めんどくせぇことばかり 2013年2月 『ロシアの声』に登場する北方領土
FC2ブログ

2013年2月 『ロシアの声』に登場する北方領土

2013年 ロシアの声に登場する北方領土 
1月31日
安倍首相 ロシアと日本の間には南クリルをめぐって大きな意見の相違がある
http://japanese.ruvr.ru/2013_01_31/abeshushou-roshia-nihon-minamikuriru/
日本の安倍晋三首相は再度声明を表し、日本は南クリル問題においてロシア側と大きく違った立場を有していることを明らかにした。一方で、いわゆる「北方領土」問題および平和条約締結問題についてロシア側と交渉する意向を示している。

2月5日
クリル諸島 ロシア軍の大規模演習が始まる
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_05/103646844/
ロシア東部軍管区の部隊はクリル諸島において各兵科共同大演習を行う。本日、東部軍管区のアレクサンドル・ゴルデエフ報道局長が明らかにした。演習には機関銃・砲兵部隊、戦闘機、攻撃機、陸軍機、太平洋艦隊および同管区に配備されている国境警備隊などが参加する。

警視庁 いわいる「北方領土の日」にロシア大使館前での行動を許可せず
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_05/103648876/
警視庁は2月7日、ロシア連邦大使館前での極右団体による集会実施を許可しない。その日、日本ではいわいる「北方領土の日」となっている。リアノーボスチ通信が本日、警視庁の情報筋からのものとして伝えた。

レトリックを和らげた安倍首相
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_05/103654951/
だがロシアがこんなスキームに乗るはずはない。この諸島は第2次世界大戦の結果としてロシアに所属したもので、法的にもその主権がロシアにあることは疑う余地もない。

2月11日
名前が本質を変えることはない
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_11/104348314/
島の名前を変更することには何の意味もりません。事実からいえば、第二次世界大戦の結果、ロシアの領土となったわけですから、それは何も補強する必要はありません。

2月19日
森特使、領土問題解決には指導者の決定が不可欠
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_19/105338309/
日露間の領土論争は両国指導部がロシア、日本に受け入れ可能なプランを見つけることなくしては完結し得ないと語った。

2月21日
プーチン大統領 森元首相と会談:農業分野における共同プロジェクトについて考えるよう提案
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_21/105645043/
森氏は、プーチン大統領と会談するのは2010年以来だと指摘した。両氏は、露日関係の焦眉の問題について意見交換した。

2月22日
古い友情は錆付いていない
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_22/105716903/
森氏は、日本とロシアがともにあらゆる知恵をしぼった場合、自身とプーチン大統領が署名したイルクーツク声明など、すべての文書と合意を考慮すれば解決は可能だと思うと述べ、安倍首相とプーチン大統領によってこの問題の解決に進展が得られることを期待した。







にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事