めんどくせぇことばかり この歴史を学校で教えよう 『誰も教えないこの国の歴史の真実』 菅沼光弘
FC2ブログ

この歴史を学校で教えよう 『誰も教えないこの国の歴史の真実』 菅沼光弘

『誰も教えないこの国の歴史の真実』『誰も教えないこの国の歴史の真実』
(2012/12/08)
菅沼 光弘

商品詳細を見る
日本を侵略国と断じた東京裁判の有罪判決でこの国の伝統文化はことごとく否定され、大東亜戦争をめぐる真実は封印された。

著者は、公安調査庁で対外情報活動部門を中心に旧ソ連、北朝鮮、支那の情報収集に三十五年間従事。対外情報の総責任者である調査第二部長を最後に一九九五年に退官した。ご高齢であるが、公安調査庁の入庁が一九五九年というから、戦争時の日本社会を動かしていた人たち、日本に関係していた外国人たちとも時代を共有している。つまり、東京裁判や検閲によってズタズタにされた“あの時代”の真実がまだ生きて、息をしている時代に、高度の情報に接してきたわけである。

「はじめに」で著者が次のように書いている。『我が国ではこれだけメディアが大きく発達し、毎日色々な国からいろいろな情報が入ってくるにもかかわらず、我々日本人自身の立ち位置がはっきりしないがために、歴史認識もあちらに流れ、こちらに流れと、行方が定まらない。歴史のなかで、本当は何が起きていたのか、そして、それに対して我が国はどう対処しようとしてきたのか、なにが誤りだったのか、ということの判断すらできない。』そのとおりである。
amazonのカスタマー・レビューはこちらをご覧ください。

第1章 アメリカはいまだに日本を恐れている
第2章 本当は恐ろしいTPP問題の本質
第3章 明治維新から大東亜戦争敗戦まで
第4章 アメリカの呪縛を解くために

といった構成で、日本近代史認識の重要な部分が非常に要領よくまとめられている。しかも嬉しいことに、その多くが私の認識と一致していることだ。あっ、そうだ。なんか偉ぶるつもりはないけど、一つこの本に気に入らないことがあったんだ。それは題名の『だれも教えないこの国の歴史の真実』だ。これは間違い。私は昨日、そう、ちょうど昨日、日本史を担当しているクラスでこの本とほとんど同じ内容を教えてきた。だからこの本の題名は『ほとんどだれも教えないこの国の歴史の真実』となる。ハハハ・・・。

敗戦までの日本がたどった道をすべて肯定する本ではない。事実、当時の日本はまだまだ多くの“社会的稚拙”を抱えてきた。貧しい北の農民たちを救うに有効な手立てを打つことができなかった。世界的地位の向上におごって非合理な社会制度を放置した。本書の中でも語られているが、いかに法や条約で規定されようが、この国には時にそれを超えて成り立つ国民的感情というものがある。社会にふさわしい情報を提供しなければ、それは本来あるべき政策の大きな障害となる。日本が支那事変を集結できなかった理由がまさしくそれだ。そこに“ドイツの東アジア戦略”、“ソ連のインテリジェンス”が複雑にからみ合っていたことが平易に説明されている。本来どうあるべきであったかを考えるのためにも、真実を知らなければならないというのが、この本の立ち位置である。

日本史の教科書には「ポツダム宣言を受け入れ、日本は無条件降伏した」と書かれている。私はその部分を生徒に読ませたあと、印刷したポツダム宣言を読ませる。
  1. アメリカ、イギリス、支那は協議して戦争を終える機会を日本に与えることで合意した。
  2. アメリカ、イギリス、支那の3国は日本に最後的打撃を加える態勢を整えた。
  3. 我々の軍事力は日本の本土を壊滅することができるレベルになっている。
  4. 日本は決定すべき時期が来た。
  5. 我々の条件は以下の通りで、それ以外の条件はない。遅延は認めない。
  6. 軍国主義、世界征服をしようとした者は永久に除去する。
  7. 日本の戦争遂行能力がなくなるまで日本の諸地点を占領する。
  8. カイロ宣言」は履行され、日本国の主権は本州、北海道、九州、四国、そして我々が決定する島に限定される。
  9. 日本軍は武装を解除された後、各自の家庭に復帰し、平和的な生活を営む機会を与えられる。
  10. 我々は日本人を奴隷にしたり滅亡させようとする意図はないが、我々の国の捕虜を虐待した者を含む戦争犯罪人に対しては厳重に処罰する。日本国政府は民主主義を推進しなければならない。言論、宗教及び思想の自由、基本的人権の尊重を確立しなければならない。
  11. 日本は、経済、産業を維持することを許されるが、再軍備の産業は除く。原料の入手は許可され、将来、世界貿易への参加も許される。
  12. 前記の目的が達成され、日本国民が平和的傾向を有し、責任ある政府が樹立されたときには、連合国の占領軍は直ちに日本より撤収する。
  13. 我々は日本政府が直ちに日本国軍隊の無条件降伏を宣言し、日本政府がそれを保障することを要求する。そうでなければ日本はすぐに壊滅されるだけである。

読ませた上で質問する。「ポツダム宣言の受け入れは、日本の無条件降伏か?」そう質問されて、気づかない奴はいない。5条と13条だ。にも関わらず、教科書には「ポツダム宣言を受け入れ、日本は無条件降伏した」と書いてある。次に、なぜそうなっているのか考えさせる。公職追放と検閲に言及する。そして教科書裏表紙の執筆者一覧を見る。日本の学問世界が、いかに公職追放と検閲の影響のもとにおかれているかを考えさせる。
 にほんブログ村 本ブログへ

関連記事

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事