めんどくせぇことばかり 韓国人はスポーツまで“恨”、それは間違っている
FC2ブログ

韓国人はスポーツまで“恨”、それは間違っている

韓国メディア 「浅田真央ミス連発」 韓国紙 「キム・ヨナ選手の演技から見て “優勝” する! ほかの選手のレベルはキム・ヨナ選手をはるかに下回っている」 と報道!
http://netanewgss.seesaa.net/article/347198880.html

日本敗退に韓国紙「SK出身投手に手も足も出ず」/WBC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130319-00000524-sanspo-base

浅田惨敗にWBC敗退…相次ぐ悲報で落ち込む日本=韓国報道
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0319&f=national_0319_035.shtml
浅田真央 ダブルスチール

スポーツを見る目、スポーツへの様々な取り組み方は、日本人と韓国人ではまったく違うようです。たしかに浅田真央選手が優勝できなかったことは残念です。WBCで日本代表がプエルトリコ代表に敗れたことも残念です。“悔しい”って思いました。そんな時、日本人は“今、一番悔しい思いをしているのは・・・”。だから、“次はなんとか勝たせてやりたいな”とか、“活躍できるといいな”とか考えます。

もともと日本人には、敗者に心を寄せる“判官びいき”という感情がありますが、それは敗れ去った者達の怨念が現世に災いをもたらすといった“怨霊信仰”が基底にあるのでしょう。“恨みを残すべきではない”というのは、災害列島に住む日本人の行き着いた先でしょう。でもスポーツには勝敗はつきもの。だからこそ正々堂々と戦い、勝敗にかかわらず、戦いのあとは礼で終わるのです。
礼 礼3 礼2 礼4
海外スポーツの文化にそまって、最近、日本でも勝利第一主義的傾向が強まっていることは心配ですが、それでも敗れたものの気持ちを考える風潮は根強く残っています。もちろんそれが日本人選手であれば尚更です。『次、頑張れ❢』・・・です。

前回大会において巨人の内海投手からデッドボールを受けた韓国人選手のコメントが韓国の新聞に取り上げられた。2009/3/21の「痛いニュース」さんの翻訳をご覧ください。

【WBC】 デッドボールを受けた韓国選手が、内海投手に謝罪要求…「勝負では負けたがマナーでは勝った」と韓国紙
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1234530.html

さらにこちらは 2013.01.22のzakzakのニュースです。

内海、韓国の標的に WBC遺恨抱く選手が「宣戦布告」
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20130122/bbl1301220708002-n1.htm

日本人の考えからすれば、こんなもの、もはやスポーツではありません。ですから一次予選で韓国が敗れた時は、正直ホッとしました。そんな無意味な“恨”の世界に日本人選手を晒したくありません。

自分の尺度でしか他人を推し量れないというのは、人間であれば誰でもありがちです。前回大会で内海投手からデッドボールを受けた韓国選手が、それを“ビーンボール”と決め付けるのもそうでしょう。しかし今の日本野球には、相手の頭を狙って投げるなどありえません。国際大会で日本人がそんな行為に及ぶなど100%ありません。

このように、大会前から意図的に遺恨試合を仕組んでくるようなやり方は、日本では無礼なだけです。“恨”とは政治的心情です。オリンピックのサッカー3位決定戦でもそうでしたが、韓国人にとっていかに日常的な心情であっても、“恨”は政治的なものであり、スポーツの場にはそぐわないのです。IOCのポケットが何で満たされたのかは知らないが、役員たちは見誤ってます。重いペナルティーを科さなければ、韓国は気がつくことさえないでしょう。オリンピックとは違うとはいっても、WBCに臨んでこのような発言があったことを見れば、オリンピックから韓国が何も学んでいないことは明らかです。

日本のスポーツに携わる指導者の方々には、日本人のスポーツに臨む姿勢を、もう一度見つめてほしい。それを世界に広める位の気概を持ってほしい。勝っても負けても、相手を敬えるような試合を、たくさん見せてほしい。

     

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

韓国中国人には、礼なんてないのです。都合の悪いことはみんな日本のせいですからね。
うそつきだし。
さっさと国交断絶が日本のためです。

あ 様

できることなら、鎖国したいところですね。

でもまあ、現実的にはそういうわけにもいかず、けっして国力を落とさず、その時その時の対応をあやまたずにしっかりやっていくしかないですね。
だから3年間の民主党政権っていうのは、本当に日本の危機だったと思います。

嫌韓から笑韓(召還)

こんばんは。

私、十数年前から5・6年間、ある嫌韓サイトに述べ2500件くらい投稿しました。
アノ民族は何も変わりません。が、私自身が変わりましたよ。
嫌韓派から笑韓派になりました。常識が非常識という、もう、お笑いの世界なんです。では。

うさぎ屋 様

遠い過去、学生時代ですが、在日から帰化した先輩に大変なお世話になりました。
私ども夫婦の恩人でもあります。

そのせいか、いろいろとブログにも書いてますが、どこか奥底で期待しているところがあります。
しかし、現実にこれだけ絶望を突き付けられると・・・。

政治とスポーツを一緒くたにするようなどうしようもない国

 おはようございます。

 礼儀と言うか相手を尊重すると言う気持ちが皆無に等しく一方的に相手を恨むような気持ちしか持てない特ア、これがスポーツにまで及んでいると言うことは、特アと言う国家がいかに人間的に未熟でワガママなガキ極まりない人種の集まりなのも分かります。

 政治的ないざこざをスポーツにまで持ち込んでそれを自分たちのアイデンティティにするやり方は、スポーツマンシップとはかけ離れたもので「政治とスポーツの区別も出来ない」どうしようもないもいいところだ。特アのやっていることは世界の非常識!

 昨年のロンドンオリンピック、男子サッカー3位決定戦のあのシーンはオリンピックに冷や水をぶっかけまくった行為であって、平和の祭典にそぐわない悪質なやり方もいいところです!! IOCはなぜ韓国のオリンピック委員会に対し厳罰を与えなかったのかも疑問に見えて仕方ない。

 これに関連したことを、私のブログでも取り扱ってますので是非見に来て下さいませ。 →http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-2707.html

No title

はじめまして。
ロンドン五輪の時のマラソンで、日本人選手達が何位であろうがゴールした後に深々と礼をしていたのを見ました。
面白いのはカメラを構えた記者であろう(白人さん)が、その姿を驚いたような顔で見つめていた事。上位グループでもないゴールだったし意味が分からなかったんでしょうね。
韓国人とは180度違う、全く逆の価値観がこういう所にも現れていると思います。

紺屋の鼠 様

ロンドンオリンピックのサッカー3位決定戦の時の韓国人選手のような行為に及ぶ日本人選手がいたら、応援しないし、糾弾する。

実際、なでしこジャパンの一部選手の表彰式における無作法は、特定の国家を対象にしたものではないにしろ、大変見苦しかった。

“礼に始まり礼に終わる”・・・日本選手には、それを貫いてほしいな。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事