めんどくせぇことばかり 『終末処分』 野坂昭如
FC2ブログ

『終末処分』 野坂昭如

『終末処分』 野坂昭如『終末処分』 野坂昭如
(2012/09/24)
野坂昭如

商品詳細を見る
原子力のゴミ、家庭から排出されるゴミ、そして彼自身が“ゴミ”

敬愛する野坂昭如氏の小説。2012年10月に出た本だが、なんと昭和53年に書かれたものだという。ビックリ。まったく今の話じゃねぇか。

高畑は、日本の原子力政策の黎明期を担った専門家エキスパート。そう自負する彼が、原子力の職場から追われた。照射済み核燃料の処理をめぐるリベートを疑われ、いや、公私入り乱れるさまざまな中小を取り沙汰され、疲れは建て彼はその職を辞した。背景にはアメリカの思惑、軽水炉を売り込む黒い利権の存在があった。

職場を追われた彼は文筆業に転身した。それが離婚の直接的な引き金となった。いや、妻はそれを口実に夫を捨てた。高畑は“原子力”という職場から捨てられ、妻、家族からも捨てられたのである。“ゴミ”として。

この物語のテーマは“ゴミ”。しかも、日本人が捨て去り、省みようともしない“ゴミ”の話しである。

原子力のゴミ。物語の中で高機が取り組もうとする家庭から出されるゴミ。産業社会という都市文明の影で、牧歌的イメージを押し付けられて置き忘れられた農村というゴミ。社会の底辺に沈んだ元売春婦というゴミ。そして彼自身もゴミ。

ほんの180ページ弱の物語としては、多種多様のゴミを、よくもこれだけ揃えたものだ。あまりにも揃えすぎた。そのためか、これらの“ゴミ問題”は、すごく強引な手法で終焉を迎えることになる。作家はなんとこれらのゴミに社会の機能を停止させてしまう。「今、立ち止まらなければ・・・」と

私は読みながら、この物語は、少なくとも福島第一原発事故のあとに書かれたものと疑いも抱かなかった。

原子炉の場合、発電量と、その建設費は比例しない、三十五万キロワットの炉と百万キロワットのそれとくらべて、後者のコストは前者の二倍にまでいたらぬ、だから大型化になる一方で、しかし、施設が、あまり巨大になってしまうと、これに対して一種の信仰が生まれる。

効率の良さを追求したあげくのことだから、あくまで人間のコントロール下にあるべきものが逆転する。なにごとのおわしますかは知らねども、しみじみありがたさが身に沁み、巨大な存在に対する批判反省を忘れ、その奴隷となることに喜びを見出す。技術者が自分の技術に自信をもつのはいいが、原発に対する安全性についての疑問を提示された時、極端な拒否反応を示すのは、つまり自分の神を冒涜されたと感じるからだ。

この文章、本当に昭和53年に書かれたものなのか。今、事故後の日本人が感じていることそのままじゃないか。

今、原子力に関する情報は錯綜している。錯綜しながらも、“電力不足”という真綿がジワジワと国民の意識を締め上げている。昭和53年に提示された上記の意識に戻って、とりあえず、わたしたちは立ち止まってみるわけにはいかないだろうか。


『アホの極み  3.11後、どうする日本! ?』 池田清彦

野坂昭如との出会いはここから



関連記事

テーマ : 小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事