めんどくせぇことばかり 本 健康

『人体のスイッチ』 高橋龍三

この間、股関節の手術から1年目の検査をしてきた。これまでも当初は1ヶ月、3ヶ月目からは3ヶ月毎の検診を受けてきたが、そのままの流れの検診。まあまあ、異常なし。山歩きしても、調子良いしね。ただね。毎回レントゲン写真を見て思うんだけど、背骨がS字に曲がってるのが治らない。

左の股関節が痛かったんだけど、そうすると、痛みをカバーするために体は左に傾いていたんだよね。そのせいか、骨盤の左側がひしゃげたようになって、骨盤そのものが左側に傾いている。そのためにその骨盤から垂直に立ち上がるとする背骨は、骨盤の左に傾いた角度に合わせて左に傾く。そこから右側に調整が入って、さらに左に行って首に至る。・・・て、感じ。まあ、長い間、痛みと同居していたからね。そういうことになっても仕方がない。

「半年くらいでまっすぐにならないなら、ずっとこのままかもしれない」って、医者が言ってた。いつかはひずみは来るかもしれないけど、それを強制するために手術するっていうのもどんなもんだかって感じらしい。でもまあ、今は痛くない生活をしているんだから、ありがたいことだ。

だけど、検診のごとに、「まっすぐになってないかな」って期待してたことも確か。だから、どうも本屋で過ごしていると、こんな本が目についてしまう。読んでみれば、・・・私みたいに老いに向かう頃合いの人間にとっては、べつに背骨のS字抜きにしても体の軸に歪みがあれば正しておきたい。歪みは・・・あるわけだからね。

『人体のスイッチ』    高橋龍三

ワニブックス  ¥ 1,404

だるさ・疲れの原因は「体軸のずれ」だった 筋肉の交差点「クロスポイント」で三倍速回復
第1章 病気になりやすい“よどみ体質”は体軸のズレにあり
第2章 痛みや疲れをリセットする“クロスポイント”は筋肉のつなぎ目にあり
第3章 マッサージでもストレッチでもない“10秒アクション”で体の軽さを実感せよ
第4章 がまんできない痛みを取る10秒アクション
第5章 つらい慢性疲労や不調を癒す10秒アクション
第6章 運動パフォーマンスを上げる10秒アクション  
 

体の軸がずれて歪みが生じると、筋肉に掛かる負担が分散せずに偏るんだな。そのせいで、特定の筋肉がいつも緊張し、逆に特定の筋肉は弛緩する。緊張して固くなった筋肉で血が滞り、そこに“淀み”ができて、疲れや凝り、痛みが慢性化していくという理屈のよう。

その“淀み”ができやすい場所が、肩、腰、膝と言われると、誰もが抱える悩みも、体の軸がずれているところから発生するということか。

まず、その“淀み”をリセットするには、体軸を整えることなんだけど、そのためには筋肉のつなぎ目にアプローチする。そこにはアウターマッスルだけでなくインナーマッスルも重なっている。重要なのはインナーマッスルにアプローチすることらしいんだけど、インナーマッスルは意識しづらい。そんな箇所があるんだ。14箇所だって。ここを押さえて、ここを軸にして身体をひねったりすることで、筋肉のつなぎ目にアプローチしていくわけだな。

アウターマッスルだけでなく、インナーマッスルにも同時にアプローチして、緊張した筋肉と弛緩した筋肉を同時に正常化していくための方法が紹介されている。

後半の10秒アクションは、症状に合わせて対症療法が紹介されている。

腰痛。膝痛。肩こり。首のこり。意の痛み。肋間神経痛。頭痛。生理痛。手首の痛み。だるさや身体が重く感じる。寝つけない。寝覚めが悪い。足のだるさ。便秘。残尿感。尿もれ。目の疲れ。

この本を手にした当初の目的とはちょっとずれちゃってるんだけど、そんなことはちょっと棚に上げておいて、とりあえずやってみるのは、残尿感と尿もれ対策だな。ハハハ。すぐやろう。今やろう。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『大人のADHD』 福西勇夫 福西朱美

「なぜこの本を?」って、唐突に思われるかもしれない。でも、私にとっては唐突でもなんでもなくて、以前からけっこう気になっていた。そこへ、とても分かりやすそうな本があったので、入手した。

仕事の関係で、定時制高校に通うADHDの生徒に関わったことがある。化け物じみた(・・・決して悪い意味じゃなく、心の底から驚いて、こういう言い方をしてる)運動能力と反射神経を持った生徒で、30年も若い連中に関わる仕事をしているけど、あんな奴、他にいない。オリンピックレベル、それもメダル級と、今でも確信している。

そいつがADHDで、思ったことはすべて言動に出てしまう。抑えられない。中学校までは、学校の指示もあり、薬を飲んで登校していた。母親が、これもこの子の個性と、市立高校へ進学して薬をやめて登校した。半年で、女性教諭とのトラブルを起こして退学し、定時制に入り直した。

授業を見たが、ひどかった。いくつも問題をおこしたが、それでも何とか4年間かけて卒業した。

この本によれば、ADHDというのは、注意欠如・多動性障害といって、多動性や衝動性、注意欠如を特徴とする発達障害で、20人から25人に1人の割合で該当するという。

上記の生徒は、“衝動性”の「思い付きをすぐ言動に移す。がまんが苦手」という説明にぴったり該当する。それでもそいつ、私の言うことは聞いたんだ。1~2カ月付き合ううちに、そういうふうに仕向けた。で、その運動能力と反射神経を買われて自衛隊に入隊した。入隊後、最初の運動能力測定で、ソフトボール投げで90m投げて化け物ぶりを発揮した。こいつ、子どものころから特定のスポーツを長く続けたことなんかないんだ。ボール投げればそんなだし、走って跳ばせりゃ上履きで6m。初めて卓球のラケットにぎって1時間で私を退けた。自衛隊でも期待されて当たり前。

でも、入隊後半年で、上巻をぶん殴って首にされたそうだ。


『マンガでわかる大人のADHD』    福西勇夫 福西朱美

法研  ¥ 1,728

誰にでも役立つ 精神科医が教える成人期ADHDコントロール法
第1章 ADHDで困っていませんか? 
第2章 ADHDで困っています! 
第3章 自分でできるADHD対処術
第4章 ADHDを病院で治療する
第5章 ADHDを克服して… 

子どもの頃、なぜか母親が小学校に迎えに来て、小学校から病院に連れて行かれたことがある。しかも、病院に行ったことは、誰にも言っちゃダメってことになっていた。

正直あまりよく覚えているわけではないんだけど、かかったのは精神病院で、今考えれば祖父母の目をはばかって内緒ということになっていたんだろう。ただ、ひたすら怖かった。私は、「タキコと同じ特殊学級はいやだ」と母に泣きついた。

子どもの頃、私は、すぐにどこかに行ってしまう子だった。“どこか”というのはどこでもいいわけではない。目的を持って行動しているのだ。「あそこに行こう」と思って行っているのだが、誰にも「行く」とは言ってない。だから、一度は行ったことのある場所なんだけど、家にたどり着く前に夜になってしまって、どこかの大人に連れて帰ってもらったり、電話してもらった場合は母が迎えに来た。

忘れ物はひどかった。何年生の時だったか、先生が棒グラフの好きな方で、忘れ物まで棒グラフにしていた。私の棒は、模造紙を軽く突き抜け、壁にぶつかって折り返していた。

なにか楽しいことを思いついたとき、机に向かって座っていることが難しかった。もう、先生の言うことも上の空。

でも、学校って、先生の言うことを聞いてないと、とんでもない目に合う。とんでもない目に何度もあって、学校に行くのが嫌になることも多かった。

中学校でもそうだったけど、高校に入ったことから少し変わったと、自分では思っている。もともとが、私があった定時制の生徒なんかに比べれば程度が軽かったんだろう。自分でも何とかしなきゃと思う部分はあって、少しずつ、自分なりの方法でコントロールすることができるようになったんかな。

もちろん、何の心配もいらないなんてことじゃなく、それなりに、自分のそんな部分とうまく付き合うことができるようになってきたんだと思うけど。もちろん、その後も失敗はいくらでもあるけど・・・。

最近の私の悩みは、そのコントロールが、なかなかうまくいかないことが時々あるってこと。そんな不安から本書を読んでみた。でも、この本は、“コントロールガイド”だからね。コントロールが、時々難しっくなった私が読んでわかったことは、私はやっぱり、今ならADHDって診断されてたろうなってこと。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本』 富永喜代

この記事を書いたのは2年前。股関節痛の痛みの真っ只中で苦しんでいる頃だな。今日は10月27日。1年前の今日、私は股関節の手術を受けた。
こんな題名の本に、ついつい引かれてしまう。50をとっくに過ぎてる私あたりの年齢なら、どっかに悪いところの一個や二個あったって当たり前。大病を患うことだって珍しくない。そんなことは分かってるんだけど、嫌になるのはこの“痛み”なんだよね。題名がすごいでしょ。『気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本』だもんね。はなっから“スーッと”痛みが消えるなんて思ってないけど、でも、ほんの少しでも良くなるなら・・・。「体の痛み」に、日夜、気力を蝕まれつつある私にしてみたら・・・、わらにでも何でも縋りたくなるわけです。

著者は貧乏で、医療の世界に何のコネも持たない漁師の町から医師を目指したそうで、そのために希望者の少ない場所を求めて麻酔医、つまり痛みの専門家になったんだそうです。そんな医者ズレしてない世間から患者を見ているこの人なら、もしかしたら私の股関節痛も和らげてくれるかもしれない、でしょ。そう思って目次を見てみたら、ありました。『股関節痛は「脳内道草散歩」でやわらげる❢』っていう項目が・・・。“わら”よりもよっぽど頼りになりそうじゃありませんか。
『気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本』 富永喜代
アスコム  ¥ 1,188

内蔵、足、腰、股関節、頭、肩、首の痛みを取って、健康寿命を延ばす法

第1章  痛みをとれば、健康寿命がのびる❢
第2章  痛みを消す「クスリ」とのつき合い方
第3章  「しつこい痛み」をスーッと消す方法
第4章  痛みを消したきゃ怒るのをやめなさい
第5章  体の痛みと「夫婦関係」の意外なカンケイ
「股関節痛の延長線上には要介護状態に陥るリスク」があるって。うわ~、イヤだ~❢

ほんのちょっと前まで、毎朝走ってたんですよ。さらに休みの日なら昼間は自転車で50キロ位こいでた時期もある。3年前まで勤務していた10キロ離れた職場には自転車で通ってたんだよね。

時々激痛に襲われて、それがとくに冬場は頻繁になってきて、走らない日、自転車こがない日がだんだんと多くなってさ。家族たちも、そんなに痛いんなら走るのやめた方がいいって言うしね。当たり前だよね。まるっきり走らなくなった頃から、鈍い痛みをいつも抱えるようになった。もちろん激痛も頻繁になった。

夕方まで仕事をすると、もう、帰りたくてたまらなくなる。・・・痛くて。周りからどう見られているか、とても気になる。仕事がつらくなる。
運動不足は筋肉の衰えに直結。慢性的に痛くなった股関節の場合、動かさなくなったことで関節がかたくなり、可動域が制限され、ますます筋力が低下する廃用症候群となっていきます。
本書P114
これって、まさしく私の現状。今の私は、“要介護”まっしぐら状態。著者の助言に従おう。「脳内道草散歩」をする。股関節に負担をかけないゆっくりした早さで歩く。野の花を愛で、風を感じながら歩く。でも、15分も歩くと股関節がけっこう痛くなる。今まではそれでやめた。でも、これからはそれでも歩く。

『脳は喜びを感じると痛みの抑制に関係する内因性オピオイドを分泌。痛みを感じにくくなり、歩行距離が無理なく伸びていくはずです』という著者の言葉を信じて歩く。そう思って、もう上の写真のストックを購入した。

第3章で取り扱われている異常は以下のとおり。
『偏頭痛』、『慢性腰痛』、『冷え性』、『肩こり』、『腰部脊柱管狭窄症』、『股関節痛』、『手足のしびれ』、『耳鳴り、めまい、フラつき』


まずは第3章に目が止まったんだけど、でもこの本、全体を読んで意味のある本ですね。実は大事なのは第4章と5章。大事なのは朗らかに生きること。「杖、ストックをついて歩くなんて嫌だ」ってゴネてたら、連れ合いが一緒にストックついて歩いてくれた。・・・やはり、そういうことなんだろう。
先天性の股関節脱臼で、母方の伯父がようやく歩き始めた私を見て、《足が悪そうだ》ということに気づいてくれた。50年以上前の話だから治療は大変で、1歳児が足から胸くらいまでのギブスで固定されて、そんなのを抱きかかえるようにして母が秩父から病院のある飯能まで通ってくれた。今でこそ秩父から飯能は西武線一本だけど、当時は西武線が秩父まで来てなかったので、秩父線で寄居に出て八高線で東飯能、そこから飯能だから大変だった。

半年後にギブスをとったとき、赤ん坊の脚はまっすぐじゃないからね。ギブスにあたっていた膝の外側から、どす黒い血が噴き出したんだそうだ。「左足はもう駄目だろうな」・・・、母はそう思ったそうだ。

でも、ずいぶんよくなってね。3歳くらいからは外で遊んでいる写真がある。それまでの写真はいきなり生まれたばかりの赤ん坊なんだ。ギブスをしている姿は写真に写せなかったらしい。よく転ぶけど走れるようにもなった。3月生まれの心配もあったらしいけど、そのうち、運動もできる部類になったしね。

だけど、母は、わたしが運動するのを嫌がった。中学でサッカー部に入るんだけど、泣いて反対された。高校で山岳部に入るのも大反対されたし、その後も、なんかあるたびに足の心配をされた。私の股関節がおかしいのは自
分のせいだと思っていた母は、最後まで言わなかったけど、いつか私の足がダメになることは分かってたんだろうな。 ・・・案の定、今、そうなった。

痛みは20代から出始めていた。最初に医者に行ったのは30歳の時。大きな病院に行くと、半年前に手術を受けたというお年寄りが松葉づえにすがりながら歩いていた。それでもずいぶんよくなったんだそうだ。診察を受けると、「まだ、そんなに痛いはずはない」って言われた。

もっともっと悪くなって、どうしようもなくなって、手術を受けて、松葉づえをついて何とか歩けるようになって、「これでもずいぶんよくなった」って漏らすのか。・・・その時は絶望した。医者には行かないことにした。34歳で山をやめた。

状況は歳とともに悪くなった。我慢できない痛みが頻繁になった40代後半、心配になって医者に行った。この時も、「そんなに痛いはずはない」って言われた。強い痛み止めを大量にもらって帰った。この医者には、薬が切れたときだけ行った。

50代になり、寝ていても痛みで起きてしまうことが多くなった。この本に出合ったのは、そんな状況の中だった。朗らかに過ごしたいと思った。

その直後、「早期であっても手術を受けて、健康な日常生活を取り戻すべきだ」と考える医師がいると聞いた。しかも、地元の市民病院にいた。診てもらいに行った。昨年の2月である。残念ながら、直接その医師に診てもらうことはできなかった。でも、1年後には仕事の区切りをつけて手術を受けたいという意志を伝えて、3か月後にその医師に診てもらえるよう予約をした。

3か月後、その医師に診てもらうと、「早く手術を受けないと、車いすの生活になりかねない」と言われた。仕事のことが頭に浮かんで即答できなかった。7月、手術を受けたい旨、医師に伝え、10月27日に手術を受けることになった。

手術はつらかったけど、今、私は新しい人生を手に入れた。なによりもうれしいのは、私が元気で暮らせることを、連れ合いが喜んでくれていることだ。

今年の8月、奥武蔵の武川岳の山頂であった30歳くらいのお兄さんがいた。一緒に昼飯を食べながら話をした。この夏どんなところに登ったか聞いたら、ここのところ股関節が痛くて、今日が久々の登山だということであった。私と同じ、股関節変形症だ。私は、不覚にも涙してしまった。お兄さんも不思議に思ったろう。わけを話し、顛末を語った。

もしも、お読みいただいた中に、股関節の痛みで苦しんでいる方がおられたら、私は手術を薦める。お聞きいただければ、なんでも答える。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『疲れリセット 速攻マニュアル』 梶本修身

仕事は、嫌いだ。ところが、私の周りには、仕事が「三度の飯よりも好き」って感じのやつがウヨウヨいる。「いや~、今日で150日連続勤務だ」とかって、いい歳こいた、・・・どのくらいいい歳こいているかと言うと、60歳の定年を過ぎるほど“こいて”いるおっさんが言っている。

「ああ、そうですか。ごくろうさま。でも、死ぬと迷惑だから、ほどほどにしてね」って言うんだけどね。それにしても、本当に仕事が好きなんだな。好きなことをやってるから、きっと疲れないんだろうな。私なんか、嫌々やってるから、疲れて、疲れて・・・。

そんな“お疲れ”の私も、「この本を読めば元気になることができるかもしれない」と思って読んでみた。

《運動による体を使った疲労も、デスクワークによる疲労も、眼精疲労も、さらに心因的なストレスも、すべての疲れの原因は脳内の「自律神経」にあった(p26)》

体も疲れも、脳が原因?・・・体の疲れは、・・・例えば筋肉の疲労ってことじゃないの?んんん、いまいちすんなり入ってこないかな?・・・そんなことを思いながら読み始めたんだけど、そんなことなかった。

自律神経は脳幹部分にある自律神経中枢のこと。運動をすると、意識しわけじゃないのに呼吸が早くなって、心拍数が上がる。さらに体温が上昇して、発汗が促される。これらの体の作用をコントロールしているのが自律神経中枢。だから、運動が激しくなれば自律神経もお仕事が増えるわけだから、当然疲労する。自律神経中枢がお仕事をするためには酸素が必要なんだけど、運動が激しくなると活性酸素が発生してしまって、自律神経中枢そのものを劣化させてしまうらしい。

対策はもちろんある。・・・そういう本なんだから。
  1. 自律神経を酷使するような激しい運動をしない
  2. 活性酸素の酸化作用を抑えるため、抗酸化作用を持つものを食べる
  3. 自律神経中枢の劣化を補正するため、気持ちよく寝る

三笠書房  ¥ 1,512

「疲れやすい人」と「なぜだか元気な人」は、いったいなにが違うのか?
はじめに  疲労を科学することとは
第一章  疲労の原因は脳にあり
第二章  疲労の原因物質とは
第三章  日常的な疲労の原因はいびきにあった
第四章  科学で判明した脳疲労を改善する食事成分
第五章  「ゆらぎ」のある生活で脳疲労を軽減する
第六章  脳疲労を軽減するためにワーキングメモリを鍛える

仕事が好きで、それだけに疲れも見せずに働く人。これね、やばいらしいよ。どうも、前頭葉に原因があるらしい。前頭葉が、本来人間が感じるべき疲労感を、高揚感や達成感によって麻痺させてしまうらしい。そのためにβ-エンドルフィンという快楽物質を出しているんだという。

私の職場のいい歳こいた連中も、β-エンドルフィンで気持ちよくなっちゃってるらしい。愚かな奴らだ。

さて、自律神経中枢の劣化を防ぐための対策1・2・3の具体策を見てみよう。

・・・それを全部紹介しちゃったら、この本を買う必要なくなっちゃうから、ほんのさわりだけね。
疲れやすい人は・・・
一段落つくまで頑張って、まとめて休憩を取る
疲れにくい人は・・・
ひと段落つこうが、つくまいが1時間おきに休む
おお、私は完全に《疲れやすい人》だ。

疲れやすい人は・・・
集中して一気に作業する
疲れにくい人は・・・
複数の仕事をちょこちょこ進める
うわっ、またまた私は《疲れやすい人》だ。

疲れやすい人は・・・
集中することにこだわる
疲れにくい人は・・・
要点把握にこだわる
だめだな。性格そのものが疲れやすいようにできているようだ。仕方がない。性格を変えよう。

読んでいて思ったんだけど、山の登り方が、完全に《疲れやすい》型だったんだな。でも、最近、変わった。とにかく疲れないように登る。これに尽きる。ゆっくり歩く。ちょこちょこ休んで、飲んだり食ったり。無理をしない。そういう登り方に慣れたころには、私の性格も少しは変わっているだろうか。

明日は土曜日、また山に登る。“ゆっくり歩く。ちょこちょこ休んで、飲んだり食ったり。無理をしない”登り方に集中するぞ❢・・・それじゃダメじゃん。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『おしりの筋肉がすべて解決する』 内田輝和

まずは、この本の表紙を見てくださいよ。そうそう、女性の後姿の写真。ウォーキングをしている女性の“おしり”。なんて魅力的なことでしょう。思わず、むしゃぶりつきたくなるような“おしり”。たまらないでしょ。・・・(・_・)

そういう奴なんです、・・・私。いまさら隠しようもありません。連れ合いとの今日があるのも、あの時、むしゃぶりついてしまったのが原因ですから。

ところが、そんな魅力的だった連れ合いの“おしり”が、最近、少し安い緩みぎみで、ただただ横に広がってしまっているような。まあ、それはそれでいいところもあるんですが。

・・・このブログ、連れ合いは見ていません。・・・見ないことになっています。絶対見てません。きっと、見ていないだろうと思います。・・・もしも、見られたらどうしよう。

・・・そんな連れ合いの“おしり”を取り戻すために、私はこの本を読みました。

嘘です。

私は嘘つきです。母もよく言っておりました。「お前は嘘つきだ」と。私は嘘をつくために嘘をつきます。母は、そんな私を、よく理解しておりました。そんなことのために、私はずいぶんとたくさんの危険を犯してきました。今日もそうです。今日の嘘は、とても危険です。

本当は、まったく珍しいことではありませんが、題名に惹かれました。『おしりの筋肉がすべてを解決する』って、本当に本当か?「嘘だったら許さないぞ!」

そうです。自分が嘘つきなくせに、私は他人の嘘を許せません。そうです。そういう奴なんです、・・・私。



主婦の友社  ¥ 1,296

腰・ひざの痛み改善 健康美 血流アップ 疲れにくくなる 気持ちが前向きになる
第1章  簡単な動作で、おしりの筋肉は強化される
第2章  おしりの筋肉で人生が変わる
第3章  おしりの筋肉が健康寿命を延ばす
第4章  おしりを鍛えるとこんな病気がよくなる
第5章  おしりを鍛えて悩みを克服!健康も手に入れた!体験談
第6章  おしりの筋肉を強化する食事と生活習慣

※おしりを鍛えると腰痛が良くなる
※おしりを鍛えると坐骨神経痛が良くなる
※おしりを鍛えると脊柱菅狭窄症が良くなる
※おしりを鍛えると椎間板ヘルニアが良くなる
※おしりを鍛えるとひざ痛が良くなる
※おしりを鍛えると首の痛みが良くなる
※おしりを鍛えると骨粗鬆症が良くなる
※おしりを鍛えると尿もれ・頻尿が良くなる
※おしりを鍛えると痔が良くなる
※おしりを鍛えると冷え性が良くなる
※おしりを鍛えると生活習慣病が良くなる
※おしりを鍛えるとが良くなる
※おしりを鍛えるとセックスレスが良くなる

「ほんとかさあ(「本当かなあ」の秩父方言)」 にわかに信じられないというのは、けっして私だけではないでしょう。“おしりの筋肉”が、そんなにも、身体のアチラコチラに関連しているのか。“おしりの筋肉”が落ちてしまうと、そんなにも、身体のアチラコチラに不具合が発生してしまうのか。

私たち人間は、、“直立二足歩行”という、非常に不安定な姿勢を手に入れることで進化した生き物ですからね。どうしたって、四足歩行にはない様々な不都合を抱えることになった。かと言って、四足歩行に戻っては生活ができない。だから、できることは、直立二足歩行を安定させること。そのためには、下半身。その要となるのが“おしり”。そう考えれば、理にかなっている。

おそらく、家の作りや生活が西洋流になって、椅子の生活、ベットの生活に変わって行ったことも関係しているのだろう。トイレだってそうだよね。立ったり座ったりが少なくなって、現代人は“おしりの筋肉”が落ちている。つまり、意識して鍛えないと、筋肉量は減るばかり。「日本人の健康寿命は健康寿命よりも十歳も短い」と言われては、危機感すら覚える。

嘘つきなくせに、人の嘘には厳しい私ですが、その気になるとまっしぐらです。とりあえず、おしりを鍛えます。その効果で連れ合いを説得します。そして、かつての“むしゃぶりつきたくなるようなおしり”を取り戻すのです。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『いくつになっても歩けるヒザをつくる本』 佐藤友宏

圏央道ってのは、とても便利な道で、とりあえず、奥多摩が近い。お休みの日の朝、家を出て、もう、1時間後には、御岳山を登りにかかってる。ずっと以前に、まだ山をやめる前に登ってた頃は、感覚的には、奥多摩は秩父の山の裏側だった。でも、圏央道ができたら、時間的には、実家の秩父市影森に行くよりも、御岳山のほうがはるかに早い。・・・ということで行ってきた。
地図7:00前に家を出て、滝本まで48キロ。坂戸西スマートから高速に乗って1000円くらい。車に乗ってたのは、正味1時間くらい。8:00前に駐車場に入った時には、もう3分の1くらい埋まってたかな。

今日は、メレルのモアブをはいて行ったんだけど、痛かった親指の付け根の部分にゴムを張って、靴ひもの通し方を工夫したら、完璧に機能した。モアブの弱点を完全に克服した。
もし、モアブで苦労して、「もう、捨てちゃおうかな」とかって思ってる人がいたら、完璧な方法を教えてあげるよ。

・・・ということで、御岳山。

そうそう、ここのケーブルカーは富士山と同じで、「見るものであって、乗るものじゃない」ってのが、昔からの、考慮の余地のない信念で、まったく迷わず乗り口を通過。・・・「えっ、乗らないの?」って言う連れ合いに怪訝な目を向けながら、登り口の鳥居をくぐる。今度は、連れ合いの方が、私に向けて怪訝な表情。・・・「ここ歩かないと、御岳に登ったことにならないし、舗装だけど、とってもいい道だから・・・」と、だまし、だまし、先へ。
P4220002.jpgP4220003.jpgP4220004.jpg
連れ合いは、当然、乗るものと
思ってたらしい
私は迷わず参道へ。これが
連れ合いの隊長以上に影響したか
でも、歩き始めたら、納得
してくれた。・・・と思ったら
天気は「曇りで、午後、雨に注意」って感じだったんだけど、上まで登りきる頃には、逆に、薄日がさしてきていた。とても久しぶりに歩いたけど、やはり気持ちいい道だった。“かたじけなさに なみだこぼるる”って感じだった。
P4220005.jpgP4220015.jpgP4220008.jpg
黒々とした杉林を背景に、
若葉が美しい
神代欅御嶽神社に着く頃には、
もうヘロヘロだったみたい
人に抜かれることが大嫌いな私だけど、数グループに追い越されながら、十分にゆっくり歩いたつもりだった。だけど、この急な上りそのものが、連れ合いには厳しかったみたい。坂を登りきるのに、全部使い果たしちゃったみたい。

そこから、神社まで、1キロ位あるじゃないですか。あとから、「登ってからあんなにあるとは思わなかった」とか、「3キロ位あったよね」とか言ってたから、・・・んん、かわいそうなことをした。もっとゆっくり、休み休み歩けばよかった。

P4220017.jpgP4220012.jpgP4220013.jpg
長尾平展望台 日の出山帰りはケーブルカーに乗りました下りの乗客は私たち二人だけ

ヘロヘロ状態で歩いたから、神社の階段の上りでヒザをやり、下りで痛みがひどくなった模様。長尾平の展望台まで行ったけど、ここを終点にすることにしました。お昼のパンを食べて、ケーブルカーまではだましだまし歩きました。早帰りだったので、ケーブルカーは二人だけ。ツツジが綺麗だった。

それでも、「今度はどこに登る?」って言ってた。1時間で登れるところを探さなきゃ。


青春出版社  ¥ 1,404

体幹・股関節・足関節を調整すると、膝の痛みが改善する 老化現象ではない
第一章  そのヒザ痛と一生付き合いますか
第二章  なぜ病院で治らなかった痛みにすぐ効果が現れるのか
第三章  いくつになっても「歩けるヒザ」をつくる8つのヒザ痛改善法
第四章  もう膝の痛みを再発させない生活術


帰ってから、ヒザ痛の本を読んでみた。実は、私もヒザが痛いので、なにも連れ合いのためだけってわけじゃない。読んでみて、間違いなく改善できることを確信した。さっそく、8つの改善法を実践している。そう、三章こそが、この本の核心。

・・・もちろん、連れ合いも、強制的に突き合わせている。嫌がる場合は、くんずほぐれつ、捕まえて、ひん剥いて・・・。 アレー
滝本の駐車場は、料金が高い。“350円で、1時間毎に・・・。最高1400円”ってな感じだったんだけど、11時には駐車場を出たのに、もう1400円の最高額になってた。半日も経たないに1400円も取られた。ショック❢まあ、今回は連れ合いも一緒だから、お金かかるのは、OKということです。

売店で、わさびを買いました。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『もう山でバテないーインターバル速歩の威力』 能勢博

学生の時に大バテしたことがある。先輩にぶん殴られて、蹴っ飛ばされて、結局、一人で大井川鉄道で帰った。完全に左足が上がらなくなって、右足だけでなく、体のあちこちに負担がかかって、・・・思い出すのも嫌だな。

左足にしたって、いつもダメになるわけじゃないから、その後も山に登ったけど、人と登るのは、どうもね。怖くなっちゃってね。大学の間も一人で登ることが多かった。大学を出てからは、もっぱら一人。そんな中、山をめぐって仲良くしてもらった13歳も年上の先輩がいて、その方を除いては、山は一人で登った。30歳過ぎで、山をやめるまで。・・・考えてみると、私の登山歴って、20年に届かない。

今は、もう足を直したし、少なくとも、左足を原因とする不調を恐れる必要はないんだけど、気が付いたら歳を取っていたので、意識してトレーニングしていかないとね。そんなこと言いながら、4月に入り、仕事内容に多少の変化があり、全然時間が取れない。・・・どうしよう。連れ合いと二人の生活になって、けっこう時間をかけてうまいものを食わされているので、気のせいか腹が前にせり出してきたような気がする。・・・まず~い❢  いえいえ、昨日のコロッケはうまかった。

できれば、毎日、山を歩ければいいんだけどな。「そうはいかへんやろ」(最近よく登場する“大木こだま”風で)。職場まで歩くか。13km。往きはいいけど、帰りが嫌だな。どこかで1時間時間が取れないかな。そしたら、この“インターバル速歩”で体力アップする。職場は5階建てだから、それこそ階段でインターバル速歩してやるぞ。・・・明日から


山と渓谷社  ¥ 1,296

最先端の運動生理学が裏付ける、山を楽に長く歩けるとっておきのトレーニングと能力
序章  山登りと「インターバル速歩」
第1章  山に登る前の下準備
第2章  山登りで大切な話
第3章  山登りにはエネルギーが必要だ
第4章  山登りに必要な基礎体力
第5章  インターバル速歩で体力アップ
第6章  山を歩くときはこんなことに気をつけよう
第7章  山のあれこれ

表紙の作りがけっこう淡白で、どちらかと言えば“健康分野”に属する本と認識して読み始めたんですが、ちょっと違います。事実、運動生理学という立場からの内容は3章と4章。“インターバル速歩”そのものに触れるのは、ようやく、5章になってからです。

それを除いた序章、1章、2章、6章、7章に何が書かれていると思いますか?・・・みんな、山のことです。そう、この本は、山の本です。

えっ? 分かってるっておっしゃるんですか。まあ、たしかに山と渓谷社だから、当たり前って言えばそうですけど。

そうは言っても、私の注目は、あくまでもインターバル速歩なんです。5章ね。手術から半年、空身なら、だいぶ歩けます。ただ、背骨がS字に湾曲しているのが原因らしいんですが、今、それが両ひざに来ています。「ひざが痛いから太るのか、太ったから膝が痛いのか」って宣伝でやってますが、「どっちも❢」って言ってますよね。私もそう思います。痛いからと大事にしていても、周辺の筋肉が落ちます。大きな負担を書けないように歩く。・・・大きな負担? 高低差があったり、荷物を背負ったり・・・? 山?  忘れて、忘れて。

大事にしたって、もう先が長くないもん。

先の長い、若い人たちが、雪崩に飲み込まれて死んでしまいました。悲しくて、悲しくてなりません。どうしてあんなところで、あんな天気の中で。

この本にも書かれてました。風の日、雨の日、雪の日は、山を歩いちゃいけません。よんどころないこともあるでしょうが、山は次の日もそこにあります。

合掌 若い先生も含め、君たちのことは忘れません。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『人生の99.9%の問題は筋トレで解決できる』 Testosterone

一番最後に、著者紹介とともに、著者の写真(肩から下、腰から上)があるんだけど、すごいな。ムキムキで。

じつは、私も一時期、筋トレに熱心になったことがある。だから今でも、家の中のあちこちに、各種ダンベルが転がっている。30代半ば、山に行けなくなって、むしゃくしゃしてね。軽いランニングと筋トレで、けっこうストイックに絞り上げた。続けたのは5年間ほど。時期にランニングどころか、ジョギング程度さえできなくなり、歩いても常に股関節が痛み出した。

有酸素運動なしの筋トレを不健康に感じ始め、筋トレも、スクワットができなくなって、・・・なんか、やる気をなくした。

ああ、手術をして動けるようになった今でこそ冷静に思い返すこともできるけど、ここ10年間くらいは、けっこう厳しかったな。当時ほどはできないとしても、もう一度、筋トレをメニューに加えてみよう。ぜひやろう、絶対やろう。間違いなくやろう。明日からやろう。


主婦と生活社  ¥ 1,296

筋トレにおいて、ライバルは昨日の自分であり、機能の筋肉だ
Part1  人間関係・女性関係に困ったら、まずは筋トレ  
Part2  メンタルが弱ったら、即筋トレ
Part3  人生に行き詰ったときも、やっぱ筋トレ
Part4  ダイエット成功への近道は、もちろん筋トレ

買って、ペラペラめくって、一瞬、「ああ・・・」と絶句した。「あれ、変な本買っちゃったかな」って。字はでかいし、アジテーション気味だし、挿絵は行っちゃってる感じだし。土台が、“鍛え上げた自分の筋肉にうっとり”なんて、変態じみていて気持ち悪い。筋肉系の本の半分以上はそっち系で、ついていけない。

・・・あなた、そんなこと思ってないですか?とんでもありません。もしも、今、あなたが人生の壁にぶち当たっているなら、自信を持ってお勧めします。「筋トレしなさい!」 かつて私もそうでした。その後、さらに深い闇に落ちることになりますが、山に登れなくなった私は、一時的とはいえ筋トレに救われました。

正直に言います。筋トレが一番楽です。「自分はもうだめかもしれない」と無力感に打ちひしがれている人でも、筋トレすれば、間違いなく目に見える結果が出るのです。もう少し続けてみると、着実に力がついていることを実感できるのです。

他のことでは、なかなかこうは行きません。自分の身の回りから始めようと、朝、ゴミを拾いながら散歩してみても、それが自他の評価につながるのは先のことです。知識をつけようとすれば、んん十年の努力が必要。でも、今日の筋トレは明日に結果を知らせてくれます。

昨日よりも今日の自分を評価できる人間は、もう下を向こうとはしないでしょう。

その筋トレすらやめてしまったここ数年間、厳しかったけど、そこから一歩進めた気がする。筋トレは自信を与えてくれる。でも、本当に大事なことは、筋トレだけじゃ解決できない。Testosteroneさんの言い分は、それを承知の上であろうけど、でも、筋トレが多くの問題を解決してくれることも、また真実だ。

子供の非行や、夫婦の不和に悩む人がいれば、そう、今日から筋トレしよう。さあ、3kgのダンベルを買いに行きなさい。

私?・・・そうね。筋トレね。・・・やりましょう。必ず。絶対に。なにがなんでもね。・・・明日からね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『非筋肉トレーニング』 広瀬統一

30代の頃、山はやめたものの、股関節以外においては、強くありたいという気持ちに変わりなかった。できる範囲でランニングを続けた。怖いのは、山のなかで動けなくなることで、町にいるんなら、どこで動けなくなっても、命を落とすわけじゃない。だから走ったし、鍛えた。筋肉も大きくした。ダンベルも1kgから始まって15kgまで揃えて、ガンガン鍛えた。若い連中とベンチプレスを争った。山をやめたことの代償だった。

股関節の痛みがひどくなって、結局、走れなくなって、体を鍛えるという代償行為さえ、気力を失った。ダンベルも錆びつかせた。

もう一度、ダンベルを引っ張り出したのは、股関節の手術を受けてから。もう一度、身体を動かすことができるようになってから。でも、もう、かつてのように、身体を大きくする方向に鍛える気はない。もう一度、山を歩ける身体を作り直したい私としては、持てる力を効果的に発揮できるようになりたい。様々な事態に、機敏に反応できるようになりたい。

かつては、筋力を高めることを目的に購入した幾つかの本が、押し入れにある。しかし、今、必要なのは・・・



角川書店  ¥ 1,296

身体を「強くする」前に、身体を「上手に使うこと」が何より大切です
1章  身体を知る 筋肉トレーニングでは「鍛えられないこと」がある
2章  身体を使う 身体を「理に適える」から疲れにくい、ケガしない
3章  超回復 「すぐ復活する身体」をつくる考え方
4章  ストレッチ 神経を鍛えるための「発展トレーニング」


“非筋肉トレーニング”というふれこみ。たしかに特定の筋肉を大きくすることを目的にしてるわけじゃないけど、筋トレであることは変わりない。呼吸や姿勢に違いはあるが、基本的にはストレッチであり、腹筋であり、背筋であり・・・、トレーニングの内容としては筋トレに属するものだ。

ただ、周辺の神経に刺激を与えて活性化し、体中の筋肉を連動させて、上手に仕えるようにすることを目的にしているという点が違う。そうすることによって、“疲れにくい身体を作る”、“怪我をしない身体を作る”、“早く回復する身体を作る”。以上が私の目的だけど、この本は、“効果的に競技力を上げる”、“もっと練習で身体を追い込む”ことにも効果があるということだが、いい歳をこいている私は、そんなことまでは望んでいない。

実は、この本に紹介されているトレーニングは、やってみると簡単じゃない。いや、難しいことが求められているわけじゃないはずなのに、起動させる筋肉全体のなかでどこか弱いところがあると、それを補うために、無理な動きになってしまう。たとえば、ひざが内側に入ってしまったり、背中が曲がってしまったり、ひざがまっすぐ伸び切らなかったり・・・。つまり、楽な方に逃げてしまうわけだ。

まだ、この“非筋肉トレーニング”をはじめて間がない状態で、逃げずにトレーニングをこなすことにこだわってやっている。これが何も考えずにできるようになれば、その時には何か変化を実感できるかな。

しばらくは、トレーニング系は、こういう本を探してみたい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

変形性股関節症の置換手術のことを振り返ります

変形性股関節症で苦しんでいる人がいれば、おそらく私の体験は、参考にしていただける。

私は、56歳の男。先天性の左股関節脱臼で、1歳半あたりから、けっこう長い間、胸辺りまであるギブスで固められていたそうでだ。親は、飯能にある病院に秩父から通ってくれた。当時はまだ、西武秩父線が開通していないので、寄居まわり。自分が考えても、ゾッとする。親には感謝している。・・・生きている時は、心配しかさせてないけど・・・。

おかげで、よくなった。だけど、母親は、何かというと、私に運動をしないように言った。おそらく医者から釘をさされたのだろう。「よくなったのであって、治ったわけじゃない」というようなことも言ってた。だけど、野球もやったし、サッカーもやったし、長距離走は速い方でした。高校からは山に登るようになった。

“痛み”としてそれを意識するようになったのは、20代になってから。でも、考えてみれば、「あの時、もう一歩、足が出なかった」、「あの時、右膝を痛めたのは、左をかばったせいだ」と、思い当たることは少なくなかった。

痛みが出ると、ひどい時は、・・・もう、思い出したくない。でも、その頃は、“いつも”じゃなかったからね。「もう、山もやめる」ってことになったのは30歳を過ぎてからだし。もちろん医者にかかった。変形性股関節症で、手術の時期じゃないようなことを言われただけだった。当時は、置換の部品の耐久年数も短かったので、少しでも手術を遅らせる方がいいって考えられてたみたい。・・・こっちはけっこう痛いのにね。

「これは、いよいよ」って思って医者に行っても、「まだまだ❢」って、何かの修行みたいなことを言われた。そんなことが2度ほどあって、自分が「いよいよ」と思ってただけに、気持ちの上でもけっこうまいった。

医者をかえた。それには小学校以来の友人が関係してくるんだけど、それはあまり関係ないのでカット。新しい先生に診てもらうと、「痛いでしょ。よくここまで我慢できましたね」って言われて、高まる思いを抑えるために奥歯を噛み締めた。どうやら、そこまでの1年ほどで、急に症状が進んだらしい。すぐに手術を勧められたけど、間の悪いことに仕事が佳境に入っていた。見てもらったのが昨年2月。手術は1年先に伸ばした。座薬を出してもらった。

6月、経過を見るために診察を受ける。さらに症状が進んでいた。「一生車椅子になる」と言われて、ショックを受ける。この頃は、1日に2回、座薬を使っていた。

夏にかけて、悪くなっているのが、自覚できた。仕事を調整して手術をうけることにした。組織で仕事をしている以上、“自分”なんていくらでも調整可能な存在だった。9月、医者に手術を依頼した。

手術は10月27日。入院は2日前の25日。それ以前に、輸血のための自己血採血のために2度通院。手術は1時に始まって、3時間ほど。その日は集中治療室へ。夜9時、水を飲ませてもらう。28日朝、朝食を食べ、一般の病室に戻る。ここからは、日に日に回復していくことが実感できた。途中、薬の影響で肝機能が低下するというトラブルが有ったが、手術から数えて1週間で退院が待ち遠しくなり、状況によっては10日で退院することも可能だったと思う。

結局、退院は11月14日。3週間の入院でした。職場に、10年前に手術を受けた55歳の女性がいます。その人は、入院1か月、リハビリのための通院3か月。仕事復帰1年だったそうです。私は3週間で退院し、その次の通院は1か月後。仕事復帰は、きつかたけど、11月21日。28日間の病休だった。
復帰後の仕事はきつかったけど、1か月で復帰できる。チタン製の部品は、30年もつ。私は90歳まで歩ける。変形性股関節症の置換手術っていうのは、そういう手術だということを知ってもらいたい。今日は、そう思ってこれを書きました。

いま、股関節の痛みは、一切ありません。

手術前の1年は、けっこう大変でした。手術前の半年間は、本当に大変でした。直前の3か月は記憶に無いほどです。身体が完全に傾いてしまってたので、おそらく職場の人も気を使ったことだろう。痛みを堪えるために、私の骨盤はひどく歪んでしまいました。傾いた骨盤から伸びる背骨は、首に向けてS字型に曲がってしまいました。

先生は、「(私の)年齢なら、まだ修正される。ただし、手術から半年たっても変化がないようなら、そのまま曲がったままになる可能性も高い」と言っている。懸命に山を歩いているのも、それを意識しているんだけど、どんなもんだか。今度、6日に検査にいくので、またそのうち、報告する。

いま、もし変形性股関節症の痛みで苦しんでいる人がいたら、手術を受ければ、痛みは消える。真っ直ぐ立って歩けるようになる。連れ合いが、「真っすぐ立ってるね」って、嬉しそうに言ってくれるのが、私は何より嬉しい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


言葉は人の心をあらわします。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、言葉についても同じことが言えるでしょう。
これから出る本








































直近3ヶ月当ブログ内人気図書 






















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい