めんどくせぇことばかり 面白かった料理本 『石巻ボランティアハウスの橋本ごはん』 『新 丼本』
FC2ブログ

面白かった料理本 『石巻ボランティアハウスの橋本ごはん』 『新 丼本』

『石巻ボランティアハウスの橋本ごはん』『石巻ボランティアハウスの橋本ごはん』
(2013/02/18)
橋本信子、INJM 他

商品詳細を見る
とにかく、うまそう❢

石巻の被災者、橋本信子さん。あの絶望の中で、やっぱり打ちひしがれていたと思う。だからこそ、「この人達に、何かしてあげんきゃ❢」って思ったんだろうな。
でもね、みんなドロドロになりながら一生懸命、一生懸命、本当に働いてくれてね・・・・何なんだろう、この人達は、ボランティアっていうのはすごいものだなと思った。自分が逆の立場だったら、たとえばテレビで観たからといって、現地に行くかといったら、出来ないと思うのよ。だから自分にしてあげられることがあるならしてやろうと考えたら、食べ物しか思いつかなかった。だって、あれだけ働くのに、ろくな食事をしてないんだから・・・
お湯を沸かしてインスタントコーヒー、カップラーメン。店が営業を始めれば具沢山の温かい味噌汁。場所が使えるようになってからは、色々な料理をだして・・・。

仙台あぶら麩丼
材料
あぶら麩、玉ねぎ、卵、万能ねぎ
煮汁
親子丼と同じ
1 あぶら麩を昆布だしでもどす
2 あとは親子丼と同じ
私好みの手間のかからないものをご紹介したが、牛タンシチューみたいな手間のかかるものもいっぱい。

「一生懸命助けてくれてる人たちに、せめて温かいご飯を、少しでも元気の出るのもを・・・」って作ってくれるごはんが、美味しくないはずはない。

この本は、そんなふうにして始まった橋下さんとボランティアの人達の交流と、彼らをつなぎあわせた橋下さんの料理レシピが紹介されている本です。


新丼本 (TWJ books)新丼本 (TWJ books)
(2013/02/26)
小嶋貴子

商品詳細を見る
やっぱり、丼❢


「欲しい料理の本は、こういう本」っていう見本みたいな本。

まず、うまいこと。次に、簡単なこと。そして、ありきたりの材料であること。
同じ“丼”でも、その辺、勘違いしている本も数多い。
この本は、まあ、その辺の条件はクリア。難を言えば、油で揚げるのはちょっと面倒かな。
かき揚げ丼なんて、なんかで、かき揚げが残った時で十分。

『汁なし ピリ辛坦々丼』
材料
豚ひき肉、たけのこ、しいたけ、にんにく、しょうが、唐辛子、ごま油
煮汁(醤油・酒・砂糖・すり胡麻・甜麺醤・豆板醤・味噌・ごまペースト)
九条ねぎ
1 みんなみじん切り
2 香り系とひき肉・野菜の順に炒める
3 煮汁を加えて煮詰める
こんなの何にでも応用出来る。マーボー丼でもいい。ひき肉とニラ丼ならもっと全然簡単に作れる。色々なヒントが得られてとても面白かった。

当然のことだけど、やっぱり、米のごはんがないとどうにもならない。韓国は米食からだいぶ離れてしまったらしいけど、日本ではありえない。米が食えない日本なら、それはもう日本ではない。

腹減ったー❢

    

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事