めんどくせぇことばかり 『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』 水間政憲
FC2ブログ

『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』 水間政憲

 
『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』 『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』 
(2013/02/01)
水間 政憲

商品詳細を見る
みんな良く知ってたんだよなぁ、同時代に生きた人たちは。
なにしろ、なんでも新聞等で報道されてたんだから・・・。
なぜ、こういうことが受け継がれなかったんだ。

いや~、すごい本だな。よくこれだけ調べあげたもんだぁ。

題名に偽りなし。文字通り、ひと目で分かる。必読。いや必見。

面白いものを幾つか紹介しておきたい。

朝鮮人より日本国民に送られた「合邦希望の電報」

これも写真付きで紹介されている。『日本之朝鮮』という雑誌に1911年に掲載されたものらしい。送り主は当時100万人の会員を抱えた朝鮮人団体、「一進会」の会員たちだったらしい。雑誌に掲載されたのは、会長の李容九による訳文。その冒頭には「弊会が日韓合邦の議を提出せしは、決して独断的に出したものではなく、各階級との連絡を通し、一般人民の不同意少きを確かめ・・・」て決行したことが書かれていたそうです。
日韓合邦希望


総督府時代の警察機関

当時の朝鮮は、誘拐が横行してひどい状態だったらしい。新聞はそういった状況を伝え、日本統治によって警察組織が整備されて、それらの摘発に力を入れていたことが分る。なにが“強制連行により慰安婦に・・・”だ。

誘拐2 誘拐3 誘拐1
(2013/03/08(金)予算委員会 維新・中山成彬氏 38分から)
中山成彬氏の質問の種は、まちがいなくこの本だな。
創氏改名に殺到していた朝鮮人

もともとは、満洲において支那人に蔑まれた朝鮮人が日本式の名前を名乗りたがったことが始まり。しかも制度化されると朝鮮人が殺到した。
創氏改名2創氏改名1 

とくかく読んでみてください。いや、読むまでもない。見りゃ分かります。写真満載だから。それらの写真を見て本当にビックリした。当時、半島への投資は本土以上だったんじゃないだろうか。1960年生まれの私の通った小学校は木造の古びた校舎だったぞ。なんだあの近代的な建築群。それ以上にすごいのがインフラの整備。“ひかり”も“こだま”も本来は半島を走っていた。あの橋。あのダム。黒部ダム以上の発電量ってどういうことだよ。

韓国のみなさ~ん、“ひかり”、“こだま”は、まちがいなく朝鮮起源ですよ。

何度も言いますが。見りゃ分かります。

 

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史・時代小説
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは・・・・資料として一級品ですね。
探してゲットせねば。
しかし、よく見つけましたね。驚きです。

きいち43 様

‘著者に感謝’・・・ですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事