めんどくせぇことばかり 『駐日米国大使ジョセフ・グルーの昭和史』 太田尚樹
FC2ブログ

『駐日米国大使ジョセフ・グルーの昭和史』 太田尚樹

『駐日米国大使ジョセフ・グルーの昭和史』 太田尚樹 『駐日米国大使ジョセフ・グルーの昭和史』 太田尚樹
(2013/03/15)
太田 尚樹
商品詳細を見る
日米開戦までの十年間、駐日米国大使を務め、戦争回避に最大限の力を尽くした。それ以上に、戦後の日本のあり方に大きな影響を与えた親日大使。
プロローグにこうある。
数々の忌まわしい事件や出来事を身近に見つめ、日米交渉が暗礁に乗り上げたさなか、ローズベルト大統領、ハル国務長官に強く進言して戦争回避に努めた大使である。その名はジョゼフ・クラーク・グルー。戦後は天皇制の存続、天皇の免責に腐心したことでも知られる親日家だった。

ここに書かれたことは、疑いようのない事実である。彼のなしたことは、一人の人間として、あるいは一国の大使として、行いうることの範囲を超えている。尊敬に値する人物である。・・・ただし、彼は‘アメリカ人’であり、‘駐日アメリカ大使’であった。本国にしてみれば、グル―の親日度は祖国への忠誠に疑問をはさみたくなる部分があったとしても、彼は申し分ないくらいに有能な‘駐日アメリカ大使’であった。

「私は占領下の日本に、勝利者の顔をして戻る気になれない」と、来日をかたくなに拒んだというその心情は、およそアメリカ人とは思えず、彼自身深く理解していた日本人への愛情を感じる。しかし、開戦前夜、「武力で南方の資源をとらなくても外交で得られるではありませんか」と、必死に日本側を説得しようとしていたという姿は、滑稽を通り過ぎて哀れでさえある。

終戦から七〇年になろうとする今であれば、よけいに日本とアメリカ、両国にとって良かれと働いたジョゼフ・グル―とアリス夫人の二人は、尊敬の念を持って当たりたい人物である。
 
プロローグ グルー着任前夜の日本
第一章 不穏な政情の日本へ
第二章 謁見の日
第三章 昭和の主役‘満州’
第四章 忍び寄る共産主義の脅威と二・二六事件
第五章 危ういドイツ熱
第六章 ヘレン・ケラーの来日
第七章 日中戦争の始まり
第八章 日米間を揺さぶったパナイ号事件
第九章 経済制裁へと進むアメリカ
第十章 運命の三国同盟締結
第十一章 追い詰められる日本
第十二章 開戦へのカウントダウン
第十三章 開戦前夜の攻防
第十四章 東京で迎えた日米開戦
第十五章 この桜が咲くころには

残念ながら著者は、この時期のアメリカに対するとらえ方が甘いと思う。もちろんアメリカは民主主義の国家であり、その政策は選挙の審判を受けて変化する。もちろん、東京裁判におけて彼らが日本を裁こうとした‘共同謀議’が、アメリカにこそ存在したとは言わない。しかし、アメリカには、アメリカなりの国家意思が存在する。‘明白なる使命’、彼らが「マニフェスト・デスティニー」と呼ぶところのものである。

ジョゼフ・グル―は、公正である。アメリカが移民法で人種差別を隠そうともしなかった日本人に対してさえ、グルーは公正である。しかし、グルーの持つ公正さを、アメリカに求めることは茶番でしかない。西太平洋と、支那への進出は、アメリカにとって新たなマニフェスト・デスティニーであり、日本はその憎むべき障害である。かつてのインディアンさながらに・・・。その方向性が明らかになったのがセオドア・ルーズベルトであり、引き継いだのがフランクリン・ルーズベルトである。十二月七日夜に届けられたルーズベルト大統領から天皇へのメッセージを‘遅かった’と見る立場を、私は全く容認できない。

ジョゼフ・グル―について書いた本に、次の一冊がある。
日米開戦の悲劇

日米開戦の悲劇

(2012/03/14)
福井 雄三

商品詳細を見る

優れた一冊であると思っている。
ぜひこちらをご覧ください。 http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-907.html

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本までがマニフェスト・ディスティニーだった、という発想は無かったですね~。
インディアンにはバイソン、日本には石油、必須の資源を牛耳り兵糧攻めしておいて攻撃させるってのがそっくりと言えばそっくり…

紺屋の鼠 様

やっぱりあの凶悪なまでの“意志”が太平洋に出会って雲散霧消とはならないだろうって考えです。

マニフェスト・ディスティニーとかって勝手なこと言って、地球を一周半。
あちこちでつまづきはじめてるけど・・・

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事