めんどくせぇことばかり バーゲンで・・・ だまされて・・・
FC2ブログ

バーゲンで・・・ だまされて・・・

私の身近のものが体験した、ちょっとしたひどい話です。

埼玉県中央部のH市内のM百貨店。その人は催し会場で行われていたバーゲンに行きました。出来る限りいいものを安く購入し、家族の生活を少しでも豊かなもにするのは彼女の生きがいでもあります。
丸広1
家族の衣類何点かを購入した彼女は荷物を一旦車に運び、あらためてショッピングを楽しもうと店に戻りませした。男性物の売り場で夫に良い物がないか物色していた彼女の目は、一つのパジャマの柄に引き寄せられました。

さっき、バーゲンで買ったパジャマと同じ柄のものです。手にとって確かめると、やはり間違いありません。さらに確かめるとサイズも同じ、しかも値段がバーゲン会場で売っているものより安いではありませんか。バーゲン会場で3???円で売っていたものが、一般の売り場で2???円で売っているのです。1000円位上安い。

一体これは何!

彼女は車に取って返し、そのパジャマを手に、バーゲン会場に向かいました。状況を店員に説明したところ・・・。「あっ!」と言ったきり、意味ありげな余韻を残して払い戻しに応じたそうです。

彼女は穏やかな性質で、ことを荒立てることなく終わったそうです。でも帰る途中、車を運転しつつ、あの店員の「あっ!」の後に続く言葉は一体なんだったのか、頭のなかを駆け巡ったそうです。

「あっ!バレた・・・」
「あっ!まちがえた・・・」

どう考えても、「あっ!バレた・・・」じゃありませんか。どう思います。彼女はだんだん腹が立ってきたそうです。そして、それを仕事から帰った夫にぶつけたそうです。

その夫が、私です。

今日は傾向の違う記事になってしまいました。彼女の話は延々と続き、私は本を読むこともできませんでした。

関連記事

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちょっと笑ってしまいました。
本読んだりネットしたいのに、家族に付き合わせられる時間。
そんな無駄な時間が、実は贅沢な時間なのかもしれませんね。
俺は付き合うのは嫌ですが(笑)

きいち43 様

付き合ってあげないんですか。あとが怖くないんですか。もしそうなら、なんて羨ましい

No title

自分の大切な時間を潰しても、お話しに付き合ってくれるなんて、素敵ですね~。

私も含め、女性は(多分)、話しを聞いてくれて、なおかつ、共感してもらえたら、笑顔でいられる時間が増えるはず、、、です。

さなだもち 様

素敵というか・・・その、あとが怖くて・・・

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事