めんどくせぇことばかり 『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』
FC2ブログ

『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2)本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2)
(2013/02/28)
前泊 博盛

商品詳細を見る
“本当は憲法より大切な”・・・というのは、決してハッタリじゃない。


先にこの本の主たる著者、前泊博盛氏は元琉球新報の論説委員長で、沖縄国際大学大学院教授。

民主党政権と鳩山由紀夫は、彼らの力量からすれば考えられないほど大きな仕事を成し遂げた。“沖縄”とはあえて言わない。前泊氏ら反基地派にとてつもなく大きな活動の場を与えたことだ。以来、反基地派の活動はとどまるところを知らない。***“反基地派”という言葉も難しい。私も米軍基地は一刻もはやく追い出したい***

サンフランシスコ講和条約における“日本の主権回復”が、日米安全保障条約の締結と表裏一体であり、安保条約に表記して国会審議に付することが難しい内容(日本の属国性をあからさまにさらけ出すもの)に関しては日米行政協定として、国会の承認を得ることなく締結された。なお、新日米安保条約の下では、上記の行政協定に代わって日米地位協定(1960 年6月発効)が国会承認条約として締結された。

本来これは、サンフランシスコ講和条約があって、安保条約さらに、行政協定と生起するものではなく、“行政協定のもとに安保条約があり、それによりサンフランシスコ講和条約における日本の主権回復”が存在するものである。つまり、行政協定から地位協定に引き継がれた“日本の属国性”こそが“主権回復”のための条件だったということになる。

日本は今でも、その“主権”の前にアメリカの属国である。その意味では、この本に書かれていることは正しい。ただし、その“属国性”を支えるのは、アメリカの軍事力ではなく、政治・経済・社会全般に張り巡らされた多種多様な触手である。その多くは、敗戦後の占領支配期に日本社会が根底から作り変えられたことに端を発する。

戦中、「負ければ、男は殺されるか奴隷にされ、女は米への慰み者にされる」と言われた。現実的事象は多少変わったものの、当たらずとも遠からずと言ったところ。日本はアメリカにやられたのだ。

この本は〈「戦後再発見」双書〉というシリーズの二冊目。一冊目は孫崎享氏の『戦後史の正体 1945-2012』だった。それも読んだが、あまりにも読後の印象が似ていることにビックリした。事実を事実として受け止め、その次にどうするかという点において、非常に短絡で、浅はかだ。孫崎氏は一気に東アジア共同体構想に飛ぶ。前泊氏は働きかけをなんと表現すればいいのかわからない。“反基地”と言えば、私だって“反基地”だ。“沖縄運動”とひとくくりにできるほど沖縄は単純じゃないだろう。彼らの運動が生み出しているものから見てみれば、沖縄を材料にした左翼運動の活性化と補償金額のつり上げだ。
昨年(二〇一二年)、東京都の石原知事(当時)が尖閣問題で強硬姿勢を示し、短期間ですが脚光を浴びました。これも国際的な常識からいえば、本当にナンセンスな話です。外国軍基地を首都に置かれ、一都八県の上空を外国軍に支配されている首都の知事が、その問題も解決できないのに、わざわざ遠く離れた小島の権利を主張し、愛国心を換気して自分の政治的野心のために利用しようとする。まったく理屈の通らない茶番劇としか言いようがありません。

書かれている内容から察すると、孫崎氏と同様のグループか。「遠く離れた小島」とはいっても、沖縄だよ。石垣島の漁業者はいろいろと危険な目にもあってるよ。「愛国心を換気して自分の政治的野心」って言ったって、老い先短い爺さんだよ。私には前泊氏の方が、よっぽど脂ぎっているように伺える。

変な言い方になるけど、「日米地位協定」は日本の属国性を示すものでしかなく、加えてそれに保証される安保条約により、日本はいまだに“男は殺されるか奴隷にされ、女は米兵の慰み者にされる”状態から抜けだしてはいないのだ。これを明らかにしている面もあり、私はこの本を全否定しない。孫崎氏の著作同様、戦後の東京裁判史観の見直しにつながる一面ももっている。次は是非、大東亜戦争の本質を明らかにしてほしいものだ。歴史を取り戻すことによってしか、残念ながら、アメリカから張り巡らされた触手を断ち切ることは出来ない。拙速は、ご近所の誰かさんを利する行為でしかない。

データベース『世界と日本』  日米地位協定
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/docs/19600119.T5J.html



にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。


関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事