めんどくせぇことばかり 2013年3月 『ロシアの声』に登場する北方領土
FC2ブログ

2013年3月 『ロシアの声』に登場する北方領土

2013年 ロシアの声に登場する北方領土 
3月4日
日本のビジネスマンら ロシアとの協力に関心
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_04/106825158/
ロシア連邦極東発展大臣で、極東連邦管区大統領全権代表のヴィクトル・イシャエフ氏と安倍晋三首相は東京で会談し、ロシア極東との貿易経済関係および極東発展の展望について議論した。

3月7日
日本の首相-10年ぶりのロシア訪問
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_07/107095159/
安倍首相は、衆院本会議の答弁で、日ロ関係を優先的な関係の一つとして考慮し、「本年のしかるべき時期に日本の首相として10年ぶりにロシアを公式訪問する予定だ。ロシア訪問を日露関係の発展に新たな弾みを与えるものとしたい」と発言した。

3月13日
露日、利益と帰結
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_13/107806720/
ロシアとの交渉は領土問題と平和条約という政治的性格も経済的性格も持つことになるだろう。安倍首相の訪問を控え、露日双方の専門家らは互いに自由な立場から将来の二国関係についての視点を表した。

3月20日 
日本、安倍首相のモスクワ訪問でクリル問題に進展を期待
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_20/108515425/
東京は、もしもモスクワがこれら諸島への日本の絶対的主権を認めるならば、返還プロセスの期間と条件については柔軟に当たる用意がある。

3月21日
クリル諸島と日本のビザなし交流、渡航計画協議がスタート
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_21/108553762/
毎年この協議においてビザなし渡航プログラムの枠内でクリル諸島を訪れる日本人、日本を訪れるロシア人グループの数および滞在日程が決められる。

メドヴェージェフ、クリルの観光ポテンシャル重視を呼びかけ
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_21/108621682/
クリル諸島に新たな事業、新たな漁業品加工工場を建設し、大陸との定期連絡便を設けることが必要不可欠である、と首相。

3月22日
ロシアと日本の2013年におけるビザ無し渡航計画、確定
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_22/108713353/
ロシアの南クリル諸島の住民および日本市民のビザ無し交流問題に関する諮問会議は、通例に則り行われる。

3月23日
露首相「サハリンとクリルをオフショア・ゾーンに」
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_23/108774883/
メドヴェージェフ首相は、極東に租税環境が優遇されている特別な地域「オフショア・ゾーン」を創設する問題を検討するよう提案した。「そうなれば、キプロスばかりでなく英領ヴァージン諸島などにある資金をロシア国内へと戻す事ができる」と指摘した。

3月27日
ロシア政府は2013年、クリル開発に23億ドルを投じる
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_27/109099837/
クリル諸島発展庁のセルゲイ・アバプコフ長官が発表した。「これは記録的金額である」と長官。


安倍・プーチンという状況になって、明らかに変わり始めましたね。満州、樺太、千島列島の悲劇やシベリア抑留なんて、メドベージェフあたりにゃどこ吹く風。プーチンで形を作っておかないと、なに言っても埒が明かないってことになりかねない。決断すべきだと思う。



にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事