めんどくせぇことばかり 『特攻隊員の手記を読む』 北影雄幸
FC2ブログ

『特攻隊員の手記を読む』 北影雄幸

『特攻隊員の手記を読む』 北影雄幸『特攻隊員の手記を読む』 北影雄幸
(2012/07/13)
北影雄幸

商品詳細を見る
特攻隊員たちは人間的にも他を絶して優れていた
その彼らが、死を賭して守らんとしたものは・・・

一種の集団的発狂  マインド・コントロール  自爆テロ

そのような観点から特攻隊を捉えることが可能なら、こんなに胸をかきむしられるような思いをすることもないだろう。しかし、彼らが残した声に一度触れれば、そんな見方は跡形もなく吹き飛んでしまう。彼らは愛するものを守るために、愛する日本を後世に残すために、自分の“生”を犠牲にしたのだ。

イデオロギー、思想、結局そんなものとはまったく無関係に、自分を愛し、育んでくれた父を、母を、この日本という国を良しとして、それを守るために、二十歳そこそこの生命を投げ出した。彼ら自身が、父を、母を、そしてこの国を深く愛していた証明である。

彼らの多くは日本がおそらく負けるであろうことを、確信を持って感じ取っていた。それを分かっていてなおかつ、自分の生命を投げ出すことに同意した。そこに、大きな意義を見出していた。

たとえ負けても、特攻隊員として散った自分たちの“生命”を、のちの日本人がかならず“生かしてくれる”。そしていつか日本が再建される日が来るならば、自分たちの“若き死”は、決して“無駄死”ではない。

彼らの死後に訪れる日本再建の苦難の日々を、残された者たちが必ず乗り越えてくれる。自分たちの死に様が、必ずそれを支える力となる。その思いなくして、なぜあそこまで潔く、なぜあそこまで清々しく死ねるのか。

“きれいごとでは済まされない”などという意見に耳を貸すつもりはない。多くの者が、そう望んで死んだのだから。特攻をめぐる問題点は、別の機会に論じればいい。

そのような境地に到達するまで、彼らは一体どれだけ考えたのだろうか。自分が生きてきたことの意味を。自分が死ななければならないことの意味を。どれだけ思いなたんだろうか。どれだけかきむしるような思いに苛まれただろうか。その道程は様々であっても、彼らの多くは、その境地に達したのだ。
特攻1 特攻2 特攻3   

彼らの多くが、最後の手紙で父や母に語りかけている。「お父さん、お母さん、今日まで育てていただいて、ありがとうございました」と。

彼らの真情を思うと胸が締め付けられます。同時に、未だ年若い皆さん。分かりますか。このように呼びかけられた父や母の気持ちが・・・

日本は、とてつもなく切ない時代を経験しました。特攻で死んだ若者たちのは、後に続く者たちに愛する日本を託しました。しかし日本は、残念ながら、変わってしまいました。彼らが望んだような日本は、今はもう無い。それを取り戻すために残された時間も、そう多くは残されていない。

回天特攻隊員が日本を離れる時の様子を、こう書き残しています。

三十日の一七〇〇、豊後水道通過、迫り来る暮色に消えゆく祖国の山々へ最後の決別をした時、真に感慨無量でした。日本の国というものが、これほど神々しく見えたことはありません。神国断じ
て護らざるべからずの感を一入深うしました。

特攻4


『永遠の0〈ゼロ〉』 百田尚樹
「太平洋戦争 最後の証言-零戦・特攻編」 門田隆将
『太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編』 門田隆将
『特攻 空母バンカーヒルと二人のカミカゼ』マクスウェル・テイラー・ケネディ


 
関連記事

テーマ : 大東亜戦争の本当のこと
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事