めんどくせぇことばかり 未分類

沖縄タイムス+社説 『誰も書かなかった反日地方紙の正体』

沖縄タイムス+ 2015/6/21
社説[日韓国交50年]不信の連鎖を断ち切れ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=120768
(要約)
日韓基本条約、日韓請求権協定の制定により国交が正常化したのは日本の敗戦によって朝鮮が植民地支配から解放されて20年後のことで、14年にも及ぶ難交渉になった。理由は歴史認識をめぐって、両国の主張の隔たりが大きかったからで、結局は、ギャップを埋めきれないまま、玉虫色の決着を図った。 植民地支配という歴史問題をきちんと処理しないまま、スタートしたのである。

基本条約締結時にくすぶっていた火だねがここに来て、慰安婦問題や竹島問題などに飛び火して次から次に表面化し、相互不信の泥沼にはまり込んでしまった。

んん~、困った。沖縄本島と周辺の島々では、沖縄タイムスと、それに輪をかけた琉球新報で99%のシェアという話だから、新聞読もうと思ったら、こんな記事を読まされちゃうんですね。この記事は決して“思いつき” とかってことはなくて、社是と言っていいでしょう。なにしろ正月に以下のような社説を出しているんですから・・・。
沖縄タイムス+ 3015/1/13
社説[戦後70年総理談話]歴史問題を着地させよ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=98330
(抜粋)
安倍首相は終戦記念日の8月15日に、戦後70年の首相談話を発表する予定だ。談話によって中韓との関係が改善する可能性がある半面、両国の国民感情を逆なでし、関係を悪化させるおそれもある。中国は歴史認識に関して、韓国に対して共同行動を呼びかけており、中韓による「日本包囲網」が形成されるのは、日本外交にとって大きなマイナスである。

1985年に西ドイツ(当時)のワイツゼッカー大統領は「過去に目を閉ざす者は現在も見えなくなる」と語り、世界的な反響を呼んだ。
まったくひでぇ話だな~。どちらも明らかにあっちの国の認識に立っての論説だもんね。まあ、問題にしなきゃいけないのは、沖縄の新聞だけってわけじゃ、もちろんないけどね。
過去記事で~す
平成23年8月4日、第1刷発行の本。ちょっと前の本だけど、読んで驚いた。日本の新聞て、ここまで偏ってるのか。
『誰も書かなかった「反日」地方紙の正体』 日下公人責任編集


『誰も書かなかった「反日」地方紙の正体』 日下公人責任編集


(2011/07/27)
 
日本新聞協会加盟二十紙の総発行部数は、朝夕刊セット販売も一部とすれば約五千万分とされるが、うち半分以上は、中央ニュースを共同通信に頼る地方紙が占める。「地方紙はやがて、事実上の巨大『共同新聞』となる。」地方紙関係者からは、そんな自嘲とも本音ともつかないつぶやきが聞こえてくる。

「新聞の社説は、占領時代から形成された戦後的価値観を守ろうとする朝日・毎日型と、そうした戦後パラダイムを改めようとする読売・産経方に分かれます。共同通信の論説資料は厳密な意味合いで社説ではありませんが、その傾向は朝日・毎日型に近いといえます」

こういった状況を考えれば、新聞によって日本人に伝えられている論調は、圧倒的に“占領時代から形成された戦後的価値観” が優勢であるということになる。地方紙の“思想傾向” が、共同通信の支配下にあることは、本書第一章[地方紙を操る共同通信]に明らか。それにしても、全国津々浦々、本当にごくわずかな例外紙を除いて、地方紙がここまで共同通信の「資料版論説」に頼って社説を形成しているとは思わなかった。しかも共同通信の偏りは、ある意味では朝日・毎日よりもひどい。本書の中に、東京都立中高一貫校で「新しい歴史教科書をつくる会」が主導した歴史教科書(扶桑社刊)が採択されたことに関して、各紙の論調を比較した部分があった。まともな感覚で読めば、誰でも驚く。共同通信の論調は突出しているのだ。朝日よりひどい。事実を述べた部分を除き、両社の記事を紹介してみる。
《朝日》扶桑社版教科書をめぐっては「戦争を美化している」などの批判もあり、全国的にはほとんど使われていないが、都立の普通高校での採択は初めて

《共同通信》扶桑社版は「戦争賛美」「国粋主義的」との指摘があり、中国や韓国が「歴史を歪曲している」と反発、外交問題になった
朝日の論調でも目をシバシバさせるほどひどいのだが、共同通信の論調に至ってはただただ“唖然” である。こういった「恨み」「憎しみ」というものが、同じ日本国民の間から、どのようにして湧いて出てくるものなのか。「それを解き明かすことができれば、人間の精神構造の研究に大きな足跡を残すことになるのではないか」とさえ思えるの。20120921062414b43_20150622103056365.jpg

その共同通信が地方紙の大半に支配的影響力を持つならば、朝・毎・共同といった偏った「戦後的価値観」を基調とする情報に支配された割合が、なんと高いことか。特に、他に情報源の少ない地方においては、より事態は深刻である。
『「本当のこと」を伝えない日本の新聞』に続いて、日本のジャーナリズムを問題にした本を続けて読んだ。まったく問題は絶望的に多い。振り回されることもあるが、比較的日本人は、精神的バランスを保っている。新聞にどう書かれようが、どこかで信用していないところがあるのだろう。“なぜ、日本人自ら日本を罵倒しなければならないのか”、みんな疑問なのだ。親や、地域社会から引き継がれた財産だな。だとすれば、 一人で踊る新聞は滑稽だな。








 


にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『韓国 葛藤の先進国』 内山清行

産経ニュース 2014.12.19
中国の抗日朝鮮人部隊施設を保存 韓国要請に応じ、中国が通知
http://www.sankei.com/world/news/141219/wor1412190038-n1.html
(抜粋)
韓国の国家報勲庁は19日、日本の植民地支配に抵抗した朝鮮人部隊「光復軍」の中国重慶市にある元本拠地の建物について、中国政府が当時の姿のまま保存すると韓国側に通知したと発表した。
“光復軍”??
どうも、金九たちが自称していた大韓民国臨時政府っていう質の悪いチイチイパッパがあって、その軍を光復軍と呼んだらしい。チイチイパッパは“上海で結成されて重慶へ”って、蒋介石に寄生してたってだけにみえるけど。ただ、たしかに日本国内にも食いっぱぐれた連中を送り込んでたみたいだよね。
なんだか、支那と韓国は意見が合うようで、良かったね。そういや、こんなニュースも・・・
産経ニュース 2014.12.20
ロシア、韓国大統領も招待 来年5月の対独戦勝記念式典
http://www.sankei.com/world/news/141220/wor1412200041-n1.html
(抜粋)
聯合ニュースは20日、ロシアが来年5月にモスクワで開く対ドイツ戦勝70周年記念の式典に韓国の朴槿恵大統領を招待したと、政府関係者の話として報じた。ロシアは北朝鮮の金正恩第1書記を招待したことを明らかにしている。朴氏が出席するかは未定。
焼きが回ったか、プーさん、いや、プーチンさん。
日本人が書いた韓国論にはめずらしく、著者は“おわりに”の中で「朝鮮半島の魅力に取りつかれ」たと言っている。著者の感じている魅力とは、簡単にはへこたれない韓国人持ち前のチャレンジ精神のようだ。たしかに、いやになるほどのエネルギッシュさを感じさせられることがある。ただそれが日本への対抗心が伴う場合が多いので、私なんかは辟易とさせられてしまう。人それぞれで、著者は私なんかとは違う感覚を持っているのだろう。

『韓国 葛藤の先進国』 内山清行『韓国 葛藤の先進国』 内山清行
(2013/03/16)
内山 清行

商品詳細を見る
脆弱なウォン経済、拡大する格差、世代間の確執
少子高齢化への対応、サービス産業の高度化、米国との同盟関係、台頭する支那とどう向き合うか。著者が言うとおり、日韓には共通する課題が多い。韓国がそれにどう取り組むか。鍵になるのは“日本”であることは間違いない。これまでがそうであったように・・・。その時問題になるのが、韓国人が“日本”をどう認識するか。それは、彼らが自分をどう認識するかと同じ意味を持つ。彼らが自分自身や自分たちの歴史と正面から向き合えるか。それが大きな問題になる。

著者は、そうは考えてない。領土にしても、慰安婦にしても、現状をもとにして日韓の政治問題として解決すべき問題というスタンスを取る。日本経済新聞のソウル支社長さんだけど、日本経済新聞というところがそういうところなのかな。

第一章  天国と地獄  救われない超競争社会
1  もう一つの分断国家
2  財閥たたきと財閥頼み
第二章  脆弱と野望  輸出立国の明暗
1  岐路に立つFTA戦略
2  為替に揺れる経済
3  新重商主義の行方
第三章  過去と未来  日韓関係波高し
1  検証・竹島上陸
2  従軍慰安婦問題とは
3  再スタートに向けて
第四章  本音と建前  北朝鮮問題の行方
1  金正恩の一年
2  対話と圧力のはざまで
3  南北分断の現実
4  惑う外交
第五章  権力と蹉跌  大統領の宿命
1  新大統領誕生
2  強さと弱さ
“北東アジアの先進国同士が、協力しながら課題を克服し、世界に貢献する。本書のタイトルには、そんな期待も込めた。いつか実現することを願ってやまない。” 《おわりに》にそうある。

まっ、私だってそう思いますよ。明治の時代から、そう願った人たちはたくさんいました。でもみんな、失望させられたわけです。韓国人が、自分や、自分の国の歴史と正面から向き合ってくれれば、その上で彼ら持ち前のへこたれないチャレンジ精神が日本とのスクラムの上に発揮されるっていうんなら、それは頼もしいパートナーになるでしょうけど。

一年ほど前の記事ですね。
ソウル支社長さんに足りないのは、支那や韓国っていう国は、“反日・抗日”を基礎にして始まった国だっていう認識だね。ところが、韓国って国を始めた人たちも、中国共産党も、日本とは戦っていないっていう事実だな。中国共産党は日本軍とは戦わずに力を温存する事こそが戦略だったわけだし、韓国光復軍??? お遊戯でもしてたのか?

その中共や韓国が“反日・抗日”を権力の根拠とすると言うことは、つまりイカサマを語るということになる。そうならざるをえないわけだよね。そこんところが支店長さんには分かってない。本当の歴史と向き合ったら、彼らは自らを否定せざるを得なくなるんだよ。支店長さんの言うことは、相手のイカサマを受け入れて付き合いましょうと・・・。相手がイカサマを増長させたら、またそれを受け入れて付き合いましょうと・・・。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

春過ぎて夏来るらし白妙の『神社が語る 古代12氏族の正体』 関裕二

 春過ぎて夏来るらし白妙の衣乾したり天の香具山

  1. 春が過ぎて夏がやって来たようです。真っ白な着物が干してありますね。あの天の香具山に。
  2. いつの間にか、春が過ぎて夏がやってきたようですね。夏になると真っ白な衣を干すと言いますから、あの天の香具山に(あのように衣がひるがえっているのですから)。
  3. もう春が過ぎて、夏が来たようね。夏になると白い衣服を乾すと聞いている天の香具山に白い衣服が干してあるわ。
かぐやま

インターネットでいくつかの百人一首に関するページを開き、この歌の意味を調べてみた。それが上の1~3。違いのあるものを並べたんじゃなくて、みんなおんなじような解釈だということを分かってもらうために三つ並べた。

通常であれば、これ以外の解釈は難しいよね。となると、以下のような“観賞”しかなくなる。
初夏の緑あふれる山に、真っ白な衣服がひるがえっている様子が目に浮かびませんか?持統天皇は、宮殿で執務をされていたのでしょうか。ふと気分転換に外を眺めていると、「あら?衣が乾してあるわ。もう夏なのね」と思われたのかもしれません。
『百人一首を楽しむ http://www.caruta.net/jitoutennou.html より拝借

なんと、『万葉集』に取り上げられている他の歌に比べてつまらないことか。そう思いつつ、他にもいくつかのページを見ていたら、あっと、こんな解釈を発見した。
いやぁ、春が過ぎてもうはや夏かい!毎年、あの神聖な香具山では、夏が来ると白い衣を干す習慣があるんだけど、今年ももう干してあるらしいよ。早いもんだねぇ。
ありけん歴史館 歴史パロディ百人一首 http://ariken.info/100/index.html より拝借

初めてこの歌に触れたのはいつのことか。“白妙の衣干したり”で連想されたのは武甲山を背景にして干されているうちの洗濯物。父母、祖父母、男の子三人の大洗濯物群。武甲
“つまらない”っていうのは言いすぎだった。かつてはこの歌に、上記の“観賞”とおんなじ様なすがすがしさを感じていた。でもあくまでも、武甲山を背景にしてひるがえる“白妙の衣”は、家族七人分の洗濯物、パンツや寝巻も交じったやつなんだよな。武甲山を背景にした大洗濯物と天香具山の“白妙の衣”。おいおい、そんな聖なる山に洗濯ものなんか干していいのかよ。

『神社が語る 古代12氏族の正体』 関裕二『神社が語る 古代12氏族の正体』 関裕二
(2014/07/02)
関裕二

商品詳細を見る
神社の「本当の姿」を見極める



著者の共同研究者であるという梅沢恵美子さんは、この“白妙の衣”を《天女の羽衣》ではないかというインスピレーションを著者に与えたようだ。
(丹後半島やその他の地に伝わる豊受大神の《羽衣伝承》では)豊受大神が沐浴していたところ、老翁に羽衣を奪われ、身動きができなくなってしまった。やむなく老翁の娘となり、人間界で暮らすことになる・・・。

この歌には「天女が呑気に沐浴している。あの羽衣を奪えば、その霊力は失われ、天下はわがものになる」という、真意が込められている。

持統天皇は、豊受大神を、「親蘇我派」勢力の象徴としてとらえた。そして、彼らが油断し、権力を奪われていくさまを、ほくそ笑みながら歌ったのが「白い衣が干してある」なのである。
本書P230

なんて厭らしい歌だろう。これはないかな。こんな厭らしい歌を後世に残すなんてありえないんじゃないかな。誰かが、持統天皇になりかわって読んだって言うんなら分かるけどね。でも、《羽衣伝説》そのものが厭らしいよね。
丹後の比治の山の頂上に真奈井という池がある。この池に八人の天女が舞い降りて水浴びをしていると、里人の和奈佐という老夫が一人の天女の 衣を隠し、無理に連れて帰ってきた。 一緒に暮らして十年あまり、万病にきくという酒を天女が上手に作り、 和奈佐の家は栄えていっ た。

しかし、だんだん天女が邪魔になり、老夫は天女を家から追い出した。天女は泣く泣く荒塩の村にたどりつき、のち哭木の村から舟木の里の奈具 の村(弥栄町奈具)に落ち着いた。

この天女とは豊宇賀能売命つまり、豊受大神のことである。
単語の歴史と伝説 http://zarameya.blog.fc2.com/blog-entry-62.html より拝借

やっぱりこれも、現実に起こったことなんだろうね。「春過ぎて・・・」の歌の意味を上記のように考えると、まったく《羽衣伝説》と重なるわけか。・・・これって、《羽衣伝説》自体がそのことを指しているってことか。な~んだ、そうだったんだ。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

『常識から疑え! 山川日本史 近現代史編 下』 倉山満 

高校日本史教科書の事実上のスタンダードである山川出版社の『詳説 日本史B』は、「アカ」(左翼)ではなく、ただの「バカ」である。

教科書の編纂者は・・・
  1. とにかく文句をつけられるのがイヤ
  2. 二十年前の通説を書く
  3. イデオロギーなどどうでもいい
  4. 書いている本人も、何を書いているのか分かっていない
  5. 下手をすれば、過いていることを信じていない
  6. でも、プライドが高い権威主義的記述をする
  7. そして、何を言っているのかさっぱりわからない
「ひどいことを言うな~」・・・そう思われるかもしれいないけど、とりあえず上巻を読んでみて。「学者先生に対してそんなひどい口を聞いて・・・」って、思われるのももっともなんだけど、全部あたってる。本当にその通りって分かるから。そして第二巻。こちらのほうが更に面白い。

学者先生たちの方で、このままでは早晩、日本はメチャクチャにされる。・・・山川以外のまともな教科書?・・・ないよ、そんなもの。

そのうち、もっとすごい教科書紹介するね。

『常識から疑え! 山川日本史 近現代史編 下』 倉山満 『常識から疑え! 山川日本史 近現代史編 下』 倉山満 
(2014/03/10)
倉山 満

商品詳細を見る
「研究者もどき」がつくる「教科書もどき」
はじめに・・・麻生太郎が明らかにした断末魔の歴史教育
第1章  「無法地帯・中国」は昭和史の基本
第2章  満洲事変の反省を妨げているのはダメな教科書である
第3章  「日中戦争」は存在しない
第4章  なぜ、日米は大東亜戦争で戦わなければならなかったのか
第5章  誰が第二次世界大戦の勝者だったのか 


下巻で扱っているのは、満州事変から第二次世界大戦まで。著者が述べるのは、「使える教科書をかけ」という、ただそれだけのこと。それだけのことができないんだから、教科書なんか書かなきゃいいのにね。まあ、書いている人も、商売としてやってるわけで、それを許して来てしまった日本の社会に根本的な問題があるわけだけどさ。

本来なら、日本近現代史は、日本人が“世界”を学び直すための宝庫。ところが日本史教科書は、日本人にそれを許さない。日本近代史から“世界”を学んでいるのは、それこそ、日本以外の“世界中”ってんだから嫌になる。日本以外の“世界”は日本の近現代史をケーススタディの一つにして、「いかに世界の中で自国がサバイバルするか」を学び取ろうとしている。著者が言うには、「山川日本史の悪いところを取り入れつつあり、改訂のたびに笑える記述が増えている韓国の国史教科書でさえ」・・・。

    

にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

『ギリシア・ローマ神話の世界』 (洋泉社MOOK)

昨日(5/17)、府中競馬場で一日大声を出しまくった。今日は声が出ない。私はしゃべるのが商売。ただでさえだみ声の私。明日の仕事はどうだろう。

若い連中にギリシャ神話を話してやると、目をキラキラさせてよく聞く。でも、プシュケの話をする時、ダナエの話をする時、ダフネ―の話をする時、自分のだみ声が嫌になる。
『ギリシア・ローマ神話の世界』 (洋泉社MOOK)『ギリシア・ローマ神話の世界』 (洋泉社MOOK)
(2014/04/10)
長田年弘

商品詳細を見る
壮大な物語の世界へ❢
ギリシャ神話に登場する神々。一番初めに知った名前は、“バッカス”、ギリシャ名は“ディオニュソス”。ゼウスでも、アフロディーテでもない、バッカス。もちろん、それがギリシャ名で“ディオニュソス”という豊穣の神、酒、ぶどう、演劇の神であることなんか関係なく、鉄人28号最大のライバルとしての“バッカス”。とにかく、子供の頃の私にとって、恐ろしすぎる敵だった。バッカス
そんなこと、ここではなんにも関係ないって・・・。んんん・・・、私はそうは思わない。作者の横山光輝さんがなぜ“バッカス”という名を悪役ロボットに使ったかは知らないけど、その名前には、善かれ悪しかれ、それにふさわしいイメージがあったってことだと思う。そして、ここでもギリシャ神話ってこと。つくづくギリシャ神話は、イメージの宝庫だな。
巻頭グラビア  神話の世界を旅する
ギリシャ/ローマ神話が生まれた地域 古代ギリシャ周辺MAP
ティタン族とオリュンポス十二神の系譜
神々や英雄の「ギリシャ・ローマ・英語名」対照表
Part1 神話誕生とその世界Part2 オリュンポスの神々
神話の成立と伝承神々の誕生と系譜
古代ギリシャの二代詩人 ホメロスとヘシオドスゼウス誕生とオリュンポスの神々
古代ギリシャ発展史ゼウス
古代ギリシャ戦争史ヘラ
ギリシャとローマ帝国ポセイドン
デメテル
Part3 英雄たちの物語アポロン
プロメテウスアルテミス
エヴァ・プリマ・パンドラー神話と宗教の融合ヘパイストス
ペルセウスアフロディテ
テセウス愛らしいエロスの正体
オデュッセウスの大航海アレス
オルフェウスハデス
カドモスアテナ
オイディプスヘルメス
イアソン率いるアルゴ探検隊ディオニュソス
「脱いだ」女神たちニケ
中学三年の頃かなぁ。ラジオドラマってのがあったんだ。TBSだったな、たしか。中でも印象に残っているのが『明日は帰ろうオデッセイ』。土曜日の深夜、布団の中で聞いた。イヤホンすら知らなかった私は、布団の中で聞くしかなかった。
なにしろお色気満載。・・・もちろん当時の私にとってね。

故郷イタケを目指して航海するオデッセイ。それを待つ貞淑な妻ペネロペ。ところが毎回、ペネロペの貞操が危機に見舞われる。「どうなるペネロペ、この続きはまた来週」と、ナレーター小島一慶の絶叫で番組が終わる。

中学生の私は、女性の股間には、“貞操”という得体の知らない、何だかすごいものがついているらしい、と思っていた。
この手の本だから、もちろん写真満載。人に聞かせられる程度にまとめられたお話のバランスも、割といい。面白かったよ。それにしてもこの競馬の絶叫で出なくなった声、明日は何とかなってるかな。


    

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』 

この三人の鼎談物は完全にシリーズ化しているみたいね。それだけ多くの人々の注目を集めているということでしょう。それにしても面白い組み合わせですよね。台湾、韓国、支那とそれぞれ異なる国家の出身で、それぞれ異なる事情から日本に帰化したという共通性を持つ三人。

この本では呉善花さんがメインとなって語り、黄文雄さん、石平さんの知見を引き出していく形で進む。台湾の、韓国の、支那の、それぞれの抱えた闇に光を当てながら、日本のあるべき姿を問う。

『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』  『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』 
(2013/12/12)
呉 善花、石 平 他 商品詳細を見る
呉善花(韓国)が黄文雄(台湾)、石平(中国)に直撃



第一章  朴槿恵の離日と中国依存第二章  習近平の夢と不公平
呉善花の入国を拒否する韓国なぜ今「中国の夢」なのか
なぜ最初から反日姿勢を露わにしたのか中華民族が世界を制覇するという夢
中韓の反日共同戦線への危険性近代中国は国家の安定装置を全て壊した
朴槿恵は最も頑強な反日世代に属している中国は歴史の中でどんどん劣化していった
中韓通貨スワップへ乗り換えた韓国中国の軍事力増強
アベノミクス効果への反感中国通常兵器の実力
名ばかりの「第二の漢江の奇跡」先制核攻撃で人類の半数を消滅させるという恫喝
韓国の中国接近は事大主義そのものやがて核兵器を抑止できる兵器が登場する
圧倒的な「日本より中国」の韓国世論中国軍の腐敗と堕落
韓国は中国の国家戦略に翻弄される政敵を外的に消滅させてきた中国
「親北=反日=民主」の韓国民主主義中国海洋進出の目的
韓国ほど恵まれている国民国家はないのだが近代中国の不公平是正の考え方
現在を蝕む韓国集団利己主義の伝統水資源の枯渇と汚染が止まらない
第三章  領土観と歴史認識第四章  裏返しの反日と親日
沖縄も朝鮮半島も中国の領土という中国中国はなぜ反日政策を取るようになったのか
津島は韓国の領土だと主張する理由韓国は反日を国是として建国を果たした
アメリカは中国の領土だという根拠中国に反日感情がなかった八〇年代
月の領土化を目指す中国の月面開発計画日清戦争後の中国と似ている鄧小平・胡耀邦時代
中国も韓国も海洋・島にはまったく関心がなかった反日はなぜ根付くのか
公海・公空・宇宙空間にまで中国の国境は及ぶ韓国反日本民族主義の三つの要素
台湾馬英九総統の二つの弱み専制主義国家の伝統と反日の関係
日台漁業協定にみせた安部総理の手腕「親北=反日=民主」がワンセットになっている韓国
民間反日活動に資金援助する中国と韓国教育だけでは反日は根付かない
台湾のマスメディアは中国に取り込まれている「天皇陛下バンザイ」を叫んだ台湾の「反日デモ」
日本が中国の圧力をはねつければ台湾は中国から離れていく反日主義は「公的・政治的・知識人」のレベルで強い
新日鉄・三菱重工への賠償命令を出した韓国の意図
一〇〇〇年たっても日韓の未来はないという朴槿恵
中国でも韓国でも歴史は時代の必要に応じて作られる
ここに来て、韓国が大きく変わりつつある。手を伸ばそうという日本を突き放して、大きく支那に傾斜した。まるで李朝末期の事大主義時代に戻ったかのようだ。オバマ米大統領が日韓を取り持ったが、傾斜が元に戻った様子は全くない。その中心にいるのは朴槿恵である。

朴槿恵は、父親の朴正煕が築き上げた“韓国の国のかたち”を、根底から変えようとしている。きわめて大きな変化となる。彼女は韓国を情緒と現実のひずみの底へ韓国を沈めようとしているように思える。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


『日本人なら知っておきたい日本文学』 蛇蔵&海野凪子 

あれっ?この絵って・・・、んんと、どこかで・・・
とかって思ったら、『日本人の知らない日本語』の人が書いた本だった。さすが日本語学校の先生。国文学にもお詳しい。 

『日本人なら知っておきたい日本文学』 蛇蔵&海野凪子 『日本人なら知っておきたい日本文学』 蛇蔵&海野凪子 
(2011/08/25)
蛇蔵、海野 凪子 他

商品詳細を見る
ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典

クールジャパンのご時世。どうやら、日本古典文学にまで興味を持つ外国人が出てきたらしい。「紫式部って、どんな人?」という、外国人からの悪意のない質問に氷ついたマンガ担当の蛇蔵さんが、エッセイ担当の日本語教師海野凪子さんの導きで“古典の扉”を叩くことになった。

まあ、そんなところから生まれた本のようです。歴史的興味から読むような本じゃないし、文学的素養の高い人は読む必要もない。蛇蔵さん同様、“作者と作品名と文法を丸暗記”で古典を終えている人が、あるいはそれ以前の人でも、“古典の扉”を叩くにはいいかもしれない。なにせ、ずいぶんと面白おかしく書いてくれているから。
第一章  清少納言 『枕草子』より・・・言いたい放題
第二章  紫式部 『紫式部日記』より・・・ぐるぐる悩む
第三章  藤原道長 『御堂関白記』より・・・男の夢コンプリート
第四章  安倍晴明 『大鏡』より・・・伝説になった高給公務員
第五章  源頼光 『今昔物語集』より・・・イケメン戦隊の司令官
第六章  菅原孝標女 『更級日記』より・・・夢見るオタク少女
第七章  鴨長明 『方丈記』より・・・家に執着する男
第八章  兼好 『徒然草』より・・・脱サラ・フリーランサー
第九章  番外編 ヤマトタケル 『古事記』より・・・暴走する悲劇



第五章の『源頼光』では、頼光は“平安のモンスター・ハンター”、頼光四天王の面々は“千年前のカラーレンジャー”だって。レッドは渡部綱、イエローは坂田金時。・・・これにはいろいろなご意見が飛び交いそう。

江戸時代には架空の二世が戦うニュー戦隊バージョン金平浄瑠璃につながり、元祖キャラクター商品として“きんぴらごぼう”が登場したとか・・・。

まあ、面白く読めることは間違いないな。

    
にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


朴槿恵の評価(覚書)『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』 

呉善花さんは、最初から警告していた。「朴槿恵に期待してはいけない」と。

・・・にも関わらず、私は期待してしまった。世の論調が朴槿恵に失望してからも「朴槿恵を見くびるべきではない」と、朴槿恵への期待をやめなかった。でも、さすがに諦めた。諦めざるをえない、ここまでひどくては。
『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』  『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』 
(2013/12/12)
呉 善花、石 平 他

商品詳細を見る
呉善花(韓国)が黄文雄(台湾)、石平(中国)に直撃
私が朴槿恵に期待したのは、彼女が1952年生まれの62歳で韓国大統領としては新世代であること。強引な手法で韓国経済を引っ張りあげた朴正煕の娘であること。そして何よりも、まずは母を、そして父をも殺されたにもかかわらず、同じ政治の世界を志し、艱難辛苦の果てに大統領の地位についたこと。私は、強靭な精神に裏打ちされた冷徹な現実主義的政治家の姿を、胸の中に育て上げてしまった。


いま考えれば、父親の朴正煕の存在があまりにも大きかったということだろう。朴正煕が暗殺されたのは1979年。私は大学2年だった。学内で付き合いのあった朝文研の連中からは、朴正煕はまさしく悪魔として認識されていた。同時代に発行された李恢成の『見果てぬ夢』は、朴正煕軍事政権時代の民主化運動を描いており、むさぼるように読んだ。

併合時代、朴正煕は日本の教育を受けて、日本軍の軍人となった。独立後、朝鮮戦争を経て、世界の最貧国の地位を続ける韓国で、軍事クーデターを起こして政権を掌握した。政権を握った彼は、強引な手法で韓国経済を引き上げた。その際、“日本”を最大限利用した。卑怯なまでに利用した。 彼は知日派ではあったが、親日派ではない。

朴槿恵に、“親日”を期待したわけではない。ただ、金大中や盧武鉉や李明博のような馬鹿なことをやってほしくなかっただけだ。父親のように日本を利用してもらいたかった。日本も韓国を利用する。そういう関係が築ける大統領であって欲しかった。

しかし、呉善花さんが言うとおり、遅ればせながらだが、朴槿恵には期待できないとようやく気づいた。でもさ。皆さんは、朴槿恵が最後の望みの綱じゃなかった?彼女を諦めることは韓国を諦めるに等しかったものだから・・・。だからこそ朴槿恵を諦めるのが遅れた。

    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


北朝鮮化する韓国(覚書)『もう、この国は捨て置け❢』 呉善花 石平

自分が最近の韓国に感じていたことに確信を持つことができた。半島は李王朝時代に戻ろうとしている。ものすごい犠牲を払って、ようやく手に入れた近代を捨てようとしている。

題名は「もう、この国は捨て置け」というのだが、かってに舞台を降りることが許されるとでも思っているのだろうか。払った犠牲なら、日本のほうがよっぽど大きい。

『もう、この国は捨て置け❢』 呉善花 石平『もう、この国は捨て置け❢』 呉善花 石平
(2014/02/19)
呉善花、石平 他

商品詳細を見る
韓国の狂気と異質さ
北朝鮮のつくりあげたチュチェ思想というイデオロギーは、ソ連の押しつけるマルクス・レーニン主義の教条主義や形式主義を排除して、政治、経済的自立を確保しつつ独自の共産革命に邁進するというもの。朝鮮式革命ということになるが、やりたいようにやらせろということだ。“金王朝”と呼ばれるのも、三代の世襲が続けば当然である。所詮、チュチェ思想とは李朝時代までの儒教イデオロギーの焼き直しで、だからこそ北朝鮮にはかつての朝鮮がの濃厚に保存された。いや、本書の中にはもっと的確な表現があった。『北朝鮮というのは共産主義革命の革を被った極端な李氏朝鮮』という石平氏の言葉である。

韓国が通貨危機におちいり、IMFの管理体制下に置かれたのが1997年。本書の中で呉善花氏は、韓国ではこの時期に様々な面での倫理崩壊が起こったと、具体的な状況を紹介している。それによって失われた“懐かしき朝鮮社会”が北朝鮮に保存されていた。北朝鮮に対する“太陽政策”は1998年に大統領に就任した金大中、それを引き継ぎ強化した盧武鉉と二代にわたって実施され、韓国人は北朝鮮に魅了された。

自ら作り上げた自由主義陣営の一員としての価値観を由とできず、倫理的に北朝鮮に下った韓国。その異様さは、自由主義を経験したあとだけに、よけいに異様に見える。韓国に引き返す道はあるのだろうか。

    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

『逆説の世界史 1』 井沢元彦

読んでる途中で、すでに二回もメモを残してしまったんだけど、あらためて本書の紹介をさせてもらう。なんで、井沢氏は『逆説の世界史』を始めてしまったんだろう。カバーにこうある。
文明はどのように発達し、なぜ衰退していくのか。
民族・宗教・イデオロギーによる偏見や差別を超越した視点で、「通史としての世界史」に挑む新たなライフワーク❢❢
構想15年、逆説史観による文明論が「世界とニッポン」の歴史認識を覆す。

“なんで『逆説の世界史』を始めてしまったんだろう”なんて書いたのは、彼我の年齢のこと。井沢氏は一九五四年生まれだから六十歳。『逆説の世界史』は、始まって二十年二十巻で江戸末期。それだけだって、「最後まで読めるだろうか」と心配していたところ、加えて『逆説の世界史』に六十歳になって取りかかるとは・・・。

べつに、井沢氏が死にそうだと言ってるわけじゃなくて・・・。言ってるか、明らかに。でも、それだけじゃなくて、一九六〇年生まれで、七十歳くらいで死ぬであろう自分は、『逆説の世界史』の完結を読めないだろうし、場合によっては、テンポが遅れることによって『逆説の日本史』の完結を迎えられないなんてこともなくはない。・・・タバコ、やめようかなぁ。

『逆説の世界史 1』 井沢元彦『逆説の世界史 1』 井沢元彦
(2014/01/20)
井沢 元彦

商品詳細を見る
古代エジプトと中華帝国の興廃
読んでいく中でわかるけど、井沢氏は外国人読者を意識しながら書いている。と、思ったら、小学館ウェブサイトには英語版も連載中であるという。日本人にとっての世界史ではなく、人類にとっての世界史ということだ。

『逆説の世界史』は、これまで幾多書かれてきた“世界史”とは違う方法論を持って書かれるという。キーワードになるのが“比較”。地域や時代を限定して研究する歴史家には難しい時空を超えた比較によって新たな視点を開く。

もう一つのキーワードがETの目で見た「地球史」。ETが見た人類は肌の色の違い以外には大きな違いはない。ところが、経済的、政治的関係において優位な立場にある特定肌の色のグループの中に、そうでないグループを差別する感情があることが、ETには見える。

ETはいったい、どんな歴史を書くのだろう。
序章  人類はいかにして文明をもったか・・・通史としての世界史を書く方法論
第一話  民族、宗教、イデオロギーを超越した新たな視点
第二話  時代分類は「利器の材質」から「情報蓄積ツール」へ
第一章  古代エジプト文明の崩壊・・・科学技術情報を隠蔽したファラオの言霊信仰
第一話  なぜ巨大ピラミッドが建造されたのか
第二話  ヒエログリフと文字の起源
第二章  中国文明の力量と停滞・・・六百年も停滞し続ける「中華思想」国家の臨界
第一話  儒教文明の呪縛と毛沢東の文化大革命
第二話  朱子学国家が東アジアに与えた悪影響
第三話  歴史を改竄する中国共産党の偏向教育

前漢の宦官、蔡倫が紙を発明した。紙をつくる技法がイスラームやヨーロッパに伝わり、ルネサンス期、グーテンベルクの活版印刷が登場した。これが人類社会を変えた。産業革命から現代へ向けて、人類社会は激しく変化した。

しかし、古代エジプトにもパピルスがあり、文字もあった。それによって私たちは、古代エジプトのいろいろなことを知ることができる。ところが、現代でもその技法を解き明かすことができない巨大ピラミッドの建造。それだけの技術がなぜ伝承されなかったのか。

歴史のある時期まで、明らかに世界の文明をリードし、同一の地域に、同質の文化を営んだ中国。ならばなぜ、中国は世界スタンダードになれなかったのか。そこにある儒教文明の呪縛とは、また朱子学の悪影響とは何か。

とまあ、こんな具合のことが書かれておりまして、面白かった。ただし、私には井沢氏の姿がちらついた。どうも、ETがこれを書いているようには思えなかった。今回のテーマでは、日本が頻繁に登場したことが理由かな。今後のETの活躍に期待したい。

最後になりますが、私は井沢氏が『逆説の世界史』を書き始めた理由を、私なりに考えている。実際、この二十年間で、日本人の日本史のとらえ方にもずいぶん変化があったと思う。教科書の記述は相変わらずの所もあるけど、前に比べれば、日本史のとらえ方にもいろいろな変化が起きていると思う。『逆説の日本史』の近現代史がいよいよ楽しみなところだ。

ごめんなさい。『逆説の世界史』について・・・、です。井沢氏は“日本史”を“世界史”の中に相対化することをねらってるんじゃないだろうか。たしかに最近、日本を包む近現代史のとらえ方にも大きな変化が表れている。でも、戦争に負けた日本は、やはり正当な評価が受けられない。その評価を下すのは戦勝国、中でも白人国家というギルドみたいな組合だ。敗戦国として、ねじ曲げられた歴史だって、これから正さなきゃならない。そんな時、“世界史”のなかで日本の存在を相対化することにより、日本が“世界史”に、“人類史”に果たした役割を主張できるようにするための援護射撃みたいなもんなんじゃないだろうか。・・・そんな理屈はいらない?


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

国連やNGO、他国による中途半端な「人道介入」が、戦争を終わらせるのでなく、戦争を長引かせる。

無理に停戦させても、紛争の原因たる火種を凍結するだけだ。

本当の平和は、徹底的に戦ったあとでなければ訪れない。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本










































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい