めんどくせぇことばかり 国連のリベラル『「歴史戦」はオンナの闘い』 川添恵子 杉田水脈
FC2ブログ

国連のリベラル『「歴史戦」はオンナの闘い』 川添恵子 杉田水脈

国連と言えば、「弱者にやさしい中立の国際機関」と捉える日本人が多い。日本だけじゃない。世界的な傾向だ。それだけに、利用価値も高い。

どうも、国連や、それに付属、または類する国際機関が胡散臭い。ここ数年で、ようやくそれに気づき始めた。「遅すぎる❢」って、この本のお二人に怒られそうなので、小さな声で言っておこう。

それにしても、この本で読んでみて、「ここまでひどいとは・・・」と、驚いた。

2015年10月の、ユネスコによる世界記憶遺産に、チャイナが申請した《南京事件関連資料11点》が登録されたのには本当にびっくりした。私なんかの感覚では、「チャイナの取って付けた嘘を、日本側の地道な反論で追い詰めつつある」くらいにとらえていたのだが、とんでもない話だった。いや、驚いた。追い詰められているのは、明らかに日本の方だったんだからね。

ユネスコに続いては女子差別撤廃委員会。1979年に女子差別撤廃条約が国連総会で採択され、以来、批准国に対して女子差別撤廃委員会が監視機関としての機能をはたしてきた。日本が批准したのは1985年のことだという。

その後、日本はなぜか、女子差別の激しい国のように言われるようになった。・・・?いったいなぜなのか。日本の夫人方が、そんなに差別されているようには見えないし、どちらかと言えば生き生きと生活しているのは女性の方でしょ。

そんななか、日本は女子に対する差別のひどい国だと歌えている団体がある。・・・え?韓国?チャイナ?・・・違うんだな、これが。日本の団体なんだな。《日弁連、新日本婦人の会、NPO法人ヒューマンライツ・ナウなど、約50の団体や、個人からなる日本女性差別撤廃条約NGOネットワークなど、左派系の団体や組織が委員会に参加し、日本人の多くの女性が感じていないはずの、なにより現状とは明らかに乖離した様々な発言を重ねて》いるらしいんだ。

知らないところで、いろいろなことが行われてるんだな。日頃、懸命に働いて家族を支え、ひいては社会の役に立ってるつもりでいても、そんなところで足を引っ張られてるんだな。・・・そんなに働いているかって? ここんところ、偉いもんだよ。



PHP研究所  ¥ 1,728

オンナたちの策動により日本は不当なレッテルを張られてきた。もう、黙っていられない

第1章 国連の闇—なぜ“国際機関”で反日勢力が跳梁跋扈するのか
第2章 中国が仕掛ける「歴史戦」—アメリカを舞台に加速する“新・国共合作”
第3章 「慰安婦問題」の拡散を止めよ—オンナを使った錬金術を、私たちは放っておけない!
第4章 「法治」国家ならぬ“放置”国家!?—地方公務員時代に実感した我が国の病
第5章 “草男”“絶食系男子”が多すぎる—リスクをとれない日本人
第6章 中国の野望—「歴史戦」の目的は“日本の属国化”にほかならない


だいたい、“朝鮮人慰安婦”を問題化して国連に訴えたのも韓国人じゃなくて日本人、《sex slave》なんて言い出したのも日本人で、戸塚悦郎という弁護士だそうだ。

クマラスワミ報告書なんて、土台、報告者自身に問題があるんだろう。だから別にびっくりもしないけど・・・。その報告書の根拠は吉田清治の証言だったわけで、その大半が嘘と創作だったことは掲載した朝日新聞事態が認めているところとなった。だから、日本政府は2014年に、クマラスワミさんに報告書の訂正を求めた。でも、クマラスワミさんは訂正しない。日本人のとあるグループが、クマラスワミさんのところに日参して、報告書を訂正しないようにお願いしたんだそうだ。とは言っても、訂正しないのはクマラスワミさんなんだけどね。

翁長雄志沖縄県知事は、ジュネーブの国連人権理事会で演説し、「沖縄の自己決定権がないがしろにされている」と、へのこの状況を訴えたんだそうだ。「沖縄県民は差別されている」ってね。直後に、沖縄在住の我那覇真子さんが、「沖縄県民は差別など受けていない」とカウンター・スピーチを行ったそうだけど・・・。

翁長知事はその時、自己決定権っていう意味合いで《セルフ・ディターミネーション》という言葉を使ったんだそうだ。これって、“植民地支配下における権利”と言う場合に使う言葉らしい。聞いた人間によっては、沖縄は“植民地支配”を受けていると・・・。

そうそう、先に書いた国連女子差別撤廃委員会なんだけど、2016年3月にまとめられた日本に関する最終見解案に、「皇室典範の改正」を求める勧告が盛り込まれた。日本側からの抗議で皇室典範に関わる記述は消えたが、皇位継承権が女子に認められていないことへの懸念が表明され、女系女子にも皇位継承が可能になるよう勧告されたんだという。

男系継承は女性差別という最終案をまとめたのは副委員長の鄒暁巧。彼女は中華全国婦人連合会国際連絡部部長という肩書の人物。中国共産党女性幹部の組織ですね。中国共産党の意向を受けたのが女子差別撤廃委員会の会長さん。会長を務めるのが、日本人弁護士の林陽子さん。この人物は松井やよりさんの後継者で福島瑞穂さんの仲良しだそうだ。日本は、・・・私たちの知らないところで売られてますね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

女性の権利を利用して日本を批判する日弁連やヒューマン・ライツ・ナウなどの団体、国連機関を利用して自分たちの主義主張を訴えてるだけに他ならないが、日本は外圧に弱いと言う欠点をついて起こしているとも思う。
ハッキリ言って、クジラやイルカを利用して騒ぐ環境保護団体と全く変わらないし、騒ぐなら自分たちだけで騒げと言いたくなる、外で騒いで周りの目を惹こうとするのは正直あざといとしか思えない。

確かに日本は男女平等意識に対する低いと言われてるけど、それを利用して国際機関に訴えるのは日本に対する名誉毀損もいいところだ。アメリカにおいて黒人団体などはアメリカは人種差別が根強く残る国って騒がないでしょう。自国の利益を考えてるのとそうでないの差かも知れないけど。

昨年国連女子差別撤廃委員会から皇室典範を改正せよと言われた日本、これについては「欧米的な価値観の押しつけだ」「我が国の伝統を尊重していない」って批判もあるけど、そんなに女性天皇や女性宮家はダメだろうかと疑問ですし、伝統も時代の流れによっては変えねばいけないってのを理解した方がいいと思います。憲法にも当てはまる話で。
国連女子差別撤廃委員会だが、アラブにおける「名誉の殺人」やバチカンのローマ法王において女性の法王を認めない制度に対して何も言わないのって差別も甚だしいと思う。

アジシオ次郎 さま

本来、人は土地に根ざし、積み重ねた独特の経験をもとに、独自の文化を構築していくものですよね。その文化を認めあい、利害関係を調整するためにこそ、国際連盟を設立したわけでしょ。ところが、流れが国際連合に引き継がれた時点で、そこに“嘘”が混ざり込んだわけですよね。アメリカがソ連を引っ張り込んだために。

経験を軽視し、頭の中だけで築き上げた理想を他人に強要しようとするやつほどたちの悪いものはありません。彼らはどこまでも残忍になれるから。ロベスピエール。レーニン。スターリン。

その流れをくむ連中が、国連を始めとする国際組織ん結集しつつあるって感じですね。彼らは、残忍ですよ。弱者の傲慢を、正義の剣にしてますからね。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事