めんどくせぇことばかり 卒業 『仰げば尊し』 文句あるか❢
FC2ブログ

卒業 『仰げば尊し』 文句あるか❢

卒業式の季節。
昨年まで定時制高校に勤務しており、一昨年には担任として十四名の卒業生を出しました。人数が少ないこともあり、卒業式は視聴覚室で行います。もちろん夜です。呼名の際は名前を呼び、前に出て、校長が一枚一枚の証書を朗読して手渡します。席に戻り、着席してから次の者の名前を呼びます。
定時制高校
発達障害の卒業生がおりました。四年間、私も悩み続けました。自分の仕事は高等教育なのか、福祉事業なのか。彼はクラスメートにおしりを押されながら前にでて、私に促されて礼をしました。嬉しかった。

そいつらの前途は、決して明るいものではありません。一人残らず大きな壁にぶつかるでしょうし、人生そのものが壁のような奴がいるのです。私が奴らにしてやれるのは、奴らの“恩師”でいてやることだと思ってます。

以下、過去記事です。

 『仰げば尊し』 曲はアメリカだそうです。
原曲と分かったのは、一八七一年に米国で出版された音楽教材「ザ・ソング・エコー」に載っていた「ソング・フォー・ザ・クローズ・オブ・スクール」です。日本語に訳せば「学校を締めくくるための歌」。友人や教室との別れを少し古めかしい英語でつづっています。メロディーは「あおげば尊し」とまったく一緒。音楽記号のフェルマータの場所も一致していました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/education/naruhodo/CK2011030102000089.html


仰げば尊し  

仰げば尊し 我が師の恩
教の庭にも はや幾年
思えばいと疾し この年月
今こそ別れめ いざさらば

互に睦し 日ごろの恩
別るる後にも やよ忘るな
身を立て名をあげ やよ励めよ
今こそ別れめ いざさらば

朝夕馴にし 学びの窓
蛍の灯火 積む白雪
忘るる間ぞなき ゆく年月
今こそ別れめ いざさらば


自分は小学校や中学校で歌いました。高校では歌った記憶がありません。私は高校教師になって30年になろうとしておりますが、教師になってからは、卒業式でこの歌を聞いたことはありません。さらに『学校等において、「仰げば尊し」を強制される事について、どう思われますか?』http://q.hatena.ne.jp/1158993343などという声も聞こえてくる始末。多くの方が、「なぜ、ここまで・・・」と思われることだろう。そして、彼らのことを“あわれ”に思われるだろう。

私たちが「仰げば尊し」を歌ったのは、歌わされたわけではない。歌いたかっただけだ。春がくるたびにこの歌を歌って卒業していく先輩たちの旅立ちを見送り、自分たちも先輩方と同じようにこの歌を歌って卒業したかっただけだ。それがこの上なくかっこいいことに思えたし、素晴らしいことに思えた。

今また、この歌が歌われる卒業式が行われている学校があれば、先生のリーダーシップで行われているのだろう。違和感を感じる向きもあろうが、私はそれでいいと思う。

「この歌を歌えることは、本当はかっこいいこと、素晴らしいことなんだよ」と。私の子供たちの卒業式では、この歌は歌われなかった。でもいつか、「自分の卒業式でも、この歌を歌いたい」なんて思ってくれる子供たちが増えてくれればいいな。
 
もう一年。もう一年すると、私の務めた定時制は廃校になります。夜、学校に行っても、「おはよう」とか、「今日の仕事、最低」とか言った声も聞こえないし、なにしろ定時制の教室に灯るあの明かり。夜汽車に灯るあの明かりに似た“暖かさ”はなくなります。それにもまして、あいつらの思い出の場所が・・・。そろそろ、あいつらに声をかけてみようかな。



にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 唱歌
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先生でしたかっ!
なるほど、知識の深さも頷けます。
仰げば尊し、いい歌ですね。
中学の卒業式に歌いました。
何年前だろう?
思えば遠くへ来たもんだ・・・・。

きいち43 様

内緒にしといてください。

・・・でー、書いちゃってますよね。

これがバレて、あまりいい思いしたことがないもんで・・・

定時制につく“灯り”、いいもんですよ。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事