めんどくせぇことばかり 『ふしぎで意外なキリスト教』
FC2ブログ

『ふしぎで意外なキリスト教』

ふしぎで意外なキリスト教ふしぎで意外なキリスト教
(2013/02/26)
岡田 明憲、古川 順弘 他

商品詳細を見る
キリスト教に秘められた、知られざる数々の謎から、その‘素顔’と‘正体’に迫る!

「ふしぎで意外な・・・」と銘打たれた題名から、差し障りのないノウハウ物と勝手に思い込んで読み始めました。でも、題名通り‘意外’にそうでもなかった。すべてで98のテーマが立てられているが、かなり突っ込んだ、面白いテーマが多かった。まったく思いがけないことが書かれているわけでもないんだけど、キリスト教の土台を揺るがせることも、なかにはテーマとして取り上げられていた。

本書は三章からなり、各章に「・・・・の謎」という複数の項目がある。その中にいくつかのテーマがおさめられる形で、各章とも32・33のテーマを立てている。章題と項目名、および各章ごとに興味深かったテーマを紹介する。
第1章 イエス・キリストの謎
  • 生い立ちの謎
  • 宣教活動の謎
  • 受難の謎
  • 私生活の謎
  • 知られざる謎
  • 漂白伝説の謎
1.イエスは母マリアの私生児として生まれた?

18.イエスの値段は銀貨30枚だった?

21.マグダラのマリアはイエスの「伴侶」だった?

23.イエスの体を包んだ亜麻布が現存する?

29.イエスの子孫が新たな王朝を創始した?
第2章 聖書の謎
  • 発行部数の謎
  • 聖書の言語の謎
  • 和訳聖書の謎
  • 新旧「契約」の謎
  • 「旧約聖書」の謎
  • 「新約聖書」の謎
14.悪魔はもともと天使だった?

19.20世紀に発見された「旧約聖書」がある?

23.「目から鱗が落ちる」はもともと聖書の言葉

24.イスカリオテのユダは裏切り者ではなかった?

26.凄惨な処刑法「十字架刑」の真実

29.「ハルマゲドン」によって人類は滅亡するのか?
第3章 教会の謎
  • 初期キリスト教の謎
  • 教派分裂の謎
  • 教皇の謎
  • 宗教改革の謎
  • 教えの謎
  • 聖母マリアの謎
  • 天使の謎
  • 聖人と聖遺物の謎
  • 信仰生活の謎
2.キリスト教はパウロが広めた?

4.もしキリスト教が世界宗教にならなかったら

9.女性ローマ教皇「ヨハンナ」の謎

14.同じだが違うユダヤ教とキリスト教の神

16.天国と地獄の中間には「煉獄」がある?

22.天使の中には異形の怪物がいる!?


たった223ページの本で98テーマだから、各テーマはほんのさわり程度。面白いテーマは掘り下げてほしいとは思うけれど、そこはそれ、やっぱりノウハウ系の本だから、ぜいたくは言えない。そこから入って、掘り下げた内容は、他の本で読めばいいよね。

    


にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 精神世界
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事