めんどくせぇことばかり 『日の丸 日本を知るための50景』
FC2ブログ

『日の丸 日本を知るための50景』

帯に、“国旗国歌法施行15周年”とある。

1854年、江戸幕府がこれを日本の船印に決める。以来150年、その激動の節目節目で日の丸は日本人とともにあった。

『日の丸 日本を知るための50景』『日の丸 日本を知るための50景』
(2014/04/10)
紙ヒコーキ舎 編著

商品詳細を見る
写真が語る、日本人と日の丸150年の記憶

私がこの旗を呪いながら過ごしたのはどれくらいの期間だったろうか。10年はくだらないが、20年には届かないというところか。まったくなぁ。でも、まったく無益な時期を過ごしたとは思わない。おそらく私にはその時期が必要だったんだろう。

私が戻って来られたのは、間違いなく、父や母ら、すでになくなった家族たちのおかげ。なんか最近は、日の丸を見るたびに父母、祖父母を思い出す。
さて、150年間の物語を語る50の写真の中で、最も気になるの写真は、やはりこれ❢

涙がでる。

一本の小旗すらないのに、最も日の丸を感じさせる。
巡幸

国旗国歌を意識することを忌避する人たち、国民であることを忌避する人たちがいる。おりからのグローバル化とこんがらがってややこしいが、“市民”を標榜する彼らは元左翼。本質が露呈してしまっては社会主義者を名のることもできず、土俵際で一枚だけ指に絡んだ相手のまわしが“反日”だったか?・・・自らが煽った支那、韓国の呆れ果てる動きに、ちょっと足がもつれ気味かな。

“愛国・愛国”と騒がれるのもうっとうしい。自分が生まれ育った国、嫌いな奴はいないよ。日本の“反日”は、敗戦の特殊事情が生み出した鬼っ子。鬼っ子対策をみんなに施してどうする。

親、家族、地域、学校、社会が、みんなで子どもを育てていける社会背景さえ整えれば、それ以上のことはいらない。旗日、それぞれの玄関先に日の丸がはためく街角、走り回る子ども。・・・

 
    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
画像は広島ですね。
その頃はまだ国旗国歌が禁止されていた時期だったんですね。

私は親からの影響か今も「祝祭日」と言ってしまうんですが、正式には「国民の祝日」ですね。「祭日」は皇室祭祀から来てるからと退けられてしまっています。
でも子供の頃覚えたものはつい出てくるものです。

そう言えば去年の天皇誕生日に実家に帰る道すがらの通りに、ずらっと日の丸が掲げてあってびっくりしました。久しく無かったと思うのに。
これが拡がるといいなあと思います。

No title

先帝陛下の地方巡幸の映像を最初に見たのはNHKの古い特集でした。その後、戦争前後の状況を理解してから改めて見て頭の下がる思いがしました。

>敗戦の特殊事情が生み出した鬼っ子
うまい表現ですね。状況が理解できていてもこういうきれいな表現は出てこなかったです。これから使わせていただきます。

紺屋の鼠 さま

YouTubeに動画もありました。
http://www.youtube.com/watch?v=3iYTW3iTces

マッカーサーもビビったでしょうね。

MK さま

この巡幸は、世界史に類を見ない奇跡だと思います。…きっぱり…

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事