうやら、もう一つのこだわりが感じられる。

2011年3月11日の東日本大震災を、著者は仙台の地下街で経験した。それは著者のその後に、大きな影響を与えたろう。それを意識しないわけにはいかなかっただろう。

文章や俳句に現れる死んでいった者たちへの思い、意識しないとしても、それらの者たちの影が漂うとのは、むしろ当然のことだろう。

それでも、・・・それでもだ。あえて、やはり触れなければならないと思う。アメリカによる銃後への攻撃で、東京で、広島で、長崎で、日本中で老若男女が焼き殺された。東京大空襲では楽に10万を超える人々が、文字通り焼き殺され、12万を超える戦争孤児が残された。広島でも、長崎でも、・・・海外領土に暮らす日本人は、まさに地獄を見た。

震災の記憶が風化するとか、そういう言葉を聞くことがあるが、あの時はむしろ、あえて忘れるように勤めた。語ろうとさえしなかった。語らなくても、まとわりついてくる記憶がある。忘れようとしても、耳に聞こえ、肌に触れ、目に見える人々がいる。

体験を共有できないものには、風化も何も無い。最初から体験がなかったのだから。

山を歩くことがあるんだけど、5月後半あたりから、春セミが鳴く場所がある。夏のセミと違い。その声が身体にぶつかってくるような、そういう力が感じられない。重量感がなくて、身体を通り抜けていくような声。昨年6月、そんな経験をした。あの世から聞こえてくるような声だなと感じた。

たまたま、1匹の蝶が、私の周囲を飛んだ。これまた重量感なく、羽ばたき以上の浮揚感を漂わせ、先導するかのように私の周囲を飛び、いつしか消えた。

山道や あの世の蝶を 先達に

山道や 異界に誘う 春のセミ

しばらく行くと、とある山頂に着いた。バーナーで湯を沸かして昼飯にしようとしたが、ボンベを忘れた。やむを得ず、一番近い駅に向けて、急ぎ下山した。駅について、食道に飛び込んだ。年老いた母らしき女と、息子らしき40代くらいの男がそばをすすっていた。息子の休みに、母を連れてドライブに出た風情だ。

・・・さっきの蝶は、母かも知れないと思った。

福島原発事故を受けて、放射能汚染によって「季語が陵辱された」と語った歌人がいるという。あれ以来、“環境”を看板にして、日本中、あちこちの山で木が切り払われて太陽光パネルが並べられている。陵辱されているのは季語じゃない。四季の移り変わりの中に喜びを感じさせてくれる日本の自然そのものが陵辱されているんだ。


テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

1)香港法批判に反論 2)中国、線ペスト警戒 3)ハッキングで顧客はファーウェイへ 4)習近平批判の教授拘束

REUTERS
中国、国家安全維持法巡るカナダの批判に反論

https://jp.reuters.com/article/china-hongkong-canada-idJPKBN2470A2

(抜粋)
中国は4日、香港統制を強化する国家安全維持法に対するカナダ政府の批判に反論した。

カナダのトルドー首相は3日、同法の施行を受け、カナダと香港との犯罪人引き渡し条約を停止すると発表した。また外務相は、同法は自由への「大幅な後退」と批判した。

在オタワの中国大使館はウェブサイトで声明を発表し、「カナダを含め一部の西側諸国は、人権の観点で香港問題に介入している。これは国際法と国際関係の規範に著しく違反している」と主張した。



内モンゴル自治区で腺ペスト疑われる症例、当局が警戒呼び掛け
https://jp.reuters.com/article/china-health-plague-idJPKBN24707G
(抜粋)
中国内モンゴル自治区内のバヤンノール市当局は5日、前日に病院から腺ペストが疑われる症例が報告されたことを受け、警報を発令した。

中国でペスト感染が確認されることは珍しくないが、近年では流行はほとんど起きていない。2009年から18年までで感染者は26人、死者は11人となっている。


Bloomberg
中国の攻撃でナンバーワン企業破綻か、トップ継いだのはファーウェイ

https://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new

(抜粋)
2004年当時、世界有数の大企業でカナダを代表する通信機器メーカーだったノーテル・ネットワークスから大量の書類がインターネット経由で中国に届き始めた。4月のある土曜日、午前8時48分のことだった。流出した800近い文書には顧客との会合での説明資料や米通信ネットワーク設計の詳細などに加え、最も厳重な扱いを要する情報であるソースコードも含まれていた。

ファーウェイは当時のノーテルに対するハッキングは知らなかったし、関与もしていないと説明。ノーテルから一切情報は受け取っていないとしている。

確かなのは、衰退するノーテルからファーウェイが大口顧客を奪い、第5世代(5G)移動通信ネットワークでのリードをもたらした人材も引き抜いたということだ。


AFP BB NEWS
中国当局が大学教授を拘束、コロナめぐり習近平氏を批判

https://www.afpbb.com/articles/-/3292323?cx_part=latest

(抜粋)
新型コロナウイルスの流行をめぐって習近平を批判する文書を公開した法学教授が拘束された。教授は北京郊外の自宅に集まった20人超によって連行された。

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

兄・姪と一緒に両神山

先日、奥武蔵タタラノ頭で偶然あった兄から連絡が来た。日曜日に姪と両神に登るから、一緒に行かないかと。「おっと、日曜日の百名山」と思ったが、断る理由もなく同行することにした。

連絡をもらったのは土曜日の夜。NHKの《ウイルスVS人類》を見ながら一杯飲んでいるところだった。“ながら”を一つ追加して、山の準備。おむすび作って、水分準備して、ザックに詰めて・・・、そして、早めに寝た。

約束では秩父の実家に朝の5時。自宅を3時45分に出る。高速使って、制限速度を守って、約束の時間には実家に着いた。実家は、石灰岩の採掘で削られてしまった武甲山の北面が一望できる場所にあり、子どもの頃、縁側に座って登山者を探して喜んでいた。昨年のお盆以来になるが、久し振りに来ると、山の威圧感がすごい。削られる前は、もっとすごかったのかな。

そこからは兄の車で、日向大谷コースの登山口両神山荘に向かう。6時少し前に到着し、身なりを整え、軽く体操をして出発。なんとなく、兄、私、姪という順になる。
S__7430174.jpg

夕べ確認したときは、昼過ぎには晴れるという予報だったが、一夜明けて、一日中曇りという予報に変わった。ただ、雲は低くない。途中、薄日が指すこともあり、展望は行ってみないと分からない。
S__7430176.jpg

縁のあった高校のワンゲルには、新たに専門の顧問が就いたと言うことで、今年から同行は遠慮した。それもあって、人と一緒に歩くのは、先日の兄との“遭遇”を除けば久し振り。もちろん、姪との同行ははじめて。山にはまってずいぶん歩いているという話は聞いていたが、両神特有の、急斜面の細い道も、危なげなく歩いていた。
両神山_200705_9

梅雨のさなかの両神だから仕方がないが、岩も根っ子も濡れていて、思いもよらないスリップをしないよう気を使った。また、川は増水しているので、度々出てくる徒渉では、慎重にルートを選んだ。清滝小屋の上にある岸壁が滝になっているのは初めて見た。荘厳な風景だった。
両神山_200705_10

両神のきつい登りや、ヒヤヒヤさせられる稜線も、近しい者と声をかけながら歩くのは、やはり楽しい。
両神山_200705_16

清滝小屋からのきつい登りを終わり稜線にでる。樹林越しに見える風景は、あちこちに雲が湧いているものの、雲海の上に稜線を見せている場所もある。鎖場を慎重に越し、神社でおむすびをエネルギーにして山頂に向かう。
両神山_200705_13 (やはり、秩父では狼) 

両神山_200705 (ここまで来たぞ!孫悟空) 

依然、曇り空であるが、雲は高い。雲は二層あり、高い雲を背景にして、雨に洗い流された稜線をクッキリ見せてくれているところもある。低い雲が山裾や街を隠しているところもある。帰りはあの雲の中に入ることになるかも知れない。
両神山_200705_14 (正面に雲取。和名倉がでっかい。

両神山_200705_15  (赤岩尾根がゴツゴツだな)

混雑しているわけではないので、山頂でお昼にする。兄たちは、家で取れた野菜と味付け肉で鍋だそうだ。私もラーメンを食べたあと、お裾分けをいただいた。

徐々に登頂を果たす人が重なってきた頃、お昼を終えて下山にかかる。お昼を食べながら話した。最近の登山者には二種類いて、12時までには山行の決着をつける人と、12時頃に山頂でお昼を食べようとする人。どうやら私たちは3人とも前者だったが、下山途中、後者の人たちと数多くすれ違った。清滝小屋の上であった人には「頑張って」と声をかけられたが、清滝小屋の下であった人には、心配になって、声をかけるのがはばかられた。

なぜかというと、すでに、さっき見たであろう雲海に突入していて、周囲は薄暗い。おそらく、山頂に到着するのは13時を過ぎる。休憩を取っていれば、下山は16時を過ぎるんじゃないだろうか。12時台で、森の深いところでは、足下がおぼつかないほど暗くなった。人ごとじゃないと思ったが、沢筋を歩くあたりからは明るさを取り戻して、安心した。

途中、姪からもらったみかんがおいしかった。果物を持って歩くなんて考えたこともなかったが、私も持って行ってみたい。

この日歩いたのは、以下のようなコース。
地図

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

中国人経営者が炭鉱労働者を銃撃 ジンバブエ

AFP BB NEWS
中国人経営者が炭鉱労働者を銃撃 人権団体は虐待まん延と非難 ジンバブエ

https://www.afpbb.com/articles/-/3291982
(抜粋)
ジンバブエで、未払い賃金について不満を訴えた炭鉱労働者2人が、中国人の経営者から銃で撃たれて負傷したとされる事件が発生し、同国の人権団体は先月30日、「まん延する虐待」をめぐり中国系の炭鉱会社を非難した。

張容疑者は殺人未遂容疑で身柄を拘束され、その後保釈された。

ジンバブエ環境法協会(ZELA)は30日、同国内における中国人雇用者の倫理観について激しく非難。

ZELAのシャミソ・ムティシ副会長はAFPに対し、「作業員へのひどい待遇という問題は組織的かつ広範囲に及んでおり、(発砲)事件によってまん延する労働者への虐待が明るみに出た」「賃金は非常に低いことが多く、多くの場合は予定通りに支払われない。誰かが労働者としての権利を行使しようとして支払うべき賃金を要求するものなら、暴行されるか撃たれてしまう」と述べた。

隣国のザンビアで5月、中国企業の工場幹部3人が不満を抱く従業員によって惨殺されたとみられる事件が発生。中国の影響力が強まったことで緊張が生まれている。

テーマ : 中国のニュース
ジャンル : ニュース

『偽善エコロジー』 武田邦彦

4月にこの『偽善エコロジー』って言う本に書かれていたレジ袋に関わることを記事にした。その時、7月からスーパーのレジ袋が有料化されることを取り上げた。

ここで再び取り上げる。なぜ取り上げるかといえば、先日、ヤマヤに4Lの焼酎を買いに行ったとき、レジ袋の代金を取られてしまったからだ。悔しかったんだ。

昨年5月に決定された《プラスチック資源循環戦略》では、資源・廃棄物制約、海洋ゴミ対策、温暖化対策等、幅広い課題に対応しながら、プラスチック資源循環を総合的に推進するための重点戦略の1つとして、リデュース等の徹底を位置づけた。その鶏句mの一環として、「レジ袋有料化義務化」を行い、消費者のライフスタイル変革を促すこととしている。

“資源・廃棄物制約、海洋ゴミ対策、温暖化対策等、幅広い課題”に対応するために、「レジ袋有料化義務化」を行なうと言うことなんだ。「レジ袋有料化義務化」することが、なぜ、“資源・廃棄物制約、海洋ゴミ対策、温暖化対策等、幅広い課題”に対応することになるか。

これが面白い。「レジ袋有料化義務化」で過剰な使用を抑制することで、消費者のライフスタイルの変革を促すというんだ。ライフスタイルの変革により、プラスチック全体の使用を減らそうということだ。レジ袋を有料にすることで、すぐに、“資源・廃棄物制約、海洋ゴミ対策、温暖化対策等、幅広い課題”に対応したことになるわけじゃないんだ。

そこにはまるで、風が吹けば桶屋が儲かるような、壮大な物語があるわけだ。

経済産業省は、今回の「レジ袋有料化義務化」についてどう言っているか。経済産業省が公開している説明会用資料っていうのを見ると、たしかに、“海洋プラスチックなどの環境問題を解決する一環”としてこれをやるんだと書いてあると、前回紹介した。

環境省はどうか。環境省はこれを、《レジ袋チャレンジ》と呼び、「レジ袋有料化をきっかけに、プラスチックごみ問題について考えていただき、日々の買い物でマイバッグを持参して、“レジ袋はいりません”、“レジ袋は結構です”と辞退することが当たり前になる、そういった一人一人のライフスタイルの変革を目指す環境省のキャンペーンです」と言っている。

レジ袋を追放する目的の第一は、かつては地球温暖化対策だった。でも今、それは古いんだ。もはや地球温暖化では、人の心は動かない。いま、人の心を動かすのは、海洋プラスチックゴミ、マイクロプラスチックの問題だ。



『偽善エコロジー』    武田邦彦


幻冬舎新書  ¥ 814

いわゆる「地球に優しい生活」は、じつは消費者にとって無駄でしかない
第1章 エコな暮らしは本当にエコか?
第2章 こんな環境は危険?安全?
第3章 このリサイクルは地球に優しい?
第4章 本当に「環境にいい生活」とは何か


レジ袋の原料は、ポリエチレンの親戚だそうだ。もともとは、使い用のない余り物で、だからこそ安かった。それが技術革新で、レジ袋として使えるようになった。最初は他に使いようがなかったので、ただ同然に安かったそうだ。

スーパーでただでレジ袋を提供することで、レジ袋はゴミ袋としても仕え、しかもゴミの燃焼を助ける。この一連の流れは、非常に効率的だった。

ただ、ポリエチレンに関わる技術が上がり自動車のバンパーなども作れるようになると、レジ袋の値段も上がってくる、値段が上がると無料で提供することが、スーパーにとっても負担になる。

さらに無料提供をやめれば、消費者は有料でレジ袋を使うか、他に買い物袋を購入することになる。加えて、有料レジ袋を使わない人は、他にゴミ袋を購入することになる。

すべての消費者がレジ袋を使わないようになれば、レジ袋の無料提供がなくなることの利益、買い物袋を購入することの利益、ゴミ袋を購入することの利益が発生する。その分、2倍以上の石油が消費されることになる。

たしかにこれでは、地球温暖化防止のためにはレジ袋を使い、レジ袋でゴミ出しできない自治体はすぐに改善した方がいいということになる。

そこで海洋プラスチックゴミが、レジ袋追放の救世主となったわけだ。だけど、プラスチックというのは石油製品。石油から出来ている。元は生き物の死体だ。炭素だな。炭素は自然界で分解される。

二酸化炭素を植物が取り入れて、それを生き物が食べて取り入れ、生き物が死んだら菌類に分解されて、二酸化炭素や水に変わる。死んだ生き物ならすぐ分解されるけど、プラスチックになると分解には時間がかかる。分解にかかる時間と自然界にゴミとして捨てられる量を調整すれば済む問題だ。

環境省の公開している
《プラスチックを取り巻く国内外の状況》によれば、海洋に流出されるプラスチックの量を国際比較すれば、“中国”が1位で132~353万t/年、20位のアメリカが4~11万t/年、日本は30位で2~6万t/年となる。まずは“中国”にそんじょそこらにゴミを捨てるのをやめろと言わなきゃいけない。

“中国”との大きな差を考えれば、レジ袋有料化なんていうけちくさい話じゃないはずだ。

それにしたって、日本人もゴミを捨てていることはたしかだ。散歩してても、山を歩いていても、ゴミだらけだ。レジ袋有料化なんていう、おそらくどこかでお金の絡んだ話を持ち出して、実はそれに関する石油の消費量を増やして、地球温暖化のためにこまめにスイッチを切っている子どもたちを裏切るような真似をやめろ。

要は、ゴミを捨てるなといえばいい話だ。《レジ袋チャレンジ》なんてきれい事を並べて嘘ばっか言ってると、そのうち誰からも信じてもらえなくなるぞ。

さて、今度、焼酎を買いに行くときは、風呂敷を持って出かけるぞ。
マミーマートに買い物に行ってきたんだけど、マミーマートは、バイオマス25%配合のものに変更して、レジ袋の無料提供を続けていた。レジには、「できるだけ買い物袋を自賛して欲しい」として、“温暖化対策として”と標示があった。決して海洋プラスチックゴミだけを前面に出しているのではないようだ。

私はリュックを背負っていたが、申し出て、無料で提供してもらえるレジ袋を利用した。


テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

1)「革命」スローガン禁止-言論の自由制限 2)首都・平壌は非常に深刻

Bloomberg
香港、抗議活動で使われた「革命」スローガン禁止-言論の自由制限か

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-03/QCVB2IT0AFBE01
(抜粋)
香港政府は2日遅く、多数の抗議デモ参加者が発していた主要スローガン「光復香港 時代革命(香港を取り戻せ、時代の革命だ)」は違法だと宣言した。「香港国家安全維持法」を使って言論の自由を制限する当局の方針をあらためて示唆している。


香港政府は自ら「厳粛」と表現した声明で、「光復香港 時代革命」のスローガンは国家安全維持法の下で違法だと警告。同スローガンが「『香港独立』あるいは中華人民共和国からの香港特別行政区の分離、香港の法的地位変更、または国家権力の転覆を最近では含意している」と説明した。


Record China
北朝鮮、“新型コロナ感染ゼロ”実際は?=専門家の推測「首都・平壌は非常に深刻」

https://www.recordchina.co.jp/b818532-s0-c10-d0155.html
(抜粋)
朝鮮日報などによると、「北朝鮮はこれまで、国内における新型コロナの感染者は『ゼロ』と主張してきているが、実際は金委員長が危機感を感じるほど感染状況が深刻なのではとの見方が出ている」と伝えている。

韓国の文正仁大統領統一外交安保特別補佐官は3日、「政治局会議で防疫対策を中心議題に据えたことは大きな意味がある」とした上で、「それだけ(北朝鮮の)新型コロナの状況が深刻だということではないか」と指摘した。

また、韓国統一研究院のチョ・ハンボム選任研究委員は「特に首都・平壌市内の状況は非常に深刻だと思われる」との見方を示した。

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事