めんどくせぇことばかり 『アホの極み  3.11後、どうする日本! ?』 池田清彦
FC2ブログ

『アホの極み  3.11後、どうする日本! ?』 池田清彦

『アホの極み  3.11後、どうする日本! ?』 池田清彦『アホの極み  3.11後、どうする日本! ?』 池田清彦
(2012/09/20)
池田清彦

商品詳細を見る
表紙の温泉マークは?
「いつまでものぼせ上がってんじゃねぇよ」って意味だろうな。やっぱり。

『俺は死ぬからいいけどね』

『まあ、私は生きてないので関係ないけどね』

『余命いくばくもない私には、あまり関係のない話だけどね』

週刊朝日の連載エッセイ「池田教授の机上の放論」から抜粋、加筆した、計75本のエッセイ集。

『アホの極み』という題名もそうだが、何より表紙の温泉マークが世間をバカにしている。世間にはびこる“アホ”どもへの厳しいお叱りと、うぶな良民たちへの警告集です。

内容は、“原発”、“温暖化”、“超大赤字財政”、“景気”、“学問”、“虫”と、多岐にわたります。中には、「英語はペラペラでもバカはバカ」なんてテーマまである。これなんか、大笑いです。

上記の赤文字は、それらの「お叱り」、「警告」の末尾につけ加えられた著者の「捨てセリフ」です。さらに、『おわりに』にこうあります。
他人の首を占めているつもりが、気がついたら自分の首だったという今の日本の状況に、一人でも多くの人が気づいて欲しいというのが、私のささやかな願いである。

余命いくばくもない老人が、日本の未来を心配しても詮ない事は分かっているが、心根が優しいので、つい筆がすべってしまうのですよ。

エッ、ウソをつくなといってますか。

ハハハ、人生は短い、酒のんで寝ようか。 
まちがいない。この人の心根は優しい。

あとは、“若いモン”の問題であり、責任。


先日読んだ本の中で、内田樹氏が、この本の著者、池田清彦氏の名前を出していました。
総理大臣が養老(孟司)先生で、環境大臣に池田清彦さん、それで文部科学大臣に茂木健一郎さんだね。厚生労働大臣は名越(康文)さんだよ。
これは内田樹氏と名越康文氏の対談の中で、ふたりが勝手に組閣している様子です。池田氏が環境大臣に推されたのは、“CO2温暖化論”に真っ向から立ち向かう姿勢故のことであろうが、これはやめたほうがいいだろう。この人は外においておいた方がいい。
 
エッ、なぜやめたほうがいいかって・・・。

それはこの本読めば、すぐわかりますよ。

 

『「地球温暖化」神話 終わりの始まり』 渡辺正

関連記事

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事