めんどくせぇことばかり 2012年11月 『ロシアの声』に登場する北方領土
FC2ブログ

2012年11月 『ロシアの声』に登場する北方領土

2012年『ロシアの声』に登場する北方領土
                             ミィ13 


11月13日
野田首相の訪露延期
http://japanese.ruvr.ru/2012_11_08/noda-roshia-houmon/
プーチン大統領の過密日程で野田首相のロシア訪問延期。いわゆる「北方領土」の問題が、ロシア政府指導部と討議される予定であった。


先月から北方領土に関するニュースが確実に、極端に減少している。プーチン大統領の病気はだいぶ重いのかもしれない。


11月19日
クリル諸島で戦時中の航空機搭載爆弾発見
http://japanese.ruvr.ru/2012_11_19/kuriru-bakudan/
クリル諸島北部のシュムシュ島で第二次世界大戦中の航空機搭載爆弾が発見された。爆発物の技術者らが処理を行う予定だが、悪天候のため現場に到着することができない。

11月21日
経済は妥協を要求する
http://japanese.ruvr.ru/2012_11_21/95395239/
「この問題においては日本とロシアの間には最も良い状況が認められる。ロシアはこの問題について落ち着いて対話を行う構えを見せているからだ。大規模な反日キャンペーンや大暴動がマスコミをにぎわせているが、こうした反日行動が起きる可能性はロシアでは全く考えられないことだ。」

11月30日
野田首相 12月予定のロシア訪問を延期
http://japanese.ruvr.ru/2012_11_30/96383157/
野田佳彦首相は今年12月に予定されていたロシア訪問を延期した。これより先に伝えられていたところでは、野田首相のモスクワ訪問では二国間関係および国際問題、経済協力、および懸案となっているクリル四島についての領土問題が協議される予定だった。

日本、イメージチェンジの過程
http://japanese.ruvr.ru/2012_11_30/nihon-imeejichenji-heiwanakuni-kara-dakkyaku/
日本は少しずつ、外国からの軍事的な援助を取りつけつつ地域連合を組み立ててゆく「平和な国」というイメージから脱却しつつある。
中国の、毎年劇的に増加している軍事費、係争諸島への領土要求、南シナ海の大部分への影響力の増大に突き動かされて、日本が「平和な」国というイメージから脱却を迫られるということは、あり得ることだ。

11月は、北方領土関連のニュースが極端に少なかった。“ロシアの声”を確認し始めてからはじめてのことである。プーチンにはなにか起きている。そう考えざるを得ない。

 

  

関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。一匹狼リョウタです。「ロシアの声」。こんな面白いサイトがあったんですね。私もロシアには興味ありますので、参考にさせて頂きます。ありがとうございます。

コメントありがとうございます

まだソ連を引きずっているのか、情報分析の角度がいわゆる自由主義圏と違っていて面白いですよ。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事