めんどくせぇことばかり 『シャボン玉』 『花いちもんめ』 貧しかった日本
FC2ブログ

『シャボン玉』 『花いちもんめ』 貧しかった日本

シャボン玉飛んだ  屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで  こわれて消えた
風 風 吹くな シャボン玉飛ばそ

シャボン玉消えた 飛ばずに消えた
生まれてすぐに こわれて消えた
風 風 吹くな シャボン玉飛ばそ


野口雨情がこの詩を発表したのは大正11(1922)年、大日本仏教コドモ会発行の雑誌「金の塔」紙上のことでした。野口は明治41(1908)年に長女のみどりを英語わずか8日で喪った。さらに大正10(1921)年には2才の娘恒子を喪っている。野口が喪った二人の娘への思いをこの詩に託したことは疑いのないところだろう。しかし野口は、子息である存彌(のぶや)氏は、「父の口から直接聞いた話」と前置きしてこう語っている。野口は「自分の子供をテーマに詩を書くなど外聞が悪い。」とすれば、野口は、娘の死への思いも込められているにしても、それだけを思ってこの詩を書いたわけでも無さそうである。

大正7(1918)年から翌年にかけて、第一次大戦中の西部戦線で発生し、スペインで猛威を振るった流行性感冒、スペイン風邪が世界中で流行。その波は日本にもおよび、15万人が死亡する。日本はまだ、貧困の中にあった。多くの子供達が貧困の犠牲になった。病で死ぬだけでなく、子沢山に養いきれず、親が自ら赤子に手を掛ける、いわゆる間引きで死んでいった子の数も、決して少なくはない時代だった。戦後生まれの私でさえ母から聞いたことがある。二番目にできた子は、生むことができなかったと。

親の手にかかった子は哀れだが、親もまた哀れである。東北の民芸「こけし」の語源が「子消し」であるという説を聞いたことがある。あまりにも哀しい話なので、「こけし」からは、子を消した“うで”が失われているのだと。真偽の程に責任は持てないが。そんな“時代”の悲しみを、野口はこの詩に託したのだろう。


ふるさともとめて 花いちもんめ
あの子が欲しい あの子じゃわからん
この子がほしい この子じゃわからん
相談しよう そうしよう
◯◯ちゃんがほしい △△ちゃんがほしい
・・・・・・・・
勝って嬉しい花いちもんめ 負けて悔しい花いちもんめ
隣のおばさんちょっと来ておくれ
鬼が怖くていかれない
オカマかぶってちょっと来ておくれ
オカマないから行かれない
お布団かぶってちょっと来ておくれ
お布団破れていかれない
病で死なないまでも、あるいは親から間引かれないまでも、口減らしのために売られた娘たちがいる。「ふるさとまとめて」つまり“ふるさとを捨てて”、「花」つまり“女”として、“一もんめ”のはした金で売られていった娘たちである。

これは、娘を買って、遊郭に売り飛ばすことを職業とする女衒と親との掛け合いを唄ったものだ。女衒は“買って嬉しい”と唄い、泣く泣く娘を失った親は“負けて悔しい”つまり“安く買い叩かれて悔しい”と嘆くのである。
つくづく日本は、貧しかったのだ。
この本を元にまとめました。


人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 生きるための歌
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事