めんどくせぇことばかり 『イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34)』
FC2ブログ

『イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34)』

イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34)イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34)
(2012/02/29)
ミカエル ライリー、ジェイミー バイロン 他

商品詳細を見る

正直、この本で自国史を勉強できるイギリスの子弟は幸福であると思える。成熟した“大人の書いた歴史”である。

第一章 サー・ウォルター・ローリーの北米移民計画の挫折
第二章 東インド会社のインド支配
第三章 七年戦争における二人の英雄 ジェームズ・ウォルフとロバート・クライヴ
第四章 イギリスにおける奴隷貿易
第五章 囚人植民地に始まるオーストラリアの歴史
第六章 1857 インド大反乱
第七章 アフリカ争奪戦 ベナン大虐殺
第八章 ヴィクトリア時代を頂点とする大英帝国
第九章 アイルランド
第十章 中東への進出とパレスチナ問題
第十一章 インドからの撤退
第十二章 コモンウェルズからの移民と等身大のイギリス

本来の章題は違うのですが、ここでは、その内容から私が勝手につけた章題を並べました。“イギリスの近代史”である以上、「かつて世界を支配したイギリス」を書くのは当然だし、「支配されるものの目から見たイギリス」も書かれる必要がある。しかし、本書の優れたところは、現代人の目でもってたやすく歴史に判決を下そうとはしないところだ。その中から、今のイギリス、これからのイギリスのためになにを教訓として行かなければならないかを、この教科書を使って勉強する者たち自身に考えさせようとする姿勢だ。

この本には「終章」がある。その中でこの本が取り上げなかった歴史が明示されている。

ゴードン将軍やセシル・ローズといった帝国の英雄
アメリカ独立革命
タスマニア
支配された人々の目から見たイギリス史
女性にとってのイギリス史
アヘン
戦争

もちろん他にもあげられる。だからといって、本書はそれを詫びるわけでもない。まるで、「興味を持ったのなら自分たちで勉強してごらん」とでも言わんばかりだ。でも、たしかにその通り。この本で歴史に接する態度と姿勢を身につけた者なら、もはやどんな歴史に立ち向かおうと、簡単に打ち負かされることはないだろう。しっかりと「今の、そしてこれからのイギリスのためになる教訓」を引き出すことに成功するだろう。

内容に対しては、多々不満はある。イギリスにやってこられた側からすれば、あまりに簡単に書かれすぎていると感じる部分は多い。しかし、これはイギリス人が使うイギリスの教科書だ。他から文句をいう筋合いのものでもない。その責を負うのは将来のイギリス国民なのだから。

つくづく、今の日本の歴史に、大きな不備を感じさせられる一冊だった。


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事