めんどくせぇことばかり 『愛される国日本』 日本戦略研究フォーラム
FC2ブログ

『愛される国日本』 日本戦略研究フォーラム

『愛される国 日本』 『愛される国 日本』
(2012/10/25)
日本戦略研究フォーラム

商品詳細を見る
~外交官に託された親日国からのメッセージを今すべての国民に贈る~
“日本戦略研究フォーラム編”ということです。    ミィ9
http://www.jfss.gr.jp/
各界の叡智を結集し、21世紀前半におけるわが国の安全と繁栄のための国家戦略確立に資するべく、国際政治戦略、国際経済戦略、軍事戦略及び科学技術戦略研究を重点的に行うと共に、その研究によって導き出された戦略遂行のため、現行憲法、その他法体系の是正をはじめ、国内体制整備の案件についても提言したい。
という、ありがたい方々だ。

少しいい方が皮肉っぽくなってしまった。私のひねた感情は、この団体の初代会長瀬島龍三氏に向けられたもの。噂や疑惑の絶えない人物であることはともかく、大本営作戦参謀として多くの日本兵を無謀な戦場に送り込んだ。それだけで十分。平気で戦後世界に顔を晒す根性は、私には理解できない。
瀬島龍三2        瀬島龍三1
瀬島氏の話はやめにして、この本のこと。初代会長はともかく、こういった本が出版されることは大事なことだと思う。支那や韓国の当局や報道が、日本がアジアに混乱をもたらしているといった妄言を繰り返しますが、それは彼の国からの“為にする”論であって、世界には日本に好感を持っている国家が少なくない。この本が教えてくれた大切なことは、日本はそれらの国からの好意を十分に生かしきってない。場合によっては棒に振ってしまっているということだ。
この本で取り上げられている親日国は、台湾、トルコ、インド、タイ、ブラジル、ヴェトナム、ミャンマーの七カ国。それぞれの国と絆を築いた大使経験者が、それぞれの国々の親日の様子を教えてくれる。大事なのは“親日”にも違いがあるということだ。たとえばトルコは日本を理想化して好意を持っており、タイはそのままの日本人に好意を持っている。その違いによって、日本側からのアプローチも当然違ってくる。それぞれの国の親日感が、どのような歴史的過程や体験から形作られたものであるかを分析し、それぞれ違うつきあい方が求められる。
image[1] imageCAE4PBCP.jpg image[10] imageCA4USYWS.jpg imageCABO11XZ.jpg imageCANBORVT.jpg imageCA0XOOMU.jpg
厳しい指摘もある。1988年以来、軍需政権下におかれたミャンマーは、欧米諸国からの非難の対象となり、様々な制裁を受けて締め付けられた。日本も欧米諸国に足並みをあわせてODAを抑制した。国の歩みは一様ではない。それも欧米の植民地状態の下で民族は分断され、国家の体裁を保つためには強権を必要とする場合もある。欧米諸国は自分たちの価値基準を押しつけた。日本もそれに同調した。「欧米の顔色をうかがうのではなく、日本独自の立場で」外交関係を気づかなければならない。
この本で取り上げられた七つの国の他にも、日本に好感を持つ国は多い。その一つ一つに違う“親日”がある。そういった国々の一つ一つの“親日”に、日本は誠意を持って応えていく道を歩まなければならない。
私には、初代会長瀬島龍三氏の生き方を認めることはできない。あの頃の参謀本部は高度に官僚化された組織で、まるで現在の日本が抱える官僚の問題の原点であるように思える。その吐き気を催すような無責任体質。日本戦略研究フォーラムには、是非、そういった官僚問題に乗り越える道を提言してもらいたい。
 

バングラデシュ国旗
http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-840.html

 
関連記事

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その初代会長瀬島氏のことは初耳でした。
そのような人が後世に生きながらえて、栄達したと思うとやりきれませんね。
日本は特亜のことが多く報じられ、親日的アジアについては教育も報道もされません。
日本は侵略戦争をしたが、私利私欲の為だけではなかった。
戦争を賛美することなく、公平に事実を教える。
そんな日が近づくと良いのですが。

コメントありがとうございます

以前では本当になかなか触れることができない情報に接することができて、ブログって本当に便利ですね。
あちこちのブログで色々と勉強させてもらって、ありがたい話です。
もちろん玉石混交ではありますが。
朝鮮日報に面白い記事がありましたよ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/03/2012120300561.html?ent_rank_news

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事