めんどくせぇことばかり 唱歌
FC2ブログ

「戦後教科書から消された文部省唱歌」 濤川栄太

最近読んだ本といっても、新しい本ではありません。
1997年に発行された本です。

以前にも書きましたが、私は定時制高校での授業の中で、生徒たちが「かあさんの歌」を知らないことに愕然としました。
それが、あらためてこの本を手にした理由です。
私は終戦から15年経った昭和35年生まれ。
昭和40年代に小学生時代を過ごしました。

自分は唱歌を知っているつもりでしたが、この本を読んでみて、私でも知らない歌が多々あることに驚きました。
唱歌から切り離された世代。
私の時代にはすでに始まっていたのです。

それでも、ふるさとである秩父が、当時はあらゆることで世の流れから10年は遅れていたであろうこと。
大家族で、叔父、叔母似まで囲まれて生活していたことなどから、今でも歌われることのある歌は、唱歌のみならず、軍歌も含めて歌うことができます。

唱歌の歌われることのあまりにも大きな価値、同時にそれが失われたことのあまりにも大きな損失は、私などが言うまでもないことであって、ここで本書に書かれている内容を紹介するにもおよばないと思います。
ただ、なぜそうなったのか。
誰がそうしたのか。
今後も、いろいろと検証し、明らかにしていきたいと思います。

本書には、戦前と戦後の教育について、このように述べられている部分があります。
いま、戦前の教育というと、全て軍国主義教育だという図式になってしまっている。それは大きな誤りだ。もちろん軍国主義教育の色が濃くなった時期もあったが、決してそれだけではなかった。たとえば「正義感」「親孝行」「勇気」「勤勉」「節約」「誇り」といったような、人間として基本的にたいせつなことを、ていねいに教えていたのである。そういうことを教えられた人たちが、戦後黙々と働いてくれたおかげで、今の繁栄があるのだ。しかし、戦後民主主義教育で育った人たちはどうだったろうか。もちろんすべての人がそうというわけではないが、何かにつけてアメリカを手本とし、企業活動は金儲け第一主義に走り、バブルにおどり、はては企業ぐるみの犯罪を犯す。また親をないがしろにし、教師をバカにし、人間としてあたり前の礼儀も知らない。最近の少年犯罪の増加は、目を覆うばかりだ。
一点誤解に基づく部分もあるが、これははたして「年寄りの小言」で片付けていいことでしょうか。

本書は、『消された唱歌』を通して、日本の戦後教育のあやまりとあるべき将来への道しるべとなる良書であると思います。

                                               人気ブログランキングへ 

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

唱歌が歌われないわけ・・・GHQの指令

唱歌が歌われなくなった理由を調べている。

大まかな流れとして、GHQが禁止して、洗脳された教育者がそのあとを受け継ぎ、強化した。
こんなところ。
GHQの教育に関する指令を以下にあげる。
よく話しに聞く“墨ぬり教科書”は、この指令を根拠として行われたんだな。

日本の教育制度の管理についての指令
昭和20年10月22日 連合国軍最高司令官総司令部

日本政府の新しい内閣に対して、教育についての占領の目的と政策を、よく解らせるために、次のように指令する。
a 
教育の内容はすべて、次の方針によって、取り調べた上で、改め、取りしまる。
(1)
軍国主義の考えと極端な国家主義の考えをひろめてはならない。それで軍事教育と軍事教練はすべてやめる。
(2)
議会政治、国際平和、個人の尊さ、集会の自由・言論の自由・信教の自由のような人間の根本的な権利と合う考えを教えたり、行いを身につけさせるのがよろしい。
b 
教育関係者はすべて、次の方針によって、取り調べた上で、留任させ、退職させ、復職させ、任用し、再教育し、取りしまる。
(1)
教員と教育官吏は、できるだけ早く、取り調べた上で、職業軍人・軍国主義と極端な国家主義をひろめた者・占領政策に進んで反対する者はやめさせる。
(2)
自由主義と反軍との考えか行いのために、解職され、休職にされ、辞職をさせられた教員と教育官吏は、その資格を直ちに取りもどしてやることを公表し、適当な資格があれば、他の者よりも先きに復職させる。
(3)
人種・国籍・信教・政治上の考え・社会的地位によって、学生・教員・教育官吏を区別して扱ってはならない。この区別から起ってきた不公平は、直ちに改める。
(4)
学生・教員・教育官吏は、教育の内容のよしあしを、冷静にひはんするのがよろしい。政治上の自由・公民としての自由・信教の自由などの諸問題について、自由に遠慮なく論じ合ってよろしい。
(5)
学生・教員・教育官吏・一般社会に対して、日本占領の目的と政策・議会政治の理論と実際・軍国主義の指導者とその協力者とそれらに引きずられて日本国民に戦争をしかけさせその避けられない敗戦と苦しみとひどい現状をもたらした者の演じた役割をよく教えてやる。
c 
教育に用いる材料は、次の方針によって、取り調べた上で、改め、取りしまる。
(1)
現在の教科目・教科書・教授指導書・教材は、とりあえず用いてもよいが、できるだけ早く取り調べた上で、そのうちで軍国主義の考えと極端な国家主義の考えをひろめるために作られた部分は取り除く。
(2)
教養があって平和的で責任を重んずる公民をつくるために、新しい教科目・教科書・教授指導書・教材を整えて、できるだけ早く現在のものと取りかえる。
(3)
教育活動は、できるだけ早く、平常にもどさなければならないが、設備が不十分なときは、初等教育と教員養成を、他のことよりも先きに扱う。

2 
文部省は、マッカーサー司令部の関係部局と連絡する機関を設け、その要求によって、この指令のそれぞれの条項にもとづいてとったすべての処置のくわしい報告書を出さなければならない。

3 
この指令のそれぞれの条項に関係のある日本政府の官吏と雇傭員、公私立学校の教員と職員はすべて、この指令の字句も精神も、一人一人責任をもって守らなければならない。
【参考】 占領軍四大指令

○ 日本教育制度に対する管理政策(日本の教育制度の管理についての指令)
連合国軍最高司令部より終戦連絡中央事務局経由日本帝国政府に対する覚書
昭和20年10月22日

○ 教員及び教育関係者の調査、除外、認可に関する件(教育関係者の資格についての指令)
連合国軍最高司令官総司令部
昭和20年10月30日

○ 国家神道、神社神道に対する政府の保証、支援、保全、監督並びに弘布の廃止に関する件(国家神道についての指令)
連合国軍最高司令官総司令部参謀副官発第3号(民間情報教育部) 終戦連絡中央事務局経由日本帝国政府に対する覚書昭和20年12月15日

○ 修身、日本歴史及び地理停止に関する件(修身科・国史科・地理科の中止についての指令)
連合国軍最高司令官総司令部参謀副官発8、民間情報教育部より終戦聯絡中央事務局経由日本帝国政府あて覚書
昭和20年12月31日
                                               人気ブログランキングへ 

テーマ : 唱歌
ジャンル : 学校・教育

唱歌 『紅葉』


唱歌 紅葉

1 
秋の夕日に照る山もみじ 濃いも薄いも数ある中に 松をいろどる楓や蔦は 山のふもとの裾模樣

2 
溪の流に散り浮くもみじ 波にゆられて はなれて寄って 赤や黄色の色さまざまに 水の上にも織る錦
  
 

岡野・高野コンビは、「紅葉」の他にも「故郷」、「春が来た」、「春の小川」、「朧月夜」などの日本の名曲を数多く残している。
作詞者の高野辰之は、碓氷峠にある信越本線熊ノ平駅(現在は廃線)から紅葉を眺め、その美しさに惹かれてこの詞を作ったという。

ふるさとの山を思い出す。
私のうちは山のふもと。
山に遮られて朝日はなかなか当たらない。
今頃はストーブも大活躍のはず。
もうすぐお祭り。
農家の軒先はつるし柿がすだれのように垂れ下がってるだろう。
冬も間近。
                                                                   人気ブログランキングへ  

テーマ : 唱歌
ジャンル : 学校・教育

教科書から消えた唱歌、童謡

「教科書から消えた唱歌、童謡」


曲目リスト
1. この道
2. 待ちぼうけ
3. かなりや
4. 靴が鳴る
5. 背くらべ
6. 十五夜お月さん
7. 浜千鳥
8. 月の沙漠
9. 野菊
10. 雪の降る街を
11. めだかの学校
12. 夏は来ぬ
13. 村の鍛冶屋
14. 村祭
15. 汽車
16. 桃太郎
17. 埴生の宿
18. 赤い靴
19. てるてる坊主
20. われは海の子

これは本当のことなんでしょうか。
その後、復活した曲もあると聞いておりますが、音楽の先生は何考えてるんでしょう。

すみません。
社会の教員もそんな事言えた立場じゃありませんよね。
                                               人気ブログランキングへ  

テーマ : 唱歌
ジャンル : 学校・教育

今年高校を卒業した私のクラスの生徒は「かあさんの歌」を知りませんでした

総合学習の時間に私が作ったクイズを生徒に出題しました。
空欄にふさわしい言葉を答えなさい。

「かあさんの歌」

かあさんは 夜なべをして
(    ) 編んでくれた
こがらし吹いちゃ つめたかろうて
せっせと編んだだよ
故郷のたよりはとどく
(   )のにおいがした

かあさんは 麻糸つむぐ
一日 つむぐ
おとうは土間で 藁打ち仕事
おまえもがんばれよ
故郷の冬はさみしい
せめて (   )聞かせたい

かあさんの あかぎれ痛い
(    )をすりこむ
根雪もとけりゃ もうすぐ春だで
畑が待ってるよ
小川のせせらぎが聞える
なつかしさがしみとおる
いろいろな問題の中の、息抜き問題のつもりでしたが、14人中この問題に1つでも正解した生徒は1人もいませんでした。

最初何のことかわかりませんでした。
生徒たちが私に逆らって、この問題をボイコットしたのか。
あるいは簡単すぎて、プライドを傷つけられたように感じたのか。

「えっ、なんで誰も答えないの。・・・何これっ」
嫌な間がしばらく続いたあと、女子生徒Yが、おずおずと・・・
「先生・・・その歌、知らない・・・」

ガーン

知らないんですって。
うちに帰って、21歳の娘に聞いたところ・・・
「私は知ってるよ。小さい頃、うちの人と歌ったから、でも学校ではそういう歌は習わないよ。合唱ばっかりで・・・」

考えても見ませんでした。
大変なショックを受けました。

※私は定時制勤務 当時生徒たちは18~21歳でした。
                                               人気ブログランキングへ                                        

テーマ : 唱歌
ジャンル : 学校・教育

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


火山の噴火、土石流に土砂崩れといった災害は、人々の目を山の高見に向けさせた。
それ故に山は、恵みと共に、畏怖の対象でもあった。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事