めんどくせぇことばかり 『軍医たちの黙示録』 1.蝿の帝国 2.ホタルの航跡
FC2ブログ

『軍医たちの黙示録』 1.蝿の帝国 2.ホタルの航跡

2011年8月26日、及び2012年1月14日の記事に加筆修正したものです。
蝿の帝国―軍医たちの黙示録蝿の帝国―軍医たちの黙示録
(2011/07)
帚木 蓬生

商品詳細を見る


いろいろな戦争があった。医師たちの戦争もあった。

様々な事情で従軍した軍医たちが書き残した手記をもとに、著者がそれをつなぎ合わせ、復元し、物語として整えたもの、ということのようだ。全部で15編からなる短編集。

まさしく「手記」をもとにしたものらしく、ただ淡々と、なぜ従軍し、どこへ行き、誰と交わり、どんなことがあり、その時期を終えたか、が書かれている。ただ淡々と・・・。

著者も、おそらくできる限り虚飾を慎み、手記を残した軍医たちの実物大を描き出そうとしたのではないだろうか。どの一編を取り上げてみても、そこには著者の存在は感じられない。しかし、全体を通してみると、一人一人の軍医たちの自分に対する大きな矛盾への苦悩に、著者が寄り添う様子が感じられる。

彼らは間違いなく、歴史の中に存在した。命を永らえることを許され手記を残せた者も、そうでなかった者も・・・。そう感じさせる。

味わって、ゆっくり読みたい本。
amazonのカスタマーレビューはこちらをご覧ください。
蛍の航跡―軍医たちの黙示録蛍の航跡―軍医たちの黙示録
(2011/11)
帚木 蓬生

商品詳細を見る


いろいろな戦争があった。医師たちの戦争もあった。

今回も15編の話からなるが、第一巻の「蝿の帝国」と同じく、いずれもただ淡々と、あの戦争のほんの一部分が語られている。もちろん戦争は、それらのピースを寄せ集めれば完成するジグソーパズルのように単純なものではない。どれだけ話を集めようとも、戦争の全体像は見えない。

ただ、こういった話の一つ一つが語られなければ、戦争を考える価値そのものが消失する。そういった意味も含めて、この本は貴重だ。「軍医」の目を通して戦争が語られているのも、とても面白い視点だと思う。一般の兵たちよりも一歩引いた位置で、同時に同じ戦場を体験し、命の消長に最も近い場所で関わってきた軍医たちの見た戦争。

物事を合理的に捉える訓練を続けてきた彼らは、ときには人の体と同じように、戦争そのものを合理的に捉えることもできたであろう。そんな立場の人達の戦争体験を読む機会に恵まれたのは、私にとっても貴重な体験となった。

この本を読み終えた今、やはり、“疲労感”がある。著者も“あとがき”に、「軍医もの二巻を書き上げた今、宿題の一端をやり終えた心境で、肩の荷をおろしている。」と語っているが、あの時代に生きた、あるいは死んだ日本人のことを思い起こすのは、やはり辛い。しかも、一旦捨ててしまった歴史は、ほじくり返すようにしないと現れてこない。まるで、自分の傷口に向かい合うようにして。でもそれをしないで、日本は歴史をつないでいくことができるだろうか。「できない」と、私は思う。

著者には、さらにそんなご苦労を続けてもらいたい。

北には、消し去られた歴史がある。大きな傷跡の中に・・・。
amazonのカスタマーレビューはこちらをご覧ください。


 にほんブログ村 本ブログへ

関連記事

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事