めんどくせぇことばかり 『夫とふたりでもうまく暮らすコツ』と『中国嫁日記 一』
FC2ブログ

『夫とふたりでもうまく暮らすコツ』と『中国嫁日記 一』

漫画を二つご紹介。と言っても、皆さんもう読んでいますか。 
『夫とふたりでもうまく暮らすコツ』 青沼貴子 
『夫とふたりでもうまく暮らすコツ』 青沼貴子
(2011/07/13)
青沼貴子                ミィ16

商品詳細を見る
「ママはぽよぽよザウルスがお好き」ダーリンとのその後
漫画とはいえ、けっこう身につまされるテーマですよ。
私のところも、だいたい同じ年格好。長女は大学を出るや嫁にいき、職人生活とともに新婚生活を始めた。長男は家から大学に通っているが、もはや親がしてやれることはない。さて、お母ちゃんと二人きり。ということになれば・・・。


妻から見た夫と二人きりの生活と、夫から見た妻と二人きりの生活は、やはり本当に違うんだなぁ。結構気づかされることがたくさんありましたよ。これ読んでると、「やっぱり男のほうがわかりやすくっていいな」って思いました。女はわかりにくい。でも、“夫”の皆さん。一歩引いて、“妻”の人生を見なおしておかないと、取り返しのつかないことになりかねませんよ。

考えてみたら、うちは二人きりにはならないや。おじいちゃん(妻の父)の介護が残ってる。これまでもお互いに病気を経験して支えあってきたし、本当に二人になった頃には、支え合わないとどうにもならない状況になってしまってるだろう。猫もいるしな。

『中国嫁日記 一』 井上純一『中国嫁日記 一』 井上純一

(2011/08/12)
井上 純一              ミィ15

商品詳細を見る
オタクの四十男が二十代の中国娘と結婚した
中国人女性との国際結婚。とかく言われる偽装結婚とか、家族親族の日本移住とか。実際、身の回りでも不可思議な結婚で日本で仕事をしているお母さんがいる。息子は犯罪に関わって鑑別に入ったりしていたけど。つい先日は愛知蟹江町3人殺傷事件の容疑者として捕まったのは中国国籍の男だった。

同じような先入観を持っている人も多いと思う。ご安心を・・・。一切の先入観を捨てて、ひたすら爆笑して下さい。支那も色々。お嫁さんは旧満州の純朴な娘さん。健気にも夫を支えて、一生懸命日本の生活に順応しようとしている。分かりますよね。一生懸命だから笑えるんです。しかも、お互いが信頼しあっているからこそ、全部を笑い飛ばせる。

だけどご主人であり、この漫画を書いた井上純一さん。こんな漫画描いた以上、なにがあっても奥さんを大切にしないといけませんね。お幸せに・・・

そうそう、第二巻て、もう出てるんですよね。


関連記事

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事