めんどくせぇことばかり 阿部正弘内閣が大統領国書を回覧し、広く意見を求めた件 メモ『幕末外交と開国』
FC2ブログ

阿部正弘内閣が大統領国書を回覧し、広く意見を求めた件 メモ『幕末外交と開国』

1853年 阿部正弘内閣の決断

7月14日、米大統領フィルモアの国書受理
7月31日、米大統領国書を回覧、各界から意見を求めることを決断
10月17日、大型船建造海禁
秋、台場建設着工

回覧の主な内容
  1. 親友の懇交を結び、通称の条約を定める
  2. アメリカは異国の政礼を侵さない
  3. 火輪船でアメリカより太平洋を渡り、十八日で来日できる
  4. 隣接の両国が往来すれば必ず大利益を得る
  5. 貿易をはじめても中止は可能、期間も限定できる
  6. 難破船の船員救助の取り決めをする
  7. 火輪船に石炭を供給する

仙台藩士 大月平次の意見書[7月13日付け 国書受理前日]
【「門下生」として林大学頭健の「御内意」に答えた報告】
  1. 黒船四隻の戦力は強大ですが、彼らに交戦の意図はまったくありません。わが国には自国の戦いでありますが、彼らには補給線がありませんから、戦争にはならないでしょう。
  2. 渡来の意図は、蒸気船用の石炭補給地として一島を拝借することにあり、「異国船薪水施待所」について、伊豆下田や志州鳥羽の案があり、下田の場合には韮山代官の江川英龍を登用すべきです。万里の波涛を越え、断固たる決意で渡来したからには、少しは「御聞届」の必要がありましょう。
  3. 海外の事情に通じた人が廟堂におらず、四藩による警備の費用は膨大でこのままでは疲弊してしまいます。太平の世の中に慣れすぎ、戦争のことは耳に入れるのも嫌がる風潮が蔓延しています。帰国漂流民の万次郎を召しかかえ、この度の掛合役に登用すべきです。なお、交易は許すべきではありません。
仙台藩士大月平次は、大槻玄沢の次男。江川英龍の門下生でもあった。

各界からの意見
記録に残るものは719通。大名、藩士、幕臣、学者、吉原の遊女からの意見も残されている。
  1. 現状維持
  2. 消極的開国
  3. 積極的開国
    幕末外交と開国 (講談社学術文庫)幕末外交と開国 (講談社学術文庫)
    (2012/09/11)
    加藤 祐三

    商品詳細を見る
    無能無策な幕府が黒船の“軍事的圧力”に屈したという「日本史の常識」を検証

   
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事