めんどくせぇことばかり 『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』 門田隆将
FC2ブログ

『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』 門田隆将

『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』 門田隆将『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』 門田隆将
(2012/11/24)
門田 隆将

商品詳細を見る
あの時、福島第一原発には、命をかけて戦っている人たちがいた

著者、門田隆将の『太平洋戦争 最後の証言』は、いずれも圧巻だった。その中にも出てきたが、真珠湾攻撃行われた一九四一年を二十歳で迎えた人は、一九一一年に九〇歳になった。当時、戦場に向かった世代は、そのまま戦後の日本の復興を担った世代である。“大正生まれ”こそが、その世代である。

『死の淵を見た男』は、『太平洋戦争 最後の証言』で日本を支えてきた大正世代の日本人が、現代の日本にも生きていたことを教えてくれる本だ。アメリカによるマインドコントロールの中でも、精神の深い部分で日本人を支えたきたのは、戦争世代の自己犠牲であった。それが現代の日本人にもあったことを教えてくれる本でもある。
  


吉田昌郎所長が想定していた「最悪の事態」
格納容器が爆発すると、放射能が飛散し、放射能レベルが近づけないものになってしまうんです。ほかの原子炉の冷却も、当然、継続できなくなります。つまり、人間がもうアプローチできなくなる。福島第二原発にも近づけなくなりますから、ぜんぶでどれだけの炉心が溶けるかという最大を考えれば、第一と第二で計十基の原子炉がやられますから、単純に考えても、“チェルノブイリ×10”という数字が出ます。私は、その事態を考えながら、あの中で対応していました。だからこそ、現場の部下たちの凄さを思うんですよ。それを防ぐために、最後まで部下たちが突入を繰り返してくれたこと、そして、命を顧みずに駆けつけてくれた自衛隊をはじめ、沢山の人たちの勇気を讃えたいんです。ほんとうに福島の人に大変な被害をもたらしてしまったあの事故で、それでもさらに最悪の事態を回避するために奮闘してくれた人たちに、私は単なる感謝という言葉では表せないものを感じています。

多くの部下たちとともに未曾有の原発事故と真正面から向き合った吉田昌郎は、その大きな役割を終えて、今度は自らの病との戦いを続けている。

にほんブログ村 本ブログへ一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 歴史関係書籍覚書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事