めんどくせぇことばかり 学校勤め

大教組 教育基本条例案に反対する寸劇


昨年11月のW選挙後、教育基本条例案への大阪教職員組合の反応

週刊ポスト2012年1月13・20日号によれば、12月上旬に大阪市内で大阪教職員組合など8団体主催した1400人を集める反対集会が開かれたそうです。
その際、現役教職員による寸劇が行われたようなのですが、これが面白い。
登場するのはスーツ姿のベテラン教師と、ジャージ姿の若手教師。
この二人が、新年度のクラス分けに苦労する3人の教師A、B、Cの様子を見る。

1組には問題行動を頻繁に起こすハシモト君がいますねェ。それに家庭が不安定で忘れ物が多い、おっちょこちょいのマツイ君も……(会場は大爆笑)

3組はウメダ君とワタシ君か……。いいわァ。私が3組を持たせてもらいます

それはズルい。3組は私です

私が絶対3組! まだ家のローンもあるんです!

言い争いを始める3人をベテラン教師が「スト~ップ!」と大声を上げて制止し、若手教師と聴衆に呼びかける。
「こんなふうに、サポートが必要な子が多いクラスの担任は誰もやらなくなってしまうんやで!」
若手教師が、「組合に入りますワ!」と叫んだところで、会場からは万雷の拍手。
教員がこんな陳腐な寸劇やって、恥ずかしくねぇのか、という疑問は封印しよう。

ん~、分からん。
教師Aが抱えているローンと、難しいクラスの担任をすることのあいだに、どんな関係があるのか。
BやCのようなわがまま教師と組合の存在には、どんな関係があるのか。
この劇を見た若者が、なぜ突然、組合に入る気になるのか。
教育基本条例と「サポートが必要な子が多いクラスの担任は誰もやらなくなってしまう」ことの間には、どんな相関関係があるのか。

以下は、教師生活29年の私の想像です。
「教育基本条例によって組合が弱体化されてしまえば、今まで保持してきた組合員の利益がそこなわれる」ことに彼らは大きな危惧を感じているわけだから、今まで彼らは、受け持ちクラスの決定にも、組合という存在の持つ力を介在させてきた。
その場合考えられる最もひどい状況は、“大変なクラスの担任は組合員は持たず、非組合員に持たせる”ということだが、この寸劇からは、そのくらいしか考えられない。
実際に組合が学校に運営に口を出す力を持ち、つらい仕事を非組合員に回してきた例は日常化してきた。
“組合が力を持っていれば、大変なクラスがあっても、教師同士お互いに助け合える”なんて意味も考えられないじゃないけど、それでは“教師同士の助け合いに組合が必要”と考えるありえない必然性を説明しなければならなくなるから無理だ。
もしこの時、この大変なクラスを押し付けられる適当な非組合員がいなかったらどうなるか。
組合加入宣言をしてしまった若手教師が、その苦労を押し付けられる。
持ちクラスの決定や責任ある仕事をめぐって一番得をするのは、得てして指導力に疑問のある女の教師だ。
この言い方は訂正しよう。
指導力に疑問のある教師で、男の場合もあれば女の場合もあるが、経験的には女の教師が圧倒的に多い。
責任ある仕事からは巧みに逃れ、組合に力があれば、その力を利用して何よりも自分の仕事を軽減する。
そんな連中はいくらでもいた。
そんな様子は、嫌というほど見てきた。
「このクラスは、あなたじゃなければ無理よ」と、一言で片付けて何事もなかったような顔をされたこともあった。
あの時の、粘着質な組合のいやらしさを、この寸劇からは直接的に感じることができる。
人気ブログランキングへ

テーマ : 教育問題
ジャンル : 政治・経済

「教員免許更新制の凍結を」署名3万7千人分、文科省に

asahi.com 2011/11/7
「教員免許更新制の凍結を」署名3万7千人分、文科省に

 教員養成や研修のあり方を研究している東京学芸大の渡辺雅之教授らのグループが、教員免許更新制の凍結を求める現場の教員ら3万7789人分の署名を集め、7日、文部科学省に提出した。東日本大震災の被災地の教員らにとって更新に伴う手続きなどの負担が大きいことや、被災地以外の教員も子どもの受け入れや教職員派遣をしていることなどを挙げ、「制度継続は難しい」としている。

 制度に反対して更新講習を受けず、東京都立六本木高校を今春退職した尾形修一さん(55)は記者会見で「資質の向上は研修ですればいい。真面目に仕事をしている教員を失職させる制度はおかしい」と訴えた。

教員への目が非常に厳しくなってる昨今だから、このニュースに対する反応も十分予想できる。
でも、世間様に少しでも実際の状況を理解してもらうために、やはり声に出す。

今更、更新制の成立の経緯なんか云々するつもりはないけど、実際に始められた更新制はどうにもならないものであることだけは知っておいて欲しい。
ちなみに私は高校の教員で、専門は世界史。
まあ、何でも屋だから社会の教員と思って欲しい。
夏休み中に30時間の研修を受けることになるが、その下らないこと。

だいたい、高校の教員の専門に合わせて講師を準備することなんかできるわけない。
場所も限定されて、まあ多くの教員は出来る限り近場の大学等を選ぶけど、そうなれば受けられる講座は更に限定される。
自分の専門にあった講義を受けられる教員は、それこそ何人もいないだろう。
自分はまだ受けてないので、これは周りの連中から聞いた話。

大学時代に受けた教職教養のような講座があるかどうか知らないが、そんなもの現場で何年もやってる教員にとってはそれこそ無意味。
だいたい教職教養の内容なんて、現場に出た途端にまったく無意味なものになるのだから。
フロイト、ユング、シュプランガ-、ルソー、そんなこと、現場ではまったくの無意味。

そんな講義30時間受ける苦痛がわかる?
馬鹿な話だ。
その時間、自分の専門の本読めば、どれだけ授業に行かせることか。
受けるけどね。
免許失効すれば食い扶持なくすから。

安倍総理の時は、確かに不祥事が続いてたんだよな。
マスコミが鬼の首取ったように責め立ててよ。
安倍元総理にすれば、アリバイ作りでもやんなきゃいけなかったのはわかるんだけど、なんともくだらねぇもの作ったもんだ。
もともと、更新制は日教組に対する揺さぶりの意味を持ったものだったろうけど、すでにそんなこと言ってる場合じゃなくなってるだろ。
一刻も早く“日本人教育”を打ち立てなきゃならないときにこんなくだらねぇ講義受けてる暇ねんだけどなぁ。
しゃあねぇなぁ。食い扶持潰すわけに行かねぇしなぁ。                          
                                               人気ブログランキングへ 

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

いよいよ動き出す? 高校の教育改革

産経ニュース 2011.11.7 http://sankei.jp.msn.com/life/news/111107/edc11110715010001-n1.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中央教育審議会が、初等中等教育分科会の中に「高等学校教育部会」を設置し、高校教育の改革に着手することにしたからです。大きなテーマは、「高校教育の質の保証」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
文科省はこれまで、高校教育の多様化・特色化を進めてきました。しかし、その結果、生徒の大半が難関大学を目指す高校もあれば、小学校程度の計算もできない生徒がいる高校もあるなど、高校間の格差が拡大しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高校教育の質の保証のための具体的方策として一番簡単なのは、欧州諸国のように後期中等教育機関を、大学進学向けの高校と、社会に出る準備をするための職業学校に分けることです。しかし、これは日本を、欧米のような階層社会にすることにつながります。もう一つは、「高校卒業資格試験」や「大学入学資格試験」などを創設して、客観的に質の保証をすることですが、実現には大きな困難が伴うでしょう。三つ目は、高校の卒業要件を厳しくして簡単に卒業できないようにすることですが、実際にどれだけの子どもたちがこれに耐えられるか、不透明です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高校教育の差別化に、基本的に賛成です。
ただし、「大学に進むことが人生における成功=人よりも楽にいい暮らしができるである」という社会をつくってはならない。
「大学に進むことが、より大きな責任を背負い込む大変な道である」状況の中で、あえてそれに挑む愛国心の強い者を育てていかなければならない。

前提となるのは、幼い頃からしっかりとした“日本人教育”を施すことだ。
日本の歌を歌い、日本の風景に遊び、本当の日本の歴史を学び、日本人の仕事に触れる。
大学に進む者も、そうでない者も、小中学校における教育で、同じように日本を愛するこころを育て、自分にあったやり方で、愛する日本に貢献する生き方を選ばせればいい。

安易に、対症療法的にながれれば、構造的格差社会を作り上げ日本人としての連帯感を破壊することにつながる。
さらに外国人の取り扱いも問題となる。

高校の教育改革で済む話ではない。
まずは、しっかりとした日本人教育が必要だ。
                                               人気ブログランキングへ 

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

教師という存在そのものが問題なの?

jhfk1413 / jeda
「性犯罪が起こる危険性が、他業種と比べものにならないくらい高い」これが言いすぎじゃないとすれば、学校ってすごいところですね。私、学校勤めですが・・・>>尾木直樹氏が教師淫行に警告 http://t.co/Va0f0IB at 08/06 23:32
身もふたもない言われ方で・・・                                                    この方は、教育に携わっている方ですよねぇ。                                                    この記事の内容からでは伝わらないニュアンスがあったのかもしれませんが、以下の発言はひどすぎる。                                                    「教師は性犯罪を犯しやすいという前提を認めた上で、子供への愛情をゆがませることなく、実直に職務を遂行できる環境をつくることが急務。」                                                    ひどいことを言うじゃありませんか。                                                    過激なことを言った方が、人気が出るからですか。                                                    仕事が増えるからですか。                                                    ・                                                 小・中のことは知りませんが、教員、特に若い連中の世話は大変です。                                                    励ましたり、なだめたり、飲みにつれてって愚痴聞いてやったり・・・                                                    全部、若いころに先輩教員に面倒を見てもらいました。                                                    今の先輩教員は、若い連中の面倒見てやるような余裕はありません。                                                    そこに原因の一端があると思います。                                                    小木先生は、「教育委員会は見て見ぬふりで、犯罪を抑止するためのカウンセリングや心のケア」(*ここでも教師を性格破綻者扱い)と言うが、教育委員会の指導に、若い教師の心に触れるものなんかありません。                                                    ・                                                 4月以降の教師のかかわった性犯罪をみると、ポッとでの若造じゃありませんよね。                                                    小木先生は「いつも身近に子供がいるため、心理を見抜いてリードするのがうまく、扱いも手慣れている。昔から教え子との淫行などは多く、ただうやむやにされてきただけ」と言う。                                                    (*ここまでの確信犯なら本当に許せませんね。・・・すべての教師を傷つけてここまで言うほど、嫌な思いをさせられた体験をお持ちだからこそなのでしょうが)                                                    ・                                                 実際に教師の性犯罪が増えていることを前提に、原因解明をするべきではありませんか。                                                    取材者に・・・                                                    「あのね君、昔からあったんだよ。いくらでも、そういうことが・・・。全くあの手の連中ときたら・・・」 と言って、それが建設的ですか。                                                    確かに以前からありました。                                                    表ざたにならないケースも多々ありました。                                                    でもこのところの教師の性犯罪は、「実際に増加しているのであり、それには原因がある。」と私は思います。                                                    そしてその原因も、私なりに考えるところがあります。                                                    小木先生は、お分かりにならない、あるいはわかっていて、過去から現在に至る教師を辱めるために「昔からそうなのよ、あいつらは、しかもみんなウヤムヤなのよ」ということにしたいようですが・・・

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本














































当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい