めんどくせぇことばかり 『タブーなき告発』 小坂英二
FC2ブログ

『タブーなき告発』 小坂英二

『タブーなき告発』 小坂英二『タブーなき告発』 小坂英二
(2012/11/22)
小坂 英二
商品詳細を見る                                       赤不倒犬2
「日本を蝕むものとの戦い」
領土、パチンコ、朝鮮学校、補助金、児童虐待、反日メディア・・・

小坂英二(こさかえいじ 1972年11月5日生)は、日本の政治家、政治運動家。元日本創新党所属(組織委員長)、パチンコ違法化・大幅課税を求める議員と国民の会代表世話人、頑張れ日本!全国行動委員会荒川支部顧問。神奈川県横浜市戸塚区出身、神奈川県立座間高等学校卒、慶応義塾大学法学部政治学科卒。(ウィキペディア)

現在(2013年1月5日)、東京都荒川区議会議員の著者が、政治家としての取り組みと成果、政治家としての思想信条を書き表した本。真っ向から力強く押してくるから、だいぶ引き気味に読んだ。ちょっとバランス取れなくなりそうで・・・。とは言っても私、細部はともかくとして、著者と思想信条を同じくする。それでも得手不得手はある。正直言って、こういうふうに押してくる人、私は不得手だ。でも、地方議員として、現場で諸問題に立ち向かう得難い政治家だと思う。
小坂英二1 
・ゴミ屋敷や、動物への身勝手な餌バラマキに、条例で罰則
・区職員の福利厚生団体への過剰な補助金
・尖閣諸島への上陸決行
・“支那”という呼称
・東トルキスタン、南モンゴル、チベットの解放運動
・公立図書館における反日偏向図書
・広げられる“中国”大使館、及び関連施設
・外国人学校、特に朝鮮学校保護者補助金
・朝鮮学校校舎等工事への補助金
・日本人に悲劇をもたらし、反日勢力に潤いをもたらすパチンコ
・反日勢力への批判を許さない人権擁護法案
・不法滞在外国人への大盤振る舞い
・通り名で正体を隠す反日勢力
・利権団体としての部落解放同盟、行政、学校のすり寄りと人権教育
・反日勢力に浸透するアイヌ利権
・外国人参政権が通れば、地方政治は食い物にされる
・低量放射線は人体に有益、住民の排除は無益
・あり得ない危険を言い立てて、復興資金はヤクザの資金源に
・自虐教育は子どもの心に傷を残す
・いじめには反撃権、立ち向かう教育を
・国歌斉唱、当たり前の教育を
・中学校で、朝日新聞天声人語を書き写し
・社会を歪める“女性専用車両”、“女性専用席”
・生活保護でこの世は天国か?
・日本女性を韓国に売り渡す統一教会
・カルト教団、ヨガが入り口
・議長、副議長の高額報酬、議員定数、議会の問題
・反日偏向メディア
・子ども手当で外国人ウハウハ
ね、疲れそうでしょ。本当に精力的に活動しているのが分かる。土地問題にも取り組んでもらいたいところだけど、これだけやると、正味“命がけ”のはずだ。その辺のケアは大丈夫なんだろうか。心配になる。“パチンコ問題”に本格的に取り組んでいる。それだけでも十分危険だ。

なかに、被災地石巻でのパチンコの蔓延が報告されていた。仮設住宅から送迎してパチンコやらせるなんて、こんなの娯楽じゃない。年端もいかない小娘が、ヤクザに騙されてシャブ漬けにされていく様子を見るようだ。

最後に『真実の歴史観に基づかない政治は許されない』と題して著者の信条が語られている。“細部はともかく”と、またしても条件づきで賛同する。戦後史観を克服する一助となりたいという立場から応援したい。ただし、意志を貫けば、最後は欧米諸勢力の厚い壁に行き当たる。その壁に跳ね返されたのが大東亜戦争だが、今度は戦争は回避しなければならない。日本的思考、日本的様式、日本的世界観で世界を変えていくくらいのことが必要になる。

ああ~、やっぱり著者の“押し”にあおられて、調子に乗ってしまった。
・・・バランス・バランス・・・。

  


 にほんブログ村 本ブログへ
  
関連記事

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事