めんどくせぇことばかり やり投げ ディーンが初Vで五輪内定 村上は2位
FC2ブログ

やり投げ ディーンが初Vで五輪内定 村上は2位

6月9日(土)に行われた陸上日本選手権、男子やり投げ。

凄い試合だった。日本選手権で、二人の選手が80mを大きく上回るレベルで争う試合が見られるとは・・・。

第一人者の村上幸史は、太ももを痛めて、今季、実力を発揮できない試合が続いていた。一方、ディーン・元気は、努力を背景に、その持てる才能を開花させた。4月には、村上の最高記録を上回り、日本歴代2位となる84m28という記録をたたき出していた。

しかし村上は、ここに合わせて体調万全に仕上げてきた。2投目、ディーンは81m62を投げれば、村上は82m93の大会新記録を叩きだす。この段階で世界レベルの勝負に突入。しかし、圧巻はここから。村上は3投目にさらに記録を伸ばし、83m95の自己最高記録をマーク。流石の力を発揮し、やはりここは村上か、とだれもが思ったろう。

ディーンの4投目。多くの選手が客席に手拍子を求める中、彼は人差し指を唇に当て、静粛を求めた。自分のやるべきことに集中できる環境が欲しかったのだろう。静まり返った中、ディーンが槍を担いで走りだす。スピードに乗ったまま投擲。そしていつものように飛び込むように倒れこむ。放たれた槍はぐんぐん伸び、村上の3投目とほぼ同じ距離に突き刺さる。84m03。村上の記録を、わずか8cm上回る。

4・5・6投目、村上は納得できる投擲ができず、試合を終わる。6投目、最後の投擲を終えた村上がベンチに帰る。オリンピック出場と優勝を決め、歓声に答えようとするディーンがベンチから飛び出してくる。勝者と敗者がすれ違う。村上は笑顔で後輩の勝利を讃え、勝者と手のひらを合わせる。

心に残る、名勝負だった。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/channel/live/show/athletic/784&manual=1

人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 陸上競技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


極北の自然に見せられた写真家の旅を一冊に! 
大切なことは出発することだった
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
























































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事