めんどくせぇことばかり 本 健康

『いくつになっても歩けるヒザをつくる本』 佐藤友宏

圏央道ってのは、とても便利な道で、とりあえず、奥多摩が近い。お休みの日の朝、家を出て、もう、1時間後には、御岳山を登りにかかってる。ずっと以前に、まだ山をやめる前に登ってた頃は、感覚的には、奥多摩は秩父の山の裏側だった。でも、圏央道ができたら、時間的には、実家の秩父市影森に行くよりも、御岳山のほうがはるかに早い。・・・ということで行ってきた。
地図7:00前に家を出て、滝本まで48キロ。坂戸西スマートから高速に乗って1000円くらい。車に乗ってたのは、正味1時間くらい。8:00前に駐車場に入った時には、もう3分の1くらい埋まってたかな。

今日は、メレルのモアブをはいて行ったんだけど、痛かった親指の付け根の部分にゴムを張って、靴ひもの通し方を工夫したら、完璧に機能した。モアブの弱点を完全に克服した。
もし、モアブで苦労して、「もう、捨てちゃおうかな」とかって思ってる人がいたら、完璧な方法を教えてあげるよ。

・・・ということで、御岳山。

そうそう、ここのケーブルカーは富士山と同じで、「見るものであって、乗るものじゃない」ってのが、昔からの、考慮の余地のない信念で、まったく迷わず乗り口を通過。・・・「えっ、乗らないの?」って言う連れ合いに怪訝な目を向けながら、登り口の鳥居をくぐる。今度は、連れ合いの方が、私に向けて怪訝な表情。・・・「ここ歩かないと、御岳に登ったことにならないし、舗装だけど、とってもいい道だから・・・」と、だまし、だまし、先へ。
P4220002.jpgP4220003.jpgP4220004.jpg
連れ合いは、当然、乗るものと
思ってたらしい
私は迷わず参道へ。これが
連れ合いの隊長以上に影響したか
でも、歩き始めたら、納得
してくれた。・・・と思ったら
天気は「曇りで、午後、雨に注意」って感じだったんだけど、上まで登りきる頃には、逆に、薄日がさしてきていた。とても久しぶりに歩いたけど、やはり気持ちいい道だった。“かたじけなさに なみだこぼるる”って感じだった。
P4220005.jpgP4220015.jpgP4220008.jpg
黒々とした杉林を背景に、
若葉が美しい
神代欅御嶽神社に着く頃には、
もうヘロヘロだったみたい
人に抜かれることが大嫌いな私だけど、数グループに追い越されながら、十分にゆっくり歩いたつもりだった。だけど、この急な上りそのものが、連れ合いには厳しかったみたい。坂を登りきるのに、全部使い果たしちゃったみたい。

そこから、神社まで、1キロ位あるじゃないですか。あとから、「登ってからあんなにあるとは思わなかった」とか、「3キロ位あったよね」とか言ってたから、・・・んん、かわいそうなことをした。もっとゆっくり、休み休み歩けばよかった。

P4220017.jpgP4220012.jpgP4220013.jpg
長尾平展望台 日の出山帰りはケーブルカーに乗りました下りの乗客は私たち二人だけ

ヘロヘロ状態で歩いたから、神社の階段の上りでヒザをやり、下りで痛みがひどくなった模様。長尾平の展望台まで行ったけど、ここを終点にすることにしました。お昼のパンを食べて、ケーブルカーまではだましだまし歩きました。早帰りだったので、ケーブルカーは二人だけ。ツツジが綺麗だった。

それでも、「今度はどこに登る?」って言ってた。1時間で登れるところを探さなきゃ。


青春出版社  ¥ 1,404

体幹・股関節・足関節を調整すると、膝の痛みが改善する 老化現象ではない
第一章  そのヒザ痛と一生付き合いますか
第二章  なぜ病院で治らなかった痛みにすぐ効果が現れるのか
第三章  いくつになっても「歩けるヒザ」をつくる8つのヒザ痛改善法
第四章  もう膝の痛みを再発させない生活術


帰ってから、ヒザ痛の本を読んでみた。実は、私もヒザが痛いので、なにも連れ合いのためだけってわけじゃない。読んでみて、間違いなく改善できることを確信した。さっそく、8つの改善法を実践している。そう、三章こそが、この本の核心。

・・・もちろん、連れ合いも、強制的に突き合わせている。嫌がる場合は、くんずほぐれつ、捕まえて、ひん剥いて・・・。 アレー
滝本の駐車場は、料金が高い。“350円で、1時間毎に・・・。最高1400円”ってな感じだったんだけど、11時には駐車場を出たのに、もう1400円の最高額になってた。半日も経たないに1400円も取られた。ショック❢まあ、今回は連れ合いも一緒だから、お金かかるのは、OKということです。

売店で、わさびを買いました。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『もう山でバテないーインターバル速歩の威力』 能勢博

学生の時に大バテしたことがある。先輩にぶん殴られて、蹴っ飛ばされて、結局、一人で大井川鉄道で帰った。完全に左足が上がらなくなって、右足だけでなく、体のあちこちに負担がかかって、・・・思い出すのも嫌だな。

左足にしたって、いつもダメになるわけじゃないから、その後も山に登ったけど、人と登るのは、どうもね。怖くなっちゃってね。大学の間も一人で登ることが多かった。大学を出てからは、もっぱら一人。そんな中、山をめぐって仲良くしてもらった13歳も年上の先輩がいて、その方を除いては、山は一人で登った。30歳過ぎで、山をやめるまで。・・・考えてみると、私の登山歴って、20年に届かない。

今は、もう足を直したし、少なくとも、左足を原因とする不調を恐れる必要はないんだけど、気が付いたら歳を取っていたので、意識してトレーニングしていかないとね。そんなこと言いながら、4月に入り、仕事内容に多少の変化があり、全然時間が取れない。・・・どうしよう。連れ合いと二人の生活になって、けっこう時間をかけてうまいものを食わされているので、気のせいか腹が前にせり出してきたような気がする。・・・まず~い❢  いえいえ、昨日のコロッケはうまかった。

できれば、毎日、山を歩ければいいんだけどな。「そうはいかへんやろ」(最近よく登場する“大木こだま”風で)。職場まで歩くか。13km。往きはいいけど、帰りが嫌だな。どこかで1時間時間が取れないかな。そしたら、この“インターバル速歩”で体力アップする。職場は5階建てだから、それこそ階段でインターバル速歩してやるぞ。・・・明日から


山と渓谷社  ¥ 1,296

最先端の運動生理学が裏付ける、山を楽に長く歩けるとっておきのトレーニングと能力
序章  山登りと「インターバル速歩」
第1章  山に登る前の下準備
第2章  山登りで大切な話
第3章  山登りにはエネルギーが必要だ
第4章  山登りに必要な基礎体力
第5章  インターバル速歩で体力アップ
第6章  山を歩くときはこんなことに気をつけよう
第7章  山のあれこれ

表紙の作りがけっこう淡白で、どちらかと言えば“健康分野”に属する本と認識して読み始めたんですが、ちょっと違います。事実、運動生理学という立場からの内容は3章と4章。“インターバル速歩”そのものに触れるのは、ようやく、5章になってからです。

それを除いた序章、1章、2章、6章、7章に何が書かれていると思いますか?・・・みんな、山のことです。そう、この本は、山の本です。

えっ? 分かってるっておっしゃるんですか。まあ、たしかに山と渓谷社だから、当たり前って言えばそうですけど。

そうは言っても、私の注目は、あくまでもインターバル速歩なんです。5章ね。手術から半年、空身なら、だいぶ歩けます。ただ、背骨がS字に湾曲しているのが原因らしいんですが、今、それが両ひざに来ています。「ひざが痛いから太るのか、太ったから膝が痛いのか」って宣伝でやってますが、「どっちも❢」って言ってますよね。私もそう思います。痛いからと大事にしていても、周辺の筋肉が落ちます。大きな負担を書けないように歩く。・・・大きな負担? 高低差があったり、荷物を背負ったり・・・? 山?  忘れて、忘れて。

大事にしたって、もう先が長くないもん。

先の長い、若い人たちが、雪崩に飲み込まれて死んでしまいました。悲しくて、悲しくてなりません。どうしてあんなところで、あんな天気の中で。

この本にも書かれてました。風の日、雨の日、雪の日は、山を歩いちゃいけません。よんどころないこともあるでしょうが、山は次の日もそこにあります。

合掌 若い先生も含め、君たちのことは忘れません。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『人生の99.9%の問題は筋トレで解決できる』 Testosterone

一番最後に、著者紹介とともに、著者の写真(肩から下、腰から上)があるんだけど、すごいな。ムキムキで。

じつは、私も一時期、筋トレに熱心になったことがある。だから今でも、家の中のあちこちに、各種ダンベルが転がっている。30代半ば、山に行けなくなって、むしゃくしゃしてね。軽いランニングと筋トレで、けっこうストイックに絞り上げた。続けたのは5年間ほど。時期にランニングどころか、ジョギング程度さえできなくなり、歩いても常に股関節が痛み出した。

有酸素運動なしの筋トレを不健康に感じ始め、筋トレも、スクワットができなくなって、・・・なんか、やる気をなくした。

ああ、手術をして動けるようになった今でこそ冷静に思い返すこともできるけど、ここ10年間くらいは、けっこう厳しかったな。当時ほどはできないとしても、もう一度、筋トレをメニューに加えてみよう。ぜひやろう、絶対やろう。間違いなくやろう。明日からやろう。


主婦と生活社  ¥ 1,296

筋トレにおいて、ライバルは昨日の自分であり、機能の筋肉だ
Part1  人間関係・女性関係に困ったら、まずは筋トレ  
Part2  メンタルが弱ったら、即筋トレ
Part3  人生に行き詰ったときも、やっぱ筋トレ
Part4  ダイエット成功への近道は、もちろん筋トレ

買って、ペラペラめくって、一瞬、「ああ・・・」と絶句した。「あれ、変な本買っちゃったかな」って。字はでかいし、アジテーション気味だし、挿絵は行っちゃってる感じだし。土台が、“鍛え上げた自分の筋肉にうっとり”なんて、変態じみていて気持ち悪い。筋肉系の本の半分以上はそっち系で、ついていけない。

・・・あなた、そんなこと思ってないですか?とんでもありません。もしも、今、あなたが人生の壁にぶち当たっているなら、自信を持ってお勧めします。「筋トレしなさい!」 かつて私もそうでした。その後、さらに深い闇に落ちることになりますが、山に登れなくなった私は、一時的とはいえ筋トレに救われました。

正直に言います。筋トレが一番楽です。「自分はもうだめかもしれない」と無力感に打ちひしがれている人でも、筋トレすれば、間違いなく目に見える結果が出るのです。もう少し続けてみると、着実に力がついていることを実感できるのです。

他のことでは、なかなかこうは行きません。自分の身の回りから始めようと、朝、ゴミを拾いながら散歩してみても、それが自他の評価につながるのは先のことです。知識をつけようとすれば、んん十年の努力が必要。でも、今日の筋トレは明日に結果を知らせてくれます。

昨日よりも今日の自分を評価できる人間は、もう下を向こうとはしないでしょう。

その筋トレすらやめてしまったここ数年間、厳しかったけど、そこから一歩進めた気がする。筋トレは自信を与えてくれる。でも、本当に大事なことは、筋トレだけじゃ解決できない。Testosteroneさんの言い分は、それを承知の上であろうけど、でも、筋トレが多くの問題を解決してくれることも、また真実だ。

子供の非行や、夫婦の不和に悩む人がいれば、そう、今日から筋トレしよう。さあ、3kgのダンベルを買いに行きなさい。

私?・・・そうね。筋トレね。・・・やりましょう。必ず。絶対に。なにがなんでもね。・・・明日からね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『非筋肉トレーニング』 広瀬統一

30代の頃、山はやめたものの、股関節以外においては、強くありたいという気持ちに変わりなかった。できる範囲でランニングを続けた。怖いのは、山のなかで動けなくなることで、町にいるんなら、どこで動けなくなっても、命を落とすわけじゃない。だから走ったし、鍛えた。筋肉も大きくした。ダンベルも1kgから始まって15kgまで揃えて、ガンガン鍛えた。若い連中とベンチプレスを争った。山をやめたことの代償だった。

股関節の痛みがひどくなって、結局、走れなくなって、体を鍛えるという代償行為さえ、気力を失った。ダンベルも錆びつかせた。

もう一度、ダンベルを引っ張り出したのは、股関節の手術を受けてから。もう一度、身体を動かすことができるようになってから。でも、もう、かつてのように、身体を大きくする方向に鍛える気はない。もう一度、山を歩ける身体を作り直したい私としては、持てる力を効果的に発揮できるようになりたい。様々な事態に、機敏に反応できるようになりたい。

かつては、筋力を高めることを目的に購入した幾つかの本が、押し入れにある。しかし、今、必要なのは・・・



角川書店  ¥ 1,296

身体を「強くする」前に、身体を「上手に使うこと」が何より大切です
1章  身体を知る 筋肉トレーニングでは「鍛えられないこと」がある
2章  身体を使う 身体を「理に適える」から疲れにくい、ケガしない
3章  超回復 「すぐ復活する身体」をつくる考え方
4章  ストレッチ 神経を鍛えるための「発展トレーニング」


“非筋肉トレーニング”というふれこみ。たしかに特定の筋肉を大きくすることを目的にしてるわけじゃないけど、筋トレであることは変わりない。呼吸や姿勢に違いはあるが、基本的にはストレッチであり、腹筋であり、背筋であり・・・、トレーニングの内容としては筋トレに属するものだ。

ただ、周辺の神経に刺激を与えて活性化し、体中の筋肉を連動させて、上手に仕えるようにすることを目的にしているという点が違う。そうすることによって、“疲れにくい身体を作る”、“怪我をしない身体を作る”、“早く回復する身体を作る”。以上が私の目的だけど、この本は、“効果的に競技力を上げる”、“もっと練習で身体を追い込む”ことにも効果があるということだが、いい歳をこいている私は、そんなことまでは望んでいない。

実は、この本に紹介されているトレーニングは、やってみると簡単じゃない。いや、難しいことが求められているわけじゃないはずなのに、起動させる筋肉全体のなかでどこか弱いところがあると、それを補うために、無理な動きになってしまう。たとえば、ひざが内側に入ってしまったり、背中が曲がってしまったり、ひざがまっすぐ伸び切らなかったり・・・。つまり、楽な方に逃げてしまうわけだ。

まだ、この“非筋肉トレーニング”をはじめて間がない状態で、逃げずにトレーニングをこなすことにこだわってやっている。これが何も考えずにできるようになれば、その時には何か変化を実感できるかな。

しばらくは、トレーニング系は、こういう本を探してみたい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

変形性股関節症の置換手術のことを振り返ります

変形性股関節症で苦しんでいる人がいれば、おそらく私の体験は、参考にしていただける。

私は、56歳の男。先天性の左股関節脱臼で、1歳半あたりから、けっこう長い間、胸辺りまであるギブスで固められていたそうでだ。親は、飯能にある病院に秩父から通ってくれた。当時はまだ、西武秩父線が開通していないので、寄居まわり。自分が考えても、ゾッとする。親には感謝している。・・・生きている時は、心配しかさせてないけど・・・。

おかげで、よくなった。だけど、母親は、何かというと、私に運動をしないように言った。おそらく医者から釘をさされたのだろう。「よくなったのであって、治ったわけじゃない」というようなことも言ってた。だけど、野球もやったし、サッカーもやったし、長距離走は速い方でした。高校からは山に登るようになった。

“痛み”としてそれを意識するようになったのは、20代になってから。でも、考えてみれば、「あの時、もう一歩、足が出なかった」、「あの時、右膝を痛めたのは、左をかばったせいだ」と、思い当たることは少なくなかった。

痛みが出ると、ひどい時は、・・・もう、思い出したくない。でも、その頃は、“いつも”じゃなかったからね。「もう、山もやめる」ってことになったのは30歳を過ぎてからだし。もちろん医者にかかった。変形性股関節症で、手術の時期じゃないようなことを言われただけだった。当時は、置換の部品の耐久年数も短かったので、少しでも手術を遅らせる方がいいって考えられてたみたい。・・・こっちはけっこう痛いのにね。

「これは、いよいよ」って思って医者に行っても、「まだまだ❢」って、何かの修行みたいなことを言われた。そんなことが2度ほどあって、自分が「いよいよ」と思ってただけに、気持ちの上でもけっこうまいった。

医者をかえた。それには小学校以来の友人が関係してくるんだけど、それはあまり関係ないのでカット。新しい先生に診てもらうと、「痛いでしょ。よくここまで我慢できましたね」って言われて、高まる思いを抑えるために奥歯を噛み締めた。どうやら、そこまでの1年ほどで、急に症状が進んだらしい。すぐに手術を勧められたけど、間の悪いことに仕事が佳境に入っていた。見てもらったのが昨年2月。手術は1年先に伸ばした。座薬を出してもらった。

6月、経過を見るために診察を受ける。さらに症状が進んでいた。「一生車椅子になる」と言われて、ショックを受ける。この頃は、1日に2回、座薬を使っていた。

夏にかけて、悪くなっているのが、自覚できた。仕事を調整して手術をうけることにした。組織で仕事をしている以上、“自分”なんていくらでも調整可能な存在だった。9月、医者に手術を依頼した。

手術は10月27日。入院は2日前の25日。それ以前に、輸血のための自己血採血のために2度通院。手術は1時に始まって、3時間ほど。その日は集中治療室へ。夜9時、水を飲ませてもらう。28日朝、朝食を食べ、一般の病室に戻る。ここからは、日に日に回復していくことが実感できた。途中、薬の影響で肝機能が低下するというトラブルが有ったが、手術から数えて1週間で退院が待ち遠しくなり、状況によっては10日で退院することも可能だったと思う。

結局、退院は11月14日。3週間の入院でした。職場に、10年前に手術を受けた55歳の女性がいます。その人は、入院1か月、リハビリのための通院3か月。仕事復帰1年だったそうです。私は3週間で退院し、その次の通院は1か月後。仕事復帰は、きつかたけど、11月21日。28日間の病休だった。
復帰後の仕事はきつかったけど、1か月で復帰できる。チタン製の部品は、30年もつ。私は90歳まで歩ける。変形性股関節症の置換手術っていうのは、そういう手術だということを知ってもらいたい。今日は、そう思ってこれを書きました。

いま、股関節の痛みは、一切ありません。

手術前の1年は、けっこう大変でした。手術前の半年間は、本当に大変でした。直前の3か月は記憶に無いほどです。身体が完全に傾いてしまってたので、おそらく職場の人も気を使ったことだろう。痛みを堪えるために、私の骨盤はひどく歪んでしまいました。傾いた骨盤から伸びる背骨は、首に向けてS字型に曲がってしまいました。

先生は、「(私の)年齢なら、まだ修正される。ただし、手術から半年たっても変化がないようなら、そのまま曲がったままになる可能性も高い」と言っている。懸命に山を歩いているのも、それを意識しているんだけど、どんなもんだか。今度、6日に検査にいくので、またそのうち、報告する。

いま、もし変形性股関節症の痛みで苦しんでいる人がいたら、手術を受ければ、痛みは消える。真っ直ぐ立って歩けるようになる。連れ合いが、「真っすぐ立ってるね」って、嬉しそうに言ってくれるのが、私は何より嬉しい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本』 富永喜代

先天性の股関節脱臼で、母方の父がようやく歩き始めた私を見て、《足が悪そうだ》ということに気づいてくれた。50年以上前の話だから治療は大変で、1歳児が足から胸くらいまでのギブスで固定されて、そんなのを抱きかかえるようにして母が秩父から病院のある反応まで通ってくれた。今でこそ秩父から飯能は西武線一本だけど、当時は西武線が秩父まで来てなかったので、秩父線で寄居に出て八高線で東飯能、そこから飯能だから大変だった。

半年後にギブスをとったとき、赤ん坊の脚はまっすぐじゃないからね。ギブスにあたっていた膝の外側から、どす黒い血が噴き出したんだそうだ。「左足はもう駄目だろうな」・・・、母はそう思ったそうだ。

でも、ずいぶんよくなってね。3歳くらいからは外で遊んでいる写真がある。それまでの写真はいきなり生まれたばかりの赤ん坊なんだ。ギブスをしている姿は写真に写せなかったらしい。よく転ぶけど走れるようにもなった。3月生まれの心配もあったらしいけど、そのうち、運動もできる部類になったしね。

だけど、母は、わたしが運動するのを嫌がった。中学でサッカー部に入るんだけど、泣いて反対された。高校で山岳部に入るのも大反対されたし、その後も、なんかあるたびに足の心配をされた。私の股関節がおかしいのは自
分のせいだと思っていた母は、最後まで言わなかったけど、いつか私の足がダメになることは分かってたんだろうな。 ・・・案の定、今、そうなった。
2015年1月の記事です
こんな題名の本に、ついつい引かれてしまう。

50をとっくに過ぎてる私あたりの年齢なら、どっかに悪いところの1個や2個あったって当たり前。大病を患うことだって珍しくない。そんなことは分かってるんだけど、嫌になるのはこの“痛み”なんだよね。題名がすごいでしょ。『気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本』だもんね。はなっから“スーッと”痛みが消えるなんて思ってないけど、でも、ほんの少しでも良くなるなら・・・。「体の痛み」に、日夜、気力を蝕まれつつある私にしてみたら・・・、わらにでも何でも縋りたくなるわけです。

著者は貧乏で、医療の世界に何のコネも持たない漁師の町から医師を目指したそうで、そのために希望者の少ない場所を求めて麻酔医、つまり痛みの専門家になったんだそうです。そんな医者ズレしてない世間から患者を見ているこの人なら、もしかしたら私の股関節痛も和らげてくれるかもしれない、でしょ。そう思って目次を見てみたら、ありました。『股関節痛は「脳内道草散歩」でやわらげる❢』っていう項目が・・・。“わら”よりもよっぽど頼りになりそうじゃありませんか。

アスコム  ¥ 1,188

“しつこい痛み”の第一人者”が、あなたを苦しめる症状を消す43の極意を伝授

第1章  痛みをとれば、健康寿命がのびる❢
第2章  痛みを消す「クスリ」とのつき合い方
第3章  「しつこい痛み」をスーッと消す方法
第4章  痛みを消したきゃ怒るのをやめなさい
第5章  体の痛みと「夫婦関係」の意外なカンケイ
「股関節痛の延長線上には要介護状態に陥るリスク」があるって。うわ~、イヤだ~❢ほんのちょっと前まで、毎朝走ってたんですよ。さらに休みの日なら昼間は自転車で50キロ位こいでた時期もある。3年前まで勤務していた10キロ離れた職場には自転車で通ってたんだよね。

時々激痛に襲われて、それがとくに冬場は頻繁になってきて、走らない日、自転車こがない日がだんだんと多くなってさ。家族たちも、そんなに痛いんなら走るのやめた方がいいって言うしね。当たり前だよね。まるっきり走らなくなった頃から、鈍い痛みをいつも抱えるようになった。もちろん激痛も頻繁になった。

夕方まで仕事をすると、もう、帰りたくてたまらなくなる。・・・痛くて。周りからどう見られているか、とても気になる。仕事がつらくなる。
運動不足は筋肉の衰えに直結。慢性的に痛くなった股関節の場合、動かさなくなったことで関節がかたくなり、可動域が制限され、ますます筋力が低下する廃用症候群となっていきます。
本書P114
これって、まさしく私の現状です。今の私は、“要介護”まっしぐら状態です。著者の助言に従おうと思います。「脳内道草散歩」をします。股関節に負担をかけないゆっくりした早さで歩きます。野の花を愛で、風を感じながら歩きます。でも、15分も歩くと股関節がけっこう痛くなります。今まではそれでやめました。でも、これからはそれでも歩きます。『脳は喜びを感じると痛みの抑制に関係する内因性オピオイドを分泌。痛みを感じにくくなり、歩行距離が無理なく伸びていくはずです』という著者の言葉を信じて歩きます。そう思って、もう上の写真のストック購入しちゃいました。

第3章で取り扱われている異常は以下のとおり。
『偏頭痛』、『慢性腰痛』、『冷え性』、『肩こり』、『腰部脊柱管狭窄症』、『股関節痛』、『手足のしびれ』、『耳鳴り、めまい、フラつき』


まずは第3章に目が止まったんだけど、でもこの本、全体を読んで意味のある
本ですね。

この本を読んでから、しばらくの間は、連れ合いとよく歩きました。もう楽しくてね。やっぱり私は山が好きなんだな。痛くないんだもん。最初の1時間くらいだけどね。我慢できるのは。無理もしたけど、楽しかった。でも、この間に、軟骨はだいぶ削れたんだな。今年の2月に撮ったレントゲンには、もう軟骨は見られなかったからな。

年明けの2月に手術したら、痛くなくなるのかな。もう何十年も、痛くないってことを経験したことがないからな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

やっぱり山に登りたい

過去記事、それもそんなに前じゃない。今年の1月に書いたもの。・・・ちょっと思うところあって・・・
山に登れるようになることが今の私の目標。本格的には足を直してからだけど、2時間弱までならなんとか歩ける。情けない話だけど、・・・保護者(連れ合い)同伴だしね。元気なおばちゃんやおじちゃんに、「大丈夫ですか」とか、「もうすぐですよ」とか声かけられてさ。本当に情けないけど、それが今の私。"はいっ"って答えてニコニコしといた。

20年間放っておいたからな。・・・体もそうだけど、装備ね。多分、靴もダメだろうな。だいたい取ってあるかどうかもわからない。一から揃えんのか。金かかるな。
ミレーのダウン。山じゃなきゃ使えないわけじゃないから、これはとってあるんだけどね。車の中に放り込んであって、なんかの時に着てる。

二か所くらいタバコで穴を開けてね。ガムテープ貼ってある。それ以外でもだいぶ生地が痛んできて、乱暴にはおると綿毛みたいのが舞う。

ほぼ同じ型のを今でも売ってた。
オピネルのナイフも、刃こぼれはしたものの、これは健在。ナイフだもんね。山だろうが、下界だろうが、ナイフはナイフ。いつもバックに入れて、なんかの時に使ってるんだけど、それって「登山ナイフを隠し持ってた」ってことになるんだってね。


かっこいい❢ ヘルメットはかっこいいのを買おう。前に使ってたのは、親父が働いていた『昭和電工』って会社名が入ってたからな。それはそれで、結構かっこいいような気もするけど、残念ながら処分しちゃったしね。
これは使い始めて一年。歩くために買った。真似事でも、山に行きたいって思うようになったのは、これのおかげかもしれない。当初は恥ずかしいって気もあったけど、恥も外聞もへったくれもない。街歩きでも、これを使ってる。
レインウェアは山やめたらいらないし、まあ段ボールに寝かせといてもと思って、自転車通学の息子にくれてちゃった。自転車通学用のカッパにしては、ちょっと良すぎるんだけどね。レインウェアはいいモノの方がいいからね。あれどうしたろう。もう、自転車通学卒業したけど、返してくんないかな。
靴は、今はまだトレッキング用で、街歩きにも使えるもの。けっこう便利だね。履き潰そうと思ってるんだけど、その前にもう一足買おうか。だいたいトレッキングシューズって何だ?・・・ハハハ、実は知らないんだ。
・・・ということで、今調べた。ウィキペディアさんの言うところでは、トレッキングとは《山歩き》だって。トレッキングシューズとは山歩き靴。登山靴とは、山頂を目指すのか、そうじゃないのかってところか?今、履いてるのはこれなんだ。足裏が大きく曲がる。キャラバンみたい。・・・Amazonでみたら、キャラバンがトレッキングシューズ出してた。今度はキャラバンのものを買ってみようかな。
カッコいい。なんか“方位磁石”ってより“コンパス”って感じがする。・・・えっ、どっちでもいい? やっぱりコンパスのほうがかっこ良くないですか。

場合によっては、コンパスで地図を読むために山に登ってもいい。さまよいたい。贅沢だな。
今のはデジタルなんですね。私が昔持ってたのは、本当に“だ~いたい”な奴だったけど、大体の高度がわかれば、位置の特定にとても役に立った。バザーに出しちゃった。しかも格安で。

これとコンパスと地図を持って、さまよいたい。本当に贅沢だな。・・・保護者が許してくれないか。
カラビナを普段使いしたのは学生の頃からだよ。アパートの鍵とかも、カラビナにつけてた。せっかく買っても、そんなに山で使う機会は多くなかったんで、なんか色んな物を引っ掛ける道具っていう頭のほうが強いんだよね。

こんないいのじゃないけど、きっと天袋の中のダンボールにそういう道具としてのカラビナが、たぶん入ってる。
ごめんね、カラビナ。
きりがないから、こんなところにしておきます。山の道具って、本当に楽しいよ。ハハハ、自分が楽しいだけの話なのにね。山の道具をあれこれ考えていると、時間を忘れてしまう。独りよがりの話になってしまいました。ごめんなさい。
「2時間弱までなら・・・」なんて言いながら、歩いていたんだよね。実際、その後も歩いた。3月、4月、5月くらいまでは歩いていた。その後かな、痛みがけっこうきつくなって、仕事してても午後になるとつらい。休みの日はできるだけ体を伸ばしていたい。平日も、できれば早く帰りたい。そんな状況になった。

それにしても、ついこの間まで、山を歩いてたんだよね。なんだかんだ言って、必死だったんだな。じつは今、まったくそんな状況にありません。

2月に、足の状況を見てもらいに、今までとは違う医者に行ってみました。これまでは、私が痛みを訴えても、レントゲンの状況からすれば、「そんなに痛いはずはない」とか、「いま、手術を考える必要はない」とか、繰り返されてきた。

今度の医者は、地元の市民病院。なんでも、股関節の専門医がいて、地元の市長も股関節の手術を受けて、1ヶ月で仕事に復帰したと、幼馴染の市議会議員が教えてくれた。最近、痛みが増してるんだけど、どうせ、「大したことないって言われるのが関の山」くらいのつもりで、保護者同伴で行ってみた。・・・医者の返事は、予想に反していた。

「症状はだいぶ進んでいる。手術を希望されますか?」

そう言われてみると、それはそれでショックでね。でも、同時に安心した。・・・というのは、ようやくこの先の成り行きを考えられるんだから、稜線にかかっていたガスが風に吹き上げられて、目標の山頂を遠望できるようになったような気分。とりあえず、仕事の成り行きにめどが立つはずの来年2月に手術を受けることにして、それまでは痛み止めの薬でやりくりすることになった。

でも、その先生。実は私が診察を希望した先生ではなく、整形外科でも股関節は専門というわけではない先生。次回は、該当の専門の先生に診てもらうことにして、3か月分の薬を処方してもらった。

「2時間弱までなら・・・」なんて言いながら、歩いていたんだよね。

薬の飲み方が不まじめだったもんで、4ヶ月後の6月下旬、該当の先生に診てもらってきました。1週間が過ぎましたが、まだ心の動揺が続いています。先生に言われたのは、「すぐに手術を受けた方がいい。来年の2月までは持ちそうもない」とのこと。「悪くすれば・・・」歩けなくなるんだそうだ。市長だって仕事とのやりくりで苦しんだけど、手術前の状況はこんなにも悪くなかったって。でも、その写真は、2月に撮ったものなんだよね。

じつは、今の仕事。3年をひとつの周期とする仕事で、来年の3月で片がつく。2月まで行けば、後は人手にゆだねられる。つまり、今年は仕上げの3年目。この周期の仕事は、定年を考えてもこれが最後。なんとか最後まで、・・・。

話を聞いてから、足の痛みが増した。病は気からというが、「悪くすれば・・・」という言葉に、心が縛られている。にもかかわらず、この間の週末には、孫をだっこして歩いてしまい、連れ合いに怒られた。

定年を前にして、この仕事だけはやり遂げたい。早く足を直して山に行きたい。今はどうしても仕事を抜けられない。孫と走り回りたい。足が痛い。手術を受ければ、この痛みがなくなる。山にも登れる。抜ければ、周りに迷惑がかかる。仕上げの3年目。この夏が正念場。あの山頂に立ちたい。

とりとめもなく、アトランダムに、そんな思いに突然胸が占領されることが、日に何度かある。・・・死んだ母親が、いつか歩けなくなったらって、よく心配してたな。でも、なんとか人生の終盤戦までこぎつけた。・・・さて、どうしたもんかな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

『元気になれる 秩父おへんろさんぽ』 さとうみゆき

もともとが貧しい山里で、養蚕と秩父銘仙に支えられておりましたが、それもいつしか廃れ、地元で仕事を見つけることはそう簡単ではなかった。・・・私の頃はね。

いきなり失礼しました。ブログでは何回か書きましたが、秩父の影森というところに生家があります。古参の企業としてはセメントと昭和電工とキャノン。父は中卒で昭和電工に徒弟として雇われ、定年を過ぎても働いていました。子供の頃、石綿のふわふわする工場で遊んだのを憶えています。退社後も街の仕事や何やかやと忙しくしておりましたが、その後はもっぱらお寺の死後地に関わってました。

この本でも紹介された二十六番円融寺の檀家です。臨済宗建長寺派のお寺で、ずい分前にごたごたがあったとかで長らく無住の年月が続きました。父の最期の大仕事が、檀家衆積年の希望である住職を迎えるということでした。本山に何度も顔を通して話を勧めたようです。札所の一つでもあり、難しいこともあったようです。それに、かつての“ごたごた”というのも、どうやら同じ状況で生じたものであったようでね。

けっこう苦労して、あちこちに話を通して、ようやく迎えた新たしい住職の最初の仕事が、父の葬儀のお経でした。


交通新聞社  ¥ 1,296

札所めぐり、思い切ってでかけて本当に良かったと思います
第1章 ビギナーおへんろさんいざ行かん❢ 
1日目 初日から西城秀樹が熱唱の一番~五番
第2章 秩父に癒やされる
2日目 武甲山を望みながらのんびり歩く六番~十一番
3日目 レトロモダンな秩父の市街地を歩く十二番~十九番
第三章 ちょっと迷走 
4日目 レンタサイクルもありの二十番~二十二番
5日目 くじけそうになった二十三番~二十七番
第四章 やっぱり歩くのって気持ちいい
6日目 歩くことの楽しさに目覚めた二十八番~三十番 
第五章 もうひとふんばりで結願
7日目 どんどん元気になる自分を感じた三十一番
8日目 結願に向けて歩く歩く歩く❢三十二番~三十三番
9日目 テンションMAXIMALで到達❢三十四番
第6章 楽しすぎる秩父道草ガイド
作者の方、なんでも難しい病気をなさったとか。なんとか克服して通常の生活を遅れるようになったものの、体への負担を恐れていろいろなことを我慢、・・・つまり“あきらめて”こられた様子。よくわかるんです。私も多くのことを“あきらめて”来ましたので。

私は、来春、悪い足を直したら、山に行ってみようと思ってます。この本の作者さんは、秩父に巡礼に行ったんですね。三十四個所回って結願達成とのこと、おめでとうございます。巡礼という、その機会を準備したのはお釈迦さまであったかもしれないけど、「どうしてもやり遂げたい」という気持ちがあってのこと。呼んでいるうちに、作者さんのその気持が伝わってきました。絵?文章?・・・どうもそれだけではない、作者さんの人柄がそうさせているのではないかと思います。

立ち寄っているお店情報も満載なわけですが、それが的確なんですよ。もと地元の人間から言わせてもね。今の旅行ガイドってこんないい店を紹介してるの?そう思わせる店を的確に回ってるんですよ。それともものすごい秩父通がスタッフにいるのかな。
三十年前、私が秩父にいた頃のことだけど、けっして巡礼なんて多くなかった。時々見かけたけど、薄汚い格好のじいさん、ばあさん、・・・重い病気を抱えた人。・・・なぜ分かるかって?・・・確かに渡しの頃にはもういなかったけど、行き倒れが多かったんだってさ。・・・そう聞いた。うちのお墓にも、巡礼で行き倒れた人が、何人か埋まってるらしい。巡礼で、死にに来る人もいたらしいんだ。

柳大橋から荒川に飛び降りたって話は、けっこうあったしね。人を殺して秩父の奥の方に捨てに来たりね。おそらく外の人から見ても、“死”って言うものと、無縁の場所ではなかったんだろうと思う。

さて、この作者さんが前に出された『びょうきにっき』を探して読んでみよう。作者さんが巡礼のさなかで武甲山を仰いだ時の感慨をこう表現しているのが心に残りました。

《我が身を削って日本を支える姿 いつ見てもせつないです》

そのお気持ちに、秩父に代わってお礼を言います。「どうも、ありがとう」




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『「毎日出る❢」元気な人になる 腸寿力』 藤田紘一郎

著者の藤田紘一郎さんは公衆衛生の先生で、“重腸主義”の伝道師。ちょっと本を書きすぎだし、最近はますます怪しさを増してきている。でも、基本的に私の健康に関する考え方は、この先生の路線。んんん、食って健康管理ってこと。もちろんのことだけど、少しでも腸内細菌が喜ぶものを食う。同時に、自分がうまいと思うものを食う。

菌食生活だね。・・・眉をしかめないでね。まったく大したことじゃないよ。普通の人より、ちょっと発酵食品を意識して多めに食べてるだけ。あとは、腸内細菌の喜ぶ食物繊維を多めにね。“普通の人より”っていうのは変だな。私も普通の人だしね。ただ、発酵食品と食物繊維を、“うまい”と思って多めに食ってるってことです。

今朝はなにを食ったかな。味噌汁はじゃがいもとしいたけ。きのこ類はよく食うね。キノコ自体が菌だしね。カブの漬物は自分で漬けたやつ。ニラ納豆。ニラは茹でるより、レンジでチンのほうが味も香りも強い。あと、切り干しとささみの煮物。これは常備菜としてこの間作ったもの。今日は卵がないね。
青萠堂  ¥ 1,296

健康な人は“どんどん出す” だから、腸内細菌が増える
第1章  「元気で100歳」は誰でもできる*長寿は腸の愛し方次第
第2章  “腸美人”はピンピン100歳長生き*「出す」から腸内細菌が「増える」
第3章  認知症になるかならないかは“腸”で決まる*腸の不思議で偉大なパワー
第4章  “がん・心筋梗塞・脳卒中”も腸を働かせていれば・・・*腸内細菌の隠れた力
第5章  100年持ちこたえる腸になる食生活*「なにを食べるか?」が人を作る
【私家版】  病気知らずで長生きできる《食べ方十か条》
【附録】  厳選❢腸内環境を向上させる食物「ベスト・イレブン」

〈100歳〉だの、〈長生き〉だのってあんまり言うと、胡散臭くなる。藤田先生もだいぶ胡散臭いですよね。でも私、胡散臭い人って、そんなに嫌いじゃありません。それにしてもすごく頻繁に本を出しているけど、・・・儲かってるだろうな。

さっきwikipediaで見たら、現在は人間総合科学大学の先生なんですね。私、あそこの大学にちょっと縁があって見学に行ったことがある。医療系の大学ですよね。あそこにいるんだ。

ネタバレだけど、おまけならいいよね。《ベスト・イレブン》の発表です。
《1》毎日キャベツ
《2》昆布、しいたけ
《3》納豆
《4》海藻、コンニャク、ごぼう、アボガド
《5》しそ、パセリ、ニラ
《6》豆腐
《7》ニンニク
《8》バナナ
《9》スイカ
《10》緑茶と一緒に緑黄色野菜
《11》クローブ、シナモン、ターメリック
なんでそれが《ベスト・イレブン》なのかは、本で読んでね。

今日の朝食は卵を抜いてしまいました。いつもはね。常備菜で作ってあるきのこの酒蒸しの卵焼きにしてます。簡単です。ご飯茶碗くらいの大きさで、少し筒状の器がいいんだけど、それにきのこの酒蒸しを適量と卵を割り入れて、よく混ぜる。味は、きのこの酒蒸しの塩味で加減して醤油を入れて混ぜる。電子レンジ600Wで40秒。取り出して、よくかき混ぜ、もう一度40秒。器の周辺に箸を入れ、逆さにして平らなお皿に移して出来上がり。・・・これはうまい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『ボケたくなければカレーを食べなさい』 川嶋朗

まあ、“マイブーム”とかいう都合のいい言葉もあるじゃないですか。ここんところ、カレーがそうだったわけでね。かと言って、ごくたまにいるように、高じて仕事になっちゃったとか、そういうんじゃありませんよ。まあ、・・・なんとなく、・・・なんとなくね。

でも、なんとなくでも、家庭を持つ身なわけですから、一人でコソコソなんか作って、一人でコソコソ食ってるわけにもいかない。子供たちがいた時には、連れ合いの関心対象は拡散しておりましたが、奴らが家を出た今、連れ合いの相手は私しかいない。・・・みたいなんですよ。ということになれば、それこそ一人でコソコソ食ってるわけにはいかないじゃないですか。

だからこの本が意味を持つわけです。「カレー食べて、ボケずにね」ってことです。ハハハ、それが納豆なら納豆の本、バナナならバナナの本。・・・バナナは私の天敵でした。

それにしても、カレー。本当に体にいいようですよ。アルツハイマー病に効くことは、実証済みのようです。どんだけ効くかは別にしてね。効くということになると、「じゃあ、インド人はボケねぇのかよ」とか言われそうだな。・・・ボケるだろうけどね。ボケるだろうけど、日本ほど平均寿命長くないし、社会の仕組みが違うから、一緒には比べられないよね。

そのへんは読んでもらうしかないか。

Y’sファクトリー  ¥ 1,404
医者が教える「カレーが健康によい理由」
Prologue  カレーを食べればボケずに長生きできる
Chapter1  カレーを食べればボケずに長生きできるのはなぜか  
Chapter2  カレーに使うスパイス事典
Chapter3  カレーにプラスαすれば対策は万全
特別付録  万病に効くカレーレシピ20

でもさ。ことカレーなら、うなずけませんか。いくつかあるじゃないですか、そういうもの。納豆とかさ。酢とかさ。カレーはとくに、一料理というよりも、ものの食い方ととらえられるじゃないですか。・・・それこそ納豆にカレー粉を入れたっていいわけですよ。怪訝な目をされるかもしれませんが、これなら連れ合いに隠れてコソコソ食う必要はないでしょ。

そういうことになれば、これ。《カレーを食べなさい》の特別付録にもカレーレシピが出てるんだけど、“食い方”としてカレーを食生活に取り入れてみようと思えば、これをうまく使いこなすのがいい。私みたいな、"まあ、なんとなく”な人間が“食い方”としてのカレーを食生活に取り入れようと思えば、これしかないだろう。

いつまで続くかって? まあ、一缶終わるまでは続くでしょう。


やってみたら、・・・実は大したことなかったんです。そういや、チャーハンにカレー粉まぶせば、ひと味違った装いになってうまい。もやし炒め始め、炒めものにはなんでも合うしね。焼きそば、お好み焼きなんて、言わずもがな。・・・カツ丼、親子丼。うどんにラーメンと、何でもカレー味にすることはできるし、これまでもやってた。

話は、どう続けるかということでした。まあ、結局は、かならず飽きが来ますからね。だから、口に親しんだ毎日の食事の中に、一品なり、上手に取り込んでいけるかどうかかな。ちなみに、今試みようと思ってるのは、キュウリの漬け物を真っ黄色に仕上げてみること。うまく言ったら紹介しますね。






にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

「歴史修正主義」とは、戦前の日独をことさら評価する史観ではない。
米英両国の外交に過ちはなかったのか。
あったとすればそれは何だったのか。
それを真摯に探ろうとする歴史観だ。
英米独露の外交と内政を徹底検証し、二つの世界大戦が、実は「必要」も「理由」もない戦争だったことを明かす。
これから出る本










































当ブログ内人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
京童ノ口ズサミ十分ノ一ヲモラスナリ
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい