めんどくせぇことばかり スポーツ

稀勢の里、相撲をとれ❢ 『生きざま』 貴乃花光司

大相撲初場所も序盤を終わり、横綱を狙う期待の稀勢の里はすでに二敗。ほとんど絶望と言っていい。稀勢の里に一喜一憂するのは、正直疲れた。稀勢の里はおそらく、なにか勘違いしている。いったいなにが怖いんだ

“横綱”の地位は、ふさわしい者に与えられる。狙うものではない。たとえどんなに周りから期待されようと・・・。あなたは、ひたすらあなたの相撲を取ることに専念するだけだ。

以下は、平成25年1月の記事に加筆修正したものです。

相撲界を頼んだ 『生きざま 私と相撲、激闘四十年のすべて』相撲界を頼んだ 『生きざま 私と相撲、激闘四十年のすべて』
(2012/12/13)
貴乃花光司

商品詳細を見る
これからの時代、ますます世界に出て行く日本人が増えていくだろう。そういう子たちの胸に「日本人としての誇り」の種を蒔くことは我々、大人だと思うのだ。「母国に対する誇り」なき者は世界では戦えないのだから。

子供の頃、私のごひいきの力士は藤ノ川だった。学校から帰って、ランドセルを放り投げるや遊びに出かけるのだが、相撲をやってる時だけは、遊びもそこそこにうちに帰り、祖父母とともに相撲に熱中した。なかでも小兵ながら“今牛若”と呼ばれる藤ノ川、強さよりも諦めない相撲に惹かれた。文字通り判官びいきということになるが、大柄な力士に立ち向かっていく姿勢には、“凄み”を感じた。 
藤ノ川に惹かれていた私は、ごく自然に、それに続く小兵力士貴ノ花に熱狂した。貴ノ花に対する思い入れは、藤ノ川に対するもの以上で、“僕のヒーロー”としか言いようがない。いつも、貴ノ花の前に立ちはだかる厚い壁を憎んだ。輪島を、北の湖を・・・。藤ノ川
 
貴ノ花1実はその日のことがこの本の中にも書かれているが、貴ノ花の引退は本当に悲しかった。もちろんその後も相撲好きの私ではあったが、貴ノ花時代の熱狂からは遠ざかった。あの時の熱狂が蘇ったのは、若花田、貴花田の登場だった。
 この本には、まるで宿命であるかのように、父の道に自分を重ねて相撲界に入った貴乃花光司が、どのような姿勢で相撲に向き合い、どのようにして“あの一戦”に立ち向かっていったかが書かれている。その純粋さを理解できないマスコミは、自らの作り上げたイメージから離れていく貴乃花を、今度は引きずり下ろしにかかった。当たり前の若造であれば、彼は耐えられなかったろう。でも彼は違った。彼の純粋さは、彼自身を相撲に昇華させたといっていいだろう。マスコミになんと書かれようと、彼の生きざまはその相撲そのものに表現されていた。
 あれだけの“魂”を感じさせる力士が出ることは、おそらくもうないのではないか。すくなくとも、私の人生の中ではないだろう。しかし、それに出会えたことに感謝したい。彼の引退後、相撲界は迷走を続ける。八百長事件、賭博事件といろいろあるが、なによりも私が危惧するのは、土俵上でとられる相撲そのものだ。美しくないのだ、相撲が・・・。土俵上のひっぱたきあいはいかにも見苦しい。

この本は、貴乃花親方が自分の半生を振り返り、おそらくこれまでを振り返ることにより、これから辿るべき道を模索しようと出版されたものと推察する。読んだ私は、なんとも波乱万丈の人生を・・・、と思わざるをえない。それでもあえて言わせてもらう。「頑張ってください。私も相撲が好きです。心を揺さぶられるような相撲が、これからも見たいです。」

   

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

稀勢の里 白鳳戦(九州場所十四日目)の万歳三唱

相撲の大ファンです。なかでも、稀勢の里は、萩原という本名で土俵に上がっていた頃から注目してきた。「稀な勢いで駆け上がる」という願いを込めて“稀勢の里”という四股名に変わった頃には、その名の通り、順調な出世を疑わなかった。

しかし、恵まれた身体に慢心したか、捌きが上達せず、ほかにも詰めの甘さ、勝負に向けての心の作り方など、多くの欠点を露呈して、出世が遅れた。それでも、少しずつ、少しずつ、相撲がうまくなった。詰めでは腰をどっかり落として相手を寄り切る形を身につけて大関昇進。栃東、魁皇引退後は、モンゴル勢に太刀打ちできる力士もない状況で、稀勢の里への期待は高まった。

最後に残った課題は、“立ち合い”と“心”。今場所、十三日目、十四日目に行われた二人の横綱との勝負は素晴らしかった。びっくりしたのは、出足の鋭い日馬富士、白鳳の両横綱に立ち勝ったこと。それ以上に、そこに至る心の作り方だ。風格では白鳳と五分五分、日馬富士に対しては、完全に上を行っていた。



ほんとうに嬉しい相撲だった。もしも今場所で見せた風格が本物なら、・・・。期待は高まるが、これまでにも何度も裏切られた。期待はほどほどに、もし本当にそうなったら、そうなったときに喜ぼう。

それはそれでいい。《それでいい》では済まされないのは、客席から自然発生した万歳三唱だ。場所に駆け付けた観客が熱狂するのは分かる。それだけ稀勢の里に対する期待が大きいのも分かる。だからと言って万歳三唱はない。力士たちはお互いのすべてをぶつけあった勝負でも、終われば一礼をして土俵を下りる。この時、負けた白鳳も一礼をして土俵から下りている。勝ち負けは礼で段落がついている。それを客席から蒸し返しては、次の勝負への遺恨にしかならない。

たしかに、モンゴル勢の相撲には美しさに欠ける部分がある。張り差し、張り手、かち上げ、強引に相手の頭を押さえつけて、ときには髪や髷に影響するのもお構いなし。十三日目、切羽詰まった日馬富士が稀勢の里を強引にこてに振ったが、相手が負傷することへの頓着など微塵も感じられなかったし、むしろそれを望んだのではないかとまで思わせる行為だった。

《それでも》、である。勝負には清々しさが必要である。稀勢の里はそれをつらぬいている。他にも、そういう力士は決して少なくはない。ならば、応援にも清々しさが求められていい。

「白鳳もいい相撲だった。次は負けるなよ、横綱」という声がかかってこそ、次の勝負が楽しめる。

もう一つ、最近、テレビに映りやすい客席で、力士の名前を半紙程度の紙に書いて応援している人たちが目につく。気持ち悪い。なんかの宗教団体の刷り込みのようだ。どうして応援している《私》をテレビにアピールする必要がある。


   

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

海老沼、反則のりこえ金 世界柔道

金メダルをかけた決勝は、カザフスタンのムカノフ選手との一戦。選手のムカノフ選手の反則は、立ち技のなかで脇固めの状態に入り、そのまま体重をあずけて投げたことだ(動画4分45秒)。通常であれば、技に入った時点で反則負けになるはず。審判が試合を止めなかっため、ムカノフ選手は寝技に入ってからも腕ひしぎを続ける。海老沼選手は倒れた時点でかなりのダメージがあったはずだが、待てがかからず、そのまま締めあげられた。結局、審判は、ムカノフ選手の反則を取らなかった。

左腕を痛めた海老沼は、審判に対して右でをあげて痛みをアピールするが、審判は一向に意に介さず、“はじめ”をかける。

すでに異常であるが、驚くべきは、この直後にムカノフ選手が、ふたたび脇固めから海老沼を投げようとしたことだ。袖を抜いて事無きを得たが、技に入ろうと動いた時点でムカロフ選手の反則負けのはずだ。にもかかわらず、審判団には何の動きもない。苦悶の表情を浮かべる海老沼選手。“はじめ”の声が非常に響く。

奇跡はその直後だ。海老沼が真っ向から痛い左腕を伸ばして相手の襟をとり、一瞬の大内刈で一本。


一体この試合は何だったろう。脇固めからの投げは大変危険な反則技。反則技は禁じ手であると同時に選手を守る。ところがこの試合を見る限り、それを禁じ手とされているのは海老沼選手だけであり、ムカロフ選手には禁じ手とはされていない。 そんなことがありえるか。

不思議なのは、二度目の反則だ。ムカロフ選手は確信を持って技に入っている。この時、審判の意向がムカロフ選手に流れているのを確信した。 いったい、この不正はどの規模で行われているのか。

日本が嫌われるのは哀しいが、「嫌うな❢」と言ったって相手の感情を強制できるわけじゃなし、仕方がない。だからといって、この試合は酷い。スポーツすら正々堂々と出来ないのか。

柔道は、日本人の心を、Judoに伝えることは出来なかったのか?これでは日本人選手がかわいそうだ。


  

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


テーマ : 日本の良いところを守りたい
ジャンル : 政治・経済

天皇賞 デムーロ騎手が両陛下に跪いて敬意

sfm2013ga さんから借用

両陛下、競馬・天皇賞を7年ぶり観戦 復興行事ねぎらう
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121028-00000021-asahi-soci

七年ぶりに天覧レースとなった天皇賞。

直線に入り、後方から内をついて一気に伸びたエイシンフラッシュが一着。鞍上はミルコ・デムーロ。ウィニングランを続けるエイシンフラッシュとデムーロ騎手が正面スタンド前に戻ってくる。突然下馬するデムーロ騎手。手綱を右手に、左手でヘルメットを取り、正面に向かって跪くデムーロ。

自分の中で、一瞬時間が止まったように感じた。

やられた。カッコ良かった。 デムーロ騎手に泣かされてしまった。

最後の最後まで、見事な騎乗ぶりだった。

日本人騎手に、あれをやってほしい。
 





  

続きを読む

テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

<WBC不参加決議>選手会

WBC 日米双方が主張譲らず
NHK NEWSweb 7月20日 18時1分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120720/t10013735871000.html

WBC参加問題、選手会がボイコットと報道

SANSPO.COM 2012.7.20 18:16
http://www.sanspo.com/baseball/news/20120720/npb12072018170006-n1.html

新井貴会長「苦渋の決断をした」
SANSPO.COM 2012.7.20 20:49
http://www.sanspo.com/baseball/news/20120720/npb12072020500013-n1.html

<WBC不参加決議>選手会「将来考え」 収益配分に不満
毎日新聞 7月20日(金)21時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120720-00000100-mai-base

WBC 埋められなかった溝…日本球界の孤立化の懸念も
産経新聞 7月20日(金)21時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120720-00000609-san-base

前会長宮本慎也選手(ヤクルト)の言葉に尽きる。「第三者機関が中心となって、本当の意味での世界大会ができることを選手会は望んでいる。」選手会のメンバーもそれを望んでいるし、状況を知れば、日本人の多くがそうでなければならないと感じるだろう。しかし、WBCはMLBが市場拡大のために始めたことであり、彼らは野球を世界に広めることを目的としているわけではない。元々が金儲けなのだ。アメリカでの視聴率も上がらず、日本チームに寄せられたスポンサー料や代表チーム関連グッズのライセンス料まで掠め取る。今の状況でWBCが続くと思う事自体が間違いだ。本拠地でも、第3回大会くらいが限度と踏んでいるのではないだろか。よっぽどの恥知らずでなければ・・・。何れにしても現状では長続きするはずがない。宮本前会長のいうようなシステムに移行していく努力がどれだけなされているのかはまったく知らないが、この度の選手会の決定を刺激に、日本プロ野球界が独自の道を歩き始めて欲しい。

日本野球界WBCボイコット騒動の根っこにある問題は何か
DIAMOND online 2011年8月23日

http://diamond.jp/articles/-/13661

人気ブログランキングへ

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

やり投げ ディーンが初Vで五輪内定 村上は2位

6月9日(土)に行われた陸上日本選手権、男子やり投げ。

凄い試合だった。日本選手権で、二人の選手が80mを大きく上回るレベルで争う試合が見られるとは・・・。

第一人者の村上幸史は、太ももを痛めて、今季、実力を発揮できない試合が続いていた。一方、ディーン・元気は、努力を背景に、その持てる才能を開花させた。4月には、村上の最高記録を上回り、日本歴代2位となる84m28という記録をたたき出していた。

しかし村上は、ここに合わせて体調万全に仕上げてきた。2投目、ディーンは81m62を投げれば、村上は82m93の大会新記録を叩きだす。この段階で世界レベルの勝負に突入。しかし、圧巻はここから。村上は3投目にさらに記録を伸ばし、83m95の自己最高記録をマーク。流石の力を発揮し、やはりここは村上か、とだれもが思ったろう。

ディーンの4投目。多くの選手が客席に手拍子を求める中、彼は人差し指を唇に当て、静粛を求めた。自分のやるべきことに集中できる環境が欲しかったのだろう。静まり返った中、ディーンが槍を担いで走りだす。スピードに乗ったまま投擲。そしていつものように飛び込むように倒れこむ。放たれた槍はぐんぐん伸び、村上の3投目とほぼ同じ距離に突き刺さる。84m03。村上の記録を、わずか8cm上回る。

4・5・6投目、村上は納得できる投擲ができず、試合を終わる。6投目、最後の投擲を終えた村上がベンチに帰る。オリンピック出場と優勝を決め、歓声に答えようとするディーンがベンチから飛び出してくる。勝者と敗者がすれ違う。村上は笑顔で後輩の勝利を讃え、勝者と手のひらを合わせる。

心に残る、名勝負だった。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/channel/live/show/athletic/784&manual=1

人気ブログランキングへ

テーマ : 陸上競技
ジャンル : スポーツ

ソウル・オリンピック 柔道


スキーのジャンプ競技に複合。フィギアスケート。水泳。いくらだって例はあげられる。いつだってそうだ。不満はあっても世界の基準を受け入れ、必死で努力し、追いつき、追い越していけば、また新たな理不尽な基準を押し付けられる。

今に始まったことじゃない。ワシントン条約にロンドン軍縮会議。必死で追いつこうとすれば、また新しい基準を押し付けられる。それでも耐えて、耐えて、耐え切れなくなって大きな挫折を味わった。

そして、焼け野原からはじめの一歩を歩み始めた。世界を驚かすほどの復興と、高度成長を遂げた。するとまた新しい基準を押し付けられる。同じことが繰り返されている。

スポーツの世界では、それが象徴的に繰り返されている。ロンドンオリンピックが近い。がんばれ日本。負けるな日本。


人気ブログランキングへ

川内2時間12分51秒で14位、五輪「選ばれると思っていない」

産経ニュース
2012.2.26 16:47

東京マラソン 川内・・・・・・
 前回大会で2時間8分37秒をマークし、世界選手権代表に。以来、24歳の公務員ランナーを取り巻く環境は激変した。大会には報道陣が押し寄せ、駒沢公園での練習中はあちこちでカメラを向けられるようになった。「プレッシャーに耐えられないと強い選手にはなれない」。成長の糧にすべく、それらを受け入れた。
 選考会で日本勢トップとなり、五輪有力候補となっても待機する考えは毛頭なかった。「世界で戦える選手になれなければ、五輪には出なくてもいい」。福岡のタイムは2時間9分57秒。世界の強豪と勝負するにはいかにも物足りない。ノルマに掲げたのは2時間7分台だった。
 依然として代表候補の一人である立場に変わりはないが、川内には五輪にしがみつく気持ちはさらさらない。挑戦は終わってしまった。結果からして選ばれるとは思っていません」。持論に従い、真っ向から挑んではね返された男の潔さがそこにあった。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120226/oth12022616510012-n1.htm 

東京マラソン、藤原新選手の2時間7分台での2位というレースは大変見事だった。半ば諦めかけていた日本のスポーツファンに、「マラソンで日本人選手がアフリカ選手を追い詰めていく」という驚くべきシーンを見せてくれた。後に続く者たちに与えた夢は極めて大きい。

前回大会で彗星のごとく日本マラソン界に現れた川内優輝。今回は2時間12分51秒で14位に終わった。この1年、川内は日本マラソン界を引っ張ってきた。日本のマラソン界が、川内を中心に回っていた。練習基盤を持たない埼玉県職員、しかも春日部高校定時制事務職をフルタイムでこなす生活、独自のマラソン哲学、独自の練習方法、実業団に所属するトップ選手を尻目に、常に話題の先頭にあった。

ロンドンオリンピック代表選手先行シーズン。昨年12月の福岡国際マラソンで日本人トップの3位に入り、タイムも2時間9分台。今日、東京マラソンを終わって、結果としては、黙って見てれば代表選手に選ばれる可能性は十分だったのに、ということになってしまった。しかし、今でも有力な候補であることは間違いない。そう思っていたら、この報道だ。

マラソンは確実に、川内を強い人間にしている。こいつ、いいやつだなぁ。「ばかだなぁ」って言われたら、勲章をもらったと考えて欲しい。

川内優輝は現時点でも、かつてのオリンピックや世界陸上のメダリスト並みに、日本マラソン界の歴史に大きな名を刻んでいる。陸連はじめ、実業団はそれを忘れるべきではない。

オリンピックで、川内が日の丸をつけて走る姿が見たい。それ以上に、走り終わってぶっ倒れる姿が見たい。


人気ブログランキングへ

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

渡辺巨人 長島はもう・・・

生まれながらの巨人ファン。
背番号は3。
守備はサード。
打順は4番。
・・・を目指した。

あ~、それだけに、渡辺に追従するような長島の姿は見たくなかった。
もう、僕の知ってる長島じゃない。

巨人ファンを辞めたいと何度思ったことだろう。
でも、やめられない。
ファンになった事自体が、頭で考えてそうしたことではないから。
多くのファンが、そんな思いを抱いているだろう。

そんな多くのファンにとって、巨人は今、人質に取られている。
「へへっ、お前の大事な巨人がどうなってもいいのか。なんだかんだ言っても、お前たちが巨人ファンをやめられないのはわかってるんだ。お前らは黙って俺の言うことを聞いていればいんだ。」

くっ、悔しい、手も足も出ない。

さて、菅野智之君のこと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111121-00000025-mai-base
今年の彼は、天下の巨人から指名を受けるNO.1投手だったか。
だから、抽選で敗れたものの、巨人からの1位指名のコールがかかったのか。
残念ながらそうではない。
原監督の存在あってこそだ。
(と、みんな思っている)
来年、巨人は菅野智之君を1位指名するのか。
もっと凄い選手が現れて、自分が指名されないということはないのか、なんてことは、すでに解決済みの問題なんだろう。
そういう密約があっての一年浪人だろう。
(と、みんな思っている)
その分、来年の巨人にとってのドラフトは2位指名から始まる。
渡辺ファミリーの一員として今の長島がいるように、原監督も、そういうことなんだろう。

ほんとうに面白い野球は、中学校までだな。

ああ、悲しい巨人ファン
                                               人気ブログランキングへ
 

テーマ : 読売ジャイアンツ
ジャンル : スポーツ

FIFAは北朝鮮の国際大会の参加資格を取り消すべき

正直、こう思った。
「負けてよかった」
そうじゃありませんか?
「アウェーなんだからこのくらいは」というサッカー通もいるだろうが、「ホーム&アウェー」なんて枠の中で語れる話じゃない。
北朝鮮戦
これじゃ日本人サポーターは、捕虜以外の何だ。
ふざけるにもほどがある。

もちろん、気がつけば日本代表を応援していました。
でも、もし勝っていたら、この150人のサポーターは本当に何事もなく帰れたと思いますか。

北朝鮮代表選手は、「日本人選手が大けがをしたら」というためらいなどなにもなく、後ろからだろうが、スパイクの裏を見せながらだろうが、平気で突っ込んできた。

日本代表選手のプレーも精彩を欠いていた。
当たり前だ。
「完全アウェー」たって、サッカーの試合なら力も出せよう。
でも、これはサッカーの試合なんかじゃない。

日本が負けて、悔しくて悔しくて・・・
でも、負けてよかった。

こんな試合が組まれたこと自体が誤りだ。
冗談じゃない。
FIFAは北朝鮮を追放すべきだ。
                                               人気ブログランキングへ 

テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい