めんどくせぇことばかり 脳科学の世界と仏教 『ブッダとは誰か』 吹田隆道
FC2ブログ

脳科学の世界と仏教 『ブッダとは誰か』 吹田隆道

吹田隆道氏の本『ブッダとは誰か』のなかに、脳科学者であるジル・ボルト・テイラーが、自分自身に起こった脳卒中と八年間に及ぶリハビリ体験を記した『奇跡の脳』という本に関する紹介がある。吹田氏は脳の脅威について語っているわけではない。『奇跡の脳』の著者が体験した、脳の機能が一部停止することによって生じる「自分の境界」を失った状態を、自己と世界の一体化、つまり梵我一如の状態に近いのではないかと紹介している。その件がとても興味深いので、覚書として残しておく。
『奇跡の脳: 脳科学者の脳が壊れたとき』 ジル・ボルト・テイラー『奇跡の脳: 脳科学者の脳が壊れたとき』 ジル・ボルト・テイラー
(2012/03/28)
ジル・ボルト テイラー

商品詳細を見る
脳科学者が体験した脳卒中と八年間のリハビリ
彼女はある朝、脳卒中で左脳から出血が始まり、左脳の機能を失ってしまいます。私には左脳が不全になると身体の右側に影響が出るということぐらいの知能しかありませんでしたが、脳科学によると左脳は「自己」を司っている脳だそうです。自分自身を外界から区別し、言語を使った思考によってものごとを判断し、自己そのものを規定しているのが左脳です。脳卒中でその機能を失った彼女は、「自分の境界」を失い、代わって、自己と世界を区別なく理解している右脳の機能が前面に現れて、自分の指先とその外側にある空気との境すらなくなり、世界と一体になるような状態になったといいます。特別な仏教の知識を持たない彼女が、その状態を今や英語となっているニルヴァーナ(涅槃)と表現したことも、あながち間違いとはいえません。そして、彼女が世界と一体となった平穏な幸福感に包まれて、その状態からもどりたくないと思ったことにも驚かされます。まさに釈迦牟尼に悪魔が囁きかけた瞬間と同じ状態だったといえます。

彼女は無事だすけ出され、八年におよぶリハビリによって再起を果たすのですが、この経験で彼女の世界観は変わったといいます。普段知ることのできない右脳が司る世界を見たからです。まさに左脳が司る自己を離れた「非我」の世界を体験したのだといえましょう。それは裏を返せば、自己保存のために我を張り、我がままを言い、あるいは自己防衛のために攻撃的にもなる左脳の機能を知ったからに他なりません。もちろんこの左脳の機能なしに私達が生きていくことは不可能であり、それがなければ、この現実の世界では何もできなくなってしまいます。ただ、彼女はリハビリによって左脳の機能を回復していった自らの体験から、自分のエゴとなる古い回路の一部を再生しないで自我を回復させることができるというのです。

この脳科学者の報告は、釈迦牟尼が悪魔のささやきに乗らずに、非我の境地を知りつつ人生を歩む人、つまり、ブッダとは何かを考えさせてくれます。それは「我がない」というのではなく、まさに自分を自分なからしめる自己を確立しながら、かつ、右脳が見極めているすべてのものと一体であるような存在、つまり左脳のエゴがつくる我からは自由な“我でない”というあり方そのものだと考えられます。
釈迦牟尼は現代の脳科学がやっと分析できるようなことを、ネーランジャラー河の畔で知り得たのだと思えてなりません。

なぜヒトは人間になれたのか なんて前向きな奴なんだ。脳ってやつは・・・

脳の不思議にはもちろん驚くが、 なぜ釈迦牟尼は、現代脳科学がようやく到達しつつある脳の機能に、なぜ至ることが出来たのか。それこそが“不思議”だ。
ブッダの実像にせまる 『ブッダとは誰か』 吹田隆道ブッダの実像にせまる 『ブッダとは誰か』 吹田隆道
(2013/02/28)
吹田 隆道

商品詳細を見る
サンスクリット語原典、パーリ語原典、さらには考古学。様々な学問を総合した仏教学によって、ブッダの実像に迫る。

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
いわゆる「至高体験」というのと似てますね。
私の勝手な想像ですが、古代の人間は世界中どの地域でも薬草(今で言うドラッグ)に拠ってそういう状態を知っていたのではないかと。
仏陀はそれを何物にも頼らずもたらそうとしたとか。
で涅槃を知ってしまうと、どうも人間は非生産的になるようで、つまり働く機械でなくなるからそうはさせまいとする種類の人間もいますしね・・。

紺屋の鼠 様

コメントありがとうございます。
たしかに、欲を滅して自他一体の境地に入られては都合が悪い人もいますよね。
エピキュロスにもそんな雰囲気を感じるんですが、仏教の影響があるのかな。
キリスト教からは徹底して痛めつけられたようですが・・・。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事