めんどくせぇことばかり 『保守の心得』 倉山満
FC2ブログ

『保守の心得』 倉山満

“国家の存亡をかけた戦争”という認識はあったわけだ、アメリカとの戦争は。その戦争に負けたんだから、こういう事態も当然想定されていたはず。ん?こういう事態?・・・もちろん、日本が“滅亡”するってこと。私はそんなに賢くはないけど、あの敗戦で、それまでの日本が滅ぼされたことくらいは、分かる。馬鹿じゃないんだから。
一、民族殲滅・・・タスマニア
ニ、国家灰燼・・・カルタゴ、満州
三、民族奴隷化・・・チベット
四、国家解体・・・ユーゴスラビア
五、衛星国化・・・冷戦期東欧諸国
六、内戦直前状態・・・ワイマール共和国、フランコ登場期のスペイン
七、国内代理戦争・・・ナポレオン戦争期のスウェーデン
八、ニュートラル・・・三島由紀夫の定義した日本
一~八は、著者が本書で紹介している“滅亡”の定義。「日本は今、ニュートラルの段階から、国内代理戦争の段階に進んだ」って、著者は言うんだけど、・・・たしかに・・・。

『保守の心得』 倉山満『保守の心得』 倉山満
(2014/03/01)
倉山 満

商品詳細を見る
日本はすでに滅んでいる
第一章 「成熟した保守」とは何か第二章 「正統の近代化」を急げ
1 日本はすでに滅んでいる1 保守がなすべき政党の近代化
2 「滅亡」の定義2 政治とは議論である
3 日本は主権国家ではない3 政党近代化とキャリア官僚
4 「保守」と「復古」は似て非なるもの4 明治大抵の遺訓「憲法、財政、外交」
5 日本は天皇の国である
6 天皇は国政に影響を与えられるか
7 有事には天皇が国を救う
8 吉野作造が体現する「保守」
第三章 「財政」は国の礎第四章 「外交」とリアリズム
1 ゼニカネの話は卑しいのか1 外交と軍事は両輪である
2 国民に希望を与えた池田勇人2 教育に失敗した明治時代
3 財務省が増税に執着するわけ3 世界政策を持たない日本外交
4 国益を守った二人の大蔵官僚4 敵味方と優先順位
5 軍事と統帥権
6 脆弱な政権が軍部を暴走させる
7 大久保利通になれなかった安倍晋三
第五章 そして「憲法」に至る
1 帝国憲法はタブーではない
2 憲法は習律によって運用される
3 違憲か合憲かは総選挙が決める
4 憲法論議を始めよう


安部首相が財務省の押し切られて増税に同意してしまったことを強く嘆く著者だけど、どうだろう。この本の発行が2014年3月1日。4月1日から1ヶ月半。アベノミクスにはまだまだ期待できそうなんだけど。

各章、各項目ごとに、非常に多くの知見を受けることができた。著者の今までの本の中でも一番かな。

それにしても“保守”っていうのは茨の道だよね。著者の言葉にもあるけど、“保守”と“復古”をおんなじように誤解している人が多い。“復古”は石頭だろうけど、石頭じゃ“保守”はやっていけない。

いつも自分の国にとって、・・・日本人にとって、今、何が必要か、どうするべきかを、父祖の積み重ねに学ぼうと、古今東西あらゆる知見を追い求める努力を怠ってはならない。そんな生き方こそ保守。・・・私はいつも、そう思ってるんだけど、・・・よく間違える。本読んだり、人の意見にふれて、考えを改めることも再々。こんなこと言うと、「なんだ、保守ってのは骨のないタコみたいなもんか」と思われるかな。それだってほら、・・・道理っていうものはちゃんとあるんだからさ。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

覡という字をみつけました

毎度おおきに
覡、かんなぎと読むのらしいです
まだまだお国(日本)はすてたものではありません
新聞テレビには呆れることしきりですが
お陰で勉強になります
彼等(朝鮮系)は今後どのように行動するのでしょうか
近在では中国人が増え続けております
逃げ出すことも真剣に考えだしましたが
なにをどうするか
頭の整理が出来ません
ややこしい世の中になりました
困ったものです

ウナ さま

いつになく元気のないご様子、さてはお金でも落としましたか?

日本人には苦手なやり方なので心配ですが、支那人らをしっかり二級市民として差別することが大事。最初から、あたら同じ権利を持っているなんて思わせないこと。

“かんなぎ”って巫女さんのこと?「巫女が見る」という字のようだけど・・・

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事