めんどくせぇことばかり 2013年02月
FC2ブログ

THE 官僚

ここのところ読んだ、“官僚”に焦点をあてた本に関わる記事をまとめてみました。以下、すべて過去記事からの抜粋です。

官僚の責任 (PHP新書)官僚の責任 (PHP新書)
(2011/07/16)
古賀 茂明

商品詳細を見る

『霞ヶ関は人材の墓場』
「〈官僚組織は日本最高の頭脳集団〉・・・そんなものは単なる幻想に過ぎなかったのだ。そして、その事実を白日のもとにさらしたのが、今回の東日本大震災と福島第一原発の事故だった。」そんなことばで、徹底的に現在の公務員のあり方を否定する著者であるが、文脈からは、まだ彼が公務員という存在に絶望していないことが感じられる。

もしも絶望しきっているなら、「公務員制度改革」にここまで著者が入れ込むいわれはない。少数ではあっても、必死で頑張っている公務員たちを知っているからこそ、著者は必死になるのだろう。

欧米日 やらせの景気回復欧米日 やらせの景気回復
(2012/04/27)
副島隆彦

商品詳細を見る

それからアメリカに貢いでしまった金700兆円くらいはもう戻ってこない(返すわけがない)ので、その分の裏帳簿の穴埋めをしなければ済まないのだ。そのための増税だ。かわいそうな日本国民よ。

分かりやすいですね。分り易すぎて腹が立つ。コノヤロー!! でもまぁ、みんなウスウスそんなことだろうと気づいている。日本は戦争に負けた国だし、アメリカの勝手な都合とはいえ、その世界戦略の中でここまでの国になるチャンスをものにした。でも、この先は別だ。アメリカと、欧州先進国の、こんなデタラメなやり方が許されるはずがない。必ずしっぺ返しが来る[これについては数日後に 『欧米日 やらせの景気回復』で書きます]。アメリカと共倒れしなければならないいわれはない。そのためには勝栄二郎のような連中、アメリカに支配された財務官僚は邪魔だな。

国民が知らない霞が関の不都合な真実 全省庁暴露読本国民が知らない霞が関の不都合な真実 全省庁暴露読本
(2012/07/21)
高橋 洋一

商品詳細を見る

中央省庁の体たらくが言われて久しい。自分たちに都合の悪い政治家が上に座ると、各省庁自身がもはや腐りきって壊死した尻尾を切り離すように内部情報を暴露するようなことまでおこなわれてきた。国民の間に嫌気が差すのも当然だ。そんな“体たらく”が、全省庁分、一冊に“ギュギュ~”と、まとめられた本。ペラペラめくると瘴気が漂う。特に財務省。並外れた瘴気に当てられて体調を崩さないように、気をしっかり持って読み進めましょう。

著者は最後に、“日本が三流国家に転落するかどうかは道州制が鍵”というが、それで全てが解決するわけじゃない。もちろん制度改革は絶対条件だが、結局“中身”が三流なら、制度にかかわらず日本は三流国家であっても仕方がない。かなりそれに近い状況が広がりつつあるように思えるが…。

官僚を国民のために働かせる法 (光文社新書)官僚を国民のために働かせる法 (光文社新書)
(2011/11/17)
古賀茂明

商品詳細を見る

著者が明らかにする官僚の世界、その自己の既得権益に執拗なまでに固執する様子は、国の利益を食いつぶしてはばからず、最後はよって立つ足元まで崩してしまった平安貴族のそれに酷似している。今の日本がそんなことになれば、次の世を担う層が登場する前に国際社会に食い物にされて終わってしまう。

経済産業省を退職して以降の彼は、大阪府、大阪市の特別顧問を努めたり、以前に増してテレビへの出演、執筆活動に忙しい。大した見識もない私は、せめて自分にできることを持って、こういった人たちの仕事を支えていきたい。

6月26日、消費税増税法案が衆議院を通過した。しかも、自民、公明の相乗りである。自民党は自殺したいのか。財務省勝栄二郎次官のに操られる野田政権は直勝政権とも揶揄されている。本当に“官僚は恐ろしい”と感じる。

屋山太郎が読み解く橋下改革―大阪維新は日本を救えるか屋山太郎が読み解く橋下改革―大阪維新は日本を救えるか
(2012/05/22)
屋山 太郎

商品詳細を見る

この官僚の価値観は、官僚内閣制の成り立ちに由来します。日本の官僚内閣制は明治維新を機に形成され、その基になったのは古代の官僚制である太政官制度です。当時は官僚が天皇の官吏として統治を輔弼する制度でした。

大日本帝国憲法の発布が1889年、帝国議会が開設されたのが翌1890(明治23)年です。つまり、憲法は議会発足以前から検討されていたのです。その過程で、国会議員に官僚以上の権限を与えるはずがありません。当初から官僚と議員は同格に扱われていたのです。こうして、官僚が行政と立法を兼ねる「官僚内閣制」は誕生したのです。

天皇は絶対に正しいという「天皇の無謬性」が官僚にも適用されたため、役所に間違いはない、間違いを認める時には辞任する官僚組織の文化が誕生するに至ります。やがて彼らは既得権益を守るために間違えのない最善の方法を探るようになりました。結果、現状を墨守することで、前例にないことはしない無責任体質へと変節していったわけです。


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

分かりやすさ優先 『目からウロコの逆さま世界史』 島崎晋(その1)

目からウロコの逆さま世界史目からウロコの逆さま世界史
(2013/01/25)
島崎 晋

商品詳細を見る
世界史ばなれを食い止める。読みだしたら止まらなくなる世界史。


何より因果関係を重視‘その出来事の原因がどこにあるのか’、因果関係をしっかり押さえることにより興味が持続され、歴史の学習そのものを面白くする。

・・・確かに画期的試みだと思う。とりあえずどんなことが取り上げられているか紹介する。これは自分自身の『覚書』でもあるので、他人の関心を引けるかは保証の限りではないが・・・。

それぞれの内容は4ページほどに簡潔にまとめられているが、62の項目から成り立っているため、今回は項目の紹介のみにする。目次には題名のほか「・・・・年→・・・・年」という年しか書かれていないが、以下ではその年に何が起こっているのかを添え書きした。

第1章 地球規模化する世界
1 アラブの春は19世紀の一思想家の由来する
 2011年、ジャスミン革命→1884年、アフガーニーが『固き絆』発行
2 インドとパキスタンの対立はイギリスのインド分離政策にさかのぼる
2008年、ムンバイ同時多発テロ→1906年、全インド・ムスリム連盟結成
3 イラク戦争の発端はイスラエル建国が原因
2003年、イラク戦争→1948年、イスラエル建国
4 ボスニア・ヘルツェコビナ紛争は1878年のベルリン条約が発端
1995年、ボスニア・ヘルツェコビナ紛争→1878年、ベルリン条約
5 毛沢東の勝利は日本軍のおかげで偶然の賜物だった
1949年、中華人民共和国建国→1931年、満州事変
6 第2次世界大戦の原因は過激なヴェルサイユ条約にあった
1939年、第2次世界大戦→1919年、ヴェルサイユ条約
7 日中戦争の遠因は義和団事件にあった
1937年、日中戦争→1901年、義和団事件
8 トルコ革命は1789年の改革を出発点とする
1923年、トルコ革命→1789年に即位したセリム3世の改革
9 ロシア革命は大戦への参加が引き金となった
1917年、ロシア革命→1914年、第一次世界大戦勃発
10 大英帝国の衰退は南アフリカ戦争が契機となった
1902年、日英同盟締結→1899年、南アフリカ戦争
11 シオニズム運動はロシアでのユダヤ人迫害をきっかけとする
1897年、第1回シオニスト会議→1881年、アレクサンドル2世暗殺後に始まるポグロム
12 バチカン市国誕生の遠因は1848年革命だった
1929年、ムッソリーニ体制でバチカン市国成立→1848年、2月革命の影響化のイタリア統一運動

第2章 欧州列強による世界制覇
13 エジプトの植民地化はスエズ運河株の売り出しにはじまった
1914年、エジプトのイギリスによる保護国化→1875年、イギリスがスエズ運河(株)の筆頭株主に
14 仏領インドシナの成立は宣教師の力を借りたのが原因
1887年、フランス領インドシナ連邦成立→仏人ドゥヴェーヌを通してフランスの軍事援助を要請
15 インドの植民地化は1757年のプラッシーの戦いにはじまる
1877年、ヴィクトリア女王がインド皇帝となる→1757年、プラッシーの戦い
16 1848年革命の種はナポレオン戦争によってまかれた
1848年、2月革命→1803年、ナポレオン戦争開始
17 アヘン戦争の敗北はサツマイモとトウモロコシ、落花生の普及が原因だった
1842年、アヘン戦争で清敗北→1683年、康熙帝が全国平定
18 フランス革命は火山の噴火が原因で起きた
1789年、フランス革命勃発→1783年、アイスランドのラキ火山爆発
19 奴隷制への反対はリンカーンが言い出したわけではない
1863年、奴隷解放令→アメリカが奴隷貿易を禁止
20 プロイセン台頭の立役者はジャガイモだった
1786年、フリードリヒ2世死去→16世紀末、ジャガイモがドイツに伝えられる
21 アメリカ独立戦争は大英帝国の栄光が原因だった
1775年、アメリカ独立戦争勃発→1763年、イギリスがフレンチ・インディアン戦争に勝利

第3章 大航海時代と変革する欧州
22 「君臨すれども統治せず」の伝統は国王ジョージ1世の無気力にはじまる
1901年、ヴィクトリア女王死去、即位前の常識→1714年、人つきあいの嫌いなジョージ1世即位
23 明の滅亡は豊臣秀吉の朝鮮出兵が原因だった
1644年、明滅亡→1592年、朝鮮出兵
24 スペインの経済破たんはレコンキスタが原因だった
1559年、黄金時代まっただ中スペイン破産宣告→1492年、ユダヤ人国外退去
25 宗教改革がなければフランシスコ・ザビエルは来日しなかった
1549年、フランシスコ・ザビエル来日→1517年、ルター「95カ条の論題」発表
26 ヘンリー8世の嫡男へのこだわりが英国国教会を成立させた
1534年、英国国教会成立→1509年、ヘンリー8世即位、キャサリンと結婚
27 ハプスブルク家が栄えたのは偶然の産物だった
1519年、ハプスブルク家カール5世神聖ローマ皇帝に即位
→1477年、フリードリヒ3世娘婿の戦死でブルゴーニュ侯領がそのままハプスブルク家のものに
28 大航海時代はオスマン帝国の成長によって引き起こされた
1492年、コロンブス大西洋横断→1453年、オスマン皇帝メフメト2世がコンスタンティノープル攻略
29 ルネサンスのはじまりは12世紀の翻訳活動にあった
1302年、最初のルネサンス人チマブエ死去
→1152年、ギリシャ、アラビア語文献をラテン語に翻訳した学者アデラード死去
30 朝鮮王朝の学力低下は1453年の政変にはじまる
1876年、日朝修好条規で開国→1453年、ハングルの生みの親世宗の後継者争い
31 インドのムガル帝国はチンギス・カンの子孫によって建てられた
1526年、バーブルがムガル帝国建国→チャガタイ・ハン国が元帝国から自立
32 人気小説「水滸伝」「三国志演義」はモンゴルの中国征服が原因で生まれた
1368年、科挙合格者少ないまま元王朝が大都放棄→1279年、モンゴル人の現王朝により南宋滅亡

要約これで前半分が終了。

関連付けが強引過ぎると思えるもの、すでに常識化しているものもあるが、この方式は面白いと思う。少なくとも、少し前に読んだ『やり直し高校世界史』よりもはるかに面白い。
 
『やり直し高校世界史』は高学力を前提としてさらに教養を高める本であるとすれば、『目からうろこの逆さま世界史』は世界史を好きにさせることを目ざした本。もちろんそれにしたってまじめに勉強に取り組むことを前提しての話であるが、それをめざしているか、いないかの違いは決定的に大きい。

17 アヘン戦争の敗北はサツマイモとトウモロコシ、落花生の普及が原因だった
18 フランス革命は火山の噴火が原因で起きた
22 「君臨すれども統治せず」の伝統は国王ジョージ1世の無気力にはじまる
24 スペインの経済破綻はレコンキスタが原因だった

歴史は詰将棋と違って、思わぬところで思わぬ展開を見せる。まさしく‘塞翁が馬’。さらに‘人’が絡んで不規則性を高め、予想外の展開となる。上記の4項目はまさしくそんな展開。教科書の内容と整合性をつけていけば、実際に面白い授業になっていくと思う。もちろん、他にも使える項目は数多いが、すでに真新しさに欠けるものも含まれる。

5 毛沢東の勝利は日本軍のおかげで偶然の賜物だった

これには、ちょっと首をひねった。確かにそういった経緯は踏んでいるんだけど、日本、国民党に共産党、ドイツにアメリカ、ソ連の思惑がからんでまさに人知を超えた展開になった。面白い材料はいくらでもあると思うんだが・・・。

後半は、また後ほど・・・。


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

とっても赤い 「民主党綱領』

民主党綱領(全文)
 日本は古来より東西の文化を取り入れ、大いなる繁栄と独自の誇るべき伝統・文化を築き上げた。多大な犠牲をもたらしたさきの大戦からも復興を遂げた。

 しかし、経済の長期停滞、少子高齡化、人口減少による国力の低下に加え、新興国の台頭等による国際環境の変化は国民に長期にわたる閉塞感と不安感を与えている。

 このような状況下で発生した東日本大震災及び原子力発電所事故は、未曾有の被害をもたらし、私たちに生き方や、科学・技術、物質文明のあり方までも問い直している。

 大きな変革期を迎えた今、公正・公平・透明なルールのもと、生きがいを持って働き、互いに負担を分かち合う持続可能な社会を再構築しなければならない。そして政党と国民が信頼関係を築かなければならない。

 私たちは、政権交代の実現とその後の総選挙の敗北を受け、あらためて原点を見つめ直し、目指すものを明らかにする。そして道半ばとなった改革を成し遂げるため、必ずや国民政党として再生し、政権に再挑戦する。

私たちの立場

 我が党は、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立つ。同時に未来への責任を果たすため、既得権や癒着の構造と闘う改革政党である。私たちは、この原点を忘れず、政治改革、行財政改革、地域主権改革、統治機構改革、規制改革など政治・社会の変革に取り組む。

私たちの目指すもの

一 共生社会をつくる


 私たちは、一人一人がかけがえのない個人として尊重され、多様性を認めつつ互いに支え合い、すべての人に居場所と出番がある、強くてしなやかな共に生きる社会をつくる。

1 「新しい公共」を進める

 私たちは、公を担う市民の自治を尊び、近代以降、官が独占してきた「公共」をそれぞれの主体に還す。地方自治体、学校、NPO、地域社会やそれぞれの個人が十分に連携し合う社会を目指す。

2 正義と公正を貫く

 私たちは、互いの人権を尊重し、正義と公正を貫き、生涯を通じて十分な学びの機会と環境を確保する。男女がその個性と能力を十分に発揮する男女共同参画を実現し、不公正な格差の是正と、将来にわたって持続可能な社会保障制度により、すべての国民が健康で文化的な生活を送ることができる社会をつくる。

3 幸福のために経済を成長させる

 私たちは、個人の自立を尊重しつつ、同時に弱い立場に置かれた人々とともに歩む。地球環境との調和のもと経済を成長させ、その果実を確実に人々の幸せにつなげる。得られた収入や時間を、自己だけでなく他者を支える糧とする、そんな人々の厚みを増す。

二 国を守り国際社会の平和と繁栄に貢献する

 我が国の発展は開かれた交流の中からもたらされた。私たちは、外交の基軸である日米同盟を深化させ、隣人であるアジアや太平洋地域との共生を実現し、専守防衛原則のもと自衛力を着実に整備して国民の生命・財産、領土・領海を守る。国際連合をはじめとした多国間協調の枠組みを基調に国際社会の平和と繁栄に貢献し、開かれた国益と広範な人間の安全保障を確保する。

三 憲法の基本精神を具現化する


 私たちは、日本国憲法が掲げる「国民主権、基本的人権の尊重、平和主義」の基本精神を具現化する。象徴天皇制のもと、自由と民主主義に立脚した真の立憲主義を確立するため、国民とともに未来志向の憲法を構想していく。

四 国民とともに歩む

 私たちは、地域社会に根差した活動の中から課題を見出し行動する。積極的な議論と結論の遵守を旨として、健全な党内統治を徹底する。公開・参画・対話を重んじ、広く国民との協働による政策の決定と実行を目指す。
(2013年2月24日 2013年度定期大会決定)
.
民主党広報委員会
前文は意味不明である。「大いなる繁栄」が何を指すのか。「復興」という言葉で片づけているが、占領を通して日本社会が変質させられたことの対する言及がない。

「生き方や、科学・技術、物質文明のあり方までも問い直」おされて、「負担を分かち合う持続可能な社会を再構築」するというなら、旧来の日本的社会への復古か、社会主義体制を思わせるが、「政党と国民が信頼関係を築かなければ・・・」というなら“社会主義者”の言い草でしかない。*中共と一緒

『私達の立場』に書かれている「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」とまで言って“日本国民”とは言わないのがミソ。

「多様性」とはよく言ったもので、日本人が“関係”を断ち切られ、ズタズタにされた現代において「多様性」というなら支那人、朝鮮人としか聞こえない。

『1 「新しい公共」を進める』も意味不明。「官が独占してきた「公共」」って、何でもかんでも人のせいにするのはやめよう。ほんとうの意味合いで“公”を受け止める人間を育てようという気はないらしい。

『地方自治体、学校、NPO、地域社会やそれぞれの個人が十分に連携し合う社会』というのは日本人の特性には合わない。声のでかい“市民団体”がでかい顔をするのは目に見えている。もちろんそれを狙っているのはよくわかるが・・・。“日本人”はそういうことが苦手な人が多い事なんか考えてない。

『2 正義と公正を貫く』も意味不明。日本国憲法を押しつけたGHQさながら。地に足がついてない。「不公正な格差」を云々するほど貧しいか?“何をしてもらうか”を訴える前に、“何ができるか”を問うべきだろう。

『3 幸福のために経済を成長させる』というのはチャンチャラおかしい。そんなに“幸福になりたい”なんてことをあおるべきじゃない。そんなこと言うなら、“幸福”を見せてみろ。触らせてみろ。

『二 国を守り国際社会の平和と繁栄に貢献する』の中に、目に見える“幸福”を発見してしまいました。それは民主党です。“ありえない”ものを国民に“ある”かのように感じさせるのは罪なことだと思う。

『三 憲法の基本精神を具現化する』というところを見ると、改憲派は民主党から消えたわけだ。

前に書かれていることを踏まえて『四 国民とともに歩む』というのは、社会主義者の言い草です。

それにしても、支持率6%じゃしょうがねぇな。

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

在韓日本大使館は大変です

日本大使館の建て替え計画を韓国政府が認めない
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323364604578319670599601866.html
在韓大使館1理屈は通ってるんだけどね。周辺のビル考えれば整合性はないよな。“新大使館の建設がもたらすリスクについて、韓国文化財庁に質問したが、何らの返答はないという”っていうんだから、お得意の嫌がらせなんだろうけどね。

まぁ、いいよ。頭下げるこたぁないよ。東京の韓国大使館は、より大きなものに建て替え中っていうのは腹がたつけどね。
慰安婦像のないところに行こうよ。あっ、追いかけてくるか。

ソウルの日本大使館に抗議男が汚物
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130223/kor13022312360004-n1.htm
汚物1ウワッ❢・・・これは嫌だな。でも、よく日本大使館に遊びに来る人みたい。切り取った自分の指を大使館に郵送してくれたこともあるそうだ。

この日は、ずいぶん賑やかだったらしい。こういう人たちがみんな集まって、ぶっ叩こうとしているような人たちも一緒に集まっていたらしい。


在韓日本大使館にトラックが突っ込む「慰安婦像の杭に抗議」=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0709&f=national_0709_020.shtml
暴走トラック杭つき慰安婦 
ああ、あった、あった、そんなこと。慰安婦像に杭が設置されたことに怒ってやっちゃたんだったよね。わかりにくいけど、写真中央辺りにあるのが慰安婦像かな?


駐韓日本大使館に火炎瓶
http://japanese.joins.com/article/426/161426.html?servcode=A00§code=A10
劉強容疑者コイツもとんでもないんだけど、余計とんでもないのは韓国政府だよな。靖国神社にも放火したコイツの引渡し要求を拒絶しやがった。支那から圧力かけられて、政治犯として認定だと・・・。アホか~❢


日本大使館前の慰安婦像設置
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/12/14/0200000000AJP20111214004100882.HTML
慰安婦to 
韓国大使館1
日本大使館って、こういう環境にあるんだよね。毎日、毎日、韓国人の嫌がらせを真正面から意識させられて・・・。本当に最低だな。

それにしても日本大使館。小さくて、みすぼらしい。本当に韓国人から辱めれているんだなぁ。

ここで仕事するの嫌だなぁ。何かあるとすぐ韓国人が来てウンコ投げたりするし・・・。

下の写真は麻布にある韓国大使館。

立派~。

いったい外務相は何をやってんだよ。しっかりしてくれよ。


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

日本古代史の謎 神武は出雲 『古事記の禁忌 天皇の正体』 関裕二

日本古代史の謎 神武は出雲 『古事記の禁忌 天皇の正体』日本古代史の謎 神武は出雲 『古事記の禁忌 天皇の正体』
(2012/12/24)
関 裕二

商品詳細を見る
親百済の立場をとる「日本書紀」に対し、親新羅の立場をとる「古事記」。相入れるはずのない二つの国史。その裏に隠されている謎は・・・。

“文庫本じゃあ、前に出た本なのか”と思ったら、新潮文庫のための描きおろしだそうです。

残念ながら古事記や日本書紀をじっくり読み込んで、自分で“古代史の謎”に挑戦する余力はないが、こういった本を読み込むのは大好き。もともと古事記や日本書紀は、その成立・存在自体が大きな謎。まるで自ら「この謎を解いてね」と言っているかのようにすら思える。とはいっても、宇宙の謎を解明するのと違い、いっくら大きな望遠鏡を作ったって、過去まで見えるわけじゃない。記紀周辺の徹底した読み込みと推理、考古学界の新発見との照らしあわせによる検証。帰納と演繹を繰り返して真実に迫る地道な研究に敬意を評しつつ、私はワクワクしながら読ませてもらう。・・・幸せものだな、自分は。

    

ヤマト建国には多くの地方勢力がはせ参じた。その中心は出雲、吉備、尾張だった。主導権争いに敗れた出雲はいじめ抜かれた。出雲は祟った。吉備と尾張は、九州に逃れていた出雲の末裔を探し出し、王として迎えた。

聖徳太子は存在しなかった。聖徳太子の業績とされているのは蘇我入鹿に属するものであり、蘇我入鹿は改革派のリーダーであった。中臣鎌足は百済王子豊璋である。全方位外交を展開する蘇我入鹿は、豊璋にとってあってはならない存在だった。豊璋はヤマトに百済救済を実行させるため中大兄皇子に接近した。蘇我入鹿暗殺は実行された。

天武政権は蘇我入鹿の理想を継ぐ、改革派政権だった。しかし、持統がひっくり返した。藤原不比等は持統の権力欲につけ込み、日本の歴史の基礎に“藤原”の名を刻んだ。

 
以前出された本でも、何度となく繰り返された話しである。この本の中でも出てくる。この本は、かつての著者の研究が一つにまとめられたものと言っていいだろう。でも、私みたいな素人にはそれがありがたい。繰り返し、繰り返し読んで、ようやく頭に入ってくる。

amazonのカスタマーレビューはこちらをご覧ください

この本はそれでは終わらない。

藤原の申し子聖武天皇は、なぜ藤原を裏切ったのか。称徳女帝は、なぜ自ら皇統を滅ぼそうとしたのか。蝦夷は、なぜ藤原に盾を突いたのか。なぜ院政のような特異な政治形態が成立するのか。

つまり著者は、古代史の謎から日本史の海原に乗り出したのではないだろうか。


まとめのようなことを書いてから、ごめんなさい。この本は『古事記の禁忌 天皇の正体』でした。 “入鹿殺し”にも関わった秦河勝、そして秦氏の無念が“古事記”を成立させるということなんですが、この部分もとっても面白かった。ぜひ読んでね。


『東大寺の暗号』 http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-672.html

『「古事記」と壬申の乱』 http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-928.html

『三種の神器〈玉・鏡・剣〉が示す天皇の起源』 http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-1469.html

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 歴史全般
ジャンル : 本・雑誌

2月22日は竹島の日 竹島で4000人弱の日本人が抑留された

島根県で行われた“竹島の日”の式典に抗議することを目的に、韓国人の抗議団体のメンバーが島根県入りし、一分騒動になった。
竹島2  http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130222/dms1302221822020-n1.htm
2011年8月11日の記事に加筆修正したものです。
現在     韓国が占有
武装警察官(独島警備隊)40名ほどが常駐
日本の船舶は竹島の領海には入れない

韓国の占有から日韓基本条約締結への過程
1946年1月29日 
GHQ覚書 竹島に対する日本政府の施政権が暫定的に停止
1946年6月22日 
GHQ覚書によりマッカーサー・ラインが制定され、竹島周辺海域での漁業活動に制限
1948年8月13日 
大韓民国建国。初代大統領に李承晩就任
1951年8月10日 
「竹島は日本の領土」という米国政府の意向が韓国政府に示される
1952年1月18日 
韓国政府が李承晩ラインを一方的に宣言
1952年4月28日 
サンフランシスコ平和条約が発効
1953年1月12日 
韓国政府が「李承晩ライン」内に出漁した日本漁船の徹底拿捕を指示。以後、日本漁船の拿捕や銃撃事件が相次ぎ、日本の漁業従事者に死傷者が多数
1953年4月20日 
韓国の独島義勇守備隊が、竹島に初めて駐屯。
1953年7月12日 
竹島に上陸していた韓国の獨島守備隊が日本の海上保安庁巡視船「へくら」に発砲。以後、韓国は竹島の武装化を進め、日本の船舶の接近を認めていない。
1954年8月15日 
米国特売大使ヴァン・フリートが報告書を作成。竹島問題は国際司法裁判所を通じて解決されることが望まれるというアメリカ合衆国の意向を、非公式に韓国に伝達した等の事を大統領に報告
1954年9月25日 
日本政府は領有問題を国際司法裁判所に付託することを韓国側に提案したが、韓国政府はこれに応じず。第2の侵略と抗議
1956年4月   
韓国警察鬱陵警察署警官8名が島に常駐。独島義勇守備隊は年内に解散
1962年    
日韓外相会談において小坂善太郎外務大臣が国際司法裁判所に付託することを再度提案したが、韓国側がこれを拒否
1965年
日韓基本条約・日韓漁業協定が調印され、李承晩ラインが廃止。竹島問題は紛争処理事項であるとされたが、その後韓国は竹島の領有問題は紛争処理事項でないとの立場を取り、交渉に応じていない。

    

1965年までの日本側の被害                                                   海上保安庁巡視船への銃撃等の事件 15件、16隻
拿捕された日本漁船 328隻
竹島1拿捕され、人相が変わるほど暴行を受けた日本漁民
銃撃、追突による死傷者 44人
抑留された日本人 3,929人
抑留期間 1965年日韓漁業協定締結まで、最長13年間
抑留者解放の代償 日韓基本条約における、極めて韓国に有利な条件
在日朝鮮人犯罪者の釈放および、在留特別許可。その数472人
竹島3
 
つまり、韓国は4千人に及ぼうという人質の命と引き換えに国交正常化(=身代金の支払い)を要求し、日本に妥協を迫った。つまり、日韓基本条約はまともな条約ではない。朴槿恵大統領の父親、朴正熙が大統領の時のことです。「個人の賠償請求権は否定されない」などという論がたわごとにすぎないことは、この経緯を考えれば明らかです。さらに「個人の賠償請求権」を要求するためには人質を取ることが有効なことは、彼ら自身がよく知っていることです。十分注意が必要です。 

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

なんてたって明治天皇の玄孫の本だかんな 『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』 竹田恒泰

作家。慶應義塾大学講師(憲法学)。昭和50年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。平成18年に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で山本七平賞を受賞。その他著書に『エコマインド~環境の教科書』(ベストブック)、『皇室へのソボクなギモン』(扶桑社、共著)、『旧皇族が語る天皇の日本史』(PHP新書)などがある。
《ご自身のホームページhttp://www.takenoma.com/profile.htm">http://www.takenoma.com/profile.htmより》
最初に読んだのは『語られなかった皇族たちの真実』だった。まだブログ始める前だったんで記事はないけど。物を知らない私は、皇室に対する認識を新たにした。
 
いまだにそれなりの矜持をいだいて生きている“旧皇族”という存在に驚くと同時に、GHQの的確な日本弱体化計画に舌を巻きました。

以下は、過去の記事に加筆修正を加えたものです。

『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』
 
Ⅰ部 日本はいつできたのか
Ⅱ部 子どもに読ませたい建国の教科書

Ⅰ部は、歴史学・考古学両面から、日本の国の成り立ちを解説。
Ⅱ部は、「律令国家完成」までの機関を、中学校の歴史の教科書をイメージして書いたもの。

という構成の本です。

amazonのカスタマーレビューはこちらをご覧ください

むやみに熱くなったりせず冷静に、大変まともなことの書いてある得難い本です。ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。

おもしろい視点があったのでいくつか紹介します。
  1. 邪馬台国は、不確かな支那の史書に書かれているだけで、統一王権の基礎になったことを示す根拠はどこにもなく、日本建国の歴史を、邪馬台国を軸に語るのは不適切。
  2. なぜ国史ではなく日本史と呼ぶのか
    そのとおり  パチパチパチ
  3. 日本国憲法は、大日本帝国憲法を根拠として制定された。大日本帝国憲法は天皇が「祖宗に承くるの大権」により宣布されたのだから、その根拠は『日本書紀』にある。
  4. 『日本書紀』は養老4(720)年における政府見解であり、現在に踏襲されている。                                                                                                                    
独特のおもしろい視点が、いろいろとあるので、とても興味深く読み進みました。

後半の「教科書」の部分も、嘘や無理がないので、一般の教科書と違って、心にストンと落ちて素直に納得できます。 ただし、いかに『日本書紀』を政府見解とすると言っても、そこにはおのずから「藤原氏の介在」があるわけです。 それを理解しないと、たとえ中学校の歴史教育でも、特にそれに続く時代を嘘や無理で通さなければならなくなります。 「『日本書紀』ありき」の歴史しか語れなくなれば、支那の史書と何ら変わらないことになります。 「『日本書紀』をさえ乗り越えなければならない」と、私は思います。


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。



テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

地震、雷、火事、親父…地学の領域? 『面白くて眠れなくなる地学』 左巻健男

面白くて眠れなくなる地学 (「面白くて眠れなくなる」シリーズ)面白くて眠れなくなる地学 (「面白くて眠れなくなる」シリーズ)
(2012/12/15)
左巻 健男

商品詳細を見る
「面白くて眠れなくなる」シリーズというのがあるらしい。
数学、物理、化学、人体、科学、そして“地学”。

表紙の時計をご覧ください。・・・16時まである。いったいこれはなに?

なんと恐ろしいことに、地球の自転は、徐々にそのスピードを落としつつあるらしい。いずれ・・・1日は32時間になってしまう。その時使われているはずの時計がこれ。

ヒェ~、じゃあ、いつか地球の自転は止まってしまうのか・・・。恐ろしいでしょう。恐ろしくなった人はこの本を読んでね。

Part1 ダイナミックな地球のはなし 
 アトランティス伝説の真実
 世界はもともと一つだった?
 アイスランドは地質学的宝庫
 世界一高い山はエベレストではない
 ヒマラヤ山脈はまだ高くなる?
 日本の火山は何タイプ?
 火山を愛した郵便局長
 化石になるのも楽じゃない
 地球は大きな磁石なの?
 地球の磁極は逆転している
 大量絶滅はどうして起こったか?
 スノーボールアース仮説の衝撃

Part2 知ると楽しい帰省のはなし
 お風呂の水を抜くと渦はどっち巻き?
 台風はなぜ八月と九月に多い?
 夕焼けがきれいなら明日は晴れる?
 ジェット気流が運んだ秘密兵器
 山の頂上でお菓子の袋がふくらむ理由
 高いところが寒いのはなぜ?
 夏にひょうが降る不思議
 冬、新幹線が関ヶ原付近で徐行するわけ

Part3 やっぱりふしぎな宇宙のはなし
 地球が宇宙の中心だった
 ガリレオが望遠鏡でみた宇宙
 宇宙の誕生と元素の合成
 地球と金星の運命を分けたもの
 月は地球のきょうだいだった
 流れ星を確実に見る秘訣
 太陽は永遠の燃え続けるの?
 地球に住めなくなったら、どこに移住する?

なんか、、目次を見るだけでも・・・、“ゾ~”としませんんか。
大きな月1 
でも、とっても面白かった。特に月の話は面白かった。なんと、地球の半分もある小天体が地球とドッカ~ンでシッチャカメッチャカ。宇宙に飛散した破片が一つに集まって月になった。しかも当時は現在の地球と月の距離の二〇分の一の位置にあったという。つまり、月は今の二〇倍も大きく見えて、明るさは四〇〇倍だったって。まぶしくてまぶしくて・・・。だから互いに働く引力もものすごくって、潮汐力は今の一〇〇〇倍。今、満引きの差が一mなら、当時の満引きの差は一〇〇〇m。毎日毎日一〇〇〇mの大津波。すごい世界だな。

これが地学か。面白い。
 


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。


テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

世界の歴史は高校世界史で十分 『やりなおし高校世界史: 考えるための入試問題8問』 津野田興一

世界の歴史は高校世界史で十分 『やりなおし高校世界史: 考えるための入試問題8問』 津野田興一世界の歴史は高校世界史で十分 『やりなおし高校世界史: 考えるための入試問題8問』 津野田興一
(2013/01/09)
津野田 興一

商品詳細を見る
世界の歴史は「高校世界史」で十分。
現代世界における諸問題を理解するなら、高校時代の世界史の教科書を読めばいい。
取り上げられた入試問題八問
第一問
ドイツにおける国民国家形成について、以下の語句をすべて使用して三〇〇字以内で述べよ。また、使用した語句には下線を引くこと。算用数字は一マスに二文字いれてもよい。

社会政策 ナポレオン ドイツ関税同盟 一八四八年 普仏戦争
 (東京都立大学 一九九九)
第二問
次の問いについて、四〇〇字以内で解答しなさい。なお、解答文の中では指定された語句に下線を付すこと。

アヘン戦争、アロー戦争と続けてヨーロッパ列強との戦争に敗北した清朝は、体制の立て直しのため諸政策を打ち出していった。アヘン戦争から辛亥革命までの清朝の体制改革とその問題点を、以下の語句を解説しながら説明しなさい。

科挙制 憲法大綱 総理衙門 変法運動 洋務運動
 (筑波大学 二〇〇五年)
第三問
一九世紀になると、アジア諸地域では、ヨーロッパ列強の進出に対する抵抗運動が展開された。また同時に、近代化をはかって自らを変革する試みも見られた。一九世紀半ばのオスマン帝国期から第一次世界大戦後のトルコ共和国期に至るトルコの近代化の動きについて、政体の変化を中心に三〇〇字以内で述べよ。句読点文字数に含めよ。
(京都大学 一九九九)
第四問
次の出来事はいずれも一九〇五年に起こったものである。

イラン立憲革命 血の日曜日事件 中国同盟会 ベンガル分割令 ポーツマス条約

前記の語句を用いて、一九世紀末から一九一一年までの世界情勢について四〇〇字以内で論述せよ。その際、以下の国際条約の中から二つ選んで利用せよ。(用いた語句の下には線を引くこと。条約の年号は省略してもよい)

英仏協商(一九〇四年) 英露協商(一九〇七年) 日英同盟(一九〇二年) 日露協約(一九〇七年) 
北京議定書(一九〇一年)
(東京都立大学 一九九六)
第五問
二〇世紀の民族運動の展開を考えるさい、第一次世界大戦の前後の時期は大きな意味を持っている。この時期にはユーラシアの東西で旧来の帝国が崩壊し、その結果一部の地域では独立国家も生まれたが、未解決の問題も多く残った。それは、現代世界の民族と国家をめぐる紛争の原点ともなった。こうした旧来の帝国の解体の経過とその後の状況について、とくにそれぞれの帝国の解体過程の相違に留意しながら、四五〇字以内で述べよ。なお、下に示した語句を一度は用い、使用した箇所には必ず下線を付せ。

民族自決 三民主義 少数民族 シオニズム アラブ モンゴル オーストリア・ハンガリー バルト三国
(東京大学 一九九七)
第六問
次の文章を読んで、問に答えなさい。

二〇〇八年アメリカ大統領選における民主党候補者争いはヒラリー・クリントンとバラク・オバマによる史上まれにみる接戦となった。いずれも本選で当選すれば、アメリカ政治史上、初の女性大統領、黒人大統領の誕生となることから大きな注目を集めることとなった。しかし、歴史をさかのぼれば、そもそも、アメリカ合衆国の建国時、女性にも黒人にも、大統領に立候補する被選挙権はもちろんのこと、政治に一票を投じる参政権すら付与されていなかった。〈中略〉女性たちの参政権運動は、一八四八年にセネカ・フォールズにて開催されたアメリカ女性の権利獲得のための集会から始まったといわれる。一九世紀後半には女性団体が運動を展開し、一九二〇年になってようやく憲法修正一九条により「合衆国市民の投票権は、性別を理由として、合衆国またはいかなる州によっても、これを拒否または制限されてはならない」と定められ、女性の連邦政治への参加が可能になった。

問 
アメリカ合衆国以外の各国においても、この一九二〇年前後に、女性参政権が実現した国々が多い。なぜこの時期に多くの国々で女性参政権が実現したのか、その歴史的背景を説明しなさい。その際、下記の語句を必ず使用し、その語句に下線を引きなさい。(三五〇字以内)

クリミア戦争 総力戦 ウィルソン ロシア革命 国民
(一橋大学 二〇一〇)
第七問
二〇世紀の二つの世界大戦の間に、イタリアとドイツでは、ファシスト党とナチスがそれぞれ一党独裁を実現し、ファシズムと呼ばれる全体主義国家体制を樹立した。このような国家体制が両国において成立した理由について、一九世紀後半の国家統一以来の両国の歴史を視野に収めながら、三〇〇字以内で説明せよ。句読点文字数に含めよ。
(京都大学 一九九八)
第八問
近代以降のヨーロッパでは主権国家が誕生し、民主主義が成長した反面、各地で戦争が多発するという一見矛盾した傾向が見られた。それは、国内社会の民主化が国民意識の高揚をもたらし、対外戦争を支える国内的基盤を強化したためであった。他方、国際法を制定したり、国際機関を設立することによって戦争の勃発を防ぐ努力もなされた。

このように戦争を助長したり、あるいは戦争を抑制する傾向が三十年戦争、フランス革命戦争、第一次世界大戦という三つの時期にどのように現れたのかについて、五一〇字以内で説明しなさい。その際に、以下の八つの語句を必ず一度は用い、その語句の部分に下線を付しなさい。

ウェストファリア条約 国際連盟 十四か条 『戦争と平和の法』 総力戦 徴兵制 ナショナリズム 
平和に関する布告
(東京大学 二〇〇六)

『高校世界史』を読みこんであれば、これだけの問題に答えられる。高校世界史のレベルの高さにビックリだ。

高校の世界史の先生が書いた本。“受験を控えた高校生はもちろん、すべての社会人必読の一冊”という触れ込み。確かにこれを読んで、“もう一度、高校の世界史をやり直してみようかな”という人もいるかもしれない。じっくり読み込んでもらえば、大きな意味があるだろう。

でも、正直、『高校世界史』を読んでも、面白いとは思わない。記述だろうが、論述だろうが、出題された問題に答えられるようになれば、“できる”ことに対して面白くも感じられよう。しかし、『高校世界史』の教科書を読んで“面白い”と感じる人間がいれば、それこそどこかに《問題》があるのではないか。 
  資料ならこちらがおすすめ。東大受験にも、らくらく対応できる。

だけど、『高校世界史』からここまで読み取る事が出来るのはごく一部の学生だけで、大半はとてもそこまで至らない。一般の方も、自分が高校時代に使っていた教科書を読み込んでいけばここまで世界認識が広がるということはご存じなかった方が多いと思う。そして、『高校世界史』にそこまで求めなくてもいいのではないか、と思われるのではないだろうか。

私もそう。なぜここまでやるのか。やる必要があるのか。そう思う。

世界史は、・・・というより、歴史は面白い。それを教えたい。historyは“歴史”と同時に“物語”。「覚えればいい」と、最初からそう思い込んでいる学生の認識を変えたいのだが、これが難しい。だから、歴史をあえて物語りとして伝えたい。物語を伝えないと学生には響かないと思うのだ。

現状で、著者の先生の姿勢は正しい。本書で、「もう一度、高校の時の世界史の教科書を読みなおしてみよう」と考える一般のかたがあれば、これはとても素晴らしい。

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

こういう本をじっくり呼んで、もう少し日本語力をつけたいな 『語感トレーニング』 中村明

こういう本をじっくり呼んで、もう少し日本語力をつけたいな 『語感トレーニング』 中村明こういう本をじっくり呼んで、もう少し日本語力をつけたいな 『語感トレーニング』 中村明
(2011/04/21)
中村 明

商品詳細を見る
“日本語のセンスをみがく五十五題”
ブログ書いてても、ほとほと自分の文章に情けなくなることがある。いい年こいてるから、“弾かいてナンボ”って気持ちでやってるけど、やっぱり良い文章書きたいな。


二〇一一年九月十六日の記事に加筆修正したものです。
「伝えたい意味合いを正確に表し、それをこんな感触で相手に送り届けたいという、自分の気持ちにぴたりと合う、もっとも適切な表現を人はめざす。」

そうなんですよねぇ。
ところが、なかなかこれが難しい。
私なんぞは、正確な意味を伝えることさえ心許ない始末。
ましてや感触までは、・・・

そんな劣等感があるので日頃こういった本を手にすることは少ないんですが、ペラペラっとめくってみると、・・・
「そうそう」
「あっ、やっぱり、ここはこっちの表現だよな」
なんて感じで楽しく読めました。

amazonのカスタマーレビューはこちらをご覧ください

第1部 言った〈人〉はどんな人?
 Q11 次の①~④に、ア~エの中からもっともふさわしい語を入れてください。
 「①」とは、他人から被った迷惑や被害をその相手に返すことをさし、会話でも文章でも使われるやや古風な漢語である。漢語だけに「②」よりは若干重く響くが、「③」ほど恨みがこもっておらず、「④」というほど大げさではない感じがある。
 ア 仕返し  イ 返報  ウ 報復  エ 復讐

第2部 言われた〈もの〉はどんなもの?
 Q26 次の①~⑤の空欄に、ア~オの中からもっともふさわしいものを入れてください。
 ①(  )のような目  ②(  )のような脚  ③(  )のような口
 ④(  )のような顔  ⑤(  )のような鼻
 ア かば  イ かもしか  ウ 鷹  エ 猿  オ 鷲

第3部 〈ことば〉のにおいを感じるために
 Q42 次の①~⑥について、「情緒を感じる」表現にしたい場合、よりふさわしい表現をそれぞれア~ウの中から選んでください。
 ①輝く「ア 太陽  イ お日様  ウ 日輪」に目をやりながら、はるか前方へと歩を運んだ。
 ②明日は彼の「ア 旅立ち  イ 出発  ウ お出かけ」の日だ。
 ③「ア あちらこちら  イ そこらじゅう  ウ そこかしこ」に春の気配を感じる。
 ④この小説は読者を幻想の世界へと「ア ひきこむ  イ さそう  ウ いざなう」。
 ⑤「ア 気がつかないうちに  イ いつの間にか  ウ いつしか」日は西に傾いていた。
 ⑥ここで運命の人に「ア 出会う  イ 出逢う  ウ 出合う」ことになろうとは。

もちろん、クイズ本じゃなくて、Qは著者の設定したテーマへの導入に使われているだけ。

徹底して著者は語感にこだわる。
そして、ことばに秘められた僅かな感触の違いをとても大切にする。

こだわれば、・・・私ももう少しは・・・ 

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事