めんどくせぇことばかり 常識として知っておきたい日本の三大宗教 神道・儒教・日本仏教 (イラスト図解版)
FC2ブログ

常識として知っておきたい日本の三大宗教 神道・儒教・日本仏教 (イラスト図解版)

常識として知っておきたい日本の三大宗教 神道・儒教・日本仏教 (イラスト図解版)常識として知っておきたい日本の三大宗教 神道・儒教・日本仏教 (イラスト図解版)
(2012/09/25)
歴史の謎を探る会

商品詳細を見る
神道・儒教・日本仏教
日本仏教というあたりがミソかな・・・

ペラペラっとめくってみるといかにも浅そうで、読んでみると案外深い。

深いような気がするんだけど、なんとも軽い。

知ってることや、興味ないことは、グングン読み飛ばしても、特別、後ろ髪を引かれるような罪悪感もない。
(私、引かれる後ろ髪ないんですけど・・・)

ということで、第一章「ルーツはどこにありどのように広まったのか」、第二章「私たちに、どういった教えを説いているのか」は、読み飛ばし。

第三章「人々の暮らしにどう溶けこんできたか」は、面白そうなんで読んでみました。

鏡餅、おとそ、おせちは、本来、神に供えるためのもの

門松は、本来、豊作をもたらす農耕神「歳神」の依代

ひな祭りは、古代の春のお祓い。紙で作った「ヒト形」を川に流して穢れを祓った

七夕の夜、「棚機女 タナバタツメ」は人里離れた機屋で機を織り、神と一夜を過ごした

お盆は、本来、祖先の霊を祀る日本土着の行事。先祖崇拝を取り込んだ仏教を中国から取り入れて習合した

お盆のきゅうりとなすで作った馬、どちらがお迎え用で、どちらがお見送り用?
お盆の馬

行事だけじゃなくて、衣食住ばかりでなく言語、思想、すべての中に「神道、儒教、日本仏教」が入り込んで、それを欠いては日本人の生活は成り立たない。

第四章「お参りの場にはどんな違いがあるのか」
お参りの場って、神社と孔子廟とお寺。神社とお寺はともかく、「孔子廟はピンと来ない」と思ったら、そうだ、湯島聖堂がそうだった。

第五章「神社にはどんな神様が摩売られているのか」、第六章「日本人は、こうした仏様を信じてきた」
ここでは、私たち日本人にとって身近な神様、仏様が、一体どんな存在なのかが詳しく語られている。たとえば、神様では“お稲荷さん”、“八幡様”、“天神様”。

仏様では…私なんかが言うまでもないな。

気軽に身近において、目についた時にペラペラって言うくらいの、軽さがいい。


 
関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事