めんどくせぇことばかり 地震、雷、火事、親父…地学の領域? 『面白くて眠れなくなる地学』 左巻健男
FC2ブログ

地震、雷、火事、親父…地学の領域? 『面白くて眠れなくなる地学』 左巻健男

面白くて眠れなくなる地学 (「面白くて眠れなくなる」シリーズ)面白くて眠れなくなる地学 (「面白くて眠れなくなる」シリーズ)
(2012/12/15)
左巻 健男

商品詳細を見る
「面白くて眠れなくなる」シリーズというのがあるらしい。
数学、物理、化学、人体、科学、そして“地学”。

表紙の時計をご覧ください。・・・16時まである。いったいこれはなに?

なんと恐ろしいことに、地球の自転は、徐々にそのスピードを落としつつあるらしい。いずれ・・・1日は32時間になってしまう。その時使われているはずの時計がこれ。

ヒェ~、じゃあ、いつか地球の自転は止まってしまうのか・・・。恐ろしいでしょう。恐ろしくなった人はこの本を読んでね。

Part1 ダイナミックな地球のはなし 
 アトランティス伝説の真実
 世界はもともと一つだった?
 アイスランドは地質学的宝庫
 世界一高い山はエベレストではない
 ヒマラヤ山脈はまだ高くなる?
 日本の火山は何タイプ?
 火山を愛した郵便局長
 化石になるのも楽じゃない
 地球は大きな磁石なの?
 地球の磁極は逆転している
 大量絶滅はどうして起こったか?
 スノーボールアース仮説の衝撃

Part2 知ると楽しい帰省のはなし
 お風呂の水を抜くと渦はどっち巻き?
 台風はなぜ八月と九月に多い?
 夕焼けがきれいなら明日は晴れる?
 ジェット気流が運んだ秘密兵器
 山の頂上でお菓子の袋がふくらむ理由
 高いところが寒いのはなぜ?
 夏にひょうが降る不思議
 冬、新幹線が関ヶ原付近で徐行するわけ

Part3 やっぱりふしぎな宇宙のはなし
 地球が宇宙の中心だった
 ガリレオが望遠鏡でみた宇宙
 宇宙の誕生と元素の合成
 地球と金星の運命を分けたもの
 月は地球のきょうだいだった
 流れ星を確実に見る秘訣
 太陽は永遠の燃え続けるの?
 地球に住めなくなったら、どこに移住する?

なんか、、目次を見るだけでも・・・、“ゾ~”としませんんか。
大きな月1 
でも、とっても面白かった。特に月の話は面白かった。なんと、地球の半分もある小天体が地球とドッカ~ンでシッチャカメッチャカ。宇宙に飛散した破片が一つに集まって月になった。しかも当時は現在の地球と月の距離の二〇分の一の位置にあったという。つまり、月は今の二〇倍も大きく見えて、明るさは四〇〇倍だったって。まぶしくてまぶしくて・・・。だから互いに働く引力もものすごくって、潮汐力は今の一〇〇〇倍。今、満引きの差が一mなら、当時の満引きの差は一〇〇〇m。毎日毎日一〇〇〇mの大津波。すごい世界だな。

これが地学か。面白い。
 


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。


関連記事

テーマ : ノンフィクション
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事