めんどくせぇことばかり お騒がせ議員 松崎哲久 埼玉10区の有権者のみなさん、お願い
FC2ブログ

お騒がせ議員 松崎哲久 埼玉10区の有権者のみなさん、お願い

これは2012年11月18日の記事を加筆修正したものです。

日本新党繰上補充事件

松崎哲久は、1992年7月26日に行われた第16回参議院議員通常選挙の比例区に、日本新党の名簿5位として立候補したが、日本新党の比例区の当選枠が4人だったため、次点で落選した。

しかし、1993年6月23日に、日本新党から党員としての適格に著しく欠けるとして松崎は除名され、日本新党の比例名簿から除外された。

その後、同年7月18日施行の第40回衆議院議員総選挙の選挙において、1992年の参院選比例区で日本新党候補として第1位と第2位でそれぞれ当選していた細川護熙と小池百合子が衆議選立候補のために失職したが、松崎は除名によって比例名簿から除外されていたため、名簿掲載第6位の小島慶三、第7位の円より子が繰り上げ当選する。

松崎は、東京高等裁判所に、中央選挙管理会を相手方として、除名の無効を主張して、円の当選無効確認を求める行政訴訟を起こす(勝訴すれば、自身の繰り上げ当選となる)。

1994年11月29日、第1審の東京高等裁判所は、除名手続による名簿除外が違法として、円の繰り上げ当選の無効(松崎の繰り上げ当選)を認める判決を下した。これに対し、中央選挙管理会は上告。

上告審では、1995年5月25日、最高裁判所が、除名処分を合法とし、円の繰り上げ当選を有効とする判決がなされ、確定した。

日本新党はその後、1994年に非自民勢力結集として新進党結党参加。しかし、1997年に新進党は解党し、非自民勢力結集は民主党として結集された。

松崎は、2003年に民主党候補として衆院選で当選。松崎の当選時、訴訟で松崎から議席の明け渡しを要求された円は、民主党議員であり、役職は副代表であった。
〈ウィキペディア〉

小沢朝貢訪朝団

<名誉団長>
小沢  一郎 (衆院岩手4区)
<名誉副団長>
輿石   東 (参院山梨)
<団長>
山岡  賢次 (衆院栃木4区)
<団事務総長>
細野  豪志 (衆院静岡5区)
<団事務局長>
高山  智司 (衆院埼玉15区)
<団事務局長代理>
中谷  智司 (参院徳島)
 
<衆議院> 
阿知波 吉信(岐阜5区)   相原 史乃(比例南関東)   青木 愛(東京12区)  
網屋 信介(比例九州)    石井  章(比例北関東)   石川 知裕(北海道11区)
石関 貴史(群馬2区)    石田 三示(比例南関東)   石森 久嗣(栃木1区)
石山 敬貴(宮城4区)    市村 浩一郎(兵庫6区)   内山 晃(千葉7区)
打越 あかし(比例九州)   江端 貴子(東京10区)   小野塚 勝俊(埼玉8区)
小原 舞(比例近畿)     大谷 啓(大阪15区)    大西 孝典(比例近畿)
大山 昌宏(比例東海)    太田 和美(福島2区)    岡島 一正(千葉3区)
奥野 総一郎(千葉9区)   奥村 展三(滋賀4区)    加藤 学(長野5区)
海江田 万里(東京1区)   笠原 多見子(比例東海)   梶原 康弘(兵庫5区)
勝又 恒一郎(比例南関東)  金子 健一(比例南関東)   川越 孝洋(比例九州) 
川島 智太郎(比例東京)   川村 秀三郎(宮崎1区)   河上 みつえ(比例近畿)
木内 孝胤(東京9区)    黄川田 徹(岩手3区)    菊池長右ェ門(比例東北)
京野 公子(秋田3区)    櫛渕 万里(東京23区)   熊田 篤嗣(大阪1区)
黒田 雄(千葉2区)     小林 興起(比例東京)    小林 正枝(比例東海)
小宮山 泰子(埼玉7区)   古賀 敬章(福岡4区)    斉木 武志(比例東海)
斉藤 進(静岡8区)     斎藤やすのり(宮城2区)   坂口 岳洋(山梨2区)
阪口 直人(和歌山2区)    城島 光力(神奈川10区)  神風 英男(埼玉4区)
瑞慶覧 長敏(沖縄4区)   杉本 かずみ(愛知10区)  菅川 洋(比例中国)
鈴木 克昌(愛知14区)   空本 誠喜(広島4区)    田名部 匡代(比例東北)
田中けいしゅう(神奈川5区) 田中美絵子(比例北陸信越)  高野 守(比例北関東)
高橋 昭一(兵庫4区)    高橋 英行(比例四国)    高松 和夫(比例東北)
高邑 勉(比例中国)     滝 実(奈良2区)      玉木 雄一郎(香川2区)
玉城 デニー(沖縄3区)   玉置 公良(比例近畿)    中後 淳(比例南関東)
辻 惠(大阪17区)     道休 誠一郎(比例九州)   中島 正純(大阪3区)
中塚 一宏(神奈川12区)  中林 美恵子(神奈川1区)  長  敬(大阪14区)
長島 一由(神奈川4区)    野田 国義(比例九州)    萩原 仁(大阪2区)
橋本 清仁(宮城3区)    畑 浩治(岩手2区)      浜本 宏(比例近畿)
樋高 剛(神奈川18区)   福嶋 健一郎(熊本2区)   福田 昭夫(栃木2区)
松岡 広隆(比例近畿)    松木けんこう(北海道12区) 松崎 哲久(埼玉10区)
三宅 雪子(比例北関東)   三輪 信昭(比例東海)     水野 智彦(比例南関東)
皆吉 稲生(比例九州)    宮島 大典(長崎4区)     村上 史好(大阪6区)
室井 秀子(比例近畿)    本村 賢太郎(神奈川14区)  森本 和義(愛知15区)
森本 哲生(三重4区)    森山 浩行(大阪16区)   矢崎 公二(長野4区)
谷田川 元(千葉10区)   柳田 和己(比例北関東)   山尾 志桜里(愛知7区)
山口 和之(比例東北)    山口 壯(兵庫12区)    山崎 誠(比例南関東)
山田 良司(比例東海)    横粂 勝仁(比例南関東)   和嶋 未希(比例東北)
若井 康彦(千葉13区)   若泉 征三(比例北陸信越)  渡辺 浩一郎(比例東京)
渡辺 義彦(比例近畿)
 
<参議院>
一川 保夫(石川)      岩本 司(福岡)       植松 恵美子(香川)
大久保 潔重(長崎)     風間 直樹(比例)       金子 洋一(神奈川)
川上 義博(鳥取)      川崎 稔(佐賀)       工藤 堅太郎(比例)
行田 邦子(埼玉)      佐藤 公治(広島)      主濱 了(岩手)
鈴木 陽悦(秋田)      外山 斎(宮崎)       富岡 由紀夫(群馬)
友近 聡朗(愛媛)      姫井 由美子(岡山)     平山 幸司(青森)
藤田 幸久(茨城)      藤谷 光信(比例)      藤原 良信(比例)
牧山 ひろえ(神奈川)    室井 邦彦(比例)      横峯 良郎(比例)
吉川 沙織(比例)      米長 晴信(山梨)

この朝貢の直後、小沢一郎氏は、習近平と天皇陛下の会談を前例を破る形で強引にセッティングした。 
民主・松崎議員 自衛官を「恫喝」車逆走指示 「俺を誰だと思ってる」

・・・産経新聞(2010/11/18) 民主党の松崎哲久衆院議員(60)=埼玉10区=が今年7月、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)で行われた納涼祭で秘書が運転する車を呼び寄せる際、空自側の規則どおりの対応に不満を抱き、隊員に「おれをだれだと思っているのか」と“恫喝(どうかつ)”ともとれる発言をしていたことが17日、分かった。防衛省幹部や、自衛隊を後援する民間団体「航友会」関係者が明らかにした。

入間基地では今月3日の航空祭で、航友会の会長が「民主党政権は早くつぶれてほしい」と発言。これを受け、防衛省は自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求める事務次官通達を出した。松崎氏は会場で会長の発言も聞いており、周囲に強い不快感を示していたため、「納涼祭でのトラブルも遠因になり、異例の通達につながったのでは」(防衛省幹部)との見方も出ている。

松崎氏は7月27日の納涼祭に来賓として出席。帰る際に駐車場から約30メートル離れた場所に自分の車を呼び寄せるよう、車両誘導担当の隊員に要求した。だが、歩行者の安全確保策として片側通行にしていた道路を逆走させることになるため、隊員は松崎氏に駐車場まで歩くよう求めた。 ところが、松崎氏は歩行者はいないとして車を寄せるよう指示。隊員が拒否したところ、「おれをだれだと思っているのか」「お前では話にならない」などと発言した。
別の隊員が松崎氏の秘書が運転する車を逆走させる形で寄せると、「やればできるじゃないか」という趣旨の発言もした。誘導担当の隊員が「2度と来るな」とつぶやくと、松崎氏は「もう1度、言ってみろ」と迫ったとされる。こうした過程で、松崎氏が誘導担当の胸をわしづかみにする場面もあったという。


2010-11-18 20:20:44

産経新聞報道に関して
テーマ:ブログ

 11月18日付の産経新聞の記事をはじめ、いわれなき中傷を受けていますが、全く事実無根だと申し上げておきます。まず7月の納涼祭の件は、基地内の誘導の仕方が不適切だと思いましたので、その旨、指摘したことは事実です。私に対し暴言を吐いた隊員には手も足も触れていません。総じて、新聞報道の名に値しない記事です。
 産経が「松崎議員自衛官を恫喝」車逆走指示「誰だと思っている」と見出しを掲げているのは、謀略の類の話です。とにかく民主党議員を片端から悪者に仕立て上げようとの魂胆が見え透いていて、仲間の多くからも毅然と対応しろと励まされています。ネットでは隊員が女性だったとのデマまで飛ばされているのです。
 私が一方通行の「逆走」を要求したこともありません。だいたい、そこは両面通行の場所でしたから、受付方向に車が通れないと思う方が無理なのです。事情を聞いている時、上官の一人が私の車を誘導してきましたので乗り込みましたが、その際に『二度と来るな』と言われました。さすがにムッとしましたが、挑発に乗ったらダメと分かっていますから、立ち去りました。後日、基地側から謝罪にきましたが、私が謝罪を求めたのではなく、あくまで誘導システムに問題があることを指摘したのです。
 私は、むしろ男性隊員の立場を慮って、謝罪に来た上官に、「議員とは思わないで言ったのだろうが、誰であれ市民に対して『二度と来るな』と暴言を吐くのは好ましくない」と言ったものを、当日のことに事実を曲げ、趣旨を全く逆に変えて宣伝されています。が、本筋は11月の話の逆恨みでしょう。
 産経は一部しか書きませんが、自衛隊の基地内の公式行事で「みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう」(防衛省の記録)と、隊員を煽動する発言があったのです。これが不適切であるのは論をまちません。
 その後に、報告を受けた防衛省も「自衛隊法」等の政治的行為の制限に違反するという認識で事務次官通達を出しましたが、自衛隊員に倒閣を煽動するのは、自衛隊は文民である首相や防衛大臣によるシビリアン・コントロールに服する大原則に反します。もちろん、民間人が基地外の、公式行事でない場所で自由に発言するのを封じるものではありません。しかし、その大原則をルーズにしていると、戦前の軍国主義の跋扈(ばっこ)による蹉跌(さてつ)を繰り返してしまう恐れがあるのです。
 本当は、私はこれを基地内の問題だけにとどめておこうと思ったのですが、自衛隊側の問題意識が本省への迅速な報告になったようです。その判断に異を唱えるものではありませんが、結果、私が狙い打ちにされてしまいました。
 事務次官通達は「隊員の政治的中立性の確保について」というものです。市民が市民として菅内閣の政策を批判されるのは自由ですが、そこに隊員を巻き込むかのような動きは、かえって自衛隊の為にもならないと思います。ご自制をお願い申し上げます。
 平成22年11月18日
衆議院議員 松崎哲久

松崎議員 自衛官“恫喝”の詳細 「おれは歩きたくない」数回たたく
2010年11月28日(日)8時0分配信 産経新聞 

 民主党の松崎哲久衆院議員(60)=埼玉10区=が7月、航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)の納涼祭で、空自側の対応に不満を抱き、隊員に“恫喝(どうかつ)”ともとれる発言をした問題の詳細が27日、防衛省の聞き取り調査で分かった。松崎氏は駐車場までの徒歩要請を「歩きたくない」と拒否。歩行者安全確保のための一方通行規制を無視し、車を逆走させて呼び寄せた上で隊員の腕をつかみ、うちわで数回たたいた。

 防衛省の内部調査は終了したが、北沢俊美防衛相は「調査は進行中」(26日の参院予算委員会)として、結果を公表していない。

 松崎氏はこれを報じた18日の産経新聞記事について自身のホームページ(HP)で「隊員には手も足も触れていない」「受付方向に車が走れないと思う方が無理」と反論している。

 調査では、松崎氏は7月27日午後8時50分ごろ、受付付近から約30メートル離れた来賓用駐車場の自分の車を一方通行規制を逆走させる形で呼んだ。

 車は誘導に従わず丁字路の右折を試み、隊員Aが注意すると、運転手は車を降り松崎氏のところまで歩いて事情を説明した。松崎氏が「2車線あるから問題ない。車をここに着けろ」と話したのを、近くにいた隊員Bが聞いた。

 隊員Bが「混雑のため車両規制を実施しています。事故の可能性もある」と車まで歩くことを要請したが、松崎氏は「おれは歩きたくない」と拒否した。

 運転手は車に戻り、隊員Aの制止を無視して一方通行を逆走、十字路でUターンして停止。松崎氏は隊員Bの腕をつかみ「ほら危なくないだろう」と言いながら、持っていたうちわで数回たたき、車に乗った。

 隊員Bはドアが閉まった後、「二度と来ないでください」とつぶやいたが、車窓が開いており松崎氏が聞いた。松崎氏のHPでは、このとき「ムッとしたが挑発に乗ったらダメだと分かっているから立ち去った。後日、基地側から謝罪にきたが、私が謝罪を求めたのではない」としている。

 だが防衛省調査では、松崎氏は隊員Bに詰め寄り「何だおまえは。司令官を呼んでこい」と言った後、受付で受付担当幹部に事情を話し、隊員Bの謝罪を求めたとあり、言い分は食い違っている。

 調査はまた「隊員Bは胸をつかむように押されたと言っている」としたものの、「同僚隊員からは死角で、目撃証言は得られなかった」とした。

 松崎氏は27日、産経新聞の取材に「隊員に手は触れていない。うちわが触れたかどうかまで記憶にない。私は子供のころから家族にも友人にも手を出したことはない。周囲もそれを信じてくれている」と語った。


                        ミィ11ミィミィ

                             
関連記事

テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

松崎哲久、議員どころか人として問題のある人物ですね。
俺も埼玉県人なので、なんとしても選挙落としてやりたい。
選挙区が違うのが、無念です。

Re: おはようございます。

さいたま10区です。
ドンピシャです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事