めんどくせぇことばかり 『脳科学から見た「祈り」』 中野信子
FC2ブログ

『脳科学から見た「祈り」』 中野信子

子どものころ、親がいつか死んでしまうことが、とてつもなく怖かったです。

まずは祖父が死んで、祖母が死んで、母が死んで、父が死にました。でも、私の脳は、その命日をまったく記憶してないんです。もとから、いい加減な奴といえば、それまでなんですが、いくらなんでもねえ。一人の命日も覚えてないってのは、ちょっとまずいんじゃないかと思うんですけどねえ。

その時の状況とか、まわりに誰がいたかとか、みんな分かるんですけど、何月何日に亡くなったのか、ちっとも覚えてないんですよ。その他の状況から、「このあたりのはず」ということは分かるんですけど。だから、なんかの必要がある時は、連れ合いに聞きます。

「あのさ、いつだったっけ」

それがおかしな話で、何度聞いても忘れちゃうんです。まあ、そういう奴だっていえば、それまでなんですが、しょうがないですね。・・・脳が、記憶を拒否してるなんてことはないでしょうか。
脳科学って、すごい進んでるんですね。ビックリしました。MRIが登場したことが大きいらしいですよ。MRI、足の手術をしたときに、MRIの検査を受けたんです。もともと狭いところは苦手なんですが、しかも、カンカンカン、ぎーぎー、ドンドンドンドンとかって、変な音を聞かされるじゃないですか。危うく、「出してくれー」って叫ぶ寸前で終わりましたけど、二度とMRIは嫌です。

でも、MRIの登場で脳内の動きをリアルタイムで観察できるようになって、脳科学の世界ではここに来て大発見が相次いでいるんだそうです。

「ミラーニューロン」っていうのは共感細胞とも呼ばれる神経細胞で、他者への共感を左右する働きがあるんだそうです。発見されたのは、1998年のことだそうですから、今、まさに脳の働きってのが解き明かされようとしているということのようです。



潮出版社  ¥ 617

「前向きな心、感謝、人を思う祈り」が脳を活性化し免疫力を高める
はじめに 脳科学が示す、「幸福」な生き方
第1章 脳に与える祈りの影響
第2章 脳科学からみた幸福な人、不幸な人
エピローグ 逆境こそが脳を鍛える


人間は、長い進化の過程で、生き延びるすべを脳に刻んできたわけですよね。その結果が、今の人間の脳ということなんでしょうか。

たとえば、人間は人に共感することで、他者とともに生きることを選択してきまいた。だから、人を愛し、人のために尽くすことに喜びと幸福を感じるようになっているんだそうです。

「ベータ-エンドルフィン」、「ドーパミン」、「オキシトシン」などは脳内快感物質と呼ばれて、ある一定の条件下で脳内で分泌され、さらに脳を活性化させ、体の免疫力を高めて病気を予防する効果があるんだそうです。

それが分泌されるのは、前向きな心でいるとき、笑顔のとき、感謝の気持ちを持つときなんだそうです。

自分を肯定的にとらえているとき、脳は大きな快感を感じ、活性化するんだそうです。そして、脳が自分を肯定的にとらえるのは、自分がだれか、他者のために尽くしたとき、他者のために祈ったときなんだそうです。他者に愛情を、慈しみの思いを抱いたときなんだそうです。

そういう時に、「ベータ-エンドルフィン」、「オキシトシン」が分泌されて、脳は幸福に満たされるわけですね。

ただ、「アドレナリン」、「ノルアドレナリン」なんてのもあるじゃないですか。闘争心や危機感を感じたときに分泌されるそうですが、こちらは怒りのホルモンと呼ばれて、一気に血圧を上げて人を戦闘態勢に入らせるんだそうです。

かなり微妙ですね。でも、もう私の歳になると、誰かと競争しなきゃいけないってこともなくなりますから、怒りのホルモンには遠慮してもらいましょう。そのためにも、誰かのために祈りましょう。

皆さんが、毎日笑顔で過ごせますように。交通事故が無くなりますように。来年は競馬で儲かりますように。・・・うっ、アドレナリンが‼




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

MRI

「あのさ、いつだったっけ」・・・私もそうなんです。  カンカンカン、ぎーぎー、ドンドンドンドンとかって、変な音 私交通事故の被害者、頭蓋骨骨折、脳挫傷等々、深い音、「MRI」に入った人しかわかりませんヨネ!私検査も含めて6回もです。

ソムチャイ さま

私、たぶん次は無理だと思います。
今度、あの検査を申し渡されたら、・・・そう思うだけで・・・。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事