めんどくせぇことばかり 『反日感情を操る中国の正体』 黄文雄
FC2ブログ

『反日感情を操る中国の正体』 黄文雄

『反日感情を操る中国の正体』 黄文雄『反日感情を操る中国の正体』 黄文雄
(2012/10)
黄 文雄

商品詳細を見る
2012年8月19日、広東省、浙江省、四川省などの都市で反日デモが発生した。一部は暴徒化し、日の丸を燃やし、日本車を破壊した。彼らは日本企業に襲いかかり、破壊しつくし、奪いつくした。


黄文雄さんの本。              ミィ11ミイミィ


ますます切れが良くなっているような気がします。

著者が長く主張してきたことが、最近の東アジア情勢の中で支那が横暴をくり返し、世界が支那人の行動に眉をひそめるようになると共に、多くの日本人に受け入れられるようになってきた。それが著者の筆をさらに鋭くしているのではないだろうか。

第1章 日本の中国侵略は嘘だった
  • 「三光作戦」は中国人のお家芸
  • 「一窮ニ白」の中国には掠奪できるものはなかった
  • 一五〇年に渡る中国内戦に巻き込まれた日本
  • 中国に近代化を教えた日本
  • 日本が中華民国を作った
  • 中国の文化は日本が守り創造した
  • 日本人が作った近代産業国家のモデル・満州
  • 日中戦争から見た日本の中国への貢献
第2章 世界を翻弄し続ける中国の経済的詐欺
  • 中国経済は詐欺で支えられている
  • 中国的な数字は常に信じられない
  • 日本人は中国にどこまでも騙される
  • 日本のODAは「朝貢」としか受け取られていない
  • 日本企業の中国進出は、戦前から欧米の穴埋め
  • いつも巨大な中国市場像に幻惑される日本
  • ゆすられ、たかられつづける日本
第3章 日本社会を乱す中国人の凶悪犯罪
  • 大陸の風土に培われた凶悪犯罪の根
  • 世界の大都市を襲う中国人の凶悪犯罪
  • やがて世界を支配する中国人売春婦の群れ
  • 中国から大量脱走する中国人犯罪者
  • 台湾への「平和的浸透」の尖兵としての中国人花嫁
  • 世界をうかがう伝統的犯罪秘密結社
  • 中国のマフィア「黒道」が楽園・日本を襲う
  • 中国人の凶悪犯罪跋扈がもたらすもの
  • 日本社会の中国化を警戒せよ
第4章 中国の歴史捏造に騙されるな
  • 歴史を政治の道具にしてきた中国
  • “正しい歴史認識”を銘打つものはすべて捏造
  • 中国は「偽史」を押しつけ、「共通の敵」を作りだす
  • 言論統制によって維持されてきた中国
  • これからも中国は日本をゆすりたかる歴史捏造を探しつづける
  • 日本は中国から文化をカネで「買って」いた
  • 中国という文明国家の存在に感謝した日本人の謙虚さ
  • 唐文化心酔の反省から独自文化を発展させた日本
  • 「日本には独自文化がない」という中国人の誤謬
  • 日本は中国の歴史捏造に謝罪を要求せよ
第5章 日本への主権侵害に中国は謝罪すべし
  • 日本の戦後賠償問題は七〇年代に解決している
  • 中国による日本の主権侵害を許すな
  • 台湾問題におけるあまりにも強引な中国の対日干渉
  • 日本のマスコミを統制下に置いた中国の情報操作
  • 尖閣諸島、そして沖縄を狙う中国人の驚くべき歴史感覚
  • 「日本軍国主義の復活」を喧伝する中国の大嘘
  • 中国の平和台頭論に唱和する日本人
  • 日本はどこまで中国の軍事的脅威から生存権を守れるか
  • 日本は経済敗戦以上の「第二の敗戦」を迎えている
  • 日本は中国の主権侵害に毅然と謝罪を要求せよ
第6章 北朝鮮を走狗とする中国の犯罪性を見抜け!
  • 古代国家の高句麗と渤海が今、問題となる理由
  • 韓国人が蔑む北朝鮮被差別民の歴史伝統
  • 高麗朝以来、異民族の走狗として南侵を繰り返す北朝鮮
  • 統一新羅時代以来の朝鮮の中国への属国意識
  • 「事大主義」は半島人の先祖伝来のDNA
  • 主体思想でも乗り越えられない北朝鮮の「事大主義」の壁
  • 小中華(北朝鮮)は大中華の犬になるしかない歴史の運命
  • 「中国の犬」の「犬」になり下がった日本の社民党
  • 日本政府は北朝鮮の脅威より北京の脅威こそ見抜け

とりあえず章題と、その項目を紹介しました。なにが書かれているか、ストレートで分かりやすいですよね。実際には、項目はさらに小項目にわかれていて、一つのテーマは短く簡潔にまとめられていて、とても読みやすいです。

最初、黄文雄さんの本に出会った時、「ここまで“中国・朝鮮”を悪し様に言わなくても」とは思いました。だけど同時に、「なにもでたらめなことは書かれていない」とも思いました。不確かな事柄は自分で調べて、いい加減なことを書く人物ではない事も確かめました。

当初、私のまわりには読む人もなく、たまにいても、否定的な批評を聞きました。でも、最近、その風潮が変わってきたように思います。すでに、“賛否相半ば”という状況になっているんじゃないでしょうか。そうなれば、逆転はあっという間でしょう。どういう立場でもいいから、まず読んで欲しい。


 

関連記事

テーマ : 支那
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分も黄さんの本にはお世話になっています。
知識に裏付けされた日本の援護射撃には心強いです。

Re: No title

同感です。
お元気で、これからも頑張っていただきたいです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事