めんどくせぇことばかり 沖縄根拠地隊司令官 大田實海軍少将 最後の電報 『報道されない沖縄 沈黙する「国防の島」』 宮本雅史
FC2ブログ

沖縄根拠地隊司令官 大田實海軍少将 最後の電報 『報道されない沖縄 沈黙する「国防の島」』 宮本雅史

大田實海軍少将は自決目の昭和二〇年六月六日、海軍次官宛に送った電報でこう報告している。

発 沖縄根拠地隊司令官

宛 海軍次官

左の電□□次官に御通報方取り計らいを得たく

沖縄県民の実情に関しては県知事より報告せらるべきも 県には既に通信力なく 三二軍司令部又通信の余力なしと認めらるるに付 本職県知事の依頼を受けたるに非ざれども 現状を看過するに忍びず 之に代って緊急御通知申上ぐ

沖縄島に敵攻略を開始以来 陸海軍方面 防衛戦闘に専念し 県民に関しては殆ど顧みるに暇なかりき

然れども本職の知れる範囲に於ては 県民は青壮年の全部を防衛召集に捧げ 残る老幼婦女子のみが相次ぐ砲爆撃に家屋と家財の全部を焼却せられ 僅に身を以て軍の作戦に差支なき場所の小防空壕に避難 尚 砲爆撃下□□□風雨に曝されつつ 乏しき生活に甘んじありたり

而も若き婦人は卒先軍に身を捧げ 看護婦烹炊婦は元より 砲弾運び 挺身切込隊すら申出るものあり

所詮 敵来りなば老人子供は殺さるべく 婦女子は後方に運び去られて毒牙に供せらるべしとて 親子生別れ 娘を軍衛門に捨つる親あり

看護婦に至りては軍移動に際し衛生兵既に出発し身寄無き重傷者を助けて敢て真面目にして一時の感情に馳せられたるものとは思われず

更に軍に於て作戦の大転換あるや 自給自足 夜の中に遥に遠隔地方の住居地区を指定せられ輸送力皆無の者 黙々として雨中を移動するあり

是を要するに陸海軍部隊沖縄に進駐以来終止一貫勤労奉仕物資節約を強要せられつつ(一部は兎角の悪評なきにしもあらざるも)只々日本人としての御奉公の護を胸に抱きつつ遂に□□□□与ヘ□コことなくして本戦闘の末期と沖縄島は実情形□□□□□□一木一草焦土と化せん

糧食六月一杯を支うるのみなりと謂う

沖縄県民斯く戦えり

県民に対し後世特別の御高配を賜らんことを

報道されない沖縄  沈黙する「国防の島」報道されない沖縄 沈黙する「国防の島」
(2012/04/28)
宮本 雅史

商品詳細を見る


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事