めんどくせぇことばかり 『魔性の女挿絵集』  いい女ばっかり
FC2ブログ

『魔性の女挿絵集』  いい女ばっかり

『魔性の女挿絵集』 『魔性の女挿絵集』
(2013/03/22)
中村 圭子
商品詳細を見る
大正〜昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女たち (らんぷの本)
「魔性の女」挿絵(イラストレーション)展
  -大正~昭和初期の文学に登場した
                妖艶な悪女たち

弥生美術館
いま、弥生美術館で上記の展覧会を開催中。ということで、それを記念して出版された本のようです。

私にとって“魔性の女”って言うと、やっぱり『痴人の愛』のナオミかなぁ。いやいや、ナオミは自分の生き方を考えると非現実的過ぎる。『三四郎』の美禰子か。でも、美禰子からは立ち直れる。泉鏡花に出てくる女はダメだな。そうだ。“お蔦”だ。あれ?なんだか魔性から離れてきた気がしちゃったけど・・・。まっ、いいや。“いい女”ってことで。

いつもは脇役、場合によっては意識もされない「挿絵」。でも、こうやって“絵”を意識してみると、すごく個性があって魅力的ですね。“意識されない”、あるいは、“意識しているつもりはない”と思っていても、これだけの絵に揺さぶられないはずはないな。無意識ではあっても、サブリミナルに物語の中に引きずり込まれていく大きな要因を作っているだろう。だいたい「魔性の女」だ。先へ先へと読み急いでいたも、脳が放おっておくはずがない。

鰭崎泉鏡花や一門の本に多く挿絵を書いた鰭崎英朋・・・「ひれざきえいほう」という人の絵。すごいな。この色っぽさ。「二人と異なり、人の動きを瞬間的にとらえて表現できた躍動感に特徴がある。挿絵でも、小説のここだという点を見抜いて絵にしている。」って感じの人らしい。
高畠華宵っていう画家もすごい。“無国籍風な表情と中性的な雰囲気をもつ人物を描く。妖艶さと清楚さを併せ持つ”女を描く画家として活躍した人物らしい。右の絵もとても色っぽい・・・アレッ、バスクリン?高畑

展覧会は六月三十日まで。弥生美術館って、千代田線の根津駅かな。行ってみようかな。それともこの本で、もういいかな。

   
にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : イラスト画集
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事