めんどくせぇことばかり 分かりやすさ優先 『目からウロコの逆さま世界史』 島崎晋(その1)
FC2ブログ

分かりやすさ優先 『目からウロコの逆さま世界史』 島崎晋(その1)

目からウロコの逆さま世界史目からウロコの逆さま世界史
(2013/01/25)
島崎 晋

商品詳細を見る
世界史ばなれを食い止める。読みだしたら止まらなくなる世界史。


何より因果関係を重視‘その出来事の原因がどこにあるのか’、因果関係をしっかり押さえることにより興味が持続され、歴史の学習そのものを面白くする。

・・・確かに画期的試みだと思う。とりあえずどんなことが取り上げられているか紹介する。これは自分自身の『覚書』でもあるので、他人の関心を引けるかは保証の限りではないが・・・。

それぞれの内容は4ページほどに簡潔にまとめられているが、62の項目から成り立っているため、今回は項目の紹介のみにする。目次には題名のほか「・・・・年→・・・・年」という年しか書かれていないが、以下ではその年に何が起こっているのかを添え書きした。

第1章 地球規模化する世界
1 アラブの春は19世紀の一思想家の由来する
 2011年、ジャスミン革命→1884年、アフガーニーが『固き絆』発行
2 インドとパキスタンの対立はイギリスのインド分離政策にさかのぼる
2008年、ムンバイ同時多発テロ→1906年、全インド・ムスリム連盟結成
3 イラク戦争の発端はイスラエル建国が原因
2003年、イラク戦争→1948年、イスラエル建国
4 ボスニア・ヘルツェコビナ紛争は1878年のベルリン条約が発端
1995年、ボスニア・ヘルツェコビナ紛争→1878年、ベルリン条約
5 毛沢東の勝利は日本軍のおかげで偶然の賜物だった
1949年、中華人民共和国建国→1931年、満州事変
6 第2次世界大戦の原因は過激なヴェルサイユ条約にあった
1939年、第2次世界大戦→1919年、ヴェルサイユ条約
7 日中戦争の遠因は義和団事件にあった
1937年、日中戦争→1901年、義和団事件
8 トルコ革命は1789年の改革を出発点とする
1923年、トルコ革命→1789年に即位したセリム3世の改革
9 ロシア革命は大戦への参加が引き金となった
1917年、ロシア革命→1914年、第一次世界大戦勃発
10 大英帝国の衰退は南アフリカ戦争が契機となった
1902年、日英同盟締結→1899年、南アフリカ戦争
11 シオニズム運動はロシアでのユダヤ人迫害をきっかけとする
1897年、第1回シオニスト会議→1881年、アレクサンドル2世暗殺後に始まるポグロム
12 バチカン市国誕生の遠因は1848年革命だった
1929年、ムッソリーニ体制でバチカン市国成立→1848年、2月革命の影響化のイタリア統一運動

第2章 欧州列強による世界制覇
13 エジプトの植民地化はスエズ運河株の売り出しにはじまった
1914年、エジプトのイギリスによる保護国化→1875年、イギリスがスエズ運河(株)の筆頭株主に
14 仏領インドシナの成立は宣教師の力を借りたのが原因
1887年、フランス領インドシナ連邦成立→仏人ドゥヴェーヌを通してフランスの軍事援助を要請
15 インドの植民地化は1757年のプラッシーの戦いにはじまる
1877年、ヴィクトリア女王がインド皇帝となる→1757年、プラッシーの戦い
16 1848年革命の種はナポレオン戦争によってまかれた
1848年、2月革命→1803年、ナポレオン戦争開始
17 アヘン戦争の敗北はサツマイモとトウモロコシ、落花生の普及が原因だった
1842年、アヘン戦争で清敗北→1683年、康熙帝が全国平定
18 フランス革命は火山の噴火が原因で起きた
1789年、フランス革命勃発→1783年、アイスランドのラキ火山爆発
19 奴隷制への反対はリンカーンが言い出したわけではない
1863年、奴隷解放令→アメリカが奴隷貿易を禁止
20 プロイセン台頭の立役者はジャガイモだった
1786年、フリードリヒ2世死去→16世紀末、ジャガイモがドイツに伝えられる
21 アメリカ独立戦争は大英帝国の栄光が原因だった
1775年、アメリカ独立戦争勃発→1763年、イギリスがフレンチ・インディアン戦争に勝利

第3章 大航海時代と変革する欧州
22 「君臨すれども統治せず」の伝統は国王ジョージ1世の無気力にはじまる
1901年、ヴィクトリア女王死去、即位前の常識→1714年、人つきあいの嫌いなジョージ1世即位
23 明の滅亡は豊臣秀吉の朝鮮出兵が原因だった
1644年、明滅亡→1592年、朝鮮出兵
24 スペインの経済破たんはレコンキスタが原因だった
1559年、黄金時代まっただ中スペイン破産宣告→1492年、ユダヤ人国外退去
25 宗教改革がなければフランシスコ・ザビエルは来日しなかった
1549年、フランシスコ・ザビエル来日→1517年、ルター「95カ条の論題」発表
26 ヘンリー8世の嫡男へのこだわりが英国国教会を成立させた
1534年、英国国教会成立→1509年、ヘンリー8世即位、キャサリンと結婚
27 ハプスブルク家が栄えたのは偶然の産物だった
1519年、ハプスブルク家カール5世神聖ローマ皇帝に即位
→1477年、フリードリヒ3世娘婿の戦死でブルゴーニュ侯領がそのままハプスブルク家のものに
28 大航海時代はオスマン帝国の成長によって引き起こされた
1492年、コロンブス大西洋横断→1453年、オスマン皇帝メフメト2世がコンスタンティノープル攻略
29 ルネサンスのはじまりは12世紀の翻訳活動にあった
1302年、最初のルネサンス人チマブエ死去
→1152年、ギリシャ、アラビア語文献をラテン語に翻訳した学者アデラード死去
30 朝鮮王朝の学力低下は1453年の政変にはじまる
1876年、日朝修好条規で開国→1453年、ハングルの生みの親世宗の後継者争い
31 インドのムガル帝国はチンギス・カンの子孫によって建てられた
1526年、バーブルがムガル帝国建国→チャガタイ・ハン国が元帝国から自立
32 人気小説「水滸伝」「三国志演義」はモンゴルの中国征服が原因で生まれた
1368年、科挙合格者少ないまま元王朝が大都放棄→1279年、モンゴル人の現王朝により南宋滅亡

要約これで前半分が終了。

関連付けが強引過ぎると思えるもの、すでに常識化しているものもあるが、この方式は面白いと思う。少なくとも、少し前に読んだ『やり直し高校世界史』よりもはるかに面白い。
 
『やり直し高校世界史』は高学力を前提としてさらに教養を高める本であるとすれば、『目からうろこの逆さま世界史』は世界史を好きにさせることを目ざした本。もちろんそれにしたってまじめに勉強に取り組むことを前提しての話であるが、それをめざしているか、いないかの違いは決定的に大きい。

17 アヘン戦争の敗北はサツマイモとトウモロコシ、落花生の普及が原因だった
18 フランス革命は火山の噴火が原因で起きた
22 「君臨すれども統治せず」の伝統は国王ジョージ1世の無気力にはじまる
24 スペインの経済破綻はレコンキスタが原因だった

歴史は詰将棋と違って、思わぬところで思わぬ展開を見せる。まさしく‘塞翁が馬’。さらに‘人’が絡んで不規則性を高め、予想外の展開となる。上記の4項目はまさしくそんな展開。教科書の内容と整合性をつけていけば、実際に面白い授業になっていくと思う。もちろん、他にも使える項目は数多いが、すでに真新しさに欠けるものも含まれる。

5 毛沢東の勝利は日本軍のおかげで偶然の賜物だった

これには、ちょっと首をひねった。確かにそういった経緯は踏んでいるんだけど、日本、国民党に共産党、ドイツにアメリカ、ソ連の思惑がからんでまさに人知を超えた展開になった。面白い材料はいくらでもあると思うんだが・・・。

後半は、また後ほど・・・。


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。なるほど、だいたいの「原因→結果」は、私が大学にいた頃の学説にあてはまりますね。それにしても、懐かしいです。しかし全くの「初耳」もあって、すごく気になってきました。10のイギリスの衰退は、南アフリカでの戦争であったこと。そして17のアヘン戦争の敗北は、サツマイモなどの食物の普及が原因だったなどが、大変興味深いです。あと18のフランス革命は、アイスランドの火山もですね。自分でも調べてみます。参考になりました。

一匹狼・リョウタ 様

コメントありがとうございます。

過去を観るって、難しいですね。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事