めんどくせぇことばかり 支那が歴史を捏造するわけ 『反日感情を操る中国の正体』 黄文雄
FC2ブログ

支那が歴史を捏造するわけ 『反日感情を操る中国の正体』 黄文雄

韓国の歴史の捏造もそうですが、それは政権の、また国の起こりの正当性の確保にほかならない。韓国は、その成立時において、日本国の一員として国づくりに邁進した、極めて優秀な人々が新たな国造りに関与していくことができなかった。上海でおかれた亡命政府とやらがアルカイダ並みのテロ組織なら、その首謀者の金九だの李承晩だのといった連中はウサマ・ビンラーディンさながら。戦後韓国の政権を握ったのが李承晩であれば、その政権の正当性を確立するのになにが必要だったかは言を待たない。自分の都合のいいように歴史を書きかえるということだ。またそれを喜んで受け入れる韓国の国民的素養も見逃してはいけない。

黄文雄さんの「反日感情を操る中国の正体」のなかに、支那での歴史捏造について触れた文がとてもわかりやすいので、ここに紹介します。

中国では、国づくりや国家経営において、歴史の捏造が欠かせない手段であった。中国伝統の易姓革命とは、力による権力奪取なので、自らを正当化するために歴史を改竄しなければならなかった。そのためにこそ、易姓革命を達成した王朝は前王朝の歴史を編纂し、みずからが中華世界に君臨するに至った正統性や正当性を、つまり「禅譲」という名の下で前王朝から政権を簒奪しなければならなかった歴史的経緯を強調する。『史記』『漢書』『後漢書』『三国志』『隋書』『唐書』『宋史』『元史』『明史』などの“正史”は、まさにこうした目的で、次の代の王朝が編纂したものなのである。
 ・・・・
そうしなければ、中国では民衆の支持を得られない。民衆の支持を得るためには、前の王朝がいかに悪かったかを示すことが、国家経営にとって絶対に必要だったのである。

ここで明らかにしておかなければならないのは、中国では古来、勝者によって歴史は書かれてきたが、それがいかに捏造されたものであっても、敗者は受け入れなければならないという鉄則があるということだ。歴史的事実は勝者の語るものだけが唯一の事実であり、それだけを学習し、それ以外の歴史の記述も解釈も行なってはならないとされてきたのであって、孔子でさえ自分の著書について「述べて作らず」と弁明しているほどだ。易姓革命の国、中国では、歴史とは戦争の勝者がみずからの正当性を強調するためにでっち上げるもので、それが当然だと考えれれているのである。

だから、敗者である日本に歴史の解釈権はないのであって、支那の許しなしに語ったり、記述してもいけないのだ。そう考えれば、日本人の歴史解釈に口を出す支那の常識を外れた態度、傍若無人さも納得がいくというものだ。
『反日感情を操る中国の正体』 黄文雄    『反日感情を操る中国の正体』 黄文雄   ミィ6ミィミィ
(2012/10)
黄 文雄
商品詳細を見る
2012年8月19日、広東省、浙江省、四川省などの都市で反日デモが発生した。一部は暴徒化し、日の丸を燃やし、日本車を破壊した。彼らは日本企業に襲いかかり、破壊しつくし、奪いつくした。


黄文雄の本   ポチッとな
関連記事

テーマ : 支那
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中国の虚言は、歴史的に続いてる訳なんですね(笑

Re: No title

コメントありがとうございます

なにしろそれ以外には歴史はありえないのですから

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事