めんどくせぇことばかり 言葉って難しいよね 『言えないコトバ』 益田ミリ
FC2ブログ

言葉って難しいよね 『言えないコトバ』 益田ミリ

言えないコトバ言えないコトバ
(2009/08/26)
益田 ミリ

商品詳細を見る
その言えないコトバとは放送禁止用語みたいなものではなくて、日常で、誰もがよく使っているコトバである。

自分のみならず、人が使うことまで含めて許せない言葉もあれば、人が使っているのはともかく、自分が使うには不似合いな言葉もある。次から次と生み出される新しい言葉。新しい言葉に飛びつくのはいいけど、古い言葉が捨てられるんだったら可哀想。結構、良く聞く言い回しだけど、場合によっては人を傷つけかねない言葉。

言葉には必ずイメージがともなう。それなのに、人によって抱いているイメージには違いがある。自分がとても恥ずかしいイメージをもっている言葉を平気で使う人を見れば、その人はともかく、自分が顔を赤らめてしまう。

例えば“パンツ”はズボン?下着?「素敵なパンツ」って、どこで見られたの?

「おあいそ・・・」なんて言うほど、飲み歩いちゃいませんよ。

「結婚しないんですか?」って、女性同士ならありえるんですか。男性から女性には当然聞けないし、男性同士で聞いたら、身体的欠陥に言及しているみたいに聞こえる。女性から男性にはあり得るような気がするけど・・・。

“カフェ”なんて使ったら、“喫茶店”が可哀想。でも“フランスパン”は大丈夫。“バゲッ・・・なんとか”って言葉は聞いたことないから。

世間が“孤独死”なんて言葉作って問題視した時には驚きましたね。現代の日本人は、一体どんな死に方がしたいんでしょうね。

たしかにそうだな、って感じさせられたのは「元気だけが取り柄です」って言葉。もし私との会話のなかで、この言葉を使う奴がいたら、二度と合わないな。彼(彼女)の唯一の取り柄さえ与えられない人は、世の中にいっぱいいるんだからね。どこも痛くないことが当たり前なんて、そうでない者にとって、とてつもなく羨ましい。憎たらしくなるくらい羨ましい。

考えこんだら言葉を使うことが怖くなる。考え出したらキリがない。この本の中にも、いくらなんでもこれは考え過ぎって部分は多々ある。たしかにそうなんだけど、それでもできるだけ敏感でいたいですね。で、できるだけ周りの人まで気持ちよくなってもらえるような言葉で生活したいですね。

  

 にほんブログ村 本ブログへ



関連記事

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事