めんどくせぇことばかり 未分類
fc2ブログ

習近平、対日台戦略を一歩前に進める。

習近平は日本と台湾に対する戦略を、確実に一歩前に進めてきた。
スクリーンショット 2024-02-06 0446332024/02/01  読売
中国民間機 台湾寄り航路 運用きょうから…中間線形骸化狙いか
(抜粋)
中国民用航空局は1月30日、台湾海峡上空を飛ぶ民間機の航路の一つを台湾寄りに1日から変更すると発表した。中国政府は「飛行の安全を保障し、遅延を減らすため」と説明した。
2024/02/03  産経
中国、尖閣領空で退去警告 海警船が自衛隊機に 習氏指示か
(抜粋)
中国海警局の艦船が1月から、沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領空を飛行する自衛隊機に対して、中国の「領空」を侵犯する恐れがあるとして退去するよう無線で警告し始めたことが3日分かった。

明らかなサラミスライス戦略を、日台に対して、ほぼ同時に仕掛けてきた。正規戦、非正規戦、サイバー戦、情報戦、心理戦を組み合わせるハイブリッド戦に、さらにサラミスライス戦略を合わせることで、敵対国に揺さぶりをかける巧妙な作戦といえる。

このような巧妙な戦略に対して、日台は次のように応じるべきだろう。
  1. ハイブリッド戦と思われるあらゆる兆候について、台湾が日米両国に通報するシステムを構築する
  2. 日米は「台湾有事は日本有事と重なる」という認識を中国はじめ世界に公表する
  3. 台湾から通報がありしだい、日本と台湾の国境付近に日米の軍事力を緊急展開する態勢を整えて、演習を頻繁に行い、日米台の連携を広く明らかにしていく
この断固だる姿勢が、中国側に軍事行動をためらわせる友好な抑止力になる



スクリーンショット 2024-01-24 134836
『戦争のリアル』    小川和久

SB新書  ¥1,045

軍事アナリストの第一人者が断言。危機意識なき日本人に戦争は出来ない
序章 ウクライナは対岸の火事ではない
第1章 日本の戦争力とは
第2章 日本に迫る軍事的脅威
第3章 日本を取り巻く国際情勢――日本の地政学的な立場とは
第4章 軍事同盟は必要か――自国では国を守れない現実
第5章 新しい戦争への備え
スクリーンショット 2024-01-24 135115

片や、中華人民共和国の状況を見れば、状況は相当に苦しいように思える。

2024/01/25 時価総額885兆円失った中国株、習指導部にとって問題の深刻さ露呈
2024/01/29 中国恒大、清算命令も手続き進展は中国当局次第 中国本土内に大半の資産
2024/01/31 中国、地方銀行を一大金融機関に統合へ-高まる金融リスクに対応
2024/02/01 中国経済の不況で 中国人留学生はもはや帰らざるを得ない
2024/02/04 元安・円高を仕組む国際金融資本 中国に関する限りは虚と欺瞞だらけ

恒大なんて、2年前にデフォルトに陥ったときに精算してしまえばよかったのに、ここまで引っぱってきて破綻。債務は48兆円の及ぶという。碧桂園の破綻も間違いないところまで来ている。ここが破綻すれば、恒大の比ではないほど、中国経済への影響は大きい。

中国経済の3分の1は不動産業界に支えられていたんだという。3分の1が吹っ飛んだらどうなる?

もちろん、事態は金融にまで及んでいる。昨年末から賃金未払いや、それに起因する抗議行動の報道が、中国共産党の網の目を通して伝えられている。


2024/02/06  IMFが指摘する中国経済衰退の「深刻な現実」…習近平体制が立たされている「ヤバい岐路」
不良債権の対GDP比が200%らしい。

日本のバブル崩壊の時が20%だったそうだ。これは凄いことになる。それでいて、まだ不動産に金を融通しろって銀行に言っているからな。もっと増えるぞ。

以前から中国共産党は、内の問題を抱えて時ほど、外に対して強く出る。2月に入って突然、習近平が日本と台湾に対する戦略を一歩前に進めたのは、内なる問題を処理しきれなくなっていることが一番の理由だろう。

“中国”の不動産業界に巨額の資金を注ぎ込んだシャドーバンキングは、富裕層や法人顧客から集めた資金の利払いや償還が滞っている。財政を土地使用権の売却に頼ってきた地方政府は、行政サービスを著しく低下させた。

事態は、共産党の統治に対する国民の反発が高まりを心配しなければならないところまで来ている。


スクリーンショット 2024-01-23 140638 スクリーンショット 2024-01-23 140652 スクリーンショット 2024-01-23 140704

テーマ : 支那
ジャンル : 政治・経済

移民政策ーヨーロッパは変わり始めた

2023/09/24  ロイター
移民抑制へ「海上封鎖」求めるイタリア、EU内で軋轢も

スクリーンショット 2023-12-21 095002(抜粋)
メローニ内閣は18日、イタリア在留資格のない移民を対象とした収容センターを増設し、本国送還待ちで収容可能な最長期間を3カ月から18カ月に延長する措置を採択した。メローニ首相は「多年にわたる移民に寛容な政策」を反転させるためには、こうした措置が必要だと述べている。


世界の移民政策が、明らかに変わって来た。アメリカでも民主党政権下、移民の大流入で社会が機能不全に陥りつつある現状に、移民政策を見直す動きが始まった。

2023/12/19  産経
米南部州で移民逮捕可能に テキサスで法成立 人権団体は訴訟の構え
(抜粋)
米南部テキサス州のアボット知事(共和党)は18日、州機関による不法移民の逮捕や強制送還命令を可能にする法案に署名し、同法が成立した。


2023/12/05  読売
極右台頭 オランダも…下院選第1党 欧州移民・インフレ深刻化

2023/12/05  産経
英、労働ビザの条件厳格化 移民抑制策、来春導入

2023/12/20  ロイター
フランス移民法、保守派取り込み可決 中道連立内に亀裂

2023/12/20  AFP
EU、移民改正法案に大筋合意

ヨーロッパにおいては、労働力不足を移民で補おうという政策が長く行われ、初期の移民は二世・三世の代となり、すでに移民先の社会に溶け込んで生活している。しかし、昨今の移民は、そういった初期移民とは、少々、趣を異にしているようだ。彼らは移民先の社会に溶け込もうとせず、異文化を持ち込んでまとまって生活し、移民先社会に異文化を受け入れることを強要する。ヨーロッパ社会は、そういった移民を拒否し始めているようだ。

EUの移民法改正は、一番上のイタリアの要求に応じたものだろう。《移民審査の迅速化、収容所の設置、亡命申請が却下された人の強制送還の迅速化》などの内容を含み、各種人権団体が反発している様子からも、EUが移民に対する立ち位置を変えつつあることが感じられる。


2022/01/12  ロイター
ドイツ経済相「移民受け入れ拡大を」、労働力不足回避に
(抜粋)
ドイツのハベック副首相兼経済相(気候政策担当)は、深刻な労働者不足を回避し、生産減少とエネルギーシフトが脅かされる事態を防ぐには、移民受け入れの拡大が必要との見解を示した。


2023/12/20  産経
右派「AfD」の市長誕生へ 独東部、移民排斥で台頭
(抜粋)
ドイツ東部ザクセン州ピルナで19日までに実施された市長選で、移民排斥を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の候補者が当選した。AfD候補の市長当選は初めて。AfDは政権への反発や増加する移民・難民への不満の受け皿として支持を広げている。


2年前、ドイツは移民受け入れの必要性を訴えていた。そのドイツでも、移民政策を変更していくべきだという考えの人が力をつけてきている。

日本の政治がとても心配。政治屋ばっかりだからな。

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

中国・福建省沿海部に中国軍の地上部隊が集結と台湾国防部

2023/09/23 ANN
中国・福建省沿海部に中国軍の地上部隊が集結と台湾国防部
(抜粋)
台湾国防部は24日、中国・福建省の沿岸部にある東山大テイ湾の周辺に中国軍の地上部隊が集結する動きを確認したと発表しました。台湾国防部は、海上だけでなく衛星や哨戒機を使い、対岸の中国軍の地上部隊の動向も常時監視していると明かし、中国軍を牽制しました。


習近平には、焼け糞になる事情がある。

2023/09/27  現代ビジネス
習近平、“破滅”への大暴走…「長老からの叱責」と「G20ドタキャン」で中国が向かう「逆ギレの選択」がヤバすぎる!
(抜粋)
今夏に開催された北戴河会議(中国共産党の前・現職指導部が一堂に会する秘密会議)で、習氏は長老から「一般民衆の心が党から離れ、我々の統治が危うくなりかねない」と厳しく批判された。

習氏は別の場で「トウ小平、江沢民、胡錦濤という過去三代が残した問題がすべて自分にのしかかってきている。その処理のため、10年も頑張ってきたが、問題は片付かない。私のせいだけだというのか」と周囲に怒りを爆発させたという。

「このような状況で、他国の首脳から『中国が世界経済の足を引っ張らないでほしい』と批判される可能性が高いG20サミットに、習氏を出席させることは危険だ」と恐れた側近たちが、李強首相を代理出席させたというわけだ。


長老から批判され、どんなに嫌になっても、習近平は絶対に引くわけには行かない。権力の地位を誰か他の者に譲り渡せば、習近平は間違いなく消される。これまでの10年間で、数々のライバルを政治的に葬ってきた。実質的に葬った人物も少なくないはず。彼が人生を全うするためには、死ぬまで権力の地位に居座る以外にない。

バイデンは、「経済危機で、台湾でことを起こすような暇はない」などと言うが、習近平には他に打つ手がない。


22日 
「強大な能力見くびるな」 中国副主席、台湾巡り牽制(産経)
台湾周辺で中国に「異常」な動き、水陸両用部隊も演習=国防部(ロイター)
25日
中国、南シナ海巡る交渉継続確約 最新地図公表後=マレーシア首相(ロイター)
中国は構造改革を、経済再生へ起業家育成など=人民銀金融政策委員(ロイター)
26日
北京で勇気のある女性 「習近平 あなたは国家主席に全くふさわしくない」(看中国)

国連では副主席の韓正に強気の発言をさせてみたり、マレーシア首相を通してASEANをなだめてみたり、さまざまな態度を取っているのも気にかかる。人民銀行の劉世錦金融政策委員は「構造改革が必要」と見解を示したが、構造とは中国共産党の支配そのものをさす。命がけの皮肉だろう。

すでに、習近平批判・中国共産党支配を画さない人たちが出てきている。

くまのプーさんながら、窮鼠となれば恐ろしい。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

米、フェンタニル流入阻止へ制裁 中国・メキシコの団体や個人に

2023/05/31  ロイター
米、フェンタニル流入阻止へ制裁 中国・メキシコの団体や個人に
https://jp.reuters.com/article/idJPKBN2XL15N
(抜粋)
米国は30日、麻薬鎮痛剤「オピオイド」の一種「フェンタニル」を含む錠剤の密造に関与したとし、中国やメキシコに拠点を置く8つの団体と個人9人に制裁を科すと発表した。深刻化する薬物問題への対処に向け、国内流入の阻止を目指す。

米政府の推計によると、2021年に薬物の過剰摂取による国内の死者は10万人を突破した。




2023/04/06  ロイター
メキシコへの麻薬鎮痛剤「フェンタニル」の密輸ない=中国
https://jp.reuters.com/article/idJPL6N36908F
(抜粋)
メキシコのロペスオブラドール大統領は4日、フェンタニルの違法な流通を制限するために中国の習近平国家主席に協力を要請する書簡を送ったと公表。メキシコ国内でフェンタニルは製造されておらず、密輸組織がアジアから直接購入しているとし、フェンタニルの出荷場所や規模、それに関わる組織などの情報提供を習氏に求めた。



テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

ロシアが旧日本軍人を再び「戦犯」扱い…有罪の根拠は不明 シベリア抑留正当化、自国は「解放者」と主張

2023/03/20 東京新聞
ロシアが旧日本軍人を再び「戦犯」扱い…有罪の根拠は不明 シベリア抑留正当化、自国は「解放者」と主張
(抜粋)
ロシアが旧ソ連時代、シベリアに抑留した旧日本軍人らを「戦犯」として再び追及している。第2次大戦でアジアを侵略した日本を「軍国主義」と批判し、返す刀で自国を「解放者」とアピールする構え。抑留を誤りとした判断を改め、戦勝国としてアジアでの影響力拡大を期す。

傲岸不遜な共産主義者が、歴史の修正に出ざるを得なくなったようだ。それにしても荒唐無稽。ロシア以外では、強姦魔の虐殺者を解放者とは言わない。ロシア兵が強姦まで虐殺者であることは、ウクライナ戦争で立証されている。

戦争犯罪者はプーチンとロシア兵!



テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

夫や息子を虐殺の場に送らないで、ロシア女性がプーチン大統領に抗議

2023/03/13 CNN
夫や息子を虐殺の場に送らないで、ロシア女性がプーチン大統領に抗議
(抜粋)
ロシアの女性グループがウラジーミル・プーチン大統領に対し、夫や息子を虐殺の場に送るのをやめるよう訴えて抗議運動を展開した。

ロシアがウクライナの戦場に何十万もの兵士を送り込んでいることに対しては、反発や抗議の声が巻き起こり、大勢のロシア人、特に若い男性が同国から出国している。


女たちは、夫や息子が戦場に送られたことに抗議しているのではない。要塞化された敵陣に突撃させるのをやめてくれと言っている。前線から引揚げさせ、砲兵に大砲と砲弾を送ってくれと言っている。

中国「痛恨のミス」?元空自情報幹部が「アメリカは偵察気球撃墜のタイミングを待っていた」と分析するワケ

中国「痛恨のミス」?元空自情報幹部が「アメリカは偵察気球撃墜のタイミングを待っていた」と分析するワケ(現代ビジネス)
https://gendai.media/articles/-/105865
(抜粋)
中国、特に人民解放軍が、「国際法上の航空機に該当する気球によって他国の領空を侵犯するという行為が、相手国の重大な主権侵害にあたる」ということを「理解していない、または法を遵守しようとの精神が欠落している」、ということである。

もう一つは、「戦時国際法」や「国際人道法」によって、「民間と軍用の区別は明確にしなければならない」という原則を「理解していない、または意図的にこれをあいまいにしている」ということである。

GNPや軍事力が今や世界第2位という大国でありながら国際法を軽視したこのような中国の野心的な行動こそが、未成熟で自己中心的な覇権国家としての危うさを物語っている。


中国共産党、または習近平のメンツは、きっちり潰された!

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

「ウクライナに行きたくない」北朝鮮労働者9人、韓国に亡命

「ウクライナに行きたくない」北朝鮮労働者9人、韓国に亡命(Daily NK)
https://dailynk.jp/archives/152315
(抜粋)
北朝鮮が外貨稼ぎのためにロシアに派遣した労働者9人が集団で離脱し、昨年11~12月にかけて韓国に入国していたと報じた。ロシアの侵攻を受け戦闘が続くウクライナの東部・ドンバス地方に派遣さるのを恐れ、脱北を決意したという。

労働者9人って言っても、派遣先がドンバス地方じゃ、兵隊でしょう。
それで金正恩は、一人あたりいくらもらってるんだろう。      

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

中国からの入国者 陰性証明書義務化も空港検査で13%陽性=韓国

中国からの入国者 陰性証明書義務化も空港検査で13%陽性=韓国(ワウコリア)
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2023/0106/10378439.html
(抜粋)
5日に中国から仁川国際空港に到着した1247人のうち90日以内の短期滞在の外国人278人が空港で新型コロナウイルスのPCR検査を受け、35人(12.6%)が陽性と判明した。


陰性証明書提出の上、入国時検査で12.6%。
結局、全体数で制限をかける必要が出てくる

『旬野菜 私のおすすめレシピ』

最近、豆を煮ている。

炭水化物を控え気味にして、その分豆を食べる。何日かに一度、圧力釜で煮て、軽く塩味をつけておく。そのまま食べてもいいし、あとから甘い味をつけてもいい。他の野菜と一緒に、サラダにして食べるのもいい。汁ものに、落しておいてもいい。なにしろ、自分で見た豆はおいしい。

そんなことが出来るのも時間に余裕があるからで、早期退職をしたのが良かった。この四月で三年目に入った。今日は山形県産の青豆大豆というのを煮て、今、蒸気を抜いているところだ。

昨日、連れ合いが雨戸を閉めていて、廊下にある荷物につまずいた。私が積んでおいた小さな本の山だった。「僕の本を蹴らないで」と言ったら、地団駄を踏まれた。すぐさま片付けに入った。

小さな本の山の、その一番下から、この料理の本が出てきた。ペラペラめくってみると、・・・なんだかとても新鮮。さらにめくってみて、新鮮に感じた理由に思い当たった。買っただけで、読んでなかった。衝撃的なことに、読まないままで、時価の本になっていた。

『旬野菜 私のおすすめレシピ』という本で、大人のおしゃれ手帳が特別編集した本。《料理家22人の春夏秋冬を楽しむ野菜別おかず158品》とある。

22人っていたい誰だろう。表紙にも書いてない。その名前は、それぞれのおかずのページに書かれている。たとえば、「たらとキャベツのレモンスープ煮」は堤人美さんのレシピ。「キャベツのグリル」はワタナベマキさんのレシピ。「ニラ和えうどん」は桑原奈津子さんのレシピ。「かぶの豆乳煮」はウー・ウェンさんのレシピ。そんな感じでね。

レシピを見て、料理家の名前を当てるゲームが出来そう。

それにしても、この表紙の写真がとてもいい。記憶にはないが、この写真に心を揺さぶられて買っちゃったんだな。料理の本にとって、写真って本当に重要だね。

これは、『トマトとメカジキのさっと煮』、堤人美さんのレシピだ。やっぱり、それっぽい。


『旬野菜 私のおすすめレシピ』  大人のおしゃれ手帳特別編集

宝島社  ¥ 時価

四季を感じられる一皿で、食卓はもちろん、心も豊かに!
春野菜のおかず
夏野菜のおかず
秋野菜のおかず
冬野菜のおかず


旬な野菜はいい。出回りはじめは高いけど、そのうちどんどん安くなって、捨て値みたいな値段になって、ある日ぱったり姿を消してしまう。出回り始めた頃は、やはり高い。ついつい手が出ちゃうところをぐっと我慢。我慢できないこともあるけどね。我慢できずに買うと、他所からいただいたりしてね。先日の筍がそうだった。

すぐ連れ合いに二本の筍を炊いてもらって、その日のうちに筍ご飯、それが月曜日のこと。そして金曜日に、二度目の筍ご飯。

子どもの頃、家が、そう広くもない畑で野菜を育てていた。自分の家と、親戚の分を作る程度の畑だったけど、それでも取れるときは取れる。・・・嫌というほど。

母から絹さやの筋を取っておくように言いつけられたその絹さやは、広げた新聞紙に積まれて山になっている。その時の言葉すら出てこない絶望感は、今でも思い出すことが出来る。さすがにかわいそうに思ったらしく、「ほら、相撲見ながら一緒にやんべえ」と、祖母が手伝ってくれた。絶望したところにやさしく声をかけられて、相撲見ながら、泣きながら絹さやの筋を取った。

「旬の野菜は限られた時期にたくさん取れるので、作る料理がマンネリになりがち・・・といった悩みも。そこで野菜のうま味を生かし、くり返し、くり返し作りたくなる料理を22人の料理家の方たちに教えてもらいました」というのが、この本のコンセプト。

そうそう、だから今でも私は、絹さやを見ると、すぐに味噌汁が頭に浮かぶ。卵とじもいいけどね。あの、泣きながら絹さやの筋を取った日の夕ご飯は、その両方が出た

そういう料理に巡り会えるのは、そう簡単じゃない。それを提案するのが料理家の醍醐味だろうが、やはり簡単じゃない。正直、この本に紹介されている158品の料理の中に、一つでもそれを発見できれば、それは万々歳と思っていい。

「この料理、良さそうだ」と、読者を一度でも作る気にさせれば、料理家も一様の役割を果たしたことになるだろう。私もとりあえず、気になるところは作ってみるつもりでいる。

ちょっと気になる料理がある。とりあえず、春のところしか深く検討してないけどね。

「セロリのスパゲッティ」

セロリ、にんにく、オリーブオイル、塩でセロリペーストを作って、それをスパゲッティにまとわせる。なんだか良さそうな予感。一生ものになるかどうか。

おっと、今、うちにセロリはない。


テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください

スクリーンショット 2024-01-25 135720
腹を探れば世界の動きがよく分かる!
知れば、もう騙されない!
変化の激しい時代だからこそ、変わらぬ原理・原則を見抜け!
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本
スクリーンショット 2024-01-04 093839

この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。

スクリーンショット 2024-01-04 093904

中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。

スクリーンショット 2024-01-04 093932

高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。

スクリーンショット 2024-01-04 101026

今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
スクリーンショット 2024-01-05 142731

スクリーンショット 2024-01-06 021227

スクリーンショット 2024-01-06 032248

スクリーンショット 2024-01-18 143105

スクリーンショット 2024-01-18 143445

スクリーンショット 2024-01-18 143650

スクリーンショット 2024-01-25 134638

スクリーンショット 2024-01-25 135025

スクリーンショット 2024-01-25 135252

スクリーンショット 2024-01-25 135418

スクリーンショット 2024-01-25 135540

スクリーンショット 2024-01-29 090133

スクリーンショット 2024-01-29 090446

スクリーンショット 2024-01-29 090655

スクリーンショット 2024-02-15 131650

スクリーンショット 2024-02-15 131850

スクリーンショット 2024-02-15 132226

スクリーンショット 2024-02-15 132416

スクリーンショット 2024-02-15 132605

スクリーンショット 2024-02-15 132740

スクリーンショット 2024-02-15 132951

スクリーンショット 2024-02-22 120032

スクリーンショット 2024-02-22 120254

スクリーンショット 2024-02-22 120959

スクリーンショット 2024-02-22 121156

スクリーンショット 2024-02-22 123949











































































スクリーンショット 2024-01-25 135720

検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事