めんどくせぇことばかり 2012年02月
FC2ブログ

育鵬社版が使われることに韓国の議員らが声明文

朝日新聞  MI TOWN 熊本
2012年02月29日
4月以降、県立中学校3校の社会科の副教材に「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社版が使われることをめぐり、県と姉妹提携にある韓国・忠清南道の議員らが28日、県庁を訪れ、この教材を使用しないよう求める声明文を県議会議長と教育長あてに提出した。

抗議したのは忠清南道の議員や市民団体の関係者、韓国のインターネット新聞「オーマイニュース」の記者ら4人。訪問団によると、応対した県教委側は「文部科学省が通した教材で問題はなく、決定は変えない」と答えたという。

県庁で会見した訪問団長の金知哲議員の説明では、育鵬社版の教材が使われることは日本の市民団体を通じて知り、忠清南道の議会は2月、全会一致で教材の使用撤回を求める決議をした。この問題はマスコミで取り上げられ、韓国全土で知られているという。

金議員は「日本には韓国を植民地支配した歴史があり、日本の平和憲法は隣国にとっても大事だ。それを否定し、戦争を賛美するような教材は危険で、アジアの友好関係を壊す。強く撤回を要望する」と主張。訪問団メンバーは「姉妹関係になって来年30年を迎えるのにこうした問題が起き、失望した」と語った。

またこの日、熊本市の市民団体「教科書ネットくまもと」は、教材使用をやめるよう求める住民監査請求起こす方針を表明。同団体では「教育長が県議会で多数を占める自民党など右派勢力の働きかけに配慮してこの教材を選んだのなら、教育への不当な支配だ」と訴えている。

育鵬社版の副教材は玉名高校付属中、宇土中、八代中の3年生の授業で使用される。採用した理由について山本隆生教育長は「生徒たちに考えてもらいたい題材を多数取り上げている」と話していた。

日本国の取り決めに従って、認められた教科書を地域の教育委員会が採択したことに対して、韓国の地方自治体議員らが該当地域が属する地方自治体の議長、教育長に抗議の声明文を渡した。それで日本の該当の地方自治体が、決定をくつがえすことはありえない。彼らの行為は無意味だ。無意味であるばかりではなく、国際問題になりかねない内政干渉である。これを「内政干渉」として国際問題化するほどの強気に出られるはずがないと、彼らは日本をなめきっている。実際その通りなのであるが、彼らにとってもそういったリスクがある。

「無意味」であるにもかかわらず、場合によってはリスクをかかえこみかねないにもかかわらずそれが行われるということは、違う視点から見れば、それに意味があるということだ。

それはこの自体が、忠清南道と姉妹提携を結んでいる熊本県の市民団体から忠清南道への訴えにより始まったことであるからなのだ。市民団体の名称は「教科書ネット熊本」http://kyoukashoosaka.blog39.fc2.com/ という団体。民主主義も何もない。ルールに従う意志もない団体としかいいようがない。ないないづくしだが、何より日本人としての心がない。

さて、忠清南道からわざしてやってきて、嫌がらせをしていった韓国人たちの目的はいったい何か。これはわかりきっている。よもや彼らは、自分たちの行為で事態が変わると思うほどノータリンではあるまい。ではなぜか。それは「教科書ネット熊本」のような、平然と利敵行為をとれる日本国内から韓国反日勢力に救いを求めるようなグループを、今後も育成・支援していこうという意思表示である。

これだけの行為が取れる「教科書ネット熊本」は、おかしい。“日本の歴史を取り戻そう”などという活動は、彼らにとってはありえない世迷言であり、その救いようのない人間性は、朝鮮や支那の道徳的優位性を持った人々にたしなめてもらう他ない、というスタンスで、彼らは「朝鮮や支那よりは下ではあるが、愚かな日本人よりは上」という立場を確保しようとしているのか?

変な連中。


人気ブログランキングへ

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

02/28のツイートまとめ

jhfk1413

韓国の芸能番組で黒人侮辱 海外のネットユーザーたち憤慨「反吐が出る」「言葉を失った」 Youtubeにも批判動画が続々と上がる http://t.co/ekw4qYwu #news
02-28 07:14

【原発民間事故調報告書】パニックと極度の情報錯綜 「やめた方がいいですよ」 枝野氏は菅首相にダメ出していたが… - MSN産経ニュース http://t.co/rRbD5yro
02-28 07:17

日本政府は南京大虐殺の事実を否定しない  横井外務省報道官言明_新華網http://t.co/XZ0oi8mi
02-28 07:20

東京新聞:F35、122億円に高騰か 米調達価格が上昇:政治(TOKYO Web) http://t.co/gjtovTy9
02-28 07:30

岡島、6年ぶり日本復帰!ソフトバンクと1年契約:プロ野球:野球:スポーツ報知 http://t.co/AX29WHwjアメリカ言ったらアメリカで終わるべき
02-28 07:31

橋下氏、河村発言に「現実的なプラス感じない」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/mX3VcdUF
02-28 07:33

【米国ブログ】日本人の孤独死「恥の文化が原因か」 http://t.co/dljHqlHz
02-28 07:45

逃走車の男性死亡、発砲の2警官に無罪判決(読売新聞) - Y!ニュース http://t.co/4cjvioYMこれだけだとわかりにくい
02-28 21:53

「今すぐ出て行け」朝鮮出版会館前、家宅捜索で騒然 パソコン不正輸出事件 http://t.co/jXU4LT2j @SankeiBiz_jpさんから
02-28 22:07

露空軍機5機、今月初めに韓国防空区域54キロまで侵犯 http://t.co/Nf3vXrIv
02-28 22:11

続きを読む

『辺境を旅ゆけば日本が見えた』 伊藤千尋

パタゴニア、ボルネオ、アイスランド、南大西洋、リオ、パキスタン、旅順、ワイオミング、イースター島、ロカ岬、パナマ、カサブランカ、ベーリング海峡、ユカタン半島、ノルウェー、アンデス。

以上、この本で紹介されている、すべて著者がおとずれた場所。著者は伊藤千尋さん、1949年生まれ。私より11才上か。すでに学生時代から海外に飛び出し、朝日新聞社に勤めてからも、あちこち飛び回ってきたんだろう。なんとも落ち着きのない・・・いや、バイタリティーに溢れた人のようだ。

きちんと自分でも調べておかなくちゃ、と思わされたのは、ボルネオの旅。著者の旅は1989年とのこと。20年以上前のことだが、今はどうなっているのか。変わらない現状があるなら、変えていかなければならない。

しかしそれにしても、著者の目、著者の耳を、全部その通りに受け取ることはできない。著者は少年のように、あまりにも無邪気だからだ。無邪気にも、眼に写る、耳に聞こえる現象に、一時的に心を動かされる。そしておそらく、彼の予備知識はさらに補強されて、確信を持って朝日新聞社によって広められていく。

彼の無邪気さのいくつかを紹介する。

とりわけ日本のような農耕民族のがんじがらめの管理社会では、他人と違うことをすればはじき出される。集団に従うことが当然とされ、自由な行動ができない。自立を求める人にとってはストレスだらけになる。仕方なく周囲の言いなりになれば、本人の自主性は消える。つまり精神が腐る。

現地の案内人が「ロシア軍は中国人二千人をかり集めてこの陣地を造り、できあがると秘密を保つために中国人労働者の全員を殺した」という。ひどい話だと思っていると、案内人はこうも語った。「旅順を占領したあと、日本軍は一隊の中国人農民二万人を虐殺した」唖然とするではないか。中国人にとっては、北と東から外国の軍隊がやってきて中国の土地で戦争し、中国人は両邦の軍隊から殺されたのだ。

(ポルトガルの)このような控えめな国民が、あの大航海時代には・・・アジアやアフリカにまたがる植民地帝国を築いた。それがむしろ驚きのように思える。もっとも、日本人だって一人一人をとれば謙虚でおとなしいがmいざ戦争となれば太平洋の彼方や中国の奥地まで進軍したし・・・。

(写真家の)星野[道夫]氏はあるとき思い立って重を置いていったという。・・・銃を持たなければ動物も警戒を解くので、わずか五メートルまで近寄れた。だから細かい表情も撮れたのだ。それを聞いて思った。人間でもこちらが武装すると相手も武装する。こちら側がまず対話の姿勢を見せてこそ、初めて心を開いた交流が可能なのだと。
各所で発揮される著者の無邪気さ。彼の年齢、社会的地位からいえば、“無邪気”では片づけられないものであることがおわかりいただけると思う。“感染力の旺盛は細菌”と考えた方がいい。もし、彼の無邪気さを“いつまでも乾くことのない少年のような感受性”とお感じになる方があれば、どうぞそのままお読みいただければいいと思う。私と同じように感じる方に、一つ警告を・・・。決して“あとがき”をさきに読まないで下さい。あまりの憤りに本をぶん投げることになりかねません。


人気ブログランキングへ 

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

02/27のツイートまとめ

jhfk1413

「韓国はぼったくりだらけ」 日本で悪評相次ぐ http://t.co/o7toAJHA @chosunonlineさんから
02-27 07:50

【主張】南スーダン自衛隊 国造りに持てる力発揮を - MSN産経ニュース http://t.co/7ohFOtka
02-27 08:26

チベット、祝いなき新年  国営メディア「華やかな祝賀」と報道 - (大紀元) http://t.co/2Z0e3ICcパンダはチベット。
02-27 12:55

中国政府、米政府に機密資料の返却を求める=重慶亡命騒ぎ - (大紀元) http://t.co/LZ4iPx1o
02-27 12:58

SARS再来か 中国で飛び交う感染情報 - (大紀元) http://t.co/A8jJuHIc
02-27 13:00

弱まる求心力 豪腕権力者なき中共政権 - (大紀元) http://t.co/1eBW7sBP
02-27 13:02

【評論】重慶事件にみる江沢民派の苦境 - (大紀元) http://t.co/ZOcgxPcm
02-27 13:08

米国でまた韓国人卑下、今度はバーガーキングで=韓国メディア [サーチナ] http://t.co/jSGLBT4s @searchinanewsさんから
02-27 14:22

河村名古屋市長の発言で緊張する日中関係 http://t.co/gsgy0s0q
02-27 14:28

漫画家うすた京介さんのパチンコ業界へのTwitter発言がネット掲示板で話題に #ldnews http://t.co/zqNYEz22
02-27 21:53

続きを読む

先生に、よくたばこを買いに行かされた

信濃毎日新聞 斜面
02月27日(月)http://www.shinmai.co.jp/news/20120227/KT120226ETI090001000.html
小学校の担任はかっぷくのいい女の先生で、よくたばこを買いに行かされた。中学の先生は何かにつけて生徒をたたき、力で押さえつけた。隠れて酒を飲んだ生徒を居酒屋に連れ出し、飲み方を教えてくれた東京の高校教師もいた
   ◆
大阪府が提出した教育基本条例案に照らすと、いま挙げた先生たちは真っ先に首かなと思う。けれど、子どもなりに先生たちの長所と短所を見つけ、人間くささを感じていた。同窓会では、素行不良だった者も優等生だった者も愉快げに教師との思い出を語る
   ◆
大阪の条例は厳しい。校長の評価で「不適格」となった教員を指導し、改善がみられなければ免職にするとしている。さらに、3年続けて定員割れとなった高校は再編整備の対象とするなど競争原理を教育の場に持ち込んでいる
   ◆
文部科学省と教育委員会を中心とする現在の教育制度に不満を抱く人は多い。いまのままでいいとは思わないが、教員を規則で縛ることで良くなるものではないだろう。格差の拡大、地域や家庭の教育力の低下といった幅広い問題に目を配らなければ、教育再生の道筋は見えてこない
   ◆
府知事の決める教育目標に従い、先生が評価を気にしながら生徒の尻をたたく。ピリピリした教育のしわ寄せを受けるのは子どもたちだ。先生たちが気持ちにゆとりを持って個性を発揮してくれるほうが、学びも豊かになるに違いない。
放課後、校庭で遊んでいると、職員室の窓を開けて先生が叫ぶ。「**(私の名前)、ちょっと来い。」走っていくと、給食で残ったコッペパンを渡され、「赤岩(学校の前にあった肉屋)に行ってハムカツはさんでもらってこい。キャベツもなっ。」行こうとすると、「・・・あっ、ソースかけてもらうの忘れるなっ。」・・・もちろん女の先生。

サッカーの試合に勝って県大会出場を決め学校に戻ると、遅い時間にもかかわらず、結果を心配した国語の先生が待っていた。「おい、**(私の名前)、どうだった。」私は満面の笑顔で、「勝ちましたよ、先生。」ビシッ(ほっぺたをひっぱたかれた音)「馬鹿もん、〈よ〉をつけるな」

PTA会長だった父が飲み会に行き、酔っぱらって私の担任の先生を連れて帰ってきた。先生も酔っぱらっていた。私は父と先生の意向で、明け方まで一緒に酒のつきあいをさせられた。朝、うちに泊まった先生の寝床から呼ばれる。「**(私の名前)、オヤジはどうした。」「仕事に行きました。」「そうか、お前も学校に遅れるなよ。オレはもう少し寝てから行くから、**先生に言っとけ。いいか、**先生だぞ、ほかの先生には絶対聞かれるなよ。」私も二日酔いだったのだが・・・中学時代

音楽の時間、おしゃべりをとがめられた。 「**(私の名前)、前に出てこい。」 「はい。」「東京タワーとエッフェル塔、お前どっちが見たい。」「東京タワーで勘弁して下さい。」「いや、東京タワーはこの間見たろ。今日は、エッフェル塔だ。」「あ~~~」両耳を引っぱられて持ち上げられてる状態。「見えたか?エッフェル塔が・・・」「あ~~、先生、見えました。あ~エッフェル塔ぅぅ」・・・小学校時代

なつかしいなぁ

“先生”というのは“存在”だった。そこに“あった”あるいは、“いた”。山や、川と同じだ。いくら不平不満があったって、山に言ったってしょうがない。川にぶつけたってしょうがない。父や母、あるいは家族と同じで、自分が生きていくためにはどうしたって必要な“存在”だった。

たしかに信濃毎日新聞にあるように、子どもなりに先生たちの長所と短所を見つけ、人間くささを感じ、子どもなりに先生との距離を調節した。大人が思う以上に、子どもにはその能力がある。あるいは、子どもだからこそ、大人よりも急速にそのことに長けていく。子どもはいろいろなタイプの先生とふれあうことで、世に出る練習をしているのだ。 

大阪のやり方を全面的に支持するわけではないのだが、先生が、日本のなんたるか、日本人のなんたるかを生徒児童に伝えられなくなっている。あるいは先生自身が、そのことをまったく意識したことがない。意識しようにもすることができない。そういった状況が問題なのではないか。

煎じ詰めて言えば、これは「歴史認識」の問題なのだと思う。日本には「歴史」がないのだ。敗戦によってねじ曲げられたために、前後の連続性を失い、まったく意味不明の時間の記述になってしまっている。戦勝国から与えられた歴史にすがりつくのは優しい。そしてその結果が現状である。安易に先人たちをののしれる卑劣さがうらやましい。つじつまが合わないことに眼をつぶれる無責任さがうらやましい。それで精神を病まない単純さこそうらやましい。

しかし大多数の日本人はくたびれ果てている。先人たちの魂と共に生きられる社会を、前後のつじつまの合う真っ当な歴史を持った日本人らしい顔を、今こそ取り戻さなければならないと思うわけです。

大阪のやり方は、「歴史認識」には触れておりません。それは戦略であるのかもしれませんが、「歴史認識」に触れずに現状を打開するのは不可能です。戦略として「歴史認識」に触れていては改革に時間がかかりすぎるというなら、同時に進行させるべきです。現行の法規定に合わせていくだけでも日教組の力をそいでいくことはできるでしょう。しかし、「歴史認識」に触れるつもりがないなら、どんな改革も必ず失敗します。解決しなければならない問題は、対決しなければならない敵は、もっと強大な存在だと思います。日本人としての確固たる「歴史認識」なくして、戦い抜ける相手ではありません。

大阪のやり方は、今の学校にも少なからず存在する良心的な先生方を苦しめることになるでしょう。どんだけ形を整えようとも、抜け殻のような学校では意味がありません。人間くささを失った、生徒児童に自然に人間とのつきあい方を学ばせられるような学校でなくては、残しておいても意味がありません。そんな学校なら塾にかえてしまえばいい。きっと、その方がいい。
 


人気ブログランキングへ 

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

02/26のツイートまとめ

jhfk1413

名古屋市長のでたらめ発言 日政界の新動向を反映_新華網 http://t.co/rHZCjQRP
02-26 07:18

「ぶれる。逃げる。嘘をつく。」現状民主党 http://t.co/bWWeZV1g
02-26 07:21

レコードチャイナ:河村名古屋市長・南京大虐殺否定発言の波紋広がる、重慶市旅... http://t.co/ghXQdAVJ異常事態ではなく、これが正常化。靖国に行こう
02-26 07:39

「日本は全ての人を魅了する」 動画『I love Japan』を観た外国人の反応http://t.co/K5WcLZKd
02-26 07:44

北朝鮮:対日交渉推進「早急に」 党の内部文書 - 毎日jp(毎日新聞) http://t.co/JWs8QMfG @mainichijpnewsさんから
02-26 21:24

河村市長の「南京大虐殺」否定発言を擁護 http://t.co/QsRezHuR @nikkansportscomさんから
02-26 22:56

川内2時間12分51秒で14位、五輪「選ばれると思っていない」

産経ニュース
2012.2.26 16:47

東京マラソン 川内・・・・・・
 前回大会で2時間8分37秒をマークし、世界選手権代表に。以来、24歳の公務員ランナーを取り巻く環境は激変した。大会には報道陣が押し寄せ、駒沢公園での練習中はあちこちでカメラを向けられるようになった。「プレッシャーに耐えられないと強い選手にはなれない」。成長の糧にすべく、それらを受け入れた。
 選考会で日本勢トップとなり、五輪有力候補となっても待機する考えは毛頭なかった。「世界で戦える選手になれなければ、五輪には出なくてもいい」。福岡のタイムは2時間9分57秒。世界の強豪と勝負するにはいかにも物足りない。ノルマに掲げたのは2時間7分台だった。
 依然として代表候補の一人である立場に変わりはないが、川内には五輪にしがみつく気持ちはさらさらない。挑戦は終わってしまった。結果からして選ばれるとは思っていません」。持論に従い、真っ向から挑んではね返された男の潔さがそこにあった。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120226/oth12022616510012-n1.htm 

東京マラソン、藤原新選手の2時間7分台での2位というレースは大変見事だった。半ば諦めかけていた日本のスポーツファンに、「マラソンで日本人選手がアフリカ選手を追い詰めていく」という驚くべきシーンを見せてくれた。後に続く者たちに与えた夢は極めて大きい。

前回大会で彗星のごとく日本マラソン界に現れた川内優輝。今回は2時間12分51秒で14位に終わった。この1年、川内は日本マラソン界を引っ張ってきた。日本のマラソン界が、川内を中心に回っていた。練習基盤を持たない埼玉県職員、しかも春日部高校定時制事務職をフルタイムでこなす生活、独自のマラソン哲学、独自の練習方法、実業団に所属するトップ選手を尻目に、常に話題の先頭にあった。

ロンドンオリンピック代表選手先行シーズン。昨年12月の福岡国際マラソンで日本人トップの3位に入り、タイムも2時間9分台。今日、東京マラソンを終わって、結果としては、黙って見てれば代表選手に選ばれる可能性は十分だったのに、ということになってしまった。しかし、今でも有力な候補であることは間違いない。そう思っていたら、この報道だ。

マラソンは確実に、川内を強い人間にしている。こいつ、いいやつだなぁ。「ばかだなぁ」って言われたら、勲章をもらったと考えて欲しい。

川内優輝は現時点でも、かつてのオリンピックや世界陸上のメダリスト並みに、日本マラソン界の歴史に大きな名を刻んでいる。陸連はじめ、実業団はそれを忘れるべきではない。

オリンピックで、川内が日の丸をつけて走る姿が見たい。それ以上に、走り終わってぶっ倒れる姿が見たい。


人気ブログランキングへ

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

02/25のツイートまとめ

jhfk1413

実名報道「極めて遺憾」と日弁連 光市事件判決で会長声明 - 47NEWS(よんななニュース) http://t.co/yGmTwJp8 日弁連は、自分たちがいかにズレているかを心配したほうがいい
02-25 08:10

在日韓国民団新団長に呉公太氏 「日本で生活していく以上、日本の敵になってはならない」 http://t.co/NSEuxwaR @chosunonlineさんから
02-25 08:19

「竹島の日」韓国抗議団体、日本で右翼団体から嫌がらせ=韓国 2012/02/22(水) 13:26:00 [サーチナ] http://t.co/qfJOLE3U @searchinanewsさんから 嫌がらせに嫌がらせ
02-25 08:32

<河村市長>「礼儀欠いた」 中国の批判報道に戸惑い(毎日新聞) http://t.co/1mMA5hKS始めちゃたんだからやるしなねぇだろ。ここで逃げるんなら宗旨替えして
02-25 08:36

「日本が2050年までに軌道エレベーターを作るらしいぞ」海外の反応http://t.co/rpPfj8qz
02-25 08:59

アメリカにとって最大の敵国は? 1位イラン・2位中国・日本はなんと8位。 海外の反応!http://t.co/Vr95VXM5
02-25 09:02

南京事件否定発言 撤回求め抗議文-日中友好協会県連合/愛知

日中友好協会というのはいったいどんな団体か
毎日新聞 2012年2月25日 地方版
 日中友好協会愛知県連合会(石川賢作会長)は24日、河村たかし名古屋市長の南京事件否定発言の撤回を求める抗議文を提出した。
 抗議文は河村市長が否定発言の根拠として「目撃者がほとんどいない」などと説明したことに対し、「旧日本軍の上級将校の団体の出版物にも記されており、破綻している」と指摘。市長が中国側に討論会開催を呼び掛けていることについても「前提となる相互信頼関係が崩れ去っている」と批判した。
 石川会長は「名古屋市民がみんな市長と同じように考えていると思われると心外だ。慎重に発言してほしい。両市の交流停止は民間、経済交流にも影響する可能性がある」と懸念を示した。・・・
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20120225ddlk23010251000c.html
日中友好協会とは何か。
とりあえずホームページhttp://www.j-cfa.com/index.htmlを見てみると・・・、え~、会長は加藤紘一 ~?一体何をやってんだ・・・。設立趣意書には、『日中両国国民に悲惨な結果をもたらした戦争を再び繰り返させないために、日中両国間の人事交流、文化交流および経済貿易を促進することにより、両国間の相互理解を深めるとともに友好関係を築き上げ、もってアジアのみならず世界の平和と安定に貢献する。』とあるが、全体を読めば、残念ながら“支那の要望を聞き、日本がそれに応えるよう働きかける”ことを目ざす団体と感じられる。ちなみに「公式見解」http://www.jcfa-net.gr.jp/kenkai/をごらんいただければ、この団体が分かります。

日中友好協会愛知県連合会とはどんな団体か。
続いてここでもホームページhttp://www.nittyu-aichi.jp/を見てみると・・・、やはり、これは日本人による活動なのかと疑わせられることばかり。
ちなみに以下は、2007年9月に発表されていた学習会の報告。
●2007年9月8日「南京事件」学習会(第3回)
 報告者:田中 稔氏
●2007年3月24日「南京事件」学習会(第2回)
 「本音で語る中国人の日本(人)觀」報告者:張 文頴氏
●2007年2月3日「南京事件」学習会(第1回)
 報告者:田中 稔氏、秋山 郁子氏
●2006年12月1日 「中国的社会主義とは?」(第2回)
 報告者:石川 賢作氏
●2006年11月10日「中国的社会主義とは?」(第1回)
 報告者:石川 賢作氏
●2006年7月1~2日 「靖国問題学習会」(第四回)
 平和ツアー参加
●2006年4月8日「靖国問題」学習会(第3回)
 「国家神道と靖国神社」報告者:西 秀成氏
●2006年3月30日「靖国問題」学習会
 ~護国神社見学・散策
●2006年3月28日「日本国憲法と日中友好」
 報告者:河原 稔氏
●2006年2月25日「靖国問題」学習会「絞首刑になったA級戦犯について」
 報告者:古田 弘氏
●2006年1月22日「靖国問題」学習会(第1回)
 報告者:秋山郁子氏

朝鮮総連や韓国民団は、朝鮮人、韓国人の組織ですが、友好協会はそうでないだけに余計に問題が大きい。

とりあえず国内、県内から強い抗議があったからと気にする必要はありません。もともと心はあちらさんですから。


人気ブログランキングへ

テーマ : 支那
ジャンル : 政治・経済

『ローマ人に学ぶ』 本村凌二

東洋に支那という重力があるように、西洋にはローマというという重力がある。

支那はいわゆる古代文明の地であり、外から引きつけられた者たちが、やがて力をつけてその主となることで、バリエーションを与えられた支那の歴史が繰り返された。

ローマはそうではない。辺境である。西洋の重力は、本来のオリエントから地中海沿岸に拡散し、多くの辺境を生み出した。その辺境の中の取るに足らない一つが、やがて兄弟を飲み込んで成長した。異物を吸収し、同居していく過程で、ローマは文明に進化していった。

生まれ、成長し、鍛えられ、最盛期を迎え、問題を抱え込み、弱体化し、消滅する。

国の、文明の参考とすべき教訓のいろいろが、そこにはある。そればかりではない。476年に西ローマが滅ぶまでの1000年を優に超える期間、そのそれぞれの時代にさまざまな人間が、いろいろの人生を生きていた。そこにはまさしく無数のエピソードが存在する。

この本は、そんな中から、いくつかのローマ人の姿を抜き出したもの。地理的空間と時間的空間の巨大さからすれば、本当に極わずかを私たちに示しているに過ぎないだろう。きっといまの自分たちと同じような状況を乗りこえたローマ人たちがいたに違いないことを、今の私たちは知ればいい。

未曾有の国難に見舞われた私たち日本人、「このような想像を超えた危機と挫折に直面したとき、ローマ人はどのように立ち向かっていたのだろうか。」そのヒントとなりそうなローマの姿も、ここにはあった。

そこに登場するローマ人は、その一人ひとりが、『ローマ』そのものを背負って、・・・あるいはその一人ひとりが『ローマ』その者であったように感じられた。私たち『日本人』にも、できるだろうか。



人気ブログランキングへ

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事