めんどくせぇことばかり こういう本をじっくり呼んで、もう少し日本語力をつけたいな 『語感トレーニング』 中村明
FC2ブログ

こういう本をじっくり呼んで、もう少し日本語力をつけたいな 『語感トレーニング』 中村明

こういう本をじっくり呼んで、もう少し日本語力をつけたいな 『語感トレーニング』 中村明こういう本をじっくり呼んで、もう少し日本語力をつけたいな 『語感トレーニング』 中村明
(2011/04/21)
中村 明

商品詳細を見る
“日本語のセンスをみがく五十五題”
ブログ書いてても、ほとほと自分の文章に情けなくなることがある。いい年こいてるから、“弾かいてナンボ”って気持ちでやってるけど、やっぱり良い文章書きたいな。


二〇一一年九月十六日の記事に加筆修正したものです。
「伝えたい意味合いを正確に表し、それをこんな感触で相手に送り届けたいという、自分の気持ちにぴたりと合う、もっとも適切な表現を人はめざす。」

そうなんですよねぇ。
ところが、なかなかこれが難しい。
私なんぞは、正確な意味を伝えることさえ心許ない始末。
ましてや感触までは、・・・

そんな劣等感があるので日頃こういった本を手にすることは少ないんですが、ペラペラっとめくってみると、・・・
「そうそう」
「あっ、やっぱり、ここはこっちの表現だよな」
なんて感じで楽しく読めました。

amazonのカスタマーレビューはこちらをご覧ください

第1部 言った〈人〉はどんな人?
 Q11 次の①~④に、ア~エの中からもっともふさわしい語を入れてください。
 「①」とは、他人から被った迷惑や被害をその相手に返すことをさし、会話でも文章でも使われるやや古風な漢語である。漢語だけに「②」よりは若干重く響くが、「③」ほど恨みがこもっておらず、「④」というほど大げさではない感じがある。
 ア 仕返し  イ 返報  ウ 報復  エ 復讐

第2部 言われた〈もの〉はどんなもの?
 Q26 次の①~⑤の空欄に、ア~オの中からもっともふさわしいものを入れてください。
 ①(  )のような目  ②(  )のような脚  ③(  )のような口
 ④(  )のような顔  ⑤(  )のような鼻
 ア かば  イ かもしか  ウ 鷹  エ 猿  オ 鷲

第3部 〈ことば〉のにおいを感じるために
 Q42 次の①~⑥について、「情緒を感じる」表現にしたい場合、よりふさわしい表現をそれぞれア~ウの中から選んでください。
 ①輝く「ア 太陽  イ お日様  ウ 日輪」に目をやりながら、はるか前方へと歩を運んだ。
 ②明日は彼の「ア 旅立ち  イ 出発  ウ お出かけ」の日だ。
 ③「ア あちらこちら  イ そこらじゅう  ウ そこかしこ」に春の気配を感じる。
 ④この小説は読者を幻想の世界へと「ア ひきこむ  イ さそう  ウ いざなう」。
 ⑤「ア 気がつかないうちに  イ いつの間にか  ウ いつしか」日は西に傾いていた。
 ⑥ここで運命の人に「ア 出会う  イ 出逢う  ウ 出合う」ことになろうとは。

もちろん、クイズ本じゃなくて、Qは著者の設定したテーマへの導入に使われているだけ。

徹底して著者は語感にこだわる。
そして、ことばに秘められた僅かな感触の違いをとても大切にする。

こだわれば、・・・私ももう少しは・・・ 

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

読んでほしい本


日本語を極めるのも大変ですけど・・・
2030年にインドが中国抜いて世界第一の人口国家になるので、中国語、インド英語、ヒンディー語を今からやれば将来も安泰ですよね?
頭の良い人は先の先を見て勉強してます^^
プロフィール→ http://fumifumi.asia/profile.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しのぶもじずり 様

はずかし~

ご指摘まで気づかずにいました。

こういう本の紹介しておいて、この体たらく。
穴があったら入りたい。

鍵付きにしていただいて感謝。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事