めんどくせぇことばかり 日本近現代

GHQ民政局 教育勅語の廃止

産経ニュース 2017/07/28
【稲田朋美防衛相辞任】「責任を痛感、辞任かねがね考えていた」 険しい表情から涙目にも
http://www.sankei.com/politics/news/170728/plt1707280044-n1.html
(抜粋)
南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報をめぐる問題で28日、記者会見した稲田朋美防衛相。「責任を痛感している」と繰り返した稲田氏だが、隠蔽の了承について「認識は今でもない」と主張し、強気の姿勢を貫いた。日報をめぐる一連の問題は、防衛省・自衛隊への稲田氏のガバナンス(統治)不足を露呈、不信感が渦巻いた。
(続きを読む)に全文

政治の中の一コマだから、何があったって驚かない。基準を“正義”なんかに求めても、何の意味もない。ことは、野党やそれを支援するメディアはじめ“革新勢力”は、安倍政権打倒の一点突破を目指しているということ。ここの攻防の意味は限りなく大きい。

森友学園どうのとか、加計学園どうのとか、さらにはこの稲田朋美防衛相辞任につながる“日報をめぐる問題”とかも、現在の政治的駆け引きのすべてはその攻防の中にある。

稲田朋美防衛相は、森友学園の絡んで教育勅語に関する認識を問われていたことがありました。“革新勢力”はいまでも、教育勅語に対して“軍国主義”というレッテルを張って、それを擁護しようとするものを戦後平和主義の流れの外にあるものとして攻撃しようとする。柳の下の幽霊あつかいだな。

教育勅語がどのように配されていったのか、調べたことがありました。ずいぶん長い内容ですので、何かのときに思い出してもらえれば嬉しいです。
敗戦直後の東久邇宮内閣は、敗戦という未曾有の危機の中でこそ、教育勅語の重要性はよりましていると考えていた。
8月17日に成立した東久邇宮内閣の文相前田多聞は、その就任記者会見で、「日本の教育の基礎は教育勅語と終戦の御詔勅抜きでは考えられない」と述べている。

さらに9月15日には、「新日本建設ノ教育方針」を制定した。 それは、教育の基礎を「国体護持」に置き、「科学教育振興」と「平和国家建設」に邁進するというものであった。

「今後ノ教育ハ益々国体ヲ護持ニ努ムルト共ニ軍国的思想及施策ヲ払拭シテ平和国家ノ建設ヲ目途トシテ謙虚反省只管(ひたすら)国民ノ教養ヲ深メ科学的思考力ヲ養イ平和愛好ノ念ヲ篤クシ智徳ノ一般水準ヲ昂メテ世界ノ進運ニ貢献スルモノタラシメントシテ居ル」「教科書ハ新教育方針ニ即応シテ根本的改訂ヲ断行シナケレバナラナイガ差当リ訂正削除スベキ部分ヲ指示シテ教授上遺憾ナキヲ期スル・・・」 と始まる「新日本建設ノ教育方針」の概要は以下の通りである。

①教育方針
 国体護持、平和国家建設の推進、軍国的思想の払拭、教養・科学的思考力の養成、智徳水準の高揚
②教育体制
 決戦教育の解除、平常教育への復帰、軍事教育の全廃
③教科書
 新教育方針に則る改定断行
④教職員対策
 再教育
⑤学徒対策
 勤労動員による学力低下への補習、陸海軍学校生徒の他校への転入
⑥科学教育
 単なる功利主義でなく、真理探究に根ざす科学的思考力の養成
⑦社会教育
 国民道義高揚と国民教養向上、成人・勤労者・家庭教育・図書館等の振興
⑧青少年教育
 郷土を中心とする青少年の自発能動・共励切磋の団体育成
⑨宗教
 国民の宗教的情操の涵養
⑩体育
 体位の回復向上、運動競技の奨励
⑪文部省改革
 学徒動員局廃止、体育局・科学教育局新設

これに対してGHQは「10月13日指令」を出して、「新日本建設ノ教育方針」に真っ向から反対した。

【昭和二十年十月十三日のGHQ指令】

①初等・中等教育の改革
②教科書の書き換え
③日本人の道徳観の養成、日本文化の改善
④「修身」を教えた教学局廃止(盲目的忠誠心を説いたため)
⑤国粋主義を鼓舞した全研究所廃止
⑥民主主義の信念を植えつける為の教師再教育
⑦文部省の権限分化・民主化

この指令は、GHQが日本の占領を、「日本国の無条件条約」による占領として振る舞いはじめた最初の行動である。 9月2日の戦艦ミズーリでの休戦調印直後、占領軍は日本政府に対し「米軍による日本全土の軍政布告命令」を出した。 9月3日、重光葵外相は、マッカーサーに対し「無条件降伏をしたのは日本軍であって日本国ではない。ポツダム宣言は日米両国を共に制約する条約であり、今回の米国の軍政布告命令はポツダム宣言違反である」として、前日の命令撤回を要求した。 マッカーサーは、これを聞き入れ前日の命令を撤回した。

江藤淳氏は、マッカーサーが命令撤回した理由を「日本軍未復員将兵三百五十万人の無言の圧力によるもの」と述べている。

しかし10月、陸海軍の武装解除は完了した。 GHQは、日本がなにをされても逆らえないこの時期を待って、本来、有条件であるはずのポツダム宣言を、何の改変もしないままで無条件として押しつけてきたのである。 仮にポツダム宣言が国家としての無条件の条約であったとしても、ドイツと違い、日本には統治能力をもった政府が存在する。

占領とは、本来、勝者が敗者を思うがまま裁くことを意味しない。 また、勝者が、占領地の法律を勝手に改廃してはならないハーグ陸戦法規に明文化されていることである。 ましてや、勝者が、敗者に対し文化や生き方まで変えよと要求することは、近代史上類例のない暴挙である。

さらに12月にかけて、「教育に関する四大指令」が矢継ぎ早に打ち出される。
①10月22日「日本教育制度ニ対スル管理政策」
 教育内容(軍国主義・超国家主義イデオロギー普及の禁止・軍事教練の禁止)     
 全教職員の思想調査(職業軍人・超国家主義者・占領政策反対者の罷免)~公職追放につながる
 教科書(軍国主義思想の削除、新教科書・新教科「公民」の導入)
 GHQとの連絡組織常設(文部省内)

②10月30日「教職員ノ調査、除外、認可ニ関スル件」
 全教員の調査
 軍国主義・国家主義者・占領政策反対者の排除

③12月15日「神道指令」
 教科書から神道教義の排除、学校行事の神社参拝禁止
 「大東亜戦争」・「八紘一宇」の公文書からの削除
 神道に関わる神棚などの学校・役所からの排除
 公立学校での神道研究・神官養成の禁止
 神道への行政(財政他)支援の即刻停止
 神道教義の宣伝禁止
 内務省神祇院の廃止など

④昭和二十年十二月三一日「修身、日本歴史、及ビ地理停止ニ関スル件」
 学校での修身・歴史・地理の即刻停止
 修身・歴史・地理の全教科書の学校からの回収

四大指令が破壊したものは、軍国主義ではなく日本の「歴史・文化・伝統に基づいた教育」であった。 教育勅語の精神は、それが廃止される前に、すでにズタズタにされた。 教育勅語の廃止は、その状態が占領終了後にも永続することを目論んで行われるのである。

昭和21年に来日した米国教育使節団は、3月31日、「教育現場からの教育勅語追放」を勧告した。 「日本では独立した地位を占め、かつ従来は服従心の助長に向けられて来た修身は、今までとは異なった解釈が下され、自由な国民生活の各分野に行きわたるようにしなくてはならぬ。平等を促す礼儀作法・民主政治の協調精神、これらは、皆広義の修身である。・・学校における勅語の朗読・御真影の奉拝等の式を挙げることは望ましくない。」

①「教育内容変更」の指示 
 修身廃止、
 地理・歴史教科書書き直し
 国字のローマ字表記(膨大な文献の「焚書」)
 勅語朗読・御真影奉拝禁止

②「教育制度変更」の指示
 教育の地方分権化(地区教育委員会創設等)
 男女共学
 義務教育九年  

昭和21年7月10日、民間情報教育局(CIE)宗教部WKバンスが同局教育部ジョージ中尉に対し、教育勅語の『危険性』に言及した。

「教育勅語は日本人のラジカル(即ち民主的)な傾向を押さえ込む目的で書かれた儒教的な文章である」
「国家神道の聖書だ」
「軍国主義者たちや国粋主義者たちは、この勅語から(戦争遂行の)精神的弾薬を得ていたのだ」
などと私見を述べた上で、教育勅語の廃止を提言している。
「どんなに広く解釈しても、教育勅語は新しい憲法草案の精神から外れている。・・公立学校で読み上げられるべきではないし、ましてや、教科書に入れられるべきではない。大学では歴史的文書として組み入れられてもよいが・・。」

田中耕太郎文相(吉田茂内閣)の、教育勅語擁護発言

21年6月14日
「近来、国民道徳の頽廃は極度に達し・・教育勅語の内容まで疑惑を以て見られ、また外国人の元首に払っている尊敬すらも日本国民として天皇陛下に払わない者も少なくないのであります」

21年7月15日
「教育勅語は絶対に護らねばならない。教育勅語は実践されるべきで、そのためには日本の古典やキリスト教の『聖書』なども取り入れ、教育の新しい基礎を作るよう努力しなければならない」

田中文相が「聖書を取り入れても・・・」としたのは、教育勅語を守りたい一念であったろう。 この田中発言の直後の18日、民間諜報局(CIS)は、GHQ参謀第二部に「教育勅語廃止」を勧告している。 GHQの情報教育局(CIE)教育部アイリーン・ドノバン(婦人教育担当)は、8月6日、オア教育部長に「教育勅語廃止」を提言した『ドノバン・メモ』を送った。

『ドノバン・メモ』
「教育勅語をどう扱うべきかについて、日本民族の心の中に、そしてGHQにも混乱が生じている。これは直ちに解決されるべき重大問題だ。我々の勅語政策の発表が九ヶ月も遅れたことで、既に難しい事態(田中演説)が生じている。・・この勅語は、極度の西洋化に対する恐怖感から生まれたものである。・・百三十語の漢字からなる勅語は日本民族主義のマグナ・カルタ(大憲章)であり、軍国主義者や超国家主義者の行動の源になったものである」
「より直接的な危険は、“一旦緩急あれば義勇公に奉じ以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし”という言葉の中にある」
「日本人の道徳・倫理の目的は皇室の繁栄のためだけにある」
「これは新憲法の精神である一個人の権利という考え方と完全に食い違うものだ」

21年には日本国憲法草案が国会において審議されているが、その26条に「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。すべて国民は、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。」とある。 これを受けて、教育基本法が登場することになる。 憲法がそうであったように、教育基本法もまた、GHQの民間情報教育局(CIE)が日本政府を指導・監督して作らせたものである。

最後に教育勅語にとどめを刺したのが、GHQ民政局課長のチャールズ・L・ケーディスである。彼は、国会での「教育勅語廃止決議」実施をウイリアムス国会課長に指示し、ウイリアムスは、衆参両院議長に教育勅語の廃止決議を行なうように強硬に申し入れた。 田中耕太郎・参院文教委員長(教育基本法制定時の文相)が、「教育勅語廃止」に大いに活動した。田中耕太郎自身、国会の「教育勅語廃止決議」が、GHQ民生局の指示でやむを得ないものであったことを語っている。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

続きを読む

テーマ : 大東亜戦争の本当のこと
ジャンル : 政治・経済

引き揚げと女性

「韓国人女性が従軍慰安婦として日本軍兵士に慰みものにされた」
かつて日本人によってさらわれ無理やり従軍慰安婦にされたと、ありもしないことをあったかのように勘違いして名乗り出る年配の韓国人女性。声高に叫ぶ韓国人。

これが文化の違いというものか。

未曾有の敵地からの“引き揚げ”のなか、多くの日本人女性が悲しい思いをした。ロシア人に、朝鮮人に、韓国人に、アメリカ人によって。・・・しかし、いくつかの例外を除き、日本人は沈黙した。その理由は様々だろうが、・・・沈黙した。

韓国人は朝日新聞の捏造に乗じて声高に、“犯された、犯された”と騒ぎ立てるが、日本人には「今」を守るための沈黙が了解だった。

でも、日本人の沈黙を、犯った連中が利用しようとしている。プーチンであり、ブッシュであり、習近平であり、金正恩であり、朴槿恵だ。

敵地から六六〇万人が引き揚げるということが、どういうことか。馬鹿じゃなきゃ容易に想像がつく。
「歴史改ざんを阻止」とプーチン大統領、中国・ロシアが“反米反日”共同戦線を結成
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=88568&type=0

ソ連兵の日本婦人への暴行は、すさまじいの一語に尽きる。それが十に、三歳の少女であろうとm七十近い老婆であろうと、そして、人前でも白昼でも、また雪の上であろうとも、そういうことは全く頓着しなかった。樺太の場合同様、女性たちは丸坊主になり顔を墨で塗り男装して逃れようとしたが、彼らは一人一人胸を触って女であることを確かめると引き立てていった。

南満へ疎開した人たちが、終戦後また新京の自分の家に帰る途中、公主嶺の駅で、進駐してきたソ連軍の列車とばったり出くわした時おこった事件は、「誰も知らぬものはない事実だ」という。それは、あわてて発車しようとする日本人の乗っている列車をソ連兵が止め、女は一人残らずプラットホームに降ろされ、「白日の下、夫や子どもや公衆のまん前で集団暴行を受けた」のである。

もとより日本女性のすべてが唯々諾々とソ連兵の毒牙に身を任せたわけではない。陵辱に耐えかねて死をもって抗議する若い婦人、暴行から身を守ろうとみずから死を選ぶ人妻もいた。例えば敦化の日満パルプKKの社宅では、ソ連軍は命令によって男と女を分離させ、一七〇人の婦女子全員を独身寮に監禁し、夜となく昼となく暴行の限りを尽くしたが、この際二、三人の女性は一斉に青酸カリによって自殺している。

高松宮日記 第八巻   P175~P176 (※昭和20年の日記)

十月二十三日(火)雨、雲行早、曇
[上欄]〇八三〇~一四〇〇。
 靖国神社例祭。臨時大祭来月中旬行はれる筈につき、今日参拝せず。
 MC司令部にて靖国神社をなくしようと云ふ考へある由。昨今雨中に参拝者多数ありしことなど、MC司令部の認識を改めしむべき国民的祭事を証し得たるべし。之を軍国主義の表兆とは云はざるべし。     

夜、石渡中佐、渡辺大佐、銘刀を見にくる(一等~三等見せる)。

〇八一五厚生大臣、戦災援護に関する放送を私にせよとの話、承諾す。但し厚生省の仕事の滞るのを云いわけするのではつまらぬ、之を機会に愈しつかりやることにしたいと話す。

北朝鮮に侵入せる「ソ」兵は白昼街道にて通行中の婦女を犯す。汽車の通らぬため歩いて来る途中、一日数度強姦せらる。二人の娘を伴ふ老婦人はかくして上娘は妊娠、下の娘は性病に罹る。元山か清津にては慰安婦を提供を強ひられ人数不足せるを籤引にて決めたり、日本婦人の全部は強姦せらる。強要せられ自殺せるものも少からず。男女は別にせられ男は労働せしめらる。知事其他の高官も道路清掃等をさせられつつあり。幼児の死亡するも少からず。満州より南下する列車も殆んど平壌に止められ悲惨な光景を呈しありと。その他の地はおして知るべきなり。
まったくソ連兵ってのはひどかった。ドイツもだいぶひどくやられたらしいね。ところがだ。ところが、いくつかの本を読むと、そのソ連兵よりも、朝鮮人のほうがたちが悪かったらしい。・・・ソ連兵よりも悪いって・・・、想像を絶する。

ヨーコ・カワシマ・ワトキンズさんの『竹林はるか遠く』を紹介したとき、以下のようにまとめている。もう一度、同じ言葉でまとめる。

多くの日本人が悲しい記憶を胸にしまい込み、“戦後”と呼ばれる時代を必死に生きてきた。生きてきてくれただけでありがたい。黙って生きて来た人は、今さら言う必要なんかない。日本人は韓国人とは違うからね。

それでも、私たち日本人は“おもんばかる”。ソ連兵や朝鮮人に殺された日本人のことも、ソ連兵や朝鮮人にひどい目にあわされた日本人のことも、誰も何も語らなくても、“おもんばかる”。終戦時、海外に残された日本人は六六〇万人。祖国の土を踏めなかった人も多い。戦時中の、他の出来事も含めて、こんなにも近い歴史の中に、日本人はこれだけの悲劇を持っている。それなのに、“おもんばかる”ことが及ばないことも、まだまだ多い。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

丹羽宇一郎元中国大使

丹羽宇一郎将来は大中華圏の時代が到来します。日本は中国の属国として生きていけばいいのです。それが日本が幸福かつ安全に生きる道です。
これは、深田祐介氏が伊藤忠商事役員時代の丹羽宇一郎に面談した時の発言を、雑誌「WiLL」2012年7月号に書いたものです。かつて、『日本は中国の属国として生きていけばいいのです』と言った人物が在中国日本大使を務めることになるのは2010年6月、民主党菅直人内閣の時代でした。

先日、『日本と台湾』という本を紹介しましたが、その中でも丹羽宇一郎のことが取り上げられていました。その中でも上記の発言が紹介されていましたが、その他にもビックリ発言が紹介されていました。
『(南京大虐殺について)死者の数は三〇万人だか、二〇万人だか、一〇万人だかわからない。争えば両国にとって損だ』
WiLL編集長花田紀凱氏との面談
『今どき「領土問題はない」なんて言ったら、世界中の笑いものだよ。外国から見れば、日本がオチンチン丸出しで、騒いでいるようなものなんだよ』
2012年11月北京の日本人記者クラブで

著者の加瀬英明氏は鳩山由紀夫とともに、丹羽宇一郎を外患援助罪を適用するべきだと書いているが、確かにそのとおりだと思う。外患罪の最高刑は死刑です。

かつては台湾を領土の一部とした日本。朝鮮と並んで、本土以上に経済・社会の整備に力を注いだ。日本が領有権を放棄したのちも、国民党の強権支配もあって台湾は日本に焦がれ続けた。その台湾を、1972年の日中国交正常化を頂点として、日本は冷たくあしらい続けた。

この間、支那との経済的関係は深まり続けた。丹羽宇一郎が長く役員を務めた伊藤忠商事は中国経済界との関係を深める日本企業のトップであり、彼が在中国日本大使を務めた菅直人内閣の外務大臣は岡田克也。支那のと関係で力を伸ばし続けているイオングループを支配する岡田家の御曹司である。

日本にとって三つの中国があった。中華人民共和国と、中華民国と、日本の国内問題としての中国である。この三番目の中国は、新聞がつくりあげたものだった。田中内閣が相手に選んだのは、三番目の中国であった。

これは著者の言葉だが、今では新聞のつくりあげた“中国”のほかにも、第四の“中国”が確実に存在しているようだ。


    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

GHQによる洗脳と米兵による日本女性へのレイプ 『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』 水間政憲

 真相はこうだ 
大東亜戦争敗戦後の被占領期、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の占領政策の一環として、昭和二〇(一九四五)年十二月より十回にわたりNHKラジオ第一放送及び第二放送で同時放送された宣伝番組。昭和二一(一九四六)年二月以降「眞相箱」、「質問箱」などへ形を変えながら昭和二三(一九四八)年一月まで放送された。
『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』 水間政憲『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』 水間政憲
(2013/05/29)
水間 政憲

商品詳細を見る
皆様が、本書の情報を国内外に拡散されたとき、無意識に刷り込まれていた人々が、「日本罪悪史観」の間違いに気づかれることを願ってやまない。

【陥落前の南京】
〈日本が南京で行った暴行について、その真相をお話ください〉

・・・この南京の大虐殺こそ、近代史上稀に見る凄惨なもので、実に婦女子ニ万名が惨殺されたのであります。

南京城内の各街路は、数週間にわたり惨死者の流した血に彩られ、またバラバラに散乱した死体で街全体が覆われたのであります。この間、血に狂った日本兵士らは、非戦闘員を捕らえ手当たり次第に殺戮、掠奪を逞しくし、また、語ることも憚る暴行をあえて致しました。

・・・集団的な掠奪、テロ行為、暴行等、人道上許すべからざる行為は、市内いたるところで行われました。

・・・日本軍兵士は、街頭や家庭の婦人を襲撃し、暴行を拒んだものは襲撃し、暴行を拒んだものは銃剣で突き刺し、お到は六〇歳の婦人から、若きは十一歳の少女まで見逃しませんでした。

・・・南京の暴行、これこそ中国をして、最後まで日本に抵抗を決意せしめた最初の動機となったものであります。
上記は、筆者が二〇〇二年に発掘したGHQ占領下の日本で放送されていたラジオ番組『眞相箱』の台本の抜粋だそうです。

詳細は、『「反日」包囲網の正体』(PHP研究所刊:P134~P189)参照。

 
これを見て思い出したことがあります。“後半の女性に対する暴行の部分”なのですが、この原稿は、占領軍の手が入ったものでしょうが、当時、占領軍は、ここに書かれている悪行を、日本女性に対して行なっているのです。

以下は、当ブログ、二〇一三年一月八日の記事からの抜粋です。

大東亜戦争に敗れた日本は、被占領にあたって、日本女性の貞操の危機を真剣に考えた。特殊慰安施設協会RAA:Recreation and Amusement Association 、つまり米兵用の慰安所を設立した。NYタイムズは、これを根拠のない世迷言といえるか。1945年の10月に解散させられる特高が、それまでの間、米兵の不法行為を『進駐軍の不法行為』という冊子にまとめている。1945年8月30日~9月10日ごく僅かな期間ではあるが、強姦事件9、ワイセツ事件6、警官にたいする事件77、一般人に対する強盗・略奪など424件。特別事件として「葉山御用邸侵入」「二重橋ニ侵入皇居撮影事件」「宮様御用列車ニ同乗未遂事件」などが報告されている。RAAは、1946年、前アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルト夫人エレノア・ルーズベルトの反対と性病の蔓延で廃止されるが、その後、米兵によるレイプ事件は激増する。

日本が行っていた慰安所の設置っていうのは、性病対策や現地女性の保護にきわめて有効であった。歴史上のあらゆる戦場と比べてみても、日本兵は“マシ”だったろう。もちろん米兵よりもはるかにね。韓国兵なんか論外だよ、ベトナムの様子見れば・・・。とりあえず、“戦争と性”の問題に関して、アメリカが日本に口出しするのはやめた方がいい。

“戦勝国が作り上げた歴史”について、まだまだアメリカが過敏に反応する必要はない。いずれは問題化することがあるだろうが、日本側の体制はそこまで整っていない。今の日本にとってアメリカは、大切な同盟国である。それでいいじゃないですか。


とりあえず『進駐軍の不法行為』に記された米兵の行状を、いかに紹介しておく。

(以下はSAPIO 2007年4月11日号に掲載された米兵による日本女性レイプ事件の記事。博士の独り言 より転載。あしからず)
八月三十日午後六時頃横須賀市OO方女中、34右一人ニテ留守居中、突然米兵二名侵入シ来リ、一名見張リ、一名ハ二階四畳半ニテ○○ヲ強姦セリ。手ロハ予メ検索ト称シ、家内ニ侵人シ、一度外ニ出テ再ビ入リ、女一人ト確認シテ前記犯行セリ

八月三十日午後一時三十分頃横須賀市○○方。米兵二名裏ロヨリ侵入シ、留守居中ノ右同人妻当○○三十六年、長女○○当十七年二対シ、拳銃ヲ擬シ威嚇ノ上、○○ハ二階ニテ、○○ハ勝手口小室ニ於テ、夫々強姦セリ(以下略)》

同九月一日、房総牛島に米軍上陸。ここでも事件発生。 《○○方ニ侵入セル米兵三人ニ留守番中ノ妻(ニハ)(中略)奥座敷ニ連行、脅迫ノ上ご三人ニテ輪姦セリ》

《九月一日午後六時頃トラックニ乗リタル米兵二名(中略)市内○○ニ来り女中一名(24)連レ去リ(中略)野毛山公園内米兵宿舎内二於テ米兵二十七名(ニ)輪姦サレ仮死状態ニ陥リタルモ(中略)三日米兵ニヨリ自宅迄送り届ケラレタリ》

《九月十九日夜十一時頃、(横浜市)保土谷区、出征中○○妻(27)、(中略)ニ侵入シ「ジャックナイフ」デ情交ヲ迫リ、被害者之ヲ拒否シテ戸外二逃避セルヲ(中略)畠(畑)ニ連行、三名ニテ輪姦シタル。更二連中ノ三名ノ黒人兵ガ同所二於テ輪姦逃走セリ》

《九月二日午前十一時三十分頃武装米兵六名ハトラックニテ横浜市中区山手町二ー二番地共立女学校内、校長神保勝也二侵入各室ヲ物色シタル後現金二千七百十圓及ウオルサム腕時計一個ヲ強奪逃走セリ》

《N病院(=中村病院。その後廃業し、跡はビルと道路になった)は三白のトラックに分乗した米兵によって、およそ一時間ちかくも病院じゅうを荒らされた。彼等の総数は二百人とか三百人とかという説もある。婦人患者のうち重症者をのぞく四十故人と看護婦十七人、ほかに十五ないし二十人の付添婦・雑役婦などが凌辱された》

 「彼等は大病室に乱入し、妊婦・産婦・病気の婦人たちのふとんを剥ぎとり、その上にのりかかった」「二日前に生まれたばかりの赤ちゃんフミ子ちゃんは、一人の兵隊にユカに蹴落とされて死んだ」「M子などは続けさまに七人の兵隊に犯され、気絶した」

 そして、「裸でころがっているあいだを通って、侵入してきたときと同様、彼等は表玄関と裏口から引き揚げていった」

どうですか。占領軍の米兵の行なっていた日本女性に対する恥ずべき行為は、『真相箱』で“日本軍兵士がやったこと”として語られている内容に酷似していませんか。彼らは日本女性に対して行われたそのような暴行を参考に、それを“日本兵が南京で行なったこと”として日本人を洗脳した。そう考えると、いろいろなものがあるべき場所におさまったような気がしませんか。

支那や韓国が“日本の侵略”を言い立てるには、“アメリカ”という保証があるということですね。米グレンデール市の慰安婦像のことですが、つまり、まったくおどろくに値しないということですね。

   

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
読書
記事一覧


テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

麻生太郎の母

麻生太郎

 【ワシントン=中沢謙介】麻生副総理・財務相は19日の記者会見で、米自動車業界などから出ている円安批判について、「円が不当に安いというのは、どの数字を見て言っているのか分からない」と述べ、真っ向から反論した。

 麻生財務相は、「この1年少々を見れば、日本の貿易収支は真っ赤の赤字。間違っているのか、モノを知らないのかのどっちかだ」と批判。その上で、2008年9月のリーマン・ショックをきっかけに、1ドル=108円台だった円相場が75円台まで円高が進んだと指摘。「リーマン・ブラザーズの米国の失敗から、我々はえらく迷惑した」と語った。

2013年4月20日13時29分  読売新聞)


‘ノブレスオブリージュ’、「地位ある者は、より高度な義務を果たさなければならない」麻生太郎を考えようとするとき、その言葉を思い出す。

吉田茂の娘、和子。二・二六事件が決行された日、彼女は湯河原の伊藤屋旅館の別館「光風荘」に、祖父牧野伸顕を訪ねた。そこで、河野寿大尉が率いる襲撃部隊と遭遇する。牧野は大久保利通の次男で、吉田茂の岳父であった。欧米協調を自論とする彼は、かつて内大臣として天皇の側近にあったことから襲撃を受けた。

兵士たちは伯爵を追いたててから襲撃するために、旅館に火を放った。旅館の裏には垂直のがけがあり、孫娘の和子と一人の看護婦が牧野を案内して、その崖を登った。しかし、登り切れず立ち往生したとき、下から投光器を向けられた。兵士たちが銃を構えると、二十歳だった孫娘の和子が‘おじい様’の前に着物を広げた。兵士たちはこの勇ましい姿に心を打たれ、いったんは伯爵に向けて構えた銃を下ろした。 

この和子こそ、麻生太郎の母である。
麻生和子麻生太郎が高級バー、高級料理店に通うことをあげつらい、その庶民感覚から外れた生活を否定的に取り上げる論調があった。それを読んだときは、心底あきれた。まったく分を忘れた貧乏人っていうのは始末が悪い。自分よりも上にいる者を許せず、引きずりおろすことしか頭にない。自分を尺度にするから、彼らが仮に高貴な魂をもっていたとしても、それを感じ取ることなんかできるはずもない。麻生太郎は、そういった種類の人間だ。こういった人間は絶対的に必要である。かといって、作為的に作り出すことはできない。腹を立てる者もあろうが、この血筋があり、この母がいてこその麻生太郎だ。


父 吉田茂 (新潮文庫)父 吉田茂 (新潮文庫)
(2012/08/27)
麻生 和子

商品詳細を見る

テーマ : 麻生太郎
ジャンル : 政治・経済

『八重の桜』は受け入れがたい?

八重の桜
『八重の桜』の長州藩描写 山口県民は受け入れ難いの意見多し    
2013.03.31 07:00

 山口県下関市に住む70代女性は、長年にわたって大河ドラマの大ファンだ。特に今年の『八重の桜』は、綾瀬はるかが「孫の嫁によう似ちょる」ということもあり、楽しみにしていた。しかし、最近では、日曜夜8時のNHKにチャンネルを合わせようとするたび、気が重くなってしまう。

「まだまだ物語は始まったばっかり。それやのに、もうすっかり長州藩は悪者扱いじゃけえね。このままやったら、戊辰戦争で会津に攻め入った長州藩は、鬼のように描かれるでしょ。ちょっと見る気がせんのよね」

 大人気の大河ドラマ『八重の桜』。初回視聴率は2年ぶりに20%超えを果たした。物語の舞台である福島県への貢献は相当なもの。日本銀行福島支店の試算によれば経済効果は「113億円」ともいわれており、震災からの復興に一役かっている。

 このドラマは、明治維新を「敗者」である会津藩の視点から描いたものだ。

 綾瀬演じる山本八重の故郷・会津藩は、旧幕府勢力の中核と見なされ、長州藩・薩摩藩を中心とする新政府軍の仇敵となる。

 特に、長州藩との遺恨は根深い。会津藩主・松平容保が1862年から京都守護職となり、新撰組を麾下において尊王攘夷派志士たちの徹底的な取り締まりを行なう。さらに蛤御門の変では、壮絶な市街戦の末に長州藩を敗北させ、「朝敵」へと追いやる。

 大政奉還、王政復古後に戊辰戦争が勃発すると、今度は会津藩が新政府軍から「賊軍」の汚名を受け、徹底的な弾圧にあう。19人の少年たちが自刃した「白虎隊の悲劇」に代表されるように、数多くの犠牲者を出した。

 さらに新政府軍は会津戦争における犠牲者の埋葬を禁じたため、会津の人々は家族の遺体が野に晒され、鳥や獣に食い散らかされる悲惨な状況を目の当たりにしたとされる。

 これらの遺恨はまだ根深く残っており、2007年に山口選出の安倍晋三首相(前任時)が会津若松市を訪れた際、「先輩がご迷惑をかけたことをお詫びしなければならない」と語ったほどだ。

 会津出身の本誌女性編集者は小さい頃から「長州の男との結婚だけは絶対に許さん」と言われ続けて育ったという。そんな背景もあり、『八重の桜』における長州藩の描写は、「山口県民にとっては受け入れたくないもの」(山口県萩市在住の70代男性)という意見が多い。

※週刊ポスト2013年4月5日号
http://www.news-postseven.com/archives/20130331_178740.html

『八重の桜』描写 山口・福島県民の怒り温度差にNHKが配慮    
2013.03.31 16:00

 NHKで大人気の大河ドラマ『八重の桜』は、幕末の会津が舞台となっているが、戊辰戦争で会津に攻め入る長州藩が鬼のごとく描かれているため、山口県民の怒りを買っている。

 その一方で、「NHKサイドは山口県には相当気を遣っている」との分析もある。山口県萩市にある萩博物館の一坂太郎・特別学芸員(幕末維新史)がいう。

「吉田松陰役の小栗旬が、ストーリーの必然性と関係なく、会津を訪れたエピソードは印象的だった。松陰が会津に行ったのは史実ですが、八重や山本覚馬に会ったかどうかは分かっていない。松陰の魅力を伝える場面をあえて作ったという気がしますね。

 それに江戸の街や黒船襲来のシーンを撮るときにも萩市でロケをやっている。さしたる必要性がないのにやってきたのは、山口県からの反感を避けるためかもしれません」

 もちろん山口県民の「怒り」と福島県民の「怒り」に相当な温度差があることは事実だ。1980年代には萩市が会津若松市と姉妹都市を結ぼうとしたが、会津若松市の反対で頓挫した経緯がある。

 1996年に当時の萩市長が非公式に会津若松市を訪れた際も、会津若松市長は記者会見の場では握手に応じなかったといわれる。 萩市在住で「長州と会津の友好を考える会」代表の山本貞寿氏がいう。

「郷土に攻め入られた会津の方が持つ思いと、長州の人間が持つ思いとでは、重みが違うのは事実。過去の和解活動は全てうまくいっていないし、歩み寄ろうとしても会津の方には厳しいことをいわれてしまうことも多い。

 細かいことを議論しようとすると、堂々巡りになってしまうので、私はあまり悪口を言い合いたくない。お互いに日本を思う気持ちがあるんだから、少しずつ歩み寄っていければいいと思うんです」

※週刊ポスト2013年4月5日号
http://www.news-postseven.com/archives/20130331_178752.html












嫌な番組を見ろとは言わない。言うまでもないが、私も嫌な番組は見ない。でも、時々見ることがある。ありもしないことをあったかのように描かれてはたまらないからだ。『八重の桜』を見て腹が立つ人は見なければいいし、”そんなはずはない”という人は、自分で調べてみればいい。調べた結果、テレビ番組のほうがよっぽど穏やかに描いている場合もある。『八重の桜』は穏やかに過ぎる。

会津は長く、“賊軍”のなに甘んじた。だがそれだけではない。明治の国造りに参加した人物はいくらでもいる。山本覚馬、山川健次郎、山川捨松、西郷四郎、野口英世、柴五郎・・・(今、思いつくまま上げた)。今の日本にも、会津の文脈は生き続けている。会津は明治維新の顛末を、歴史の中で日本の発展に昇華してきた。

『ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』 石光真人『ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』 石光真人
(1971/05)
石光 真人
商品詳細を見る

1971年5月25日初版   2009年5月15日47版

血涙の辞
いくたびか筆とれども、胸塞がり涙さきだちて綴るにたえず、むなしく時を過して齢すでに八十路を超えたり。

多摩河畔の草舎に隠棲すること久しく、巷間に出づることまれなり。粗衣老軀を包むにたり、草木余生を養うにあまる。ありがたきことなれど、故郷の山河を偲び、過ぎし日を想えば心安からず、老残の身の迷いならんと自ら叱咤すれど、懊悩流涕やむことなし。

父母兄弟姉妹ことごとく地下にありて、余ひとりこの世に残され、語れども答えず、嘆きても慰むるものなし。四季の風月雪花常のごとく訪れ、多摩の流水樹間に輝きて絶えることなきも、非業の最期を遂げられたる祖母、母、姉妹の面影まぶたに浮かびて余を招くがごとく、懐かしむがごとく、また老衰孤独の余を憐れむがごとし。

時移りて薩長の狼藉者も、いまは苔むす墓石のもとに眠りてすでに久し。恨みても甲斐なき繰言なれど、ああ、いまは恨むにあらず、怒るにあらず、ただ口惜しきことかぎりなく、心を悟道に託すること能わざるなり。

過ぎてはや久しきことなるかな、七十有余年の昔なり。郷土会津にありて余が十歳のおり、幕府すでに大政奉還を奏上し、藩公また京都守護職を辞して、会津城下に謹慎せらる。新しき時代の静かに開かるるよと教えられしに、いかなることのありしか、子供心にわからぬまま、朝敵よ賊軍よと汚名を着せられ、会津藩民言語に絶する狼藉を被りたること、脳裏に刻まれて消えず。

薩長の兵ども城下に殺到せりと聞き、たまたま叔父の家に仮寓せる余は、小刀を腰に帯び、戦火を逃れきたる難民の群れをかきわけつつ、豪雨の中を走りて北御山の峠にいたれば、鶴ヶ城は黒煙に包まれて見えず、城下は一望火の海にて、銃砲声耳を聾するばかりなり。
「いずれの小旦那か、いずこへ行かるるぞ、城下は見らるるとおり火焔に包まれ、郭内など入るべくもなし、引き返されよ」
と口々に諫む。そのころすでに自宅にて自害し果てたる祖母、母、姉妹のもとに馳せ行かんとせるも能わず、余は路傍に身を投げ、地を叩き、草をむしりて泣きさけびしこと、昨日のごとく想わる。

落城後、俘虜となり、下北半島の火山灰地に移封されてのちは、着のみ着のまま、日々の糧にも窮し、伏する褥なく、耕すに鍬なく、まこと乞食にも劣る有様にて、草の根を噛み、氷点下二十度の寒風に筵を張りて生きながらえし辛酸の年月、いつしか歴史の流れに消え失せて、いまは知る人もまれとなり。

悲運なりし地下の祖母、父母、姉妹の霊前に伏して思慕の情やるかたなく、この一文を献ずるは血を吐く思いなり。

柴五郎は、1900年に発生した義和団の乱において、義和団の北京侵攻と清国政府の宣戦布告に際し、紫禁城東南の公使館区域に籠城した公使館付き武官の実質的指揮官として、籠城を成功に導いた人物である。解放後、欧米人からも多くの賛辞を寄せられ、その後派遣された日本軍の規律立ち、勇敢な行動とともに、日本の評価を大いに高めることになった。そしてその評価が日英同盟に結びついた。その柴五郎が、死期を迎えて血を吐く思いで綴ったのが、上記の一文である。

かたや長州はどうか。会津の苦渋に寄り添ってきたか。そういうケースも確かにあったろう。稀な美談と語られる程には・・・。維新、及び明治における長州を唾棄するつもりはない。ただ、評価することがきわめて難しいのだ。“山県有朋ではなく、山本覚馬だったらどうだったか。同じような陸軍しか出来なかったか。”考えても詮無いことだろう。それでも、今度は長州が会津に想いを寄せ、先祖の有り様を日本の発展のなかに昇華していく番だと思う。

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

GHQは、日本人女性への乱暴を語ることを許さなかった

進駐軍、相次ぎ皇室に非行行為 外交文書公開で明らかに
朝日新聞デジタル 3月7日(木)19時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000029-asahi-soci
マッカーサー
【円満亮太】ライフル銃を持った米兵が皇居の警備担当者から拳銃を奪取。東条英機元首相宅にも米兵が侵入――。米国主導の進駐軍上陸後、米兵による皇居などへの非行行為が頻発し、日本政府が連合国軍総司令部(GHQ)に改善を求めていたことが、7日に外務省が公開した外交文書で明らかになった。

日本政府がGHQに提出した資料によれば、1945年8月末の進駐軍上陸から9月末までの約1カ月の間に、米兵が関係する殺人事件は5件。皇室への犯罪は8件、強姦(ごうかん)は未遂を含めれば44件、誘拐が7件、住宅侵入が18件あった。

公開された文書には、皇室に関係する事件が多数記載。9月5日にはライフルを持った米兵が皇居の桜田門に立っていた日本人警備担当者を脅して拳銃を奪った。21日には鹿児島県で公民館に小型四輪駆動車で乗り付けた米兵4人が天皇の写真を射撃して逃げ去る事件が発生。このほか、一人乗りの米機が京都御所に強制着陸する騒ぎや、神奈川県の葉山御用邸や竹田宮別邸に米兵が侵入を繰り返す事件もあった。

おどろいたりしない。戦勝国による占領だ。「男は殺され、女は犯される。」戦中、多くの者達が言っていたことは、半分当たっていたわけだ。なぜ、私達はそんなことを知らないのか。GHQによる徹底した検閲があったからだ。GHQにおもねったマスコミが、言わないようにしたからだ。

以下は、GHQの検閲指針です。(昭和21年11月25日付)

(1)SCAP−−連合国最高司令官(司令部)に対する批判
(2)極東軍事裁判(東京裁判)批判
(3)SCAPが日本国憲法を起草したことに対する批判
(4)検閲制度への言及
(5)合衆国に対する批判
(6)ロシアに対する批判
(7)英国に対する批判
(8)朝鮮人に対する批判
(9)中国に対する批判
(10)他の連合国に対する批判
(11)連合国一般に対する批判
(12)満州における日本人取り扱いについての批判
(13)連合国の戦前の政策に対する批判
(14)第三次世界大戦への言及
(15)ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及
(16)戦争擁護の宣伝
(17)神国日本の宣伝
(18)軍国主義の宣伝
(19)ナショナリズムの宣伝
(20)大東亜共栄圏の宣伝
(21)その他の宣伝
(22)戦争犯罪人の正当化および擁護
(23)占領軍兵士と日本女性との交渉
(24)闇市の状況
(25)占領軍軍隊に対する批判
(26)飢餓の誇張
(27)暴力と不穏の行動の煽動
(28)虚偽の報道
(29)SCAPまたは地方軍政部に対する不適切な言及
(30)解禁されていない報道の公表

・・・何も言うな❢・・・ということだ。日本人の女達が米兵に犯されるのを見てもね。

兵士の非行を取り締まる立場にあった特高は、GHQによって1945年の10月に解散させられている。米軍の上陸は8月末。およそ1ヶ月の間、特高は米兵の非行を調査している。敗戦国の調査組織が戦勝国の兵士の行動を調査するなど、通常考えられない。調査は十分なものではなかったはずだ。それにもかかわらず・・・。

以下は、2013年1月8日の過去記事の抜粋です。

それにしても、アメリカのマスメディアがよくそんな口を利けたものだ。アメリカは米兵が世界で、特にアジアで行ってきた、今も沖縄でおこなわれている行状に神経を配った方がいい。日米地位協定の欺瞞でも暴いてみたらどうだろうか。

大東亜戦争に敗れた日本は、被占領にあたって、日本女性の貞操の危機を真剣に考えた。特殊慰安施設協会RAA:
Recreation and Amusement Association 、つまり米兵用の慰安所を設立した。NYタイムズは、これを根拠のない世迷言といえるか。1945年の10月に解散させられる特高が、それまでの間、米兵の不法行為を『進駐軍の不法行為』という冊子にまとめている。1945年8月30日~9月10日ごく僅かな期間ではあるが、強姦事件9、ワイセツ事件6、警官にたいする事件77、一般人に対する強盗・略奪など424件。特別事件として「葉山御用邸侵入」「二重橋ニ侵入皇居撮影事件」「宮様御用列車ニ同乗未遂事件」などが報告されている。RAAは、1946年、前アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルト夫人エレノア・ルーズベルトの反対と性病の蔓延で廃止されるが、その後、米兵によるレイプ事件は激増する。

日本が行っていた慰安所の設置っていうのは、性病対策や現地女性の保護にきわめて有効であった。歴史上のあらゆる戦場と比べてみても、日本兵は“マシ”だったろう。もちろん米兵よりもはるかにね。韓国兵なんか論外だよ、ベトナムの様子見れば・・・。とりあえず、“戦争と性”の問題に関して、アメリカが日本に口出しするのはやめた方がいい。

“戦勝国が作り上げた歴史”について、まだまだアメリカが過敏に反応する必要はない。いずれは問題化することがあるだろうが、日本側の体制はそこまで整っていない。今の日本にとってアメリカは、大切な同盟国である。それでいいじゃないですか。


とりあえず『進駐軍の不法行為』に記された米兵の行状を、いかに紹介しておく。
(以下はSAPIO 2007年4月11日号に掲載された米兵による日本女性レイプ事件の記事。博士の独り言 より転載。あしからず)
八月三十日午後六時頃横須賀市OO方女中、34右一人ニテ留守居中、突然米兵二名侵入シ来リ、一名見張リ、一名ハ二階四畳半ニテ○○ヲ強姦セリ。手ロハ予メ検索ト称シ、家内ニ侵人シ、一度外ニ出テ再ビ入リ、女一人ト確認シテ前記犯行セリ

八月三十日午後一時三十分頃横須賀市○○方。米兵二名裏ロヨリ侵入シ、留守居中ノ右同人妻当○○三十六年、長女○○当十七年二対シ、拳銃ヲ擬シ威嚇ノ上、○○ハ二階ニテ、○○ハ勝手口小室ニ於テ、夫々強姦セリ(以下略)》

同九月一日、房総牛島に米軍上陸。ここでも事件発生。 《○○方ニ侵入セル米兵三人ニ留守番中ノ妻(ニハ)(中略)奥座敷ニ連行、脅迫ノ上ご三人ニテ輪姦セリ》

《九月一日午後六時頃トラックニ乗リタル米兵二名(中略)市内○○ニ来り女中一名(24)連レ去リ(中略)野毛山公園内米兵宿舎内二於テ米兵二十七名(ニ)輪姦サレ仮死状態ニ陥リタルモ(中略)三日米兵ニヨリ自宅迄送り届ケラレタリ》
 
《九月十九日夜十一時頃、(横浜市)保土谷区、出征中○○妻(27)、(中略)ニ侵入シ「ジャックナイフ」デ情交ヲ迫リ、被害者之ヲ拒否シテ戸外二逃避セルヲ(中略)畠(畑)ニ連行、三名ニテ輪姦シタル。更二連中ノ三名ノ黒人兵ガ同所二於テ輪姦逃走セリ》

《九月二日午前十一時三十分頃武装米兵六名ハトラックニテ横浜市中区山手町二ー二番地共立女学校内、校長神保勝也二侵入各室ヲ物色シタル後現金二千七百十圓及ウオルサム腕時計一個ヲ強奪逃走セリ》

《N病院(=中村病院。その後廃業し、跡はビルと道路になった)は三白のトラックに分乗した米兵によって、およそ一時間ちかくも病院じゅうを荒らされた。彼等の総数は二百人とか三百人とかという説もある。婦人患者のうち重症者をのぞく四十故人と看護婦十七人、ほかに十五ないし二十人の付添婦・雑役婦などが凌辱された》

 「彼等は大病室に乱入し、妊婦・産婦・病気の婦人たちのふとんを剥ぎとり、その上にのりかかった」「二日前に生まれたばかりの赤ちゃんフミ子ちゃんは、一人の兵隊にユカに蹴落とされて死んだ」「M子などは続けさまに七人の兵隊に犯され、気絶した」

 そして、「裸でころがっているあいだを通って、侵入してきたときと同様、彼等は表玄関と裏口から引き揚げていった」

   

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 大東亜戦争の本当のこと
ジャンル : 政治・経済

日中戦争の背景に暗躍したドイツ・ソ連・アメリカ・イギリス

大東亜戦争の原因が支那事変にあったことは疑いの余地がない。しかし、盧溝橋事件当初から、日本にはこれを何としても早急に落着させなければならないという考えが優勢であった。 にも関わらず、支那事変は長期化した。背景にはさまざまな要素があるが、大きいのは外国勢力の影響である。
支那事変1 逃亡すると匪賊化する支那兵
ドイツの軍事支援は後に述べるが、それ以外にもソ連の関与、アメリカの関与、イギリスの関与がある。ソ連に関しては軍事援助だけではなく、毛沢東の中国共産党を通じて日支の対立を煽り、盧溝橋事件そのものも中共の演出であった。アメリカは軍事援助ばかりか、米空軍機とパイロットの提供まで行われている。

一九三七年七月七日の盧溝橋事件が発生する。九日、一旦は両軍の間で兵を引く約束が成立するが、その後も日本軍に対する挑発的行為はやまず、約束違反に対する日本側からの再三の抗議で撤兵に応じるものの、一方では武備を増強し戦闘の準備が進めれていた。

十一日には現地停戦協定が成立する。しかし日本政府、及び軍上層は対支派兵を決定。これを受けて対支強硬論が活発になる。この派兵決定が蒋介石を頑なにさせたという意見があるが、挑発があれば軍の増強を考えるのは当然である。十九日、蒋介石は談話を発表し、『われわれは一個の弱国であっても、もし“最後の関頭”に到ったならば、全民族の生命をなげうっても、国歌の生存を求めるだけである』と述べている。

この自信はどこから来たものであったか。そこに関わるのがドイツである。菅沼光弘氏の『誰も教えないこの国の歴史の真実』という本のなかに、そのへんの件が簡単に書かれているので紹介する。

当時蒋介石軍に武器の援助をやり、顧問の軍人を派遣し、作戦の指導をしたのはドイツなのです。あの頃はワイマール共和国の時代です。ドイツは第一次世界大戦で負けた。負けたものだから軍需産業は一切禁止されたのです。その時にドイツ人というのは頭が良いものだから、ラッパロ条約を結んでソ連と手を組んだ。ソ連もできたばかりで、孤立しているわけでしょう。それでドイツはソ連へ行って軍需産業を起こしたのです。だから、第一次大戦後のソ連の軍需産業は全部ドイツが作り上げたものです。そこで彼らは新しい平気をどんどん開発した。独ソ合同演習もやった。ソ連でですよ。
 
その時新しく開発した武器を、現在でもそうですが、どこかへ売り、実践で実験させる。そのために日本と戦っているからと、蒋介石に提供した。武器を売るだけではなくて、軍事顧問団も派遣した。蒋介石軍とドイツ軍は一時は南ベトナムとアメリカ軍の顧問団くらいの関係になっていたわけです。  
『誰も教えないこの国の歴史の真実』『誰も教えないこの国の歴史の真実』
(2012/12/08)
菅沼 光弘

商品詳細を見る
日本を侵略国と断じた東京裁判の有罪判決でこの国の伝統文化はことごとく否定され、大東亜戦争をめぐる真実は封印された。

こういう事情を考えに入れないと、あの時の蒋介石の自信は理解できない。二十五日の郎坊事件二十六日の広安門事件と、蒋介石の自信が国民党軍全体に広がっていたと考えれば、起こるべくして起こった事件といえるだろう。二十九日の通州事件は冀東防共自治政府保安隊の起こしたものではあるが、自治政府はすでに国民党軍と通じており、両者は一体のものと考えていい状況である。つまり、蒋介石は日本を全面戦争に引きずり込むために、挑発を繰り返したすえ、通州事件を引き起こしたと考えられる。
【拡散希望】通州事件を忘れるな
日本国内には“暴支膺懲”の機運が高まり、それは軍に乗り移って八月十三日からの上海戦に向けられることになる。ここでもう一度『誰も教えないこの国の真実』の記述を紹介する。
上海で、日本の海軍陸戦隊というのが日本疎開を守っていました。揚子江には日本の軍艦もいた。その陸戦隊と蒋介石の軍が戦ったわけです。あの辺はクリークがたくさんあって地形的に難しい場所ですが、そこで日本の陸戦隊は完敗してしまったのです。なぜかというと、向こうは事実上のドイツ軍です。ドイツ軍の顧問団に指導されて、ドイツ軍将校が指揮した蒋介石軍と戦ったから完敗。そこで日本軍は陸軍が来ないとどうにもならないということで、杭州湾上陸、こういう具合に支那事変は発展していくわけです。
支那事変2

 ソ連は共産主義の拡散を企み、毛沢東の中国共産党を暗躍させるとともに、蒋介石に種々の援助を行なっていた。アメリカが狙っていたのは“支那”という市場である。本来、その意志の芽生えは古く、南北戦争で大きく遅れることになるが、太平洋航路開拓の行き着く先は支那である。ペリー来航もその一環であり、日本を開国させることがアメリカの最終目標ではない。ところが、もたもたしてる間になんと日本がアメリカの前に立ちはだかった。“邪魔なんだよ”って。イギリスにとっても支那という巨大市場において日本は邪魔であったし、一九三九年、第二次世界大戦が始まって以降は、アメリカをヨーロッパ戦に引きこむためにも、日米の開戦を必要としていた。

しかし、やはり支那事変の始まりと深化の原因を考えれば、ドイツの影はあまりにも大きい。 『日中戦争はドイツが仕組んだ』っていう本でも読んだけど、やはり、“あの時の蒋介石のやる気”は、まちがいなくドイツを背景としたものだった。でも、カスタマー・レビューには、この本の描き方を、“甘い”とする意見もあった。
amazonのカスタマー・レビューはこちらをご覧ください。

 にほんブログ村 本ブログへ

テーマ : 大東亜戦争の本当のこと
ジャンル : 政治・経済

衆議院議員選挙が就職活動に見える

衆議院議員定数480名

2012年12月16日に投票日を迎える衆議院議員選挙立候補者数1294名

たったの2.7倍

大学生の就職活動のほうがよっぽど難しい

勉強不足でノータリン

当選すれば議員先生

金がなければ立候補すら難しいのは分かっているが

どうしてここまで“就職活動”に見えるのだろう

落ちてもともとみたいのが多すぎんのかな

とりあえず、なんとかボーイズ&ガールズはいただけねぇな

国会議員なんて議員報酬分働けばいいってわけじゃないからな

議員報酬っていやあ年間で2200万になる

あんな学級会みたいなチーチーパッパが2200万

あっそうだ、2200万✖480人・・・うおー

議員報酬 国際比較http://matome.naver.jp/odai/2131739964131468401

私は政治にクリーンなんか期待しない

もともと汚いものなんだから

汚いことを承知で、選挙ではクリーンを平気で語る人がいい

国民にお金をばらまいて、国民を汚辱に巻き込むような政治家は最低

国民にこそクリーンを要求する政治家がいい

甲乙あっても、野田佳彦が個人としてはいいと思うんだけど

如何せん所属団体が悪すぎる

あそこ選んだ時点で、もう・・・

安倍晋三は前のことがあるから、命をかける覚悟があるかどうか今ひとつ・・・

石原慎太郎は、もう命なんかないも同然だから、その点の心配はない

橋下徹は汚れることも厭わないだろうけど・・・

如何せん、第三極は準備不足

私の思う“日本のため”を図って、最後はボロ雑巾のようになっていく政治家がいい

そうと判断できるやつがいれば、投票を迷わない

だけど、最後の最後まで決めない

カイロ・ヤルタ・ポツダム・サンフランシスコ四条約と領土 『歴史でたどる領土問題の真実』 保阪正康

カイロ宣言 昭和十八(一九四三)年十一月
ヤルタ会談 昭和二十(一九四五)年二月
ポツダム宣言 昭和二十(一九四五)年七月
サンフランシスコ講和条約 昭和二十七(一九五二)年四月発効

上記、四つの宣言や条約によってそれまでの日本の国境は改められ、戦後日本の領土が決定された。

カイロ宣言                    ミィ14

アメリカのルーズベルト大統領
イギリスのチャーチル首相
中華民国の蒋介石主席

「三大同盟国は、自国の為に何等の利得をも要求するものに有らず。又領土拡張の何等の念をも有するものに非らず」

日本に対して、
「日本国が一九一四年の第一次世界大戦の開始以後において奪取し、又は占領したる太平洋における一切の島嶼を剥奪すること並びに満州、台湾及び澎湖島のごとき日本国が清国より盗取したる一切の地域を中華民国に返還する。また日本国は暴力及び貪欲により略取したる他の一切の地域より駆逐されるべし」



ヤルタ会談裏議定書                ミィ15

三大国即ちソヴィエト連邦、アメリカ合衆国及び英国の指導者は、ドイツ国が降伏し且つヨーロッパにおける戦争が終結したる後、二月又は三月を経て、ソヴィエト連邦が左の条件により連合国に与して日本国に対する戦争に参加すべきことを協定せり。

二 一九〇四年の日本国の背信的攻撃に依り侵害せられたるロシア国の旧権利は、左のごとく回復せらるべし。
  • 樺太の南部及び之に隣接する一切の島嶼はソヴィエト連邦に返還せらるべし
  • 大連商港に於けるソヴィエト連邦の優先的利益は之を擁護し該港は国際化せらるべく、又ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権は回復せらるべし
  • 東清鉄道及び大連に出口を供与する南満州鉄道は中ソ合併会社の設立により共同に運営せらるべし。但しSヴィエト連邦の優先的利益は保障せられ、又中華民国は満洲に於ける完全なる主権を保有するものとす
三 千島列島はソヴィエト連邦に引き渡さるべし

三大国の首班はソヴィエト連邦の右要求が日本国の敗北したる後に於いて確実に満足せしめらるべきことを協定せり



ポツダム宣言                    ミィ16

アメリカ トルーマン大統領
イギリス アトリー首相
中華民国 蒋介石主席
(蒋介石は出席していない。宣言に名を連ねるだけ。スターリンは出席していたが、この段階では対日参戦しておらず、名を連ねる資格がなかった)

第八条
カイロ宣言の条項は履行されなければならない。日本の主権は本州、北海道、九州、四国各島およびわれわれの決定するいくつかの小さな島に限定される。

一九四五年九月二十二日“降伏後に於ける米国の初期の対日方針”に見る領土
「日本国の主権は本州、北海道、九州、四国並びにカイロ宣言及び米国がすでに参加し又は将来参加することあるべき他の協定により決定せらるべき周辺の諸小島に限らるべし」

一九四六年一月二十九日GHQ指令(GHQの権限が及ぶ範囲)領土問題とは別
  1.  
  2.  
  3. この司令の目的で日本とは、四主要諸島と、対馬諸島、北緯三〇度以北の琉球(南西)諸島を含む約一〇〇〇の隣接小島嶼を含むものと定義され、(a)鬱陵島、竹島、済州島、(b)北緯三〇度以南の琉球(南西)列島、伊豆、南方、小笠原群島、硫黄島、大東島、沖ノ鳥島、南鳥島、中ノ鳥島を含むその他の遠距離太平洋全諸島、(c)千島列島、歯舞諸島、色丹島は除かれる。
  4. さらに、特に日本帝国政府の政治上行政上の管轄権から除かれる地域は次のとおりである。(a)一九一四年の世界大戦勃発依頼、日本が委任統治及びその他の方法で、獲得又は占領した全太平洋諸島、(b)満洲、台湾、澎湖列島、(c)朝鮮及び、(d)樺太



サンフランシスコ講和条約              ミィ13

第二章 領域 
第二条
  • 日本国は、朝鮮の独立を承認して、済州島、巨文島及び鬱陵島を含むすべての権利、権限及び請求権を放棄する。
  • 日本国は、台湾及び澎湖諸島に対するすべての権利、権限及び請求権を放棄する。
  • 日本国は、千島列島並びに日本国が一九〇五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに隣接する諸島に対するすべての権利、権限及び請求権を放棄する。
  • 日本国は、国際連盟の委任統治制度に関連するすべての権利、権限及び請求権を放棄し、且つ、以前に日本国の委任統治の下にあった太平洋の諸島に信託統治精度を及ぼす一九四七年四月二日の国際連合安全保障理事会の行動を受諾する。
  • 日本国は、日本国民の活動に由来するか又は他に由来するかを問わず、南極地方のいずれの部分に対する権利若しくは権限又はいずれの部分に関する利益についても、すべての請求権を放棄する。
  • 日本国は、新南群島及び西沙諸島に対するすべての権利、権限及び請求権を放棄する。
第三条
日本国は、北緯二九度以南の南西諸島(琉球諸島及び大東諸島を含む)南の南方諸島(小笠原群島、西之島及び火山列島を含む)並びに沖ノ鳥島及び南鳥島を合衆国を唯一の施政権者とする信託統治精度の下におくこととする国際連合に対する合衆国のいかなる提案にも同意する。このような提案が行われ且つ可決されるまで、合衆国は、領水を含むこれらの諸島の領域及び住民に対して、行政、立法、及び司法上の権力の全部及び一部を行使する権利を有するものとする。

『歴史でたどる領土問題の真実 中韓露にどこまで言えるのか』 保阪正康『歴史でたどる領土問題の真実 中韓露にどこまで言えるのか』 保阪正康
(2011/08/10)
保阪 正康

商品詳細を見る
日本が抱える三つの領土問題は、「その解決に、三国に対して共通の方程式はない」との立場を、国民のだれもがまず固める必要がある。

『歴史でたどる領土問題の真実 中韓露にどこまで言えるのか』 保阪正康
http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-1365.html

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい