めんどくせぇことばかり 八月一六日以降
FC2ブログ

八月一六日以降

大陸命第一二八二号
命令

第一総軍司令官、第二総軍司令官、関東軍総司令官、支那派遣軍船司令官、南方軍船司令官、航空総軍司令
官、第五方面軍司令官、第八方面軍司令官、第十方面軍司令官、第三十一軍司令官、小笠原兵団長及参謀総
長ハ即時戦闘行動ヲ停止スヘシ
但シ停戦交渉成立二至ル問敵ノ来攻二方リテハ止ムヲ得サル自衛ノ為ノ戦闘行動ハ之ヲ妨ケス
諸部隊ハ宿営、給養等ノ便ヲ顧慮シ適宜ノ地域二集結シ爾後ノ行動ヲ準備スルコトヲ得


前項各車司令官ハ戦闘行動ヲ停止七八其日時ヲ速二報告スヘシ


細項二関シテハ参謀総長ヲシテ指示セシム

昭和二十年八月十六日
奉勅伝宣参謀総長 梅津美治郎
参謀総長      梅津美治郎殿
第一総軍司令官   杉山元殿
第二総軍司令官   畑俊六殿
関東軍総司令官   山田乙三殿
支那派遣軍船司令官 岡村寧次殿
南方軍船司令官伯爵 寺内寿一殿

8月11日
ソ連軍は国境線を越えて、南半部への進攻を開始していた。
8月15日
日本の大本営が「積極進攻作戦」禁止を命じる
極東ソ連軍船司令官ワシレフスキ元帥は、樺太の真岡(ホルムスク) への上陸作戦の実施と二五日までに千島列島を占領するよう命令。したがって、樺太南部では一六日以降も戦闘が継続しており、大本営は、戦闘行動の即時停止を命じたが、対ソ戦の状況もあり「自衛戦闘」を除外した。
8月16日
大本営の「自衛戦闘」除外命令により、樺太を担当区域とする第五方面軍(司令部・札幌)は、樺太の第八八師団にたいして「自衛戦闘」の実施と「南樺太死守」を命じた。この後も、しばらく停戦のきっかけがなく、大本営も第五方面軍も停戦命令発令のタイミングを図りかねていた。一九日の第一次の全面的停戦命令(二二日実施) には、北海道の第五方面軍は含まれなかった。
8月18日
八月一六日、カムチャッカ半島ペトロパブロフスクより出航したソ連軍の千島占領部隊は、一七日深夜に千島列島北端の占守島沖に到着、一八日午前一時半過ぎから上陸作戦を開始。占守島には第五方面軍の第九一師団を基幹とする約二万三〇〇〇人の日本陸海軍部隊がいた。占守島の日本軍は、「自衛戦闘」と解釈して上陸してきたソ連軍にたいして海岸線付近で反撃し、激しい戦闘となった。午後、守備隊の上級司令部である第五方面軍は、大本営による全面的な停戦実施の予告に接し、占守島守備隊に停戦督促命令を下した。
8月19日
午後四時、現地日ソ両軍の間で停戦協定が成立した。
8月20日
ソ連軍は、海軍艦艇の艦砲射撃の支援のもとに、樺太南端部の真岡に別働部隊を上陸させた。同日、 日本側軍使がソ連兵によって射殺される事件がおこり、現地での停戦交渉はなかなか始められなかった。
8月22日
現地で日本軍第八八師団首脳とソ連軍側の交渉がおこなわれ、停戦が取り決められた。 樺太・千島の戦況を見ながら、外地部隊にたいする大陸命発令のタイミングを図っていた大本営は、外地各車と第五方面軍にたいする第二次の全面的停戦命令(二五日実施)を下令したのである。


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 大東亜戦争の本当のこと
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事