めんどくせぇことばかり 『一生一途に』 竹浪正造
FC2ブログ

『一生一途に』 竹浪正造

 
『一生一途に』 竹浪正造 『一生一途に』 竹浪正造
(2012/08/01)
竹浪 正造

商品詳細を見る          ミィ30

94歳正造じいちゃんの戦争体験記と57年間のまんが絵日記

著者、竹浪さんのまんが絵日記が世に出たきっかけは、テレビ朝日の人気番組「ナニコレ珍百景」なのだそうです。私も見たことがあります。息子が、この番組がおもしろいというので一緒に見たのですが、なんとこの素晴らし本が出版されるきっかけになったとは、侮れませんね。

著者、竹浪正造さんは大正7(1918)年生まれ。1918年といえば第一次世界大戦が終わり、パリ講和会議が開かれた年。対米・英戦のはじまる1941年には23歳となるわけですからまさしく大東亜戦争の主役たる年齢層といっていいでしょう。
竹浪正造1
まんが絵日記『一生一途に』の出版は、『はげまして はげまされて』に続く第二弾のようです。前作は読んでおりません。この『一生一途に』は、終戦にともない、夫妻が朝鮮から命からがら引き揚げてくる様子から始まります。この“引き揚げ”で、少なからぬ人たちが悲劇に見舞われた。しかもその時奥さんは、大きなお腹を抱えての逃避行だったそうである。・・・良かった。本当に・・・
竹浪正造2
この世代は、同時に戦後日本の経済復興を担った世代でもあります。まさしく、生き抜いているだけで激動の人生といっていいでしょう。生きてきたその事自体が劇的なのです。そして、そんな時代を支えあった奥さんの死。悲しみを乗り越えて、妻なくして生きる人生。

日本、いや、世界でも例を求めることが難しいあの時代を生き抜いてきた、そして戦後の日本を背負ってきた竹浪さん等、その世代に人達の目には、今の日本は一体どう写っているのだろう。

 

  

関連記事

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事